やまだみのる

「声のかけら。」に表題のような記事を見つけました。

みのる選としては確かに”没”ですが、 作品としての価値まで否定するものではありません。 自分の句として残したいということであればそれは作者の自由です。

ただ、もしGHで本気に俳句を学ぼうとされるのなら、 没は没としてわりきって、「みのる選」を目指して、 どんどん新しい作品に挑戦していただきたい、という意味のことを書いたのです。

”みのる選に入らなかったけど、どうにも納得がいかないので、 他の俳句サイトに投句してみよう。”

というかたもいらっしゃるかも知れませんね。モラルとしてそのようなジプシーはしてほしくないですが、 俳句には、絶対正解がありませんから、選者によってはその価値が逆転することもあるでしょう。

でも、まじめに俳句を学ぼうとされるのなら、 まず自分が納得できる指導者を見つけられることが最も重要です。 指導者を選ぶときには、まずその人の作品を鑑賞することです。次にその人の俳句理念をよく調べてください。 そうして、

”この人となら心中してもよい・・”

という確信を得たら、その指導者の選を信じて頑張るというのが正しい姿勢だと私は思います。 1年間、辛抱して努力されたら、必ず結果が出ますよ。

(2004年05月29日の日記より)


 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site