2004年8月

みのるの日記

目次

2004年8月31日

選句認証時のメールアドレス照合チェック  

プロフィール登録は一段落したようでほっとしています。 それにしても、240人を超えたのにはちょっと驚きです。

第二段の対策として、今日から、選句認証時に、 会員登録のメールアドレスとプロフィールに登録されたアドレスとを照合チェックするようにしました。 もし、会員登録と異なったアドレスをプロフィールのほうに登録されたときは、 このチェックに引っかかってエラー表示(プロフィール未登録/またはメールアドレスが一致しません)となり、 選句できません。 同一アドレスのつもりでも、スペルミスなどが生じていると、こちらもチェックに引っかかります。 プロフ−ルに登録したアドレスが大丈夫かどうか気になる場合は、プロフィールを使って、 自分宛にメールを送ってみてください。届けば大丈夫。届かなければ間違っています。

なぜ、こんなややこしいチェックをするのかを説明します。 みんなのプロフィールは、 管理人や運営奉仕者からの重要なお知らせメールを送るために登録必須にしています。 もし、間違ったアドレスで登録されたり、架空のアドレスを書いたりされると、 重要なメールが届かなこともあり得るからです。

つぎつぎと、システムの急変でお手数をおかけします。 操作や登録方法がわからない場合は、遠慮なくサポート掲示板に質問してください。

Feedback | Top

2004年8月30日

毎週句会休会  

長い間ご協力頂いた毎週句会ですが、8月29日で終了し、一応休会となりました。 現状では、再開する予定はないので、事実上は「廃会」とするほうが誤解がないかも知れません。 どちらにしても、ご協力頂いた多くの参加者のみなさんにあつくお礼申しあげます。

参加者の中には、毎日句会への移行は意に添わないので、退会されると言う方もおられました。 管理人としては複雑な気持ちです。 プロフィール登録の義務を強化(未登録では投句できないようなシステムに変更)したことにも、 異論のあるかたがおられるようです。 けれどもこちらの方は、もともと決められたルールなので、ご理解いただくしかしかたがありません。

今回の一連の変更で、今までにご協力頂いた多くの仲間を失うことはとても残念ですけれど、 今後も参加者が増えつづけると思われるGHを、健全に運営していくための対策ですので、 ご理解いただき、今までどおりのご支援をお願い致します。

Feedback | Top

2004年8月28日

投句システムの改造  

登録必須のお願いをして4日目、かなりの方は登録してくださったのですが、 投句、選句はされているようなのに、無反応の方もおられます。 何かご事情があるのかもしれませんが・・・

決断して、みんなのプロフィール未登録の場合は、投句が受け付けられず、 エラーメッセージがでるようにシステムを改造しました。

Feedback | Top

2004年8月27日

会員管理  

みんなのプロフィール未登録の方を自動チェックするプログラムを作りました。 この機能を発展させると、会員登録の自動管理も出来そうです。 ただし、会員登録と異なった名前でプロフィールに登録(フルネーム、本名、余分なスペースが入る、など)されると、 同一人物と判断されません。 毎日句会投句画面には常時このチェック結果が表示されますので、 「登録したはずなのに?」と思われた方は、この点をチェックしてみて下さい。

会員登録をせずに、みんなのプロフィールに登録されるケースが、まれにあります。 こちらのチェックは今のところしていません。 「怪しい?」登録を見つけられたときは、教えてください。

Feedback | Top

2004年8月26日

声のかけら  

句会参加の姿勢や約束を守りましょう・・ というようなテーマで書き込まれた、皆さんの声のかけらを拝見しました。 読んでいてとても熱いものを感じました。うれしいです。

無責任な表現ですが、あまりにも膨張しすぎたGHの管理に、正直言って疲れを覚えていました。 その打開のために、あれこれと思い巡らしていたのです。 けれども、みなさんの声を聞いて、大いに励まされ少し勇気が出てきました。 感謝します。

GHに対するぼくの思いは一つですが、参加者のみなさんのGHに対する思いは、 それぞれ、少しずつ違うのだということも再認識しました。 今までは、GHに参加してくださる方は全て、 みのるの考え方に賛同して頂いていると思い込んでいたのです。(一応ルールですから・・) このあたりが疲れの原因だったのかも知れません。

GHの原点はあくまで、『俳句入門者のための伝道所』です。

残念ながら、現状ではGHの理念とは程遠いと思われる作品の投稿があります。 そしてまた、そのような作品を支持される方がいるために悩まされるのです。 GHの正しい方向を示すのは、互選結果であり、みのる選なのです。 GHの理念を正しく理解して選んでくださる方が多ければ多いほど、 互選の結果は、正しい方向を示しているといえます。 毎週句会を休会し、毎日句会に統合したのもそのためなのです。

統合で一番問題となるのは、一日の投句数がどんどん増えていったらどうなるのか、 ということです。 みのる選はともかく、互選作業のことを考えると、1日150句程度が限度だと思います。 この点について、良いアイデアがあったら、また、声のかけらに書いてください。

Feedback | Top

みんなのプロフィール未登録(その後)  

みんなのプロフィール未登録の方が、次々登録してくださっているようで安心しました。 GHの信頼度向上のために、さまざまなルールを定めていましたが、 それほど厳しく管理していませんでした。 管理のためにエネルギーが必要になるのと、あまり厳格にすると、 雰囲気がギクシャクすると思ったからです。

今回実施している、みんなのプロフィール未登録、禁止無料アドレス登録などのチェック について、お気を悪くされた方があるかもしれませんが、 快適なGHを守るためですので、どうぞご理解ください。

Feedback | Top

2004年8月25日

みんなのプロフィール未登録  

みんなのプロフィールへの登録は、会員資格の必須事項ですが、 実態としては、半数近い方が 未登録になっています。

その大半は、「登録方法が複雑でわからない」、「更新するのを忘れていた」 、「プロフィールを公開するのはどうしても抵抗がある」、というケースだと思います。 このへんは、システム的な工夫、見直しが必要かも知れません。

GHでは、みのるのほかに、句会などの管理業務に奉仕協力してくださるメンバーがおられます。 また、必要に応じて初心者の方に適切な助言メールを配信していただけるようにお願いしてあります。 しかし、GHの場合、セキュリティの関係で参加者のメールアドレスは、 一切公開しないような仕組みを導入していますので、 メールアドレス非公開でメールのやり取りができるシステムが必要になります。 ですから、この機能が有効である「みんなのプロフィール」への登録を必須にしているのです。 どうぞご理解ご協力ください。

----------------------------------------------------------------

TOPページにある、「現在の会員数***名」というリンクをクリックしていただくと、 GH会員登録者一覧が表示されます。 一覧の中の俳号をクリックすると、その方のプロフィールが閲覧できるようにシステムを改造しました。 もしみんなのプロフィールに未登録の場合は、警告が表示されます。 今日の時点で、登録者数は333名、そのうち、みんなのプロフィール未登録は170名です。 未登録の方は、ぜひこの機会に登録にご協力ください。

Feedback | Top

2004年8月23日

GHの使命  

昨今の俳句ブームによって、俳句人口は驚くほどの数になりました。 カルチャーや結社に所属して学んでおられる方も多いと思います。 俳句に限りませんが、始めた以上は、誰でも上手になりたいと考えるのは当然ですね。 その結果、山ほど参考書を買い込んだり、安くない費用を払って、句会に参加したり、 添削指導を受けたりするようになります。 やがて、純粋な向学心を見失い、 少しでも良い成績を得ようと指導者に媚びるような行為を始める人も出てきます。 指導と学びとのあいだに金銭が絡むと、どうしても情実が働き平等な指導が出来なくなります。 けれども、職業として、あるいは事業として俳句指導をしている団体では、 必ずこういうような一面がでてくるのは避けられないのです。

ぼくが、GHを公開しようと決心したのは、俳句を愛する人なら誰でも平等に、 且つ本物の俳句を学べる場を無料で提供したいという使命を感じたからです。 小路紫峡先生(結社ひいらぎ主宰)や阿波野青畝先生から教えていただいた、 「俳句のこころ」を、一人でも多くの方に伝えたいという思いに駆られたのです。 サイトの運営が軌道に乗るまでには、いろんな試練もあり試行錯誤もしましたが、 みのるの理念に共感して協力してくださる方々が次々に与えられ、 不思議なように導かれて、GH独特の素晴らしいコミュニティに成長していきました。

徐々に知名度が上がり、「俳句」「句会」などでインターネット検索すると、 常に上位にGHがヒットするようになってきてからは、参加者の数もうなぎのぼりとなり、 サイトの管理やみのる選のワークも片手間ではすまなくなってきたのです。

「誰でも気軽に参加できる俳句サイト」というのが、GHの基本姿勢でしたが、 健全なGHの運営を継続するためには、何よりも管理人である、 みのる自身が心身の負担を感じることの無いようにしなければ無理だと思うようになってきました。

”GHの運営について見直しの時期にきている”

と日記に書いたのは、そういう意味なのです。

Feedback | Top

お詫び  

毎週句会の休会をご案内したところ、たくさんのメンバーから反応があり、 「声のかけら。」にも、GHがこのまま閉鎖されるのでは・・・というような声もありました。 みなさんに無用なご心配をおかけしてしまったようで、ごめんなさい。

今回のことは、GHを閉鎖するための段階的な措置ではなくて、 「GHの進むべき道」を再チェックして、 GH本来の使命が継続できるように、サイトの構造や参加資格などについて根本的に見直ししていくための、 第一段階だとご理解ください。

日記で、「非協力的な参加者」と表現したのは軽率でした。ごめんなさい。 「ひょっとしたら自分のことでは??」と感じられた方もいらっしゃったようで、 ほんとうに申し訳ありません。

など、基本的なルール違反のことを言ったのです。 GHの場合、俳句もパソコンも、またインターネットも初心者と言う方が多く、 決して意図的ではなくて、理解不足、操作の不慣れ、などが原因している場合も多いので、 全てが「非協力者」ということではないと思います。誤解のある表現をしてしまったこと深く反省してお詫び致します。

Feedback | Top

2004年8月17日

毎週句会の休会について  

突然ですが、今週をもって、「毎週句会」を休会します。 毎日句会は、今までどおり継続しますので、毎週組のかたも毎日のほうへ投稿してください。

最大の原因は、参加者の増加と共に、みのる選の負担が大きくなり耐えられなくなったのです。 仕事や教会ワークとの関係で、みのる選が渋滞しだすと、その回復にアップアップ状態になります。 こんな状況では、自分自身が納得できるような責任ある選もできず、 参加者のみなさんに不信感を与えてしまうことにもなりかねません。 身勝手な理由ですが、どうぞご理解ください。

参加者の大半は、GHの理念を理解して協力してくださるのですが、 一部の非協力的な参加者によって、サイト運営が混乱することもたびたびで、 読者参加型のサイト運営の難しさにも行き詰まりを感じています。 根本的な問題は、参加資格や規則はあるものの、 基本的には誰でも無条件で会員資格を得られるシステムに問題があるからだと思います。

GHを公開して4年、これからもGHを継続していくために、根本的に見直しする時期かもしれません。 一定時間サイトを閉鎖して、リニューアルすることも考えましたが、 皆さんのご意見を聞きながら、少しずつ修正していくほうがよいと思いました。 当面、毎日句会のみで運営を継続しますのでよろしくお願いいたします。

Feedback | Top

2004年8月13日

残暑  

お盆が近づいて少し湿度が下がってきたようで、陰に入ると涼しく感じますが、 気温はあいかわらず、34〜36度の日が続いています。

みのる選も早朝の涼しい時間を逃すと、つい遅れがちになり申し訳ありません。 でも、この暑さの中で参加者の皆さんも頑張っておられるのですから、 ぼくも頑張らないと・・・でも、暑いです。

Feedback | Top

2004年8月7日

ネットワークコミュニティ  

「結城浩さんの日記」に、@ITの掲示板における質問とその回答に関する騒動や、 ネットワークコミュニティのことについて興味深い文章がかかれています。特に、

私は常々、ネットワークのコミュニケーションで最も大事なのは、「語るべき時に語り、黙すべき時に黙す」ではないかと思っています。特に後半。なにかひとこと言い返したいときであっても「黙る」というのはエネルギーをとても使いますけれど、とても大事。

騒動が起きた時、場が荒れるのは多くの人が余計なことを語りすぎるからです。騒動の当事者も熱くなってしまって、「最後に一言だけ言っておきますが」「これを最後にもう書くのをやめますが」といいつつ、語るのをやめられない。「いままで黙っていましたが、一言だけ言わせてもらいましょう」となってしまう。最後の一言を「相手」に取られると負けたようなくやしい気分になるからかもしれません。これでは、軍拡競争のようなものですね。

という個所には、「うーむ」と唸ってしまいました。ぼく自身も

”GHをよりよい雰囲気の場として保ちたい、守りたい。”

という思い入れが強すぎて、つい書かなくてもいいようなことを書いてしまう。 忍耐が足りなくて、性急なイエローカードを発行してしまう。 サイト管理者の姿勢としても学ばされることの多いご意見でした。

Feedback | Top

2004年8月6日

広島原爆記念日  

今朝8時15分、家内の里(広島)でテレビを見ながらみんなで黙祷しました。 家内の母は被爆者ですが、幸い直撃ではなかったので今日まで生かされてきたは感謝です。 テレビの特集番組を見ながら、当時のことをいろいろ回想して話してくれます。

広島に原爆が投下されてから59年が経過したのですね。 ぼくが生まれた翌年と言うことになります。 ノーモア・ヒロシマが叫ばれて半世紀以上にもなるのに、 いまだに戦争が絶えず、非核の精神も守られない現実に虚しさを感じます。 ほんとうに人間は愚かですね。

黙祷の一分間や蝉時雨  みのる

*夕刻、無事神戸に帰ってきました。

Feedback | Top

2004年8月2日

キャンプ  

10号台風に悩まされましたが、キャンプ地の兵庫県氷上郡は、 たいした風雨もなく、無事守られました。 お祈り感謝します。

Feedback | Top

帰省  

明日の夕方から、広島へ帰省します。 広島でのオフ会は、参加者が揃わないので、今回は見送ることにしました。

Feedback | Top

Feedback

あなたのご意見・感想をお送りください。 どんなことでもどうぞお気軽に。

お名前(必須): Eメール(必須):
学年・職業など: 年齢: 男性女性
お手数ですが、以下の問いに答えてから送信してください(迷惑書き込み防止のため)。
今年は西暦何年ですか?(半角数字4桁)   
うまく送れない場合にはメール あてにお願いします。

日記一覧

2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2010 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2009 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2008 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2007 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2006 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2005 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2004 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2003 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2002 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2001 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]


©2000-2018 やまだみのる
http://www.gospel-haiku.com
http://www.gospel-haiku.com/dia/200408.htm
リンク&フィードバック | 掲載画像について