十字架を負ひ蜘蛛の囲よ杜若

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • これは難しいです。蜘蛛の囲と杜若の関係も、どちらが季語として主になるのかもわかりません。十字架を負う蜘蛛の囲と言われると女郎蜘蛛なのかなとは思いました。でも残念ながらそこまでです。 (素秀) - 2020/06/05(金)