生活を詠んだ作品

やまだみのる

小動物 野の花 吾妹子 山渓 社寺 生活 力石

刻打つや否やの退社日短

不肖の身はばかる勿れ衣更

動揺を隠せぬ扇使ひかな

念力の箍緩みたる嚏かな

窓閉めてノアも斯くやと台風裡

人生はこれより佳境菊に立つ

舌頭に千転せむと懐手

冬日しりぞきしベンチに我孤独

猫舌にのせし湯豆腐七転す

わたししか読めぬ句帳の悴む字

 

 Search  Feedback  RSS/Atom About Me About This Site