���������������������������������������

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 書をやられていた作者が書展で秋寂しい気持ちになるものなのかなと思いました。やはりこれは一人で見ていることに秋思を感じているのだろうと思います。 (素秀) - 2021/09/20(月)
  • 展覧会は秋に催されることが多い。作者も関係している書道展だろうか、作品を一つ一つ時間をかけて丁寧に鑑賞する。作品ごとに、書の意味、書の出来栄え、書いた人との関係など、さまざまなことを思う。「一歩々々の秋思」に思いの深さを感じる。 (せいじ) - 2021/09/20(月)
  • 一歩ずつゆっくりと歩きながら、書の作品を一つずつ鑑賞している。作品の趣と自分の人生を重ね合わせて、物思いにふけっているのかもしれない。 (豊実) - 2021/09/20(月)