> 水野源三さんの詩 > 救いの御子の降誕を
GOSPEL HAIKU

救いの御子の降誕を

水野源三


一度も高らかに

クリスマスを喜ぶ賛美歌を歌ったことがない

一度も声を出して

クリスマスを祝うあいさつをしたことがない

一度もカードに

メリークリスマスと書いたことがない

だけどだけど

雪と風がたたく部屋で

心の中で歌い

自分自身にあいさつをし

まぶたのうらに書き

救いの御子の降誕を

御神に感謝し喜び祝う

生きる | 悲しみよ | 感覚 | 傷跡 | 降誕 | 詩集 | 写真