囀やインド教寺の天を摩す

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 海外で句を詠む場合には季感はどうなるのかなと思いました。インドは暑い国のイメージが強いですが、青畝師は鳥の声に春を感じられたのでしょうか。 (素秀) - 2020/04/07(火)
  • 3日目にして難しい句ですね…。ジャガンナート寺院を調べてみました。世界の主とされるジャガンナート。「摩す」もあまり聞き慣れない言葉でしたが、磨く、迫るなどの意味がありました。特徴的な寺院の空をも磨くかのように迫るように鳥のさえずりを聞いたのでしょうか。囀りのみが聞こえて、時が止まったかのような錯覚に陥りました。 (更紗) - 2020/04/07(火)