やまだみのる

俳句の学びの中で一番大切なことはといえば、「季語・季感」であることは異論がないと思います。 けれども、気をつけなければ季語に対する間違った知識や理解が上達を妨げることにもなりかねません。 初心者にとって「季語を覚える」ということは基本ですが、 句歴1年を越えた人は、次のステップとして、「季語を知る」という段階へ上昇して欲しいと思います。 「季語の種類や季感を覚える」ということと、 「季語の本質を知る」ということとはまったく別の次元のことであって、 本当に重要なのは後者だと言いたいのです。

また、「新しさ」という名目で、どんどん自分勝手な解釈を展開しはじめる人もいます。 新しさを求めることは悪いことではありませんし、むしろ必要なことです。 しかし、俳諧の長い歴史の中で培われてきた、「季語の本質」というものを理解しようとしないで、 季感がおかしいとか、死語だとかを軽々しく論じてはいけないと思うのです。

"新しさを追求しながら、類想のない個性的な作品を目指す。"

ことが、さらなるレベルアップへの重要課題だと言えますが、 「温故知新」の心を決して忘れてはいけないと思います。

(2004年06月25日の日記より)


 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site