やまだみのる

俳句レッスンのページに、 『上達への近道』 というテキストがあります。

”テキストどおり、吟行に徹し、客観写生に徹して頑張っているのに、一向に上達しない・・”

と、嘆かれる方が多いのですが、決してそんなことはありません。 互選の成績を根拠に上達がないと考えておられるのでしたら、それは間違いです。 残念ながら、いまのGHの互選結果は、正しい評価とは程遠いです。 ですから、どうぞ迷わないで、みのるに騙されているんだと思って、努力を継続してください。

地道に努力された方の力は、着実にレベルアップしています。 自分の上達は、自分には見えてこないものなのです。 真剣に学んでいる人は、向上心があり、常に自分自身を厳しく見つめるので、 何時までたっても進歩していないような錯覚に陥るからです。

俳句を趣味としている人の中には、凝り性も無く、陳腐な観念俳句や理屈俳句を作りつづけている人と、 自らを無にし、吟行と写生に徹している人とがいます。 ご本人にはわからなくても、それぞれの方の進歩の度合いは、指導者には良く見えています。 どうぞ、安心して頑張ってください。

努力は、必ず報われる日がきます。 やがて、着実に身につけた本物の俳句ライフ(人間関係も含めて)は、かけがえのない財産となり、 生涯の伴侶として、あなたを支えてくれるでしょう。

(2004年09月02日の日記より)


 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site