舗装路をよろこび落花はしりけり

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 散った桜の花びらが舗装路にきたとたん走るように滑っていった。舗装路で増した勢いを落花が喜んでいるようだと作者は見たわけです。風は出てきませんが一陣の風が見えるようです。 (素秀) - 2021/07/15(木)
  • 散り落ちた桜の花びらが喜んで走るという擬人化が面白いです。 (豊実) - 2021/07/14(水)
  • 散り落ちた桜の花びらが喜んで走るという擬人化が面白いです。 (豊実) - 2021/07/14(水)
  • 人の気配を感じないので、人が来ないような舗装された農道のような道路を想像した。近くに桜の木が一本あって花が散り始めている。舗装路には何の障害物もなく、一陣の風に舞い上がった落花が舗装路を気持ちよさそうに駆け抜けていった、ということではないだろうか。 (せいじ) - 2021/07/14(水)