���������������������������������������������

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 含羞草と言わずに、ねむり草と言い、目覚めぬ一葉と続けているのは、目覚めたくない何かがあるのかなと思いました。 (もとこ) - 2021/03/01(月)
  • 開かない一つの葉っぱがあった。珍しいものを発見した驚きと喜びが感じられる。すべての葉っぱが揃って開いているよりもかえって味わいがあると言えるかもしれない。 (せいじ) - 2021/02/28(日)
  • 含羞草は夏の季語。触ると葉を閉じてゆきます。閉じるメカニズムは解明されていても何の為に閉じるのかはよくわかっていないようです。夜も閉じるので光合成をしないなら無駄な水分の蒸発を防ぐためなのでしょうか。 (素秀) - 2021/02/28(日)
  • 子供の頃おじぎ草を触って遊んだ覚えがあります。復活するまでしばらくじっと見ているが、一枚の葉っぱだけ復活しない。葉っぱ一枚にも個性があるのですね。 (豊実) - 2021/02/28(日)