ゆげゆらら豆飯をまづ韋駄天へ

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 韋駄天は脚の速い神様です。釈尊のために食べ物を集めたという俗信から御馳走という言葉が出来たとか。湯気がたつ出来立ての豆ご飯は、まず韋駄天に食べたいただきたいほどの、御馳走だと言っているのでしょう。 (素秀) - 2020/05/21(木)