毎日句会成績一覧

- 2018年8月 -

過去一覧

8月30日 (投句18名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
解体待つ湯屋の煙突秋の空 はく子 7 あさこ.満天.そうけい.うつぎ.なつき.小袖.海潮音.
おしゃべりにケリつけられる夕立雲 こすもす 6 満天.もとこ.治男.はく子.やよい.明日香.
葛の蔓絡む故郷の廃線路 よし女 5 敬和.愛正.あさこ.宏虎.たか子.
やうやくに取れしギブスや秋高し やよい 5 敬和.そうけい.せいじ.はく子.菜々.
案山子翁棚田の天辺陣取って 菜々 4 たかを.こすもす.なつき.明日香.
鶏頭や災禍に留守の二三軒 うつぎ 4 三刀.よし女.よう子.やよい.
新松子一枝一枝の仏かな たか子 3 もとこ.よう子.有香.
かき氷二人で分けて夏惜しむ たかを 2 智恵子.せいじ.
鯉の口重なり合うて池秋暑 満天 2 たか子.菜々.
野葡萄の色付く小径風の音 智恵子 2 愛正.小袖.
UFO呼ぶ子ら手花火を回したる なつき 1 たかを.
カーテンを揺らす窓辺に虫の声 三刀 1 宏虎.
万葉苑さびれゆくなり女郎花 ぽんこ 1 よし女.
遠雷に吠える高層階の犬 たか子 1 治男.
いつもの道いつもの景色赤のまま ぽんこ 1 三刀.
急き作るちびまるこちゃんの案山子かな よし女 1 ぽんこ.
アメンボウどこから来たの水たまり たかを 1 こすもす.
手拭で鉢巻するも消夏法 せいじ 1 うつぎ.
子の胸に大き一房葡萄狩り なつき 1 海潮音.
蜩や寂しき音の黄昏るる 宏虎 1 有香.
夏霧や濡つ湖畔の乙女像 愛正 1 智恵子.
背高の河原撫子土手高し 智恵子 1 ぽんこ.

8月29日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
豊の秋軽トラ集ふ道の駅 よう子 8 たかを.満天.智恵子.小袖.三刀.そうけい.菜々.なつき.
ふるさとに今も味噌部屋昼の虫 菜々 6 さつき.あさこ.せいじ.よし女.やよい.たか子.
初秋刀魚骨のみ残す喰いっぷり もとこ 4 あさこ.はく子.たか子.うつぎ.
湯の町のぬるき夜風や星月夜 なつき 3 海潮音.せいじ.明日香.
陽に晒す笊に深紅の唐辛子 三刀 3 愛正.よし女.こすもす.
高飛びの踏切り一瞬天高し 治男 3 海潮音.ぽんこ.こすもす.
髪型を変へて新涼覚えけり こすもす 2 満天.小袖.
緑陰に番犬眠り貪りし 有香 2 宏虎.はく子.
カルストに別れを惜しむ秋燕 よし女 2 たかを.三刀.
伊吹嶺に立てば四方より秋の声 せいじ 2 敬和.明日香.
池澄むや亀は浮沈をくりかへし 菜々 2 宏虎.治男.
奥入瀬や水が水切る飛瀑かな 愛正 2 そうけい.菜々.
不揃ひの太鼓の音や秋暑し 満天 2 もとこ.うつぎ.
夕茜秋の川面に新聞紙 治男 1 やよい.
菅笠の案山子と見しが動きたり うつぎ 1 智恵子.
塀の上寄り添う猫や夕涼し たかを 1 敬和.
ベビー服赤子案山子の愛らしや 小袖 1 なつき.
爆音のドクターヘリや秋暑し こすもす 1 治男.
ボサノバを奏でる浜辺土用波 智恵子 1 さつき.
参り来る人も無き墓草の花 はく子 1 もとこ.
遣り水に濡れし葉先や秋蝶来 よし女 1 ぽんこ.
水浸り河馬瞼閉じ夏惜しむ 宏虎 1 愛正.

8月28日 (投句18名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
牛小屋のありしあたりや蓼の花 はく子 9 せいじ.明日香.なつき.三刀.やよい.治男.よう子.うつぎ.有香.
風鈴の思ひ出したるごと鳴りぬ せいじ 6 あさこ.よし女.こすもす.よう子.うつぎ.有香.
山の端を離れし月の大いなる はく子 5 海潮音.よし女.たか子.治男.もとこ.
ゆりかごや穂先揺れたる赤とんぼ ぽんこ 4 敬和.海潮音.そうけい.小袖.
秋の草備前の壺に老舗宿 たか子 4 明日香.ぽんこ.やよい.満天.
畦道を照らす迎え火数珠繋ぎ 愛正 3 たかを.智恵子.たか子.
池碧く宮裏たわわなる葡萄 よし女 2 宏虎.三刀.
ふっくらと南瓜煮あげて子等を待つ 菜々 2 あさこ.はく子.
グランドのラインの光る夜学生 治男 2 そうけい.こすもす.
雨欲しと柿の実揺るる其中庵 よし女 2 智恵子.もとこ.
一歩踏む戻り残暑の舗装道 三刀 2 たかを.小袖.
吟行らし一団見ゆる花野かな 宏虎 2 ぽんこ.満天.
鳳仙花元気よく種弾きけり 宏虎 2 敬和.はく子.
手描した開かぬままの秋扇 満天 1 愛正.
散水車過ぎ行く風や路の匂い 智恵子 1 せいじ.
犬走に揺るる木洩れ日風は秋 こすもす 1 愛正.
秋暑しいつものスーパー遠かりき 満天 1 菜々.
このところ幾度も同じ秋蝶来 せいじ 1 なつき.
秋空へ木の葉のびのび盛り上がり 治男 1 菜々.
露天の湯陽の差込むや秋暑あり もとこ 1 宏虎.

8月27日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
枕辺に手花火置いて昼寝の子 なつき 5 愛正.ぽんこ.よし女.ともえ.たか子.
其中庵の土間吹き抜ける処暑の風 三刀 5 あさこ.そうけい.よし女.菜々.なつき.
月光の屋根に溢れて夜の波 もとこ 4 海潮音.ぽんこ.そうけい.治男.
農日誌あまりの残暑にとどこおる 菜々 4 敬和.満天.ともえ.こすもす.
苦瓜の低き葉陰に太りけり 満天 3 たか子.こすもす.はく子.
稲の香の棚田の里を溢るかな 隆松 2 智恵子.菜々.
穀象の鈍重なれば愛らしき せいじ 2 愛正.たかを.
おみなへし老い行く道の遠からず たか子 2 なつき.はく子.
新涼の彩となりたる台地かな よし女 2 満天.三刀.
道をしへ前へ前へとつと消ゆる 満天 2 あさこ.治男.
蜆蝶追い立てられりひと戦ぎ たかを 2 せいじ.もとこ.
海の風萩咲く堂の力石 こすもす 1 智恵子.
吟行に秋の日傘の手放せず はく子 1 宏虎.
熟したる柿の実一つ其中庵 よし女 1 せいじ.
ふじばかま遠来の蝶待つ風情 たか子 1 もとこ.
手花火の風をよんでは仕切る夫 なつき 1 明日香.
電線のたるみの下を小鳥来る 治男 1 三刀.
雑木林火柱のごと蔦紅葉 智恵子 1 明日香.
浄瑠璃は肩で蟲類羽でなく 宏虎 1 海潮音.
ななかまど湖へとまっすぐ下り坂 智恵子 1 たかを.
秋晴に傘寿連れ立ちサイクリング 菜々 1 宏虎.
バサと落つアシダカグモに眠れぬ夜 明日香 1 敬和.

8月26日 (投句17名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋草の名を聞き合うて万葉園 たか子 5 隆松.あさこ.せいじ.ぽんこ.なつき.
更け行くに雲ひとつなく月涼し 満天 5 宏虎.そうけい.明日香.たか子.こすもす.
終ひ湯の微かに聴こゆ秋の声 満天 4 もとこ.海潮音.たか子.有香.
子規庵の窓辺に長き糸瓜揺る 智恵子 3 満天.はく子.治男.
水碧き泉にみんみん声落とす 三刀 3 隆松.よし女.治男.
爺婆に声をかければ案山子かな 隆松 3 あさこ.菜々.よし女.
生駒嶺に突き刺さるごと虹立ちぬ せいじ 3 満天.明日香.なおこ.
秋茄子の漬物に足る独りの餉 菜々 3 敬和.宏虎.なおこ.
自然薯の筵に並ぶ民家カフェ 智恵子 2 こすもす.うつぎ.
三更の雲脱ぎ捨てて月円か はく子 2 もとこ.なつき.
一山を染め尽くしたる大西日 せいじ 2 たかを.智恵子.
秋燕草原に立つ吾の辺り よし女 1 三刀.
対岸の樹々の濃淡浜残暑 はく子 1 たかを.
風たちてしなりにしなる秋の声 ぽんこ 1 有香.
帰燕いまカルスト架線に整列す よし女 1 はく子.
見上ぐればしなりの強き竹の春 たか子 1 ぽんこ.
旋風に負けず稲穂の整列す 明日香 1 せいじ.
峡谷は鳴き続きをり法師蝉 宏虎 1 そうけい.
台風一過空の真青に突き抜けて やよい 1 菜々.
山頂は風ひんやりと赤とんぼ 宏虎 1 うつぎ.
ブルーシート覆ふ大屋根虫すだく こすもす 1 敬和.
熱波射す視界の揺らぐ葱の畑 たかを 1 智恵子.
首すくめ通草のアーチ潜りけり こすもす 1 三刀.
糸綴るほとけ浮かびて秋の月 もとこ 1 海潮音.

8月25日 (投句20名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
子等去りて辻の地蔵へ月まどか 菜々 6 ぽんこ.もとこ.三刀.よし女.たか子.はく子.
地蔵堂の揺るる提灯風は秋 こすもす 5 満天.明日香.智恵子.ぽんこ.有香.
引き切って白波返す夏干潟 三刀 3 敬和.愛正.なつき.
洞窟の岩肌に飛ぶ滝しぶき そうけい 3 宏虎.あさこ.せいじ.
秋声はなり良き松の根方より はく子 3 隆松.菜々.たか子.
処暑の子ら山盛りカレー平らげる なつき 3 敬和.たかを.こすもす.
百日紅堤染上げ蕊浄土 ぽんこ 3 たかを.隆松.はく子.
人寄れば鯉の口寄る秋の水 たか子 2 あさこ.海潮音.
古井戸はここぞと灯す草紅葉 智恵子 2 せいじ.そうけい.
風の音に誘はれ月を愛でにけり こすもす 2 宏虎.なつき.
後先になりて流離ふ秋の蝶 せいじ 2 愛正.明日香.
啼き終へてシンと網戸の法師蝉 よう子 2 智恵子.もとこ.
台風の去りて健気な町の川 たかを 1 海潮音.
抜ける空見上げる先の新松子 智恵子 1 菜々.
羽ばたける鳥と見紛ふ枯蓮 ぽんこ 1 よし女.
台風一過笑顔で朝の挨拶を 満天 1 こすもす.
迎え火や庭に仏の気配あり 愛正 1 やよい.
熱風を置き去りにして台風去る 満天 1 やよい.
父母の居し古家開けるや秋の声 もとこ 1 そうけい.
颱風あとビルの白さの極まれり 治男 1 満天.
眼前を鳴きて横切る蝉つぶて 治男 1 三刀.

8月24日 (投句17名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
人波に音聞くばかり揚花火 なつき 6 敬和.ぽんこ.菜々.明日香.せいじ.たか子.
突風に足を踏ん張る飛蝗かな せいじ 5 あさこ.もとこ.なつき.満天.よう子.
朝顔や厨の格子に絡み咲く 智恵子 5 敬和.たかを.宏虎.治男.なおこ.
川底に影踊らせて魚さやか 明日香 4 愛正.海潮音.満天.よう子.
稲田縫う移動図書館ゆるゆると こすもす 4 そうけい.なつき.なおこ.有香.
鯉跳ねる不意に蓮の実飛びにけり たか子 3 愛正.智恵子.やよい.
カメラマン池を巡りて秋探す たか子 3 よし女.三刀.こすもす.
切り詰めし枝に大輪秋の薔薇 智恵子 3 あさこ.せいじ.こすもす.
御詠歌の子供退屈地蔵盆 宏虎 3 菜々.よし女.三刀.
夏休み校舎の浮かぶ夕茜 治男 2 智恵子.やよい.
台風の進路気になる亭午かな 三刀 2 はく子.有香.
森の中澄んだオカリナ小鳥来る ぽんこ 2 たか子.治男.
タオル首に苑草取りのボランティア 満天 2 そうけい.はく子.
我が影に身を隠したる子蟷螂 せいじ 1 明日香.
起き上がる白き大の字夏の雲 たかを 1 海潮音.
特急券チェックの車窓色づく田 こすもす 1 たかを.
つむじ風右往左往の初紅葉 明日香 1 もとこ.
小鳥来て歌ふ美声の名を知らず はく子 1 ぽんこ.
濡れタオル首に巻きけり秋遠し たかを 1 宏虎.

8月23日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夕の陽に影絵となりて大案山子 智恵子 7 愛正.隆松.あさこ.海潮音.やよい.せいじ.治男.
ままごとの記憶に遊ぶたでの花 たか子 5 ぽんこ.敬和.こすもす.もとこ.なつき.
一歩出れば纏ひつきたる残暑かな やよい 5 満天.あさこ.ともえ.たか子.敬和.
地蔵盆人情厚き路地の奥 宏虎 4 満天.智恵子.海潮音.そうけい.
川とんぼ瀬石と存問するごとく 明日香 2 ぽんこ.たか子.
新墓に今日も替わりし菊の花 治男 2 菜々.そうけい.
六甲山の風に捩花ねぢり初む 菜々 2 三刀.はく子.
盆の月洗濯ものの熱帯びて もとこ 2 たかを.せいじ.
欄干の石の熱さや残暑なを はく子 2 もとこ.なつき.
盆火焚く船主の大漁祈願 海潮音 2 明日香.治男.
大雷雨曇天割って地を穿つ 海潮音 2 たかを.はく子.
リズム良き若き市長や踊りの輪 なつき 2 宏虎.三刀.
花ひとつ抓めば虻の襲い来る たかを 1 菜々.
優勝旗手にする選手虹の帯 ぽんこ 1 明日香.
台風の余波裏山の木々騒ぐ 三刀 1 こすもす.
山の辺に小さな秋を見つけたり 宏虎 1 ともえ.
蜻蛉の青き尾ひたす池の碧(あお) たか子 1 やよい.
絮浮遊エノコロ草の三辻かな たかを 1 愛正.
甲子園も句会も果てて秋の虹 こすもす 1 宏虎.
囲碁試合負けてしおしお秋の風 あさこ 1 智恵子.

8月22日 (投句17名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
王羲之のゆかりの池や蓮真白 菜々 5 愛正.さつき.宏虎.満天.はく子.
秋声は木立を映す山湖より はく子 3 満天.そうけい.明日香.
夜店の灯外る輪投げの軽き音 なつき 3 あさこ.そうけい.もとこ.
秋天を二つに割れり飛行雲 宏虎 3 隆松.たか子.治男.
秋小路腹から進む妊婦かな 治男 3 たかを.三刀.もとこ.
朝刊を手にして仰ぐいわし雲 三刀 3 さつき.せいじ.隆松.
にこにこと朝の挨拶涼新た さつき 3 たかを.三刀.こすもす.
芋虫や居場所残して喰いつくす たかを 2 せいじ.智恵子.
都府楼の礎石に伏せる秋思かな さつき 2 海潮音.やよい.
磊々にからむ芥や出水あと 菜々 2 愛正.やよい.
力石頭上の葉擦れ秋の声 ぽんこ 2 宏虎.治男.
夾竹桃落花が埋める木陰かな たかを 1 こすもす.
甲子園泣いて笑って夏終わる 智恵子 1 明日香.
切り通し崖に滴る飛沫かな 智恵子 1 ぽんこ.
知恩院の長き石磴初紅葉 ぽんこ 1 智恵子.
館涼しユネスコ認定書を掛けて なつき 1 菜々.
鴇色の睡蓮鮮やか蘭亭に 満天 1 はく子.
山頂にとる行厨は霧の中 せいじ 1 あさこ.
小魚の群に川鵜のまっしぐら こすもす 1 たか子.
ガレージを染めて隣家のさるすべり やよい 1 なつき.
石仏の笑顔に歴史虫の声 治男 1 海潮音.
涼新た思考の少しまとまりぬ たか子 1 なつき.
なら町のナイトツアーや月明かり こすもす 1 菜々.
甲子園汗と涙の夏終わる 三刀 1 ぽんこ.

8月21日 (投句14名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
暮れぬれば裏山早やも虫浄土 三刀 8 愛正.智恵子.明日香.宏虎.海潮音.なつき.ぽんこ.こすもす.
整然とつづく父祖の田稲は穂に 菜々 8 あさこ.せいじ.海潮音.たかを.なつき.治男.はく子.小袖.
潮騒の耳に涼しき松林 愛正 5 さつき.菜々.あさこ.せいじ.はく子.
盆提灯度胸試しの闇へ入る なつき 5 さつき.三刀.そうけい.たか子.こすもす.
提灯の絵付体験星月夜 こすもす 3 菜々.敬和.ぽんこ.
堂涼し座禅を組めばなほ涼し さつき 3 明日香.宏虎.やよい.
空を裂く金属バット天高し 智恵子 3 敬和.治男.なおこ.
奈落より風吹き上ぐる霧の尾根 せいじ 2 そうけい.やよい.
稲の穂の田毎に同じ高さかな せいじ 2 三刀.たか子.
秋の雲孔雀のごとく尾を引いて ぽんこ 2 たかを.なおこ.
闇に浮く弁財天や盆の月 なつき 2 愛正.智恵子.
新涼や回転椅子も軽やかに さつき 1 満天.
大池へ一文字橋秋の風 満天 1 小袖.
残暑中町の銭湯解体中 はく子 1 満天.

8月20日 (投句16名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
送り火に託し故郷後にする 智恵子 8 たかを.あさこ.満天.そうけい.たか子.ぽんこ.なつき.こすもす.
作り手の人柄滲む案山子かな さつき 7 たかを.あさこ.満天.宏虎.明日香.ぽんこ.はく子.
盆の月真剣光る演武かな なつき 5 敬和.さつき.そうけい.よし女.治男.
向日葵と顔寄せあつてツーショット 満天 5 さつき.宏虎.菜々.明日香.なおこ.
帽子飛ぶ事も楽しき秋の風 たか子 4 せいじ.よし女.三刀.はく子.
農協のロゴの帽子の案山子かな 隆松 3 三刀.こすもす.なおこ.
まばたきもせず吾を見る神の鹿 さつき 3 愛正.海潮音.たか子.
木々の影動くや生るる秋の声 三刀 2 せいじ.治男.
手に取れば妖し夜店のアクセサリー なつき 2 敬和.菜々.
かなかなや胃の全摘の師の決意 治男 1 海潮音.
丹の橋映して平蓮の池 こすもす 1 智恵子.
蝉の声区域分担夏の果て たかを 1 愛正.
爽涼や丘のチャペルへ身も軽し せいじ 1 智恵子.
蓮池の虹色の橋渡りけり 満天 1 なつき.

8月19日 (投句15名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋晴や祝詞高々地鎮祭 菜々 10 隆松.敬和.さつき.あさこ.明日香.たか子.三刀.宏虎.そうけい.やよい.
原色の灯籠流し闇に映え 明日香 5 さつき.よし女.治男.こすもす.海潮音.
夕静寂切り裂く一閃稲光 隆松 5 満天.智恵子.宏虎.ぽんこ.こすもす.
登山者の一礼したる大鳥居 さつき 4 たかを.たか子.なつき.有香.
山頂の枝に残りし登山帽 智恵子 4 はく子.せいじ.よし女.更紗.
大風車秋風捉え回りけり 宏虎 3 隆松.あさこ.はく子.
生身魂聞かねば済まぬ婚話 なつき 3 三刀.菜々.治男.
眼光の鋭き案山子出番来る 隆松 2 満天.せいじ.
山頂の天文ドーム秋高し さつき 2 たかを.なつき.
色草の花心に玉の水宿す せいじ 2 ぽんこ.海潮音.
洗車するトラック越しの遠花火 なつき 2 そうけい.やよい.
ビオトープなる大鉢に草の花 せいじ 1 菜々.
朝顔の塀より風に蔓遊ぶ 満天 1 智恵子.
地蔵坂辻に真白き小菊咲く 智恵子 1 明日香.
風の向き変わり裏山法師蝉 三刀 1 更紗.
棟上げへ一家三代さはやかに 菜々 1 有香.
手と足と腰とリズムや阿波踊 宏虎 1 敬和.

8月18日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
風立ちて窓枠を打つ秋簾 せいじ 8 さつき.隆松.そうけい.明日香.なつき.菜々.治男.ぽんこ.
照り返す地に影落とす黒揚羽 三刀 6 敬和.たかを.せいじ.明日香.やよい.よし女.
枯山水時の忘れし夕端居 ぽんこ 5 さつき.満天.智恵子.なつき.海潮音.
柳散る川面に波紋また一つ 智恵子 4 隆松.せいじ.こすもす.ぽんこ.
大文字炎めらめら空焦がす 宏虎 3 敬和.あさこ.三刀.
今朝秋と覚ゆ目覚めのここちよし やよい 3 宏虎.こすもす.有香.
ねこじゃらし風に遊べる休耕田 はく子 3 あさこ.満天.よし女.
百日紅映ゆる周防の国分寺 よし女 2 たか子.三刀.
跡継ぎて時間厳守の盆の僧 なつき 2 治男.はるよ.
頑固棄て時流に乗らん桐一葉 宏虎 2 そうけい.はるよ.
五感研ぎ逃がすまじとぞ秋の声 たか子 2 海潮音.有香.
盆会果て子が座布団を跳ねまわり なつき 1 菜々.
大芝生本日とんぼ貸し切り中 たか子 1 智恵子.
秋高し国道またぐ歩道橋 菜々 1 たか子.
爽やかな戦ぎや森の小径行く たかを 1 宏虎.
蛇の池の碑の立つ奥社秋の蝉 はく子 1 たかを.
牛乳ののどごし涼し高牧場 そうけい 1 やよい.

8月17日 (投句15名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
語り部の言霊重き終戦日 智恵子 9 そうけい.満天.菜々.はく子.三刀.敬和.なつき.なおこ.ぽんこ.
あきつ来て赤信号をともに待つ せいじ 4 はく子.よし女.もとこ.有香.
新涼や窓といふ窓開け放つ 宏虎 4 あさこ.せいじ.智恵子.有香.
帰省子の水筒ズラリ厨かな ぽんこ 4 そうけい.あさこ.三刀.なおこ.
川沿いに続く早稲田の穂波かな 三刀 4 満天.智恵子.なつき.こすもす.
子ら去にて常の二人よ霊送り 菜々 3 よし女.やよい.治男.
指定席足元を埋む盆土産 智恵子 3 治男.ぽんこ.こすもす.
盂蘭盆会歩き初む子がお目見えす なつき 2 たか子.明日香.
浄土より影向せしか法師蝉 宏虎 2 もとこ.やよい.
クラツクシヨンで別れの合図盆休み 治男 2 菜々.たかを.
捥ぎたての無花果苞をデザートに 満天 1 宏虎.
百日紅降りみ降らずみ紅散らす 満天 1 たか子.
ぎすなくや畔草踏めば柔らかし はく子 1 明日香.
三つ巴なりしが二分秋の蝶 せいじ 1 たかを.
餌をあさる猫にも序列身にぞしむ 菜々 1 せいじ.
うみたての卵を恐々帰省の子 こすもす 1 海潮音.
除草剤散布の下に蟻の城 たかを 1 宏虎.
立ちこぐや後に続きし虫の声 たかを 1 海潮音.
赤子入れ女の多き盂蘭盆会 なつき 1 敬和.

8月16日 (投句12名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
五重の塔闇夜に浮かぶ万灯回 ぽんこ 6 敬和.愛正.智恵子.そうけい.やよい.隆松.
畦道のほのと稲の香夕散歩 はく子 4 あさこ.せいじ.なつき.こすもす.
ふるさとの村人憩ふ滝涼し せいじ 4 満天.はく子.明日香.三刀.
さざ波の黄金散らしに秋夕日 はく子 4 智恵子.明日香.たか子.ぽんこ.
初秋や湖渡りくる朝日影 隆松 4 愛正.せいじ.そうけい.治男.
長旅を足湯に癒す帰省かな せいじ 4 敬和.あさこ.なつき.隆松.
逃げ回る子に遊んでと鬼ヤンマ 智恵子 3 たかを.はく子.ぽんこ.
お位牌を撫でて香焚く終戦日 智恵子 3 菜々.治男.もとこ.
帰省子の話に夕餉長々と 満天 3 海潮音.たか子.こすもす.
母の膝子が数珠舐むる盂蘭盆会 なつき 2 三刀.もとこ.
終い盆送りそうめん湯がきをり 明日香 2 たかを.宏虎.
終戦忌リンゴの唄に元気出し 宏虎 1 満天.
カラフルなカヌー点点秋の浜 こすもす 1 海潮音.
遺影写真今撮つておく秋暑し 治男 1 宏虎.
小豆粥赤飯炊いて魂迎え 明日香 1 菜々.
夕立やコートの水漬く河川敷 なつき 1 やよい.

8月15日 (投句15名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
阿波踊り地を這うように始まりぬ たか子 10 そうけい.隆松.宏虎.満天.もとこ.三刀.せいじ.よし女.たかを.はく子.
幼稚園児手足巧みに阿波踊 治男 5 満天.たかを.なつき.はく子.ぽんこ.
次の代の夫婦に任せ盆用意 あさこ 4 菜々.三刀.治男.こすもす.
湖水への間道ははや秋の風 せいじ 4 愛正.隆松.たか子.やよい.
煮魚の食べ方ただす生身魂 なつき 3 海潮音.たか子.ぽんこ.
敗戦日青竹を踏む朝食後 宏虎 3 敬和.なつき.こすもす.
遠雷や黒雲徐々に広げつつ はく子 2 よし女.やよい.
好物の枝豆茹でて子を待ちぬ 智恵子 2 菜々.あさこ.
日焼して双子めきたる少女どち せいじ 2 明日香.なおこ.
車窓よりいつか伴走いわし雲 ぽんこ 2 愛正.智恵子.
秋茄子の色良き漬かり食すすむ 満天 2 宏虎.智恵子.
二粒の青銀杏や墓参道 こすもす 2 敬和.もとこ.
盆僧の真横にならぶ幼かな なつき 2 せいじ.治男.
笑ひゐるごとく極暑の鴉かな やよい 1 明日香.
白ハンカチ棺に額近づけて やよい 1 海潮音.
寝転べば羽音近づく赤トンボ 智恵子 1 そうけい.
いわし雲さば模様ともなりながら たか子 1 なおこ.
盆休み孫の手を引く爺多し もとこ 1 あさこ.

8月14日 (投句15名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
渋滞も至福と思う帰省かな 智恵子 5 宏虎.もとこ.なつき.こすもす.たかを.
蚊柱を走り抜けたる鎮守杜 愛正 5 更紗.三刀.明日香.なつき.やよい.
パノラマの一湾跨ぐ雲の峰 ぽんこ 5 満天.智恵子.はく子.海潮音.そうけい.
笑顔なる勝利の校歌爽やかに 満天 4 更紗.あさこ.治男.ぽんこ.
自転車漕ぐ背筋伸ばして盆の僧 なつき 4 愛正.宏虎.治男.海潮音.
奥宮へ杉の木立や風涼し 菜々 4 せいじ.こすもす.たかを.やよい.
帽子抱き走り行く子やカブト虫 智恵子 3 敬和.もとこ.たか子.
むくむくとポパイの如き雲の峰 はく子 3 せいじ.たか子.よし女.
爽やかや木々に触れ行くワンマンカー 菜々 2 敬和.明日香.
乾パンや飢え耐え忍ぶ敗戦忌 宏虎 2 満天.三刀.
持ちくれし胡瓜に花を付けしまま 満天 2 あさこ.智恵子.
ニューフェイス曾祖父に会ふ墓参り もとこ 1 よし女.
くつきりと川面に映ゆるうろこ雲 明日香 1 はく子.
グラマンに田の畦伏せし敗戦忌 宏虎 1 そうけい.
雲の峰京都盆地を荘厳す せいじ 1 愛正.
蝙蝠や子が駆け回る夜の園 なつき 1 ぽんこ.

8月13日 (投句15名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
供花生けし吾に寄り来る秋茜 智恵子 7 あさこ.敬和.宏虎.明日香.治男.隆松.たか子.
不動尊一尺の水涼新た ぽんこ 5 さつき.愛正.満天.智恵子.三刀.
盆の空飛行機乗りの父偲ぶ たか子 4 愛正.智恵子.治男.ぽんこ.
廃港に遊ぶ雀や晩夏光 せいじ 3 そうけい.なつき.ぽんこ.
はらからの皆老いけらし墓洗ふ はく子 3 もとこ.そうけい.たか子.
対岸の花火見てゐるバーベキュー やよい 2 あさこ.たかを.
眼と耳と歯も恙なし生身魂 宏虎 2 三刀.菜々.
水占に乙女にぎやか夏夕べ 菜々 2 敬和.よし女.
孫一人囲んで老いの盆料理 たか子 2 もとこ.こすもす.
水の音まな板の音涼あらた やよい 2 よし女.ともえ.
白帆とぶ大海原に夏惜しむ せいじ 2 はく子.菜々.
ちちはは子夫の眠れる墓洗ふ はく子 2 満天.宏虎.
父の捥ぐ長き胴体瓜の馬 なつき 1 さつき.
子をほめる育て方あり夏休み 宏虎 1 ともえ.
盆近し真鍮磨き日もすがら 明日香 1 なつき.
新涼や白き漣湖に立てり 智恵子 1 はく子.
ごったがえす買い物客や盆用意 こすもす 1 たかを.
タイブレーク汗と涙の甲子園 満天 1 こすもす.
玄関のアレンジに足す桔梗かな 明日香 1 せいじ.
露草の昨夜雨残し光りけり 満天 1 明日香.
炎天下我がもの顔の瑠璃蜥蜴 三刀 1 せいじ.

8月12日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
帰省の子直ぐに戻りぬ大阪弁 たか子 7 隆松.さつき.せいじ.はく子.敬和.そうけい.ぽんこ.
奥琵琶の山滴りて湖碧し せいじ 5 愛正.満天.やよい.たか子.明日香.
色褪せたブックカバーや秋桜 智恵子 4 菜々.やよい.敬和.なつき.
満席の団扇もなびく甲子園 満天 4 せいじ.愛正.よし女.なつき.
墓参り供華のあるなし目立ちけり 宏虎 3 隆松.満天.もとこ.
初穂垂れ始めたるかな谷戸景色 隆松 3 宏虎.ぽんこ.こすもす.
熱闘や高校球児の汗眩し うつぎ 2 智恵子.宏虎.
西瓜買ふ昔ながらの叩く癖 せいじ 2 こすもす.なおこ.
身を構うその気になれぬ残暑かな たか子 2 菜々.もとこ.
盆供養香煙の中鐘数打 ぽんこ 2 たかを.智恵子.
手汗拭きチップ受けとる大道芸 なつき 2 あさこ.明日香.
色違え早稲田晩稲田延延と 菜々 2 たかを.さつき.
忘れ物回覧廻る祭り後 たかを 2 はく子.そうけい.
新涼や跳び跳び飛んで雀どち よし女 1 三刀.
秋暑しヘリの低空飛行かな 隆松 1 たか子.
風死して事もなき夜のクラシック 智恵子 1 三刀.
弁才天池に映れる百日紅 ぽんこ 1 あさこ.
店頭は盆花菓子と満載に 満天 1 なおこ.
花芙蓉笑顔はぢける女学生 菜々 1 よし女.

8月11日 (投句18名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
包丁を咥へ放さぬ大南瓜 やよい 9 さつき.隆松.せいじ.更紗.満天.宏虎.たか子.はく子.ぽんこ.
絵日記の踊りし文字や西瓜割り 智恵子 8 敬和.菜々.あさこ.たかを.やよい.三刀.はく子.そうけい.
渋滞を抜け故郷の青田風 智恵子 7 敬和.菜々.せいじ.うつぎ.こすもす.そうけい.もとこ.
盆休み見知らぬ子等の声高し 満天 5 さつき.智恵子.あさこ.治男.よし女.
風死して身じろぎもせぬ大風車 せいじ 4 智恵子.愛正.小袖.三刀.
大宇陀は星の故郷天の川 宏虎 3 満天.やよい.ぽんこ.
湖水切り風切り水上スキー飛ぶ せいじ 3 宏虎.たか子.うつぎ.
農道を並木道とす百日紅 隆松 2 更紗.治男.
天碧き画布と見ゆるや百日白 隆松 2 小袖.こすもす.
当面は卒寿を目指す生身魂 三刀 2 よし女.なつき.
木々透かせ盆灯籠の灯る家 うつぎ 2 愛正.もとこ.
酢の香たつ廚や鯖の寿司を押す やよい 1 隆松.
マイセンの白きお皿に西瓜盛り 宏虎 1 なつき.
立秋や溜まった家事に手を付ける 明日香 1 たかを.

8月10日 (投句18名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
参道の茶屋みな氏子秋祭り さつき 6 あさこ.智恵子.更紗.たか子.なおこ.こすもす.
山宿の霧去りてより星月夜 はく子 5 愛正.さつき.せいじ.たか子.なおこ.
高階のテラスに仄かな門火焚く たか子 4 満天.明日香.もとこ.なつき.
甘い風綿菓子回る夜店の灯 智恵子 4 敬和.隆松.あさこ.三刀.
日焼の子抱つこの父も日焼して せいじ 4 ぽんこ.菜々.治男.うつぎ.
一群は佛に見えし秋の雲 治男 3 敬和.隆松.なつき.
手花火の火薬の匂ひ遠き日や 智恵子 3 そうけい.たかを.もとこ.
夕涼む湖面に滲む常夜灯 隆松 3 さつき.智恵子.こすもす.
朝顔の風にまかせて蔓遊ぶ 満天 3 宏虎.よし女.明日香.
太陽の赤吸い込みぬ緋のカンナ 宏虎 2 ぽんこ.三刀.
冷茶持て汗の主のもてなせる なつき 2 更紗.たかを.
茄子の馬いつもいびつに四本あし たか子 2 愛正.やよい.
常夜灯の笠かすめたり流れ星 隆松 2 せいじ.やよい.
車夫をかし日焼裸身にシャツの跡 せいじ 2 そうけい.うつぎ.
汗沁むる金券整理祭り後 たかを 1 はく子.
ロープウエイ泳ぐ如くに樹間縫ふ そうけい 1 よし女.
秋蝉の声の衰へなき兆し 満天 1 治男.
秋立ちて生駒稜線くっきりと はく子 1 宏虎.
ぎゅうぎゅうに詰めても軽き樫落葉 こすもす 1 菜々.
頑なの吾が意通せし生身魂 宏虎 1 はく子.
山地はや主役は代わり法師蝉 さつき 1 満天.

8月9日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
色褪せて風に疲れし秋簾 たか子 5 三刀.敬和.満天.智恵子.こすもす.
浜闊歩日焼自慢の男どち せいじ 5 ぽんこ.智恵子.宏虎.菜々.はく子.
湖渡る音より先の遠花火 隆松 4 せいじ.そうけい.治男.有香.
爽やかにカーテン揺らす朝の風 はく子 4 さつき.満天.宏虎.菜々.
旅の宿せせらぎ縫ひて河鹿鳴く 智恵子 4 愛正.三刀.隆松.あさこ.
座り方時々変わる盆僧侶 こすもす 3 更紗.ぽんこ.もとこ.
温かき珈琲立てて今朝の秋 はく子 3 みどり.隆松.もとこ.
岩飛沫ひときわ彩す草紅葉 智恵子 2 あさこ.明日香.
炎天やテーブル下の将棋盤 たかを 2 更紗.こすもす.
盆用意おがらの箸と蓮の皿 明日香 2 敬和.なつき.
西日照る障子に踊る木々の影 三刀 2 愛正.よし女.
秋立つや出入り忙しき理髪店 よし女 2 明日香.そうけい.
山陰る里にかなかな狂ひ鳴く なつき 1 せいじ.
青芝に転がっている子の如雨露 菜々 1 たかを.
落人の此の淵渡り子持ち鮎 治男 1 なつき.
秋兆す流るる水音空の雲 宏虎 1 はく子.
氷の音コツプの中に響かせて ともえ 1 たかを.
秋立ちてウォーキングペア増へにけり 満天 1 治男.
入口に縮みの浴衣道の駅 せいじ 1 有香.
新蕎麦はいつもの味のあの老舗 たか子 1 さつき.
向日葵の直立不動疲れをり もとこ 1 よし女.
林道においでおいでと水引草 さつき 1 たか子.

8月8日 (投句18名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
古刹床「無」の大書あり夏座敷 宏虎 5 あさこ.満天.智恵子.そうけい.こすもす.
盆用意先ず庭草を引きてより 菜々 5 さつき.明日香.たか子.なつき.小袖.
夏蝶の道あるごとく飛来次ぐ せいじ 4 愛正.よし女.たか子.治男.
ただいまに欠伸で返す猫の夏 たかを 4 せいじ.もとこ.明日香.ぽんこ.
刈草を解けば群れなす団子虫 智恵子 3 たかを.更紗.せいじ.
会えばまず暑さの愚痴を言い合えり たか子 3 あさこ.もとこ.ともえ.
今朝秋と思うテラスの風に触れ たか子 3 菜々.やよい.こすもす.
熱の子の抱つこせがみし熱帯夜 なつき 3 たかを.敬和.やよい.
早稲実る湖面を渡る風受けて せいじ 3 隆松.満天.よし女.
今朝の秋ドリップ珈琲匂ひ立つ やよい 2 更紗.敬和.
菜を刻む音の涼しき厨かな 更紗 2 みどり.ぽんこ.
露草や空の青はた海の紺 うつぎ 2 宏虎.はく子.
朝戸繰る新涼の風入り来し 明日香 2 さつき.みどり.
白菊のやつと咲きだし仏花にと 明日香 2 智恵子.ともえ.
ペディキュアのいろあせにけり秋簾 もとこ 1 はく子.
走馬灯父母との月日引き寄する 菜々 1 三刀.
空っぽの校庭を埋む蝉しぐれ 智恵子 1 なつき.
フローリングに腹這いの犬涼しそう こすもす 1 宏虎.
雑草のなぞへ際立つ灸花 ぽんこ 1 愛正.
秋立つや客一組のもんじゃ焼き なつき 1 菜々.
赤ん坊の赤ら顔見て父試合に 治男 1 そうけい.
子の記事を夕刊に見てより涼し よし女 1 三刀.
フィナーレ音の高鳴る大花火 宏虎 1 治男.

8月7日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
かほ知らぬ祖父の日記や虫払ひ もとこ 8 愛正.せいじ.みどり.菜々.よし女.やよい.そうけい.なつき.
家事の手を止めて黙礼原爆の日 菜々 7 更紗.もとこ.宏虎.三刀.明日香.治男.こすもす.
語り部の静かに響く原爆忌 智恵子 5 愛正.満天.小袖.そうけい.なつき.
涼しさや遊覧船に灯が点り 愛正 5 さつき.三刀.小袖.やよい.うつぎ.
子どもらの誓ひ頼もし原爆忌 せいじ 3 満天.みどり.たか子.
潮騒の音とも鳴りて貝風鈴 はく子 3 明日香.菜々.うつぎ.
しののめの空に黙祷広島忌 三刀 3 さつき.あさこ.こすもす.
熱の子の額に触るる短夜かな なつき 3 更紗.智恵子.ぽんこ.
打ち水のごとくしみこむにわか雨 こすもす 3 せいじ.智恵子.敬和.
山へ急く鴉の群れや夕焼け雲 治男 2 たかを.よし女.
南瓜やなまくら包丁歯の立たず たか子 2 あさこ.ぽんこ.
八時十五分吾も黙祷原爆忌 やよい 1 宏虎.
天の川吾住む星も大宇宙 宏虎 1 たかを.
片羽のけなげに舞へる秋の蝶 さつき 1 たか子.
一人居の夜に出でくる油虫 なつき 1 治男.
水中花グラスの泡に浮かびけり 智恵子 1 敬和.
落蝉をうつ伏せにして植木鉢 明日香 1 もとこ.

8月6日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
山寺の沼池を埋めて菱の花 智恵子 7 さつき.あさこ.明日香.菜々.たか子.こすもす.なつき.
校門の錠前固し夾竹桃 ぽんこ 6 愛正.宏虎.せいじ.満天.たか子.やよい.
宵闇に打ち込む祭り太鼓かな 三刀 4 みどり.よし女.隆松.やよい.
大虹の片脚湖に浸るかな 隆松 3 さつき.明日香.たかを.
入日未だ燃ゆる中なる盆太鼓 よし女 3 せいじ.たかを.三刀.
農夫の手我が子のようにかぼちゃ撫づ たか子 2 智恵子.なおこ.
目潰しのペーブメントや大西日 せいじ 2 智恵子.隆松.
肝試し落つ日に集ふ里の夏 智恵子 2 ぽんこ.治男.
奉納の提灯護る秋すだれ ぽんこ 2 治男.なおこ.
大方は法被にパンツ踊りの輪 はく子 2 よし女.満天.
しめやかな鉦と黙祷原爆忌 宏虎 2 敬和.もとこ.
公園の動くものなし酷暑かな 満天 2 もとこ.なつき.
山頂の鉄塔きらめく大夕焼 治男 2 ぽんこ.有香.
水に哭き水を怨みし原爆忌 宏虎 2 敬和.三刀.
豊作に礼し木を曳くミニトマト よし女 1 愛正.
久方に虹の立ちたる湖上かな 隆松 1 菜々.
焼きそばが一番人気夏祭 やよい 1 あさこ.
読経済みくるり向き変え盆僧侶 こすもす 1 宏虎.
丸刈りの盆僧マリッジリングして こすもす 1 みどり.
木陰なき草原なれど風は秋 さつき 1 こすもす.
原爆忌かの地の水禍痛ましく たか子 1 はく子.
風涼し新居へ煉瓦のアプローチ 菜々 1 はく子.

8月5日 (投句17名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
反り返る湯引きの鱧の白さかな たか子 9 菜々.智恵子.宏虎.敬和.はく子.そうけい.こすもす.ぽんこ.せいじ.
更け行くに手足揃ふや踊りの輪 満天 8 さつき.あさこ.たか子.はく子.もとこ.なつき.明日香.有香.
打ち水やたちまち庭に風を呼ぶ 三刀 6 さつき.あさこ.宏虎.ともえ.たか子.治男.
輪の中にひと際手振り良き踊り はく子 4 満天.三刀.明日香.やよい.
一山の滴り集め河奔る たか子 3 そうけい.せいじ.やよい.
踊り果て闇夜に赤き火星光る 満天 3 愛正.たかを.なつき.
風涼し鍾乳洞への道すがら さつき 3 ともえ.敬和.よし女.
父の背でまつり提灯手を伸ばし もとこ 2 たかを.有香.
木下闇小さきお堂のお地蔵さん こすもす 2 隆松.智恵子.
朝涼や赤信号も苦にならず さつき 1 もとこ.
観音の羽衣ふわり風凉し ぽんこ 1 愛正.
白光を四方に放ちて屋根灼くる せいじ 1 よし女.
過ちは繰り返さずや原爆忌 宏虎 1 満天.
酒豪なる婿に買い置く芋焼酎 よし女 1 三刀.
五時過ぎてよりの買い物猛暑の日 こすもす 1 隆松.
カナカナをBGMに露天の湯 智恵子 1 菜々.
原爆忌朝蝉加え黙祷す 宏虎 1 ぽんこ.
今年からアイス常備の厨かな 明日香 1 こすもす.
月下美人咲くを知る香や台風裡 なつき 1 治男.

8月4日 (投句15名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夕焼けて一番山車の奉納舞 なつき 7 隆松.明日香.智恵子.たかを.そうけい.やよい.はく子.
我が町のすべて手作り夏祭 満天 6 あさこ.そうけい.三刀.たか子.はく子.治男.
万歩計五百に満たぬ酷暑かな 明日香 5 満天.やよい.よし女.うつぎ.なおこ.
一陣の風炎昼を和ましむ せいじ 3 宏虎.菜々.よし女.
落鮎か腰まで浸かり網投げる こすもす 3 あさこ.智恵子.ともえ.
学習塾の子らを励ます百日紅 よし女 3 菜々.せいじ.三刀.
千枚田サワサワ靡く青田風 智恵子 3 満天.たかを.こすもす.
暴走車追ふパトカーや極暑の夜 やよい 3 ともえ.なつき.ぽんこ.
一休みしては又鳴く油蝉 こすもす 2 せいじ.明日香.
法被着て主婦別人の踊りの輪 満天 2 治男.なつき.
水の音風の匂ひに夏惜しむ 宏虎 2 敬和.たか子.
岩清水落ちて奏でる水凹み 智恵子 2 さつき.隆松.
方形の建物増えて街溽暑 菜々 2 もとこ.うつぎ.
ビル街の林立の影いわし雲 ぽんこ 2 敬和.宏虎.
忠魂碑汗の冷たきリュックの背 なつき 2 こすもす.ぽんこ.
回覧板と共に持ち行くミニトマト よし女 2 さつき.なおこ.
炎昼の庭山蟻の走る影 三刀 1 もとこ.

8月3日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
清流で洗ふ野菜の籠涼し そうけい 7 明日香.やよい.せいじ.愛正.治男.ぽんこ.隆松.
新聞配達短夜の街動き出す やよい 5 満天.宏虎.治男.たか子.なつき.
乗り継ぎの夜半の空港天の川 宏虎 4 もとこ.よし女.三刀.たかを.
絢爛なる湖水現る花火かな 隆松 3 さつき.なおこ.敬和.
畑に水やれば寄り来る黒揚羽 よし女 3 菜々.さつき.こすもす.
海からの風はたちまち青田風 三刀 3 やよい.はく子.有香.
風立ちて不意に高舞ふ夏の蝶 せいじ 3 智恵子.明日香.たかを.
大夕立去りて一瞬静もれる はく子 2 智恵子.ぽんこ.
国分かつ高嶺を窓に夏座敷 菜々 2 せいじ.たか子.
芙蓉咲く茅葺の里赤ポスト たか子 2 愛正.こすもす.
向日葵の強き日射しも受けて立つ 満天 2 あさこ.有香.
熱き茶の喉に沁むるや夏の風邪 せいじ 2 もとこ.はく子.
いつからか南瓜切るは夫の手に 明日香 2 菜々.なおこ.
大夕立仏舎利塔も洗ひけり はく子 1 なつき.
大波にキャッキャ喜ぶ浮き輪の子 智恵子 1 宏虎.
音の無き水車小屋や草茂る 隆松 1 あさこ.
弁当に箸を忘れし猛暑かな さつき 1 よし女.
夏霞夜空に一つ火星あり 智恵子 1 満天.
石磴のうねりのごとく萩の花 ぽんこ 1 そうけい.
頬に風けふよく鳴けり夏うぐいす なつき 1 そうけい.
一雷に間髪入れず夕立来る 菜々 1 三刀.
一言のでんと響けり生身魂 宏虎 1 敬和.

8月2日 (投句18名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
駆け回る吾子の浴衣の寸足らず なつき 6 さつき.泰山.せいじ.敬和.やよい.ぽんこ.
夏草のカーブに電車消えにけり 三刀 5 隆松.菜々.明日香.こすもす.ぽんこ.
雨乞の鈴の音高し雲の峰 よし女 4 三刀.やよい.治男.なつき.
天も地も洗い流して大夕立 はく子 4 菜々.満天.敬和.たかを.
稲光一閃浮き出る街の貌 宏虎 4 泰山.よし女.たかを.そうけい.
風鎮は流水模様夏座敷 菜々 4 さつき.せいじ.宏虎.たか子.
六地蔵朝の勤行蝉しぐれ ぽんこ 3 愛正.隆松.たか子.
夕顔の闇に艶めく路地の垣 智恵子 3 あさこ.はく子.ともえ.
風にのる微かな匂ひ稲の花 こすもす 3 あさこ.三刀.よし女.
青田風丹波但馬の国境 菜々 2 満天.なつき.
下闇のベンチ譲らぬ鴉かな さつき 2 はく子.有香.
句碑守りの下枝刈つて樹下涼し なつき 2 愛正.智恵子.
東雲に舞ふ蝙蝠の黒き影 智恵子 2 明日香.こすもす.
夏の日の葉洩れ尽くまで並木ゆく 隆松 1 そうけい.
月涼し火星を追つて中天へ せいじ 1 治男.
灼熱といふ言葉今体験す 明日香 1 ともえ.
夏の月赤し火星のなほ赤し やよい 1 宏虎.
雀らの砂浴び跡やさるすべり よし女 1 智恵子.
明易し遅刻の夢に目覚めけり やよい 1 有香.

8月1日 (投句15名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
遠花火消えても残る火星かな 明日香 9 愛正.さつき.隆松.宏虎.せいじ.菜々.小袖.なつき.有香.
駅前はやぐら高々盆用意 たか子 5 あさこ.そうけい.小袖.こすもす.なおこ.
旅の途の船上に見る大花火 はく子 4 やよい.そうけい.こすもす.明日香.
車椅子に夫と見たりし大花火 はく子 3 せいじ.なおこ.有香.
水色の濃淡で描く夏見舞 満天 3 たかを.三刀.ぽんこ.
灼くる砂渚まで皆猛ダッシュ 智恵子 3 敬和.三刀.はく子.
わつしょいと団扇で煽る万燈かな なつき 3 敬和.満天.たか子.
前の人倣ひて茅の輪くぐりけり さつき 3 よし女.たか子.明日香.
夏休み子らの暦は真っ黒に 智恵子 2 はく子.治男.
せせらぎに和して数多の風鈴を 満天 2 たかを.智恵子.
葉の裏にしがみつきたる蝉の殻 せいじ 2 泰山.あさこ.
夕風の遠くに音す草刈機 よし女 2 愛正.智恵子.
炎天行く吾がさす傘の影たより よし女 2 隆松.やよい.
炎昼の砂場飛びたつ群れ雀 三刀 2 よし女.なつき.
居眠りも防ぐ塩アメ舘涼し こすもす 1 治男.
おちょぼ口つぼめて上手葡萄食む 菜々 1 ぽんこ.
テニスボール炎天の空消へにけり ぽんこ 1 さつき.
大風にまろびまろびて蝉の殻 せいじ 1 満天.
幾重にも花火ひらくや川面にも 明日香 1 泰山.
葡萄食む小粒ながらもいと甘し 菜々 1 宏虎.
涼しさや写真撮り合う夫婦いて 治男 1 菜々.

7月31日 (投句16名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
英虞湾の真珠イカダに月あかり 愛正 6 せいじ.智恵子.宏虎.隆松.よし女.こすもす.
山溪をバス七曲がり雲の峰 宏虎 4 智恵子.菜々.治男.こすもす.
風鈴の路地ゆく風を捉へけり さつき 4 三刀.よし女.たか子.明日香.
讃美歌に和して序破急蝉しぐれ せいじ 3 満天.もとこ.ぽんこ.
ゆさゆさと空磨きたる百日紅 たか子 3 敬和.たかを.もとこ.
涼風にカラカラ回る風見鶏 智恵子 3 あさこ.泰山.なつき.
台風の去って一山蝉しぐれ 三刀 3 隆松.はく子.ぽんこ.
瓢箪池へ闇引寄せて蟇の鳴く 菜々 2 宏虎.たか子.
ラグビイ−のゴ−ルに入りし大夕焼け 治男 2 さつき.なつき.
手花火に顔のでこぼこ望の月 よし女 2 たかを.そうけい.
親と子の七夕飾り公民館 こすもす 2 あさこ.菜々.
貴船社の赤の灯籠川涼し 明日香 1 せいじ.
苑ぐるり見上げし空に花木槿 ぽんこ 1 明日香.
昨日より確かに空は秋の色 たか子 1 愛正.
短夜や音消えるまで救急車 満天 1 泰山.
蝶追うて猫は戻らず蝶戻る たかを 1 治男.
謂れある井戸に飛び交ふ朝の蝉 ぽんこ 1 そうけい.
処理水に金魚フリルを広げけり 宏虎 1 敬和.
日盛りの三軒目てふ道遠し なつき 1 三刀.
生き返るとは斯くならむ冷房車 せいじ 1 はく子.
ひまわりの百万本と対峙せり よし女 1 満天.
川床や水音と蝉に会話閉づ 明日香 1 愛正.
夕涼み僅かな風に首伸ばす 智恵子 1 さつき.

過去一覧

2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]