���������������������������������������

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 間欠泉が少し色づいた草原に吹き出している。風の音ぐらいしか聞こえないところに吹き出るお湯の音はさぞ豪快でしょう。 (素秀) - 2021/09/22(水)
  • 秋色に染まった草原を見渡せるところに湯が噴き出ているのでしょう。湯の音が草原の爽やかさを引き立てています。 (豊実) - 2021/09/21(火)
  • 草紅葉が秋の季語。一読して別府の地獄を思った。坊主地獄なども音を立てるが、ここは間欠泉ではないだろうか。諏訪湖の近くにもあったと思う。間欠泉の凄まじさの中で草紅葉が優しい。考えすぎかもしれないが、草紅葉が間欠泉の怒りをなだめているようにも感じる。 (せいじ) - 2021/09/21(火)
  • 音立てて噴き出している温泉を見たことがある。孫を連れてハウステンボスへ行ったとき、列車の窓から雲仙温泉を草紅葉は無かったが、茶色の岩のあいだから音出して噴き上げている光景を見た経験がある。草紅葉とあるから時期はもう少し先かも知れない。 (宏虎) - 2021/09/21(火)