芍薬や丹波の壺のざらざらと

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 茶室にあるのでしょうか、丹波焼の自然釉のでこぼこと渋みが芍薬を引き立てているのでしょう。 (素秀) - 2020/05/10(日)