やまだみのる

ゴスペル俳句のホームページを訪ねられるかたはクリスチャンばかりではありません。 俳句入門で検索された方が「ゴスペル」という文字をみて躊躇されることも多いはずです。

 "このホームページは一体何なの?!"

素朴な疑問だと思います。 たまたま談話室(掲示板)にキリスト教の風習についての質問があったので、 必ずしも答えにはなっていませんが、 俳句と宗教に関してのぼくの考えを日記に書いて見ることにしました。

両親がまだ健在だったころ、ぼくの家にも仏壇がありました。 もちろん今はありませんが、、、 仏教でもキリスト教でもその他の宗教でも同じだと思いますが、 受け継がれてきたその家の宗教というのと信仰というのは別だと考えます。 「うちは仏教なんです」と、おっしゃる方に本当に仏教を信じておられるんですか? と聞くと、「いや、ただおじいちゃんおばあちゃんの代からそうなんで・・・」 とおっしゃる方が多いと思います。 自身が生きていく人生の信条として、また真理として、自分の意志で選んだ宗教が信仰といえるもので、 そうでなければそれはただの「家の宗教」ということになるのではないでしょうか。

ゴスペル俳句だからキリスト教にかかわることしか俳句に詠まないというような 考え方で俳句に取り組むつもりはまったくありません。 ときどき、そう思ってぼくのホームページへこられる方もあるようですが、 たいていがっかりして離れてゆかれます。 575でみことば(聖書の言葉)のような句を作ってみても何の意味があるでしょうか。それはむしろ傲慢だと思います。

ぼくは、俳句が好きなのでお寺にもよく行きます。 仏教や地方の産土信仰にも興味があります。 キリスト教は排他的な宗教だといわれ、他宗教の考え方や風習を否定するケースが多いですが。 歴史として、文化としてこれらに親しむのはむしろ大切なことだと考えています。 信仰の対象として拝んだりすることはありませんが、 古来受け継がれてきたものにはとても味わいがありますよね。 「温故知新」のこころは俳句にはとても大切な心がけです。

一般的にプロテスタントのクリスチャンは形式とか規則というものにさほどとらわれません。 喜びも悲しみも全ては神様のご計画と信じ、苦難もまた私たちを強くするための 神様の試練と受け止めて、とにかくプラス思考に生きる。 ただそれだけです。 決して清い人でも立派な人でもなく悪いと思いながらも、コントロールできずに 何度も罪を犯す弱い存在です。 ほんとうに強い人には神様は必要ありません。自分を頼んで生きていけるからです。 (そんな人がいるとはおもえませんが・・・)

キリスト教には因果応報はなく天国(永遠の命)への凱旋なんです。 だから、綺麗な花で飾って故人を天国へ見送るのです。

信仰の戦いをりっぱに戦いぬいて、永遠のいのちを獲得しなさい。 (1テモテ 6:12)

これは僕の信仰生活の信条にしている好きな聖書の言葉のひとつです。 神様によって生かされているこの世での使命を立派に果たしぬいて、 胸を張って天国に凱旋しなさい。というような意味です。 命日(記念日といいます)にはお墓参りもします。 在りし日の故人を偲ぶ気持ちは宗教や信仰とは関係ないですからね。 お盆には教会でもいろんな方が帰省してこられて楽しい交わりがあります。 そうした日本独特の風習はぼくは大好きです。 お正月もまた楽しいですね。

ゴスペル俳句という名前を付けていますが、クリスチャンとかノンクリスチャンとか いうこととは関係なく、みんなで楽しく日本の伝統文化としての俳句に遊んで、 喜びや悲しみ、慰めや励まし、勇気と希望を共有したいということが ぼくの願いであり祈りなんです。

(2001年8月3日の日記より)


 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site