一つ家のその市振の月に吾

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 芭蕉ゆかりの市振、一つ家に遊女も寝たり萩と月、から市振を訪れた青畝師がその一つ家に自分も今いて月を見ているのだと感慨に浸ったのでしょう。 (素秀) - 2020/09/11(金)