切能となればほろりとしぐれけり

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 切能、五番立で最後に演じるので切能と呼ばれる。シテとして鬼や天狗など怪異なのものが現れる演目。しかも最後となれば時雨のよく似合う雰囲気になるのでしょう。ほろりと、のオノマトペがぴったりです。 (素秀) - 2020/11/18(水)