立待月咄すほどなくさし亘り

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 立待月は十七夜の月。一昨日から1日ごとに月の出が遅れて行きます。今日の月を待っておしゃべりをしてい居たのだが、それほど話すまもなく月が上がってきたのです。 (素秀) - 2020/09/16(水)
  • test (minoru) - 2020/09/16(水)