人丸忌よりも故友を悼みけり

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 人丸忌は柿本人麻呂の忌日、晩春の季語。と言いながら人麻呂は没年不詳ですから正確なところは判りません。それよりもこの時期になると古い友のことを思い出してしまうんだ、と詠みました。 (素秀) - 2020/04/22(水)