神の鳩遊びに来たる干潟かな

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 鳩は八幡大神の使いであったり、吉兆を知らせる縁起の良い動物です。干潟に来るイメージはあまり在りませんので、遊びに来たと表現したのかと思います。 (素秀) - 2021/02/15(月)
  • 干潟にいる鳥類は鷺、千鳥、鴫などの仲間で食性の違う鳩が来ているのでおやっと思った作者。神社にいる鳩を神の鳩と言い遊びに来ていると俳諧味豊かに詠んでいます。 (うつぎ) - 2021/02/14(日)
  • 神の鳩とは、神社に棲みついた鳩のことではないだろうか。干潟のできる海辺の近くに神社があり、そこから鳩の群が飛んで来て貝や小魚を啄んでいる。干潟は鳩たちの恰好の遊び場となった。 (せいじ) - 2021/02/14(日)
  • ノアの箱船の物語では鳩がオリーブの枝をくわえて戻ってきます。広い干潟に降り立った一羽の白い鳩がノアの箱船の物語を思い起こさせたような気がしました。 (豊実) - 2021/02/14(日)