いくたびの春の思ひ出西行忌

この作品への合評記事を送信する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 桜の咲く春に死にたいと歌った西行法師と、青畝師ご自身の春の思い出を重ねての感慨でしょうか。 (素秀) - 2020/03/19(木)
  • 西行法師といえば、「願はくば花の下にて...」の歌が有名ですね。その辺りにヒントがありそうです。 (みのる) - 2020/03/18(水)
  • 西行忌に春の思ひ出とストレートに重ねています。あえて春を使った理由が知りたいところです。 (素秀) - 2020/03/18(水)
  • 会話形式で気楽に投稿してください。何度でもどうぞ (みのる) - 2020/03/17(火)