句を拾う

やまだみのる

作句の壺シリーズ

吟行に出かけて句を作ることを、「句を拾う」という言い方をします。

吟行に行って句材と出会い、あるいは発見し、そしてそれを拾うという意味です。 つまり俳句は頭で考えて創作するのではなくて、 生活の中の変化や自然の摂理との出会いによって授かるものだという概念から来ているのですね。

ところが、せっかく自然の方から語りかけて来ているのに、 その出会いを見過ごしてしまったら句を拾うことはできません。 吟行句会では、よく他人の句を見て、「しまった、やられた!」という体験をします。 同じ場所を見ていたのに自分は句にすることができずに悔しい思いをするのですが、 この悔しさをバネにして励んで欲しいのです。

句会の成績に一喜一憂するのは愚かですが、他人には拾えたのに、自分は見落としたという事実に対しては、 悔しさを感じて欲しいのです。 句を拾うことはテクニックではありません。感性です。 もっと、わかりやすく理解していただくために、一枚の絵ができあがるプロセスを例に説明します。

戸外にでて写生をするとき、所かまわずいきなりスケッチを始めるでしょうか。 違いますね。まず、散策しながら、絵になる対象を探します。 そして「ここだ!」と感じた点景を発見したらその場所を動かず、 今度はそれを写生するのに一番適したアングルをいろいろと試行するはずです。 そして最後に画架を立てるんですよね。

どうです、吟行で句を拾うプロセスと似てるでしょう。 画風とか筆のタッチというようなテクニックは、 俳句で言えば、語彙の豊富さとかことばの表現法とかになると思いますが、 そうしたテクニックより前に、画材(句材)との出会い(発見)、その捉えどころやアングル(視点)、 といったことが重要なのであり、「この材料は絵(句)になる!」という、 一種のひらめき(感性)を養うことが最優先されるべきだと思います。 何度も書いていますがテクニックから入っても決して上手にはなりません。 俳句を始めようとする方が必ずといっていいくらい陥る過ちはここにあります。

空想画というジャンルが存在するように、想像で句を作ることももちろん可能です。 しかし、そのためには多くの過去の体験や記憶というものが土台になっているから、 それが可能になるのではないでしょうか。多くの名画を見ることが絵の創作にも約立つように、 秀句をたくさん鑑賞してインプットしておくこともまた有効な学びです。

高齢になって、足腰が弱ってきたら、吟行に行きたくても行けなくなるときが必ずやってきます。 そうなったときにこそ、俳句は心の支えとなり、生きる力になるはずです。 その備えのために、健康が守られている今、私たちは吟行に励んで、自然との良き出会いを、 しっかり記憶しておく必要があると思うんです。 そして、よき仲間との楽しい交わりの思いでも共にその記憶に刻んで置くことが大切なのです。

いっしょに励みましょう。

(2002年5月21日)

 
 Search  Feedback  RSS/Atom About Me About This Site