やまだみのる

GHが客観写生をやかましく言っているのは、基本を身に付ける手法としてそれが最適だと考えているからです。 俳句を始めたばかりの初心の作家が、いきなり上級思考を目指して成功する確率は極めて低いと思いますが、 どうしても最初からそういう学びを目指したいというなら、GHで寄り道などしないで、結社へ入られることをお勧めします。

斯くいうぼくは、いきなり結社に入会して学んだ口です。でも、同じように結社に入会された方のなかにも、 やがて壁にぶち当たって挫折していかれた人を何人も見てきました。 基本的な学び、訓練の期間を忍耐できず、主観傾向に走り、論理的な世界に誘惑される・・ たいていは、そういうタイプの人でした。

”学歴や社会的地位のある人ほどその傾向がある。”

何人もの優秀な作家を育てられたぼくの先生は、よくそう言っておられました。 プライドという世的な衣を脱ぎ捨て、赤裸々な自分を表現できるところまで脱皮できなくては、 本物の俳句は授からないと言うことでしょうね。

GHが提唱している心がけや俳句精神が、決して「究極の理念」 だとは思っていません。 真剣に俳句を学ぼうとされる方々が、狭き門を見出されるまでの道案内をし、 確かな基本が身に付くようにお手伝をする、それがGHの存在価値だと考えているのです。 要するに、GHはあくまで『入門俳句道場』なのです。

我慢して写生に励み、しっかり基本が身についてくると、 写生句でありながら実に個性あふれた作品が生まれ始めます。 また、そのように導くのが指導者としての義務であり責任だと考えます。 箸も棒にもかからなかった初心者が、個性的な作家としての芽を出し始めたとき、 何にも変えられないほどの喜びを覚えます。これが指導者の特権であり報酬なのです。

ぼくは、客観とか主観とかを論じるのはあまり好きではないし、それを意識して句を詠むこともありません。 ほんとうに大切なのは、『個性』 だと思うからです。 類句だ類想だと騒ぎ立てている様子はあまりにも悲しいことです。 誰にも真似のできない個性あふれた作品を目指すことこそ、『究極の学び』 だと、ぼくは信じて疑わないのです。

最後に、敬愛する青畝先生が、個性について触れておられる文章がありますので、その一部を引用しておきます。 ぜひ、先生の俳話をお読みください。

・・・写真で見たその人よりも、漫画のように省筆して描かれたその人のほうが、格段とその人の真が伝わって感じられるという場合が多い。これは道理に合わぬようで、むしろ真に迫るからふしぎである。このようなことは俳句にも行なわれていて、こうした俳句に現われる変容は、作者の直感が最もよく正直に写しこなした描写である。

青畝先生の俳話、 『個性と写生』 よりの引用

(2004年06月08日の日記より)


 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site