2012の吟行作品

やまだみのる

目次

2012年11月28日

嵐山・嵯峨野


祇王寺の苔庭に散り敷く紅葉

『錦秋』

蒼天に万華鏡なす庭紅葉

枝絡む日に甦る冬紅葉

散紅葉しとねに祇王祇女の墓

紅葉影去来の墓に余りけり

堆き落葉籬に去来墓

落柿舎の広縁借りて日向ぼこ

底抜けに青き空あり木守柿

苦吟する吾に一喝添水打つ

落柿舎にいとま心や添水打つ

錦秋の嵐峡つつむ夕帷

2012年10月24日

神戸布引ハーブ園


ハーブ園コスモス広場

『コスモスの丘』

ロープウエイ指呼の奈落に一瀑布

ゴンドラはガラスの箱や山粧ふ

大楠に凭れて杜の秋を聴く

広芝の丘の天辺秋桜

コスモスの丘のぼりゆく雲の影

コスモスの丘にパノラマ港町

コスモスの丘を統べゐる大風車

行く雲に心通はせ秋惜しむ

白杖に秋思のベンチ譲りけり

秋バラの疎なるがよろしカフェテラス

2012年10月16日

西宮市西田公園・万葉植物苑


西田公園

『万葉苑』

秋天下鳥語にまさる子らの声

万葉苑歌碑を愛でつつ萩芒

句を拾ふ径にどんぐり拾ひけり

雲一朶なき蒼天を小鳥来る

風に舞ふ木っ葉にあらず秋の蝶

玉の日に誘はれ出でし冬の蝶

庭雀らにありあまる小春かな

空真澄水色絵の具塗りしごと

碑の侍者とし木の実降らせけり

木の実独楽いまはのきはの震へかな

2012年10月11日

広島帰省・稲刈


稲架

『稲刈り』

梯子して小田から小田へ稻雀

稲刈れば四散す蝗虫はた蛙

雲晴れてより上機嫌稲刈り機

稲掛くる吾に目つぶしの落暉かな

稲架隠れ盗賊鴉うろうろす

雁行に似たる麓田の稲架襖

稲掛けを終へて老骨棒となる

老い母が落穂拾ひす夕まぐれ

と見る間に昏れゆく谷戸の稲架襖

稲架昏れて山の端出づる一つ星

2012年10月02日

西宮市北山緑化植物園


斑猫(みちをしへ)

『みちをしへ』

大秋晴一朶の雲も行かしめず

岩鼻を踏んまへて立つ秋の人

照り翳る山路の秋の日は気まま

みちをしへ日の斑の径に紛れけり

山上のダム湖へ岨のみちをしへ

下山子とすれ違ひたるみちをしへ

木洩れ日を縫ひて機嫌やみちをしへ

吟行子たちを導くみちをしへ

遣水の細りし苑に秋惜しむ

ごと転ぶ残念石や秋日影

2012年09月18日

法隆寺・斑鳩の里


法隆寺南大門

『秋驟雨(あきついり)

秋草の籬をなせる太子道

一会なる雨もまたよし古都の秋

夢殿の軒に樋なし秋驟雨

な滑りそ秋雨そぼつ石畳

根性の曲がりし糸瓜直角に

稔田の真ん中凹みゐるは何

雨の糸切っては返すつばくらめ

早稲晩稲グラデーションや千枚田

豊の秋塚を要となせりけり

大和路の葛襖なる切り通し

2012年08月22日

北海道家族ツアー


小樽運河

『花野』

画架立てて絵を描くでなし秋の人

湖の日のつるべ落としや露天風呂

石投げて秋思うべなふ湖畔かな

老い母の杖ともなりて避暑散歩

幾重にも起伏野綴る花野かな

夕日いま主峰を染むる花野かな

白樺の林を縫ひてあきつ群る

天国も斯くやと巡る花野かな

クラークの右手指す天の高きかな

機窓涼し百万ドルの灯を翼下

2012年06月27日

大和郡山城址・金魚田


大和郡山の金魚田と資料館

『金魚田』

路地抜けてよりパノラマに金魚の田

迷路めく金魚田の畦めぐりけり

金魚田の汀を恋へる糸蜻蛉

金魚田の静寂間遠に牛蛙

金魚田の畦たもとほる白日傘

金魚田の風青田へと移りけり

金魚田のほどよき濁りかと思ふ

金魚田の里に傾く電車かな

金魚田に鉛色射す梅天下

過疎化して富むとは見えぬ金魚村

2012年05月23日

箕面の滝


箕面の滝

『山椒魚』

谿わたる風にぺちゃくちゃ若楓

若楓よき天蓋なせるカフェテラス

大庇なせる巌や滝の道

滝の道落合橋に岐れけり

みどり児のごと小さき手や山椒魚

口あけばアンパンマンや山椒魚

大き口開けば真白山椒魚

この川の透明度みよ山椒魚

岩鼻に孤独うべなふ滝見人

春陰に不即不離なる番鴨

2012年04月17日

大阪造幣局・通り抜け


天満橋から高層ビル街を望む

『花堤』

摩天楼ビル屹立す花堤

船頭の指呼に天守や花見舟

句仇ら呉越同舟花見舟

刻告ぐる大噴水や中之島

花万朶数多の杖に支えられ

花名札うべなひつつや通り抜け

水上バス末広がりに水脈涼し

橋半ば水都の春を惜しみけり

ギャルどちら美脚なげだす花筵

2012年03月28日

長岡天神


八条ヶ池から乙訓の山並みを望む

『風光る』

とゆきかく池駈け巡り風光る

たもとほる水上橋に風光る

芽柳に遠山はまだ覚めやらず

綺羅星のごと春日もむ鏡池

春風や錦水亭へ綺羅の波

椎大樹要としたる梅の丘

句輩ぺちゃくちゃ梅のベンチかな

抽ん出し塔の九輪や芽吹き山

梅林へ矢印恃む奥社道

うららかや杭と見えしは亀の首

2012年03月01日

藤井寺・佐藤家のおひな祭り


佐藤家の玄関で私たちを歓迎してくれたお雛様。

『雛屏風』

雛屏風連理の鶴を描きけり

雛屏風花鳥諷詠散らしたる

眉薄き有職雛の気品かな

骨董を趣味とす雛の宿あるじ

斯く古りて寝乱れ髪の雛もあり

私語やめて聞かむ雛の囁きを

座ることなきが定めや立ち雛

憂い皺一筋もなき古雛

孤独なる花魁雛の愁ひかな

灯ともりてより雛の間の艶めきぬ

Feedback


 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site