横丁をふいにをけら火とび出しぬ

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 神様から頂いた火縄の火を持った人が横町にふと現れた。加代子さんもをけら詣りの途中なんでしょうか? (豊実) - 2021/04/01(木)
  • 火種を持って急ぐ人。人出、喧噪も含めた一瞬の描写です。 (素秀) - 2021/04/01(木)
  • 八坂神社でもらったおけら火を回しながら歩いている人が横丁から不意に飛び出してきてぶつかりそうになった。おけら火が先に見えたのであろう。正月の祇園四条界隈の賑わいを感じるが、ぶつかりそうになったのは自分のせいではないかのような言い草が面白い。 (せいじ) - 2021/04/01(木)