ガードレールぷつりと切れて登山道

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 峠道のガードレールがプツンと切れているところがあり、そこから山へ踏み入る道がある。ここが登山道の入り口だと標べがあったのかも知れません。作者が登山をするかどうか判りませんが、山への細い道を歩く山男の背中を見たのかも知れません。 (素秀) - 2021/06/12(土)
  • 「ぷつりと切れて」がリアルであり、そこに、一片の心細さと、しかしまさにこれからが登山なんだという緊張感、高揚感がうまく表されている。 (せいじ) - 2021/06/11(金)
  • ガードレールがなくなった先に細い道が続いている。さあ、これから本格的な山道にはいっていく。登山の楽しさが始まる。 (豊実) - 2021/06/11(金)