銃眼に風をおこせし霞かな

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 銃眼を覗くと風が吹き抜けてきた。見れば霞が棚引いている。この風はあの霞と繋がっているのだろうか。 (素秀) - 2020/03/31(火)
  • その昔この銃眼から弾丸が雨霰のごとく降り注いだ、そんな歴史に想いを馳せているのだろうか、または実際に小さな開口部を覗いてみたのかも知れない。霞がかった景は、まるで戦国時代の絵巻物のようだ。 (ひのと) - 2020/03/30(月)