身にしむや私語をとめられ聖堂に

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 礼拝が始まるので私語を止められたのでしょうか。静寂にピンと張りつめた空気が感じられます。 (素秀) - 2021/02/19(金)
  • 聖堂「に」なので、今まさに聖堂に歩いて入ろうとしているところでしょう。秋深まる中で厳かな礼拝の空気が感じられます。 (豊実) - 2021/02/18(木)
  • 聖堂とは湯島聖堂のような孔子廟だろうか、それともカトリックの大聖堂だろうか、いずれにしても、そこで私語を諫められたのである。はっと気が付いてして反省もしたであろう。身にしむほどの秋の冷気と聖なる空間の凛とした厳粛さとがよくマッチしている。 (せいじ) - 2021/02/18(木)