2006年2月

みのるの日記

目次

2006年2月26日

近畿支部みのる選  

夕方まで教会でした。

昨日の夕方から始めていた、近畿支部2月例会のみのる選を選了。 明日、投函します。

今まで、ずっと結城浩さんのMakewebで書くのに慣れていたので、 ブログ日記は、どうも書きにくいです。 過去の日記との整合もあるので、また元に戻そうと思います。

Feedback | Top

声のかけら  

句会関連の記名記事が、声のかけらにありました。 別に問題というほどではありませんが、 声のかけらは、基本的に無記名式の掲示板ですので、 句会関係のコメントは、ブログを利用していただくほうがよいと思います。

Feedback | Top

2006年2月22日

仕事多忙  

年度末の関係でちょっと多忙です。 今日は、近畿支部の月例でしたが、参加できませんでした。ごめんなさい。 GH再開計画の推進は、遅々としていますが、焦らずにゆっくりとやります。

メール句会のことをご存じない方がいらっしゃるようなので、 GH同人会のページをINDEXに追加しました。 メール句会は、地方在住の同人の方で、各支部の月例句会に参加できない 方のために、特別に運用しているものです。

Feedback | Top

2006年2月19日

毎日句会  

青畝俳句合評の募集に数名のメンバーが反応していただいて感謝です。 前回とは違った対象作品を選びますので、もうしばらく時間をください。

毎日句会の再開について、いろんなご意見が「声のかけら」に投稿されています。 他の皆さんのご意見もお知らせください。

少しだけ誤解があるようなので、補足説明します。 実は、句会そのものは、システムで自動運営できますから、 管理人の負担にはなりません。

無差別に参加者を認めた場合に、 GHの目指す方向を守っていただけない参加者の増加によって、 サイトのモラルが保てなくなることが大きな課題なのです。 毎日句会の”みのる選”は、GHの正しい方向を示すために、 必須と考えて頑張っていたわけで、このワークが、仕事をしながらでは、 どうしても負担になるのです。

メンバーシップにすれば簡単ですが、 それでは、初心者に気軽な門戸を開放しようという、 もうひとつのGHコンセプトから外れることになります。

そう考えていくと、結局は、わたし自身が仕事から解放されるときが来るまでは、 毎日句会の再開は不可能ということになります。 このあたりの解決策が見つかれば、すぐにでも再開できるのですが・・・

Feedback | Top

2006年2月17日

青畝俳句合評  

GH再開構想は、なかなか具体化しません。 原点に返って、「毎日句会」を復活させたいという思いは強いのですが、 サイトのモラルやGHの俳風を守っていくためには、みのる選は必須ですし、 参加資格のありかたについても、 もう少し時間をかけて、慎重に考えようと思っています。

毎日句会の再開準備が整うまでのつなぎとして、 青畝先生の作品合評を再開しようかと考えていますが、 合評に参加してくださる方がいないと機能しません。 参加意欲のある方は、この日記記事の右下にある、 Feedbackをクリックして、立候補してください。

Feedback | Top

2006年2月11日

声のかけら  

手探りながら、GHのネット活動再開を模索しています。 手始めに、コミュニティコンテンツの「声のかけら」を公開したところ、 昔のGH仲間と思われる方々の書き込みがありました。 このコンテンツは、無記名なので投稿者を特定できませんが、 なんとなく内容でわかります。

じつは、GHには、創設期から最盛期までの壮絶?な、 歴史「ゴスペル俳句物語」があるのです。 そして、これは僕にとって、とても大切な財産なのです。 そんな仲間のみなさんが、今も時々GHをご覧いただいていることを知って、 ちょっと、ウルルン状態です。

Feedback | Top

2006年2月7日

GHフォーラム  

GHは、インターネット句会を通じて、たくさんの支持者を得ました。 でも、メンバーが増えすぎて、管理が回らなくなり、 結局、サイトを休止しなければならなくなったことは、ほんとうに残念でした。

一時は、完全閉鎖も考えましたが、有志の方の提唱で、 オフ句会を中止とした活動を続けながら、再開の道を探ることにしたのでした。 あの日から1年が過ぎました。 おかげさまで、各支部の幹事の方の尽力によって、 それぞれ、個性的な活動が定着してきつつあります。

今後は、オフ句会の運営を基本としながら、GHのWEBページでは、 メンバーコミュニティと、学びの場として活性化を図りたいと考えています。 現在、誰でも参加できる、「GHフォーラム」のページを検討中で、 俳句談義や合評、吟行記など、楽しみつつ励みになるページを充実させたいと考えています。 ぜひ、みなさんのご意見をお聞かせください。

みのるの日記の記事の右下にある「Feedback」をクリックしていただくと、 みのるへのコメントが投稿できます。 ぜひお試しください。

Feedback | Top

Feedback

あなたのご意見・感想をお送りください。 どんなことでもどうぞお気軽に。

お名前(必須): Eメール(必須):
学年・職業など: 年齢: 男性女性
お手数ですが、以下の問いに答えてから送信してください(迷惑書き込み防止のため)。
今年は西暦何年ですか?(半角数字4桁)   
うまく送れない場合にはメール あてにお願いします。

日記一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2010 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2009 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2008 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2007 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2006 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2005 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2004 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2003 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2002 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2001 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]


©2000-2017 やまだみのる
http://www.gospel-haiku.com
http://www.gospel-haiku.com/dia/200602.htm
リンク&フィードバック | 掲載画像について