鬼無里みち釣瓶落としにいそぎけり

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 鬼無里を訪ねた。山道に夕暮れが迫っている。急がなければならないが、秋の日は釣瓶落とし次第に暗くなってくるのである。 (素秀) - 2020/11/23(月)