������������������������������������

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 手前に掻き出すように掘るので砂で足首が埋まってしまったと取りました。意識して掘ればいいのですが夢中になっていたのでしょうね。 (うつぎ) - 2021/01/27(水)
  • 掘った砂が自分の足を埋めてしまったのかなと思いました。夢中で掘り進んで足首まで埋まった砂の重さで気が付いたということでしょうか。 (素秀) - 2021/01/27(水)
  • 潮干狩りに熱中しすぎて、気がついたら、動けなくなるぐらい足首まで砂に埋もれてしまったということかなと思いました。 (豊実) - 2021/01/26(火)
  • 潮干狩りの句だと思います。裸足になって遠浅の砂浜に降り立ち、足首まで砂に浸かりながら貝を掘っている。動こうとしたらなかなか足が抜けない。「重さや」によって砂の重さがひしひしと感じられます。春の浜辺の明るさや、素足に心地よい水の暖かさも同時に感じました。 (せいじ) - 2021/01/26(火)