軒すだれなくなつてをる野分かな

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 夜の激しい風が過ぎ去り、翌日の野分後は、すだれが無くなって明るい空が前よりも広がっているような気がします。 (もとこ) - 2021/02/16(火)
  • 台風が来て、軒のすだれが飛んで行ってしまったのだと思います。「なくなってをる」とあるので、なくなってから気づいたと思います。 (なおこ) - 2021/02/15(月)
  • 軒の簾はそろそろ片付けるつもりだったのに、野分がそれを吹き飛ばしてしまった。夏から秋へ、季節の移り変わりがしみじみと感じられる。 (せいじ) - 2021/02/15(月)
  • 一晩で過ぎ去った台風のようです。朝、気が付くとすだれが飛ばされて無くなっている、うっかりしまい忘れていたのでしょう。このくらいで良かったと諦めの気持ちも出ています。 (素秀) - 2021/02/15(月)
  • 昔は今のような台風情報はなかったでしょうが、台風に備えて軒すだれぐらいは収納しておきたかっったですね。軒すだれを吹き飛ばされてあっけらかんとした感じです。 (豊実) - 2021/02/15(月)