旅衣卯の花摺りてとぶらひぬ

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 殉教者を弔いに卯の花で衣装が汚れるのも厭わず訪れた。注釈でどこで詠んだかが判らないと、とぶらひぬも弔ったのか訪うたのか迷うかも知れません。 (素秀) - 2020/05/15(金)