春眠や愁ひのかげをただよはせ

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • コロナ禍の今を詠んでいるかのようである。眠っている人が誰であるかはわからないが、眠っていても何か愁いを感じさせるような雰囲気があるのだろう。あるいは、作者の思いがその人に投影されているのかもしれない。 (せいじ) - 2021/05/01(土)
  • 春眠は春の心地よい眠りですが、愁いの影が見えるとなると気持ち良く眠れていないようです。作者には愁いが見えたのかも知れません。 (素秀) - 2021/05/01(土)
  • 春の心地よさに身を任せて眠っている老人をイメージしました。心には何となく疲れがありそうな。 (豊実) - 2021/05/01(土)