季語の有無ではなく季感の有無

やまだみのる

伝統俳句では、季語(あるいは季感)の有無について論じられることが多い。

ときどき、使われた言葉が歳時記に載っていないからといって、無季だと決めてかかる人がいるが、これは間違い。 要するに、一句の中に季感があるか否かを問うのが正しい俳論である。6月度の月例でTOPになった、きみこさんの句を見てみよう。

植え終へし棚田に風の生まれけり  きみこ

これは、『田植えの終わった棚田に・・』と言う意味であることは瞭然です。 だから、「田植え」という季語(ことば)は使っていないけれども、立派な田植えの句なのです。 こんどは、TOPページに取り上げた阿波野青畝先生の「星祭り」の句を見てみよう。

老らくの手習を星御覧ぜよ   青畝

この句を、「七夕」、「星祭り」の句だと気のつかれた方は合格です。 短冊に願い事を書いて、七夕の笹にくくるんですよね。 青畝先生ならではの御句で、誰でも真似を出来るというものではないが、 こうした季感の表現もあることを覚えておくと、俳句はますます奥の深い楽しい世界となる。

(2002年7月1日)

 
 Search  Feedback  RSS/Atom About Me About This Site