登高やペンケパンケを指さして

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • ペンケパンケ、これは初耳な言葉です。調べましたらアイヌ語で上下、場所としては上の湖下の湖となるようです。原生林の中で人が立ち入るところではないとのこと。これから登高するのでしょうか。はるか向こうの山並みを指さしているようにも思えます。 (素秀) - 2021/04/27(火)
  • 北海道でハイキングをされたようですね。ペンケパンケはアイヌで上下の意味らしいので、景色の良い丘で眺めを楽しんでいるのでしょう。 (豊実) - 2021/04/26(月)
  • 重陽の日に阿寒国立公園のペンケ湖とパンケ湖が見える高台に登ったのであろう。原生林に囲まれた湖水の神秘的な景色におのずから祈るような気持ちになったのではないだろうか。「指さして」が具体的であり、作者が実際にその場に立っていることを示している。 (せいじ) - 2021/04/26(月)