毎日句会成績一覧

- 2017年12月 -

過去一覧

12月30日 (投句16名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
野地蔵の供花取替える頬被り こすもす 7 たかを.そうけい.はく子.たか子.治男.うつぎ.なつき.
湯立待つ天満宮に片しぐれ はく子 7 更紗.せいじ.智恵子.そうけい.たか子.なつき.みどり.
落暉いま暗き凍雲切り裂きぬ せいじ 4 たかを.泰山.やよい.ぽんこ.
年用意孫の背丈を頼みとす はく子 4 せいじ.やよい.ぽんこ.うつぎ.
年用意ほめて進むや家族の手 満天 2 智恵子.はく子.
夜廻りの拍子木揃ふ十一時 満天 2 更紗.明日香.
冬天に鳶高舞ふ茅渟の海 ぽんこ 2 宏虎.満天.
煤逃げやスポーツジムの最終日 なつき 2 三刀.こすもす.
煤逃げやパンク自転車引きてゆく なつき 1 泰山.
枯れ芝で滑降競う親子して 治男 1 あさこ.
庭掃除存問のごと竜の玉 三刀 1 明日香.
平凡な余生幸あれ除夜の鐘 宏虎 1 三刀.
水仕事ひと通り終へ注連飾る 更紗 1 あさこ.
漣の立ちて湖に揺る雪の富士 智恵子 1 こすもす.
雪の花ポストにつもる綿帽子 智恵子 1 みどり.
六十代最後の年や日記買ふ うつぎ 1 治男.
寿老神頬の豊かさ冬日燦 ぽんこ 1 満天.
一年の加速の感や去年今年 たか子 1 宏虎.

12月29日 (投句16名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
隠沼を探し当つれば鴨発ちぬ せいじ 5 そうけい.さつき.更紗.泰山.うつぎ.
拍子木の冴えたる音の夜警かな ぽんこ 5 満天.あさこ.みどり.智恵子.まゆ.
夜廻りの拍子木聞こゆ縄暖簾 宏虎 4 はるよ.たかを.そうけい.なつき.
新暦まづ通院日記しけり やよい 3 たかを.あさこ.明日香.
炬燵居に昭和の演歌一人占め 満天 3 治男.はく子.こすもす.
祈念する一言添えて賀状書き こすもす 3 宏虎.たか子.隆松.
数え日や折り紙で作るポチ袋 こすもす 3 ぽんこ.なつき.はく子.
寒椿ほころぶ古都の能舞台 智恵子 3 更紗.ぽんこ.三刀.
空っ風森のこずえの叫び声 ぽんこ 2 宏虎.たか子.
煤逃げの診察券をさがしをり なつき 2 治男.うつぎ.
日溜りに所を得たり冬雀 愛正 2 さつき.みどり.
玄関を花でしつらへ年用意 たか子 2 せいじ.智恵子.
外は雪と訪問ナース入り来る うつぎ 1 はるよ.
年用意夫包丁を研ぎくれし やよい 1 こすもす.
風止んで寒さやさしく満ちた月 たかを 1 まゆ.
歳晩の神事へ巫女は白衣に 菜々 1 隆松.
枝枝に淡雪絡む並木かな 隆松 1 せいじ.
煤逃げの母子に作るオムライス なつき 1 泰山.
飛行雲火矢めき冴ゆる夕の富士 智恵子 1 満天.
前山に初雪かかる朝かな せいじ 1 明日香.
牡蠣鍋の湯気の向こうの笑顔かな よう子 1 三刀.

12月28日 (投句16名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
冬天へ万の願ひの絵馬を焚く はく子 7 菜々.智恵子.満天.小袖.明日香.たか子.まゆ.
ポケットに溜まる釣り銭年の市 うつぎ 7 更紗.宏虎.せいじ.やよい.ぽんこ.よう子.なつき.
潮騒や岬に香る野水仙 智恵子 6 さつき.あさこ.やよい.そうけい.はく子.こすもす.
靴跡は新聞配達雪の朝 こすもす 4 よし女.はく子.隆松.なつき.
風花や石碑にふれて解けにけり 更紗 4 あさこ.よし女.隆松.みどり.
蒼天を突き刺すごとく枯木山 ぽんこ 4 さつき.宏虎.まゆ.よう子.
空っ風閼伽水飛ばし供花飛ばし 明日香 3 菜々.そうけい.こすもす.
年惜しむ夕日漲る川面かな 更紗 2 たかを.小袖.
裸木の小枝に贄のわすれ物 智恵子 2 せいじ.愛正.
父の忌に続く母の忌夕しぐれ 菜々 1 うつぎ.
霙るるや視力検査の穴見えず なつき 1 うつぎ.
朝一番選句終えての年用意 満天 1 智恵子.
猫溝に入り我かわす冬田かな たかを 1 泰山.
美容師のはさみに託す年用意 ぽんこ 1 泰山.
湯豆腐の湯気を長押の遺影へも 菜々 1 たかを.
寒風や棘ある様に頬を刺す 宏虎 1 更紗.
極月の湯立てを巫女は白ぎぬに はく子 1 ぽんこ.
遅咲きの山茶花我もかくあらん せいじ 1 みどり.
炭焼小屋閑かや炭木積み上げて やよい 1 たか子.
寧々橋てふ赤き欄干冬日差 こすもす 1 明日香.

12月27日 (投句16名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
バス停の錆びし漁村や空つ風 更紗 7 さつき.はく子.うつぎ.たか子.ぽんこ.こすもす.隆松.
足音に鯉の寄り来る池小春 菜々 5 みどり.満天.せいじ.明日香.あさこ.
浄土へと名園に置く巨石凍つ たか子 4 明日香.なつき.やよい.よう子.
蝋梅の冬芽つんつん日射しうけ 満天 3 はく子.ぽんこ.なおこ.
ひきたてのコーヒーの香や年惜しむ こすもす 3 たかを.更紗.よし女.
軒の影こんな奥まで冬座敷 せいじ 3 泰山.たか子.菜々.
日記果つ何時も誰かに助けられ うつぎ 3 せいじ.よし女.やよい.
走り根は象の足かと名の木枯る ぽんこ 3 そうけい.うつぎ.智恵子.
水引をリースに足して年用意 明日香 3 更紗.智恵子.菜々.
歳の市開店前のぶっきら棒 たか子 2 たかを.泰山.
太閤像させてあげたや懐手 こすもす 2 宏虎.隆松.
冬晴れや江ノ島おおきく鳥回線 智恵子 2 まゆ.なつき.
蝋梅の庭いちめんに放香なす 智恵子 2 さつき.あさこ.
裸木に星の電飾風に揺れ ぽんこ 2 こすもす.よう子.
煤逃げや趣味に明け暮れ外出妻 はく子 1 宏虎.
囲炉裏端マキという女児茶を運ぶ たかを 1 そうけい.
宮古春搗き立て餅をふるまはる はく子 1 みどり.
河口の州教室のごと鴨並ぶ 治男 1 なおこ.
終ひ弘法迷ひ迷ひて買う古着 やよい 1 満天.
人影に群れ来る冬の鯉の口 やよい 1 まゆ.

12月26日 (投句16名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ダンスへと八十路の父のクリスマス なつき 4 あさこ.うつぎ.治男.はく子.
柚子風呂やつんつんつつく肩の先 たか子 4 泰山.まゆ.やよい.治男.
指先にクリーム舐めて聖菓切る 更紗 4 泰山.こすもす.はく子.なつき.
窓際に雨音を聞く聖夜かな なつき 3 せいじ.宏虎.ぽんこ.
北京ダック提げて聖夜の父帰国 よう子 3 菜々.せいじ.なつき.
時雨なか着物裾あげ先斗町 満天 3 そうけい.さつき.なおこ.
一村を跨ぐが如く冬の虹 ぽんこ 3 あさこ.たか子.明日香.
水鳥は仲良く川を住み分けて 明日香 3 智恵子.うつぎ.更紗.
コップ酒して景気づけ年の市 せいじ 3 たかを.よう子.たか子.
数へ日の主婦のひと日の早く過ぎ 満天 3 宏虎.更紗.こすもす.
思い付きメモ繰り返す年の暮 よし女 2 やよい.さつき.
ユーミンを聞きつ聖夜の露天湯に やよい 2 菜々.まゆ.
賓頭盧の頭ひざ撫で年送る はく子 2 そうけい.ぽんこ.
有馬の湯六甲山系冬銀河 こすもす 1 たかを.
幸之助寄進の茶室白障子 たか子 1 満天.
雑炊の一段違ふ隠し味 宏虎 1 なおこ.
昭和の美女笑む羽子板や寺の市 やよい 1 満天.
六地蔵足許侍る実千両 ぽんこ 1 智恵子.
冬休み受験勉強親の部屋 治男 1 よう子.

12月25日 (投句14名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
歳の市値踏みを店主一蹴す やよい 6 隆松.宏虎.たか子.よし女.よう子.治男.
冬館ゆがむ明治の色ガラス たか子 6 満天.せいじ.智恵子.やよい.まゆ.なつき.
鴨川の光に舞ふや都鳥 満天 4 たかを.治男.はく子.なつき.
風花にまんじゅう片手の足湯かな こすもす 4 隆松.智恵子.更紗.泰山.
冬ざれや歪む玻璃戸のハ角亭 ぽんこ 4 みどり.満天.更紗.明日香.
猿芸に拍手喝采街小春 こすもす 4 せいじ.あさこ.たか子.うつぎ.
懐かしき歌三昧のクリスマス 満天 3 やよい.宏虎.はく子.
冬ぬくし鬼門鎮守の小さき杜 たか子 2 ぽんこ.明日香.
万両や木深沈みに茶室三つ 菜々 2 小袖.よう子.
冬ざるる彫り薄れたる標石 菜々 2 あさこ.こすもす.
湯の柚子の船団なして胸元に うつぎ 2 よし女.泰山.
鴟尾連ねたる大伽藍冬日燦 せいじ 2 小袖.うつぎ.
蟹鍋の寡黙の部屋や外吹雪く 宏虎 2 たかを.そうけい.
大屋根に鳩憩ひけり師走空 せいじ 1 まゆ.
持ち帰る寺苑に拾ふ樗の実 やよい 1 ぽんこ.
金網の餅裏返す兄が居て たかを 1 みどり.
種掻き出す冬至南瓜の中うつろ なつき 1 そうけい.
冬ざるる本降りになる夜半の雨 明日香 1 こすもす.

12月24日 (投句16名 選句19名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
街騒の届かぬ寺内歳の市 たか子 6 せいじ.宏虎.明日香.やよい.治男.うつぎ.
冬ざれの古刹に鐘の旅余韻 智恵子 4 たかを.あさこ.宏虎.隆松.
線香の匂ひたゆたふ年の市 せいじ 3 たか子.明日香.更紗.
小流れの石を枕に冬の鯉 うつぎ 3 満天.せいじ.ぽんこ.
袋ごと柚子を揉み揉み仕舞風呂 ぽんこ 3 たかを.泰山.智恵子.
雪吊りの水面に正す幾何模様 よし女 3 満天.泰山.菜々.
鳴りさうと振ってみもする金鈴子 やよい 3 たか子.更紗.ぽんこ.
鼻赤し辻説法の師走僧 なつき 2 そうけい.こすもす.
香匂ふ四天王寺の年の市 せいじ 2 菜々.なつき.
早退し父の背流す冬の午後 たかを 2 そうけい.こすもす.
繁華街飲めや歌えやクリスマス 宏虎 1 治男.
弁天池に身じろぎもせず冬の鯉 菜々 1 あさこ.
忘年会ゆだん大敵無礼講 智恵子 1 隆松.
垣根下子の見つけたる帰り花 治男 1 智恵子.
参道のペコちゃん人形年の市 満天 1 なつき.
門入るや浄土の庭の散紅葉 満天 1 うつぎ.
残り鴨浄土の庭に巣を定め たか子 1 やよい.

12月23日 (投句20名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
吟行の余韻に浸る柚子湯かな うつぎ 7 せいじ.智恵子.たか子.治男.やよい.はく子.こすもす.
玉砂利にシート広げて年の市 菜々 5 なおこ.あさこ.明日香.よし女.やよい.
冬ざれや遮るものなし夕の富士 智恵子 4 更紗.たかを.なつき.みどり.
風紋に足跡深く鴨の浜 なつき 4 更紗.明日香.智恵子.治男.
畑ごと買ふ大根や漬物屋 やよい 4 菜々.泰山.はく子.こすもす.
柚子風呂にあごまで浸かる至福かな そうけい 3 せいじ.宏虎.みどり.
小流れの浄土の庭の実万両 満天 2 宏虎.ぽんこ.
萩焼きの夫婦湯呑みや冬ぬくし 更紗 2 あさこ.なつき.
年の市ちゃっかり混ざり手締めの輪 智恵子 2 泰山.満天.
夜明け前夢は覚めずや寒の床 たかを 1 そうけい.
ショーウインドーに輝くベンツと聖樹かな はく子 1 満天.
鬼柚子の凸凹顔に太りけり そうけい 1 菜々.
黄金の夕日差しこむ枯木立 みどり 1 うつぎ.
お上りさん師走の街を左見右見 うつぎ 1 なおこ.
寒あやめ今日の日和をことほげり 有香 1 ぽんこ.
寺小春日限り地蔵の残る紅 明日香 1 たかを.
ゆったりと柏手に寄る冬の鯉 たか子 1 そうけい.
枯菊を刈ることも無き塔婆かな ぽんこ 1 たか子.
人目気にせずに着膨れ吟行へ さつき 1 うつぎ.
山茶花散る四ツ目垣裾紅く染め 菜々 1 よし女.

12月22日 (投句15名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
凍て空に研ぎ澄まされて月細く はく子 9 さつき.そうけい.明日香.菜々.満天.うつぎ.泰山.なつき.有香.
大根干す禅僧きりりと襷掛け 菜々 7 みどり.あさこ.よし女.ぽんこ.こすもす.泰山.やよい.
冬夕焼あらゆる物の影絵めく 満天 5 更紗.明日香.はく子.よし女.なつき.
カーテンを全開にして窓小春 さつき 3 更紗.せいじ.こすもす.
海風の頬に凍み入る露天の湯 やよい 3 たかを.治男.うつぎ.
薪割りや五右衛門風呂の煙の中 智恵子 3 たか子.治男.ぽんこ.
木の枝へ禅僧身軽大根干す 菜々 2 せいじ.有香.
コロッケに味わう冬至かぼちゃかな こすもす 2 たかを.はく子.
底冷えの千手観音顔ゆがむ 宏虎 2 そうけい.満天.
果大師人波を縫ふ修行僧 なつき 2 宏虎.たか子.
露天湯へ続く廊下の長し寒し やよい 1 菜々.
たあいなき話に溺るおでん酒 宏虎 1 やよい.
子と風呂の柚子とあひるの混じり合ひ なつき 1 智恵子.
数え日や人を煽りし売り子かな たか子 1 宏虎.
ガラス拭きそっとしとこう冬の蝿 たか子 1 さつき.
はしゃぎつつ柚子を浮かべて母子かな こすもす 1 あさこ.
大霜の野路縫って来る園児バス よし女 1 智恵子.

12月21日 (投句16名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
帰り待つ程よくしみてぶり大根 こすもす 6 やよい.泰山.菜々.智恵子.隆松.はく子.
禅寺の枝てふ枝に懸大根 せいじ 6 やよい.菜々.満天.智恵子.よし女.はく子.
大根干す本堂よりも高々と せいじ 4 さつき.ぽんこ.たか子.明日香.
ロザリオの聖樹瞬く天主堂 智恵子 4 宏虎.ぽんこ.なつき.みどり.
炭焼きの煙真直ぐに峡深し やよい 4 たかを.さつき.たか子.みどり.
新そばを噛むかぐわしき病みあがり たかを 2 あさこ.せいじ.
雪吊り師柱打ち込む音高し なつき 2 せいじ.明日香.
落葉掃く姉さん被り若女将 智恵子 2 宏虎.こすもす.
しなやかに着物姿や師走句座 宏虎 2 こすもす.なつき.
柚子風呂の首を囲みて幸を得る 宏虎 1 たかを.
冬天下カラフル上着のペンキ屋衆 よし女 1 治男.
冬靄の曙色に日の出待つ はく子 1 満天.
冬館主の趣向や種々の岩 たか子 1 泰山.
漁場抱き数分間の時雨虹 よし女 1 あさこ.
出る度に無駄な買い物年の暮 満天 1 治男.
一つづつ片付いて行く年用意 三刀 1 よし女.
霜の朝フロントガラス花いっぱい 明日香 1 隆松.

12月20日 (投句17名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
カラカラと軒に奏でる凍み豆腐 智恵子 7 さつき.泰山.せいじ.やよい.菜々.よし女.こすもす.
戸を繰れば叱咤のごとき虎落笛 せいじ 5 満天.智恵子.三刀.菜々.よし女.
年の瀬の一つづつ消すメモ書きを 満天 4 さつき.更紗.宏虎.明日香.
ポストまで北風小僧付いて来る せいじ 4 はく子.三刀.たか子.治男.
忘年会肩書のなき老い集ふ 宏虎 3 智恵子.やよい.なつき.
数へ日の街に繰り出すクレーン車 ぽんこ 3 たかを.泰山.治男.
献立の決まらぬままに買ふ白菜 満天 2 更紗.明日香.
行列の馬の蹄の音冴ゆる こすもす 2 たかを.みどり.
蔦からむ土蔵に錆びし和錠かな 愛正 2 あさこ.そうけい.
影踏みの頭押さえて冬うらら なつき 2 はく子.たか子.
パッチワークのごとき葉牡丹畑かな やよい 2 あさこ.宏虎.
残り柿しきりに群れて冬鴉 たか子 2 せいじ.なおこ.
「北風と太陽」思ふこの日差し 明日香 1 満天.
靴下を二枚重ねてしもやけに 明日香 1 みどり.
苦心惨憺詰め放題の冬りんご やよい 1 こすもす.
ハンバーガー屋に立ち寄りて師走人 なつき 1 なおこ.
祝うかにまだ色残す冬紅葉 たか子 1 そうけい.
庭掃きつ抜く冬草の五六本 よし女 1 なつき.

12月19日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
呼び込みの声錯綜す年の市 菜々 8 たかを.たか子.宏虎.やよい.三刀.ぽんこ.治男.なつき.
白菜を二つに割って日に晒す 三刀 4 泰山.更紗.みどり.なおこ.
冬夕焼ガードレールの茜色 明日香 3 たか子.せいじ.なおこ.
白菜を割る包丁に力込め ぽんこ 3 よし女.せいじ.さつき.
対岸が手に取るごとし寒日和 せいじ 3 たかを.やよい.はく子.
白鷺の独り立ちをる枯田かな みどり 2 更紗.愛正.
池囲み屋台ぎっしり冬うらら こすもす 2 泰山.明日香.
寡黙なる息せき切ってラガーマン 宏虎 2 ぽんこ.愛正.
街頭の聖樹にくはふ工事の灯 なつき 2 よし女.智恵子.
芭蕉句碑に立ちて上着を脱ぐ小春 やよい 2 あさこ.三刀.
賀状書くダックスフントの足短か はく子 2 宏虎.なつき.
ペダル踏む堤に風花絶え間無し 智恵子 2 こすもす.さつき.
掘りたての蓮根届く年用意 満天 1 はく子.
野生化のインコ群れ飛ぶ冬館 なつき 1 明日香.
公園も花壇の掃除年用意 満天 1 あさこ.
大枯木ビニール引っ掛けたるままに よし女 1 みどり.
齢重ね動作緩慢懐手 宏虎 1 満天.
温泉に見え隠れする寒椿 みどり 1 智恵子.
ヒヤシンスの莟ふくらみ年暮るる 菜々 1 こすもす.
スカイツリー水面に映ゆる冬銀河 智恵子 1 満天.
猿の餌クリスマス風に飾りつけ よし女 1 治男.

12月18日 (投句19名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
木枯らしにもんどりうつや祈願絵馬 さつき 6 菜々.満天.たか子.三刀.ぽんこ.よう子.
枯れてなお刺の強さよ山薊 治男 6 せいじ.菜々.やよい.よし女.はく子.みどり.
新たなる覚悟十年日記買ふ なつき 5 よし女.三刀.はるよ.明日香.こすもす.
毛糸帽まさらな地蔵札所寺 やよい 4 あさこ.治男.よう子.なつき.
たんぽぽの野に張り付きて帰り咲く はく子 3 せいじ.智恵子.そうけい.
冬薔薇女王女優の名を冠し たか子 2 満天.宏虎.
まほろばの見渡すかぎり枯れ田かな 明日香 2 智恵子.はく子.
鉄橋を過る列車の音冴ゆる せいじ 2 やよい.明日香.
猫の目の高さに冬日入りけり 有香 2 たか子.ぽんこ.
夕の日の深々と入る冬座敷 智恵子 1 みどり.
自撮りして去り行く女や冬紅葉 せいじ 1 治男.
札所寺猫つながれて冬日向 やよい 1 たかを.
葉牡丹の渦に水滴濃紫 満天 1 あさこ.
避難塔浜の真砂子の冬銀河 よう子 1 そうけい.
赤色の花舗にあふれて十二月 菜々 1 宏虎.
空白は想ひ出数多日記果つ 更紗 1 なつき.
みかん山傾斜きびしきロープウエイ ぽんこ 1 たかを.
懐手将棋の長考似合ひけり 宏虎 1 こすもす.

12月17日 (投句18名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
スーパーのカートぶつかり合ふ師走 よし女 6 やよい.泰山.菜々.なつき.隆松.なおこ.
極月のひととき街の露天湯に はく子 5 満天.宏虎.更紗.せいじ.こすもす.
カタカタと鳴る猪垣や風の渦 有香 4 やよい.智恵子.せいじ.明日香.
店先の立ち食ひ繁盛年の市 菜々 4 さつき.治男.こすもす.はく子.
雨後の夕島を跨ぎて寒の虹 智恵子 4 たかを.あさこ.はるよ.そうけい.
内に秘め力を貯めし冬木の芽 宏虎 3 あさこ.満天.みどり.
池に映ゆ雪吊りの幾何学模様 よし女 3 さつき.三刀.明日香.
リビングの模様替えして年用意 こすもす 3 更紗.よう子.なおこ.
石庭を点す一葉冬もみぢ やよい 3 はるよ.菜々.よう子.
朽ち果ての水車を余所に枯尾花 ぽんこ 2 小袖.そうけい.
医通ひと趣味を交互の古暦 満天 2 三刀.はく子.
寒鴉上枝に一羽天仰ぐ せいじ 2 泰山.みどり.
髪飾り華やぐ小店も年の市 菜々 2 小袖.治男.
風の音落葉溜まりに残し去る よう子 2 たか子.有香.
無理やりに枯葉をはがし踊る風 三刀 1 有香.
枯菊の八方へ打ちひしがれて 明日香 1 よし女.
木枯らしやジャズの流れる里の道 たかを 1 なつき.
師走富士通りすごして子の部屋へ なつき 1 たかを.
振り返り反省するや古暦 満天 1 宏虎.
山号は風猛山や冬ぬくし やよい 1 たか子.
幼き手で蜜柑むきおり母子家庭 治男 1 ぽんこ.
洋館のヒマラヤ杉の菰巻けり なつき 1 よし女.
水涸るる沼地ひび割れ世界地図 治男 1 ぽんこ.
窓飾るチカチカ光るミニサンタ たか子 1 智恵子.

12月16日 (投句16名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
寺小春絵馬の触れあふ音微か やよい 6 満天.みどり.たか子.明日香.そうけい.治男.
年の市トロ箱は潮したたらせ 菜々 6 さつき.せいじ.ぽんこ.泰山.よう子.はく子.
理髪屋を出るや首筋空っ風 三刀 6 宏虎.隆松.よし女.菜々.泰山.治男.
花街の昼は閑なり冬座敷 宏虎 5 満天.智恵子.やよい.みどり.はく子.
上っ張り着たり脱いだり年用意 よし女 5 あさこ.菜々.よう子.有香.なつき.
四歳児せりふひと言クリスマス ぽんこ 4 あさこ.せいじ.はるよ.なつき.
鈴磨き鈴緒も替ふる年用意 よし女 4 さつき.更紗.三刀.こすもす.
樹々こぼす斑の日射し忘れ花 たか子 3 たかを.智恵子.よし女.
百人のサンタのブラス演奏会 はく子 3 たかを.明日香.はるよ.
白足袋の裏を返しし躙り口 宏虎 3 更紗.ぽんこ.有香.
割烹着まとひ神社の年用意 せいじ 2 三刀.こすもす.
侘助や壁壺に生け心足る 智恵子 1 そうけい.
冬ぬくし御目を伏せて濡れ佛 やよい 1 たか子.
赤き実の散在するや枯れ野原 たか子 1 隆松.
雪吊りに透くる茶店の緋毛氈 なつき 1 やよい.
光りだす夜の玄関クリスマス 満天 1 宏虎.

12月15日 (投句18名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
四つ目垣真つ新にして年用意 せいじ 7 智恵子.三刀.そうけい.たか子.こすもす.なつき.はく子.
良きことを選り読み返す古日記 やよい 7 せいじ.うつぎ.よし女.そうけい.よう子.はるよ.治男.
ポケットに握りこぶしや落葉踏む なつき 5 泰山.ぽんこ.あさこ.菜々.さつき.
鴨の陣池の広きを密に楚に たか子 5 明日香.うつぎ.菜々.小袖.さつき.
笠雲の解けて無垢なす雪の富士 智恵子 3 みどり.やよい.はく子.
ごった返す黒門市場年の暮 菜々 3 満天.智恵子.宏虎.
寒風や杉玉造り今佳境 よし女 3 ぽんこ.三刀.こすもす.
寒波来る駅のホームで生あくび なつき 2 よし女.よう子.
凍雲を払ふがごとく竹戦ぐ せいじ 2 泰山.明日香.
無縁墓地を守る黒猫日向ぼこ 治男 2 満天.はるよ.
街灯のペンキ塗り替へクリスマス よし女 1 あさこ.
中州にて毛繕ひする大白鳥 宏虎 1 治男.
直筆に歪む宛名の年賀書く 満天 1 たかを.
日に風に深紅を任せまゆみの実 三刀 1 たか子.
冬の薔薇コバルト色の空を背に たか子 1 せいじ.
日入るや明星ひとつ冬の町 たかを 1 小袖.
日矢射してプリズム模様冬の山 明日香 1 なつき.
卵割る手伝い頼み冬の朝 こすもす 1 やよい.
隣席の誕生祝い冬星座 こすもす 1 たかを.
愛猫は避妊手術へみかん剥く たかを 1 宏虎.

12月14日 (投句18名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
靴音に追いかけらるる町師走 なつき 8 更紗.三刀.そうけい.よう子.ぽんこ.やよい.菜々.うつぎ.
誰にでも笑う赤子や冬ぬくし 菜々 7 たかを.智恵子.よし女.三刀.まゆ.なつき.はく子.
徐にマフラーを解き切り出しぬ うつぎ 6 泰山.満天.たか子.よう子.やよい.みどり.
凍てし朝まだ中天に鎌の月 明日香 5 さつき.泰山.更紗.隆松.こすもす.
水甕の薄氷割る指の先 三刀 4 せいじ.まゆ.ぽんこ.こすもす.
蓮掘りの終わりし田んぼ大乱れ たか子 4 さつき.せいじ.宏虎.うつぎ.
木々の色愈々失せて山眠る やよい 2 明日香.そうけい.
老いてなお我が道目指す冬の雲 治男 2 満天.みどり.
もこもこのスリッパ買うて十二月 はく子 2 なおこ.菜々.
故郷の映像今日も雪しまく こすもす 2 智恵子.はく子.
サヌカイトの石包丁ある冬館 明日香 2 たかを.たか子.
裸木となりて学び舎子等の声 満天 2 治男.なつき.
寒風や薄き唇縦に割れ 智恵子 1 隆松.
弾頭にあらず空へと冬木の芽 せいじ 1 よし女.
妹の土産畑の檸檬二個 こすもす 1 なおこ.
サンタ服動きの鈍き犬散歩 智恵子 1 明日香.
山眠る裾に出湯や人集ふ やよい 1 治男.
店頭にぎっしり並ぶポインセチア 満天 1 宏虎.

12月13日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夫と子の駒打つ音や林檎剥く 更紗 4 たかを.せいじ.三刀.みどり.
文机に子規の句めくり年暮るる なつき 3 よう子.こすもす.みどり.
カート押す音せわしなや歳の市 こすもす 3 更紗.なつき.菜々.
凍晴の町に溢るる反射光 せいじ 3 更紗.満天.そうけい.
突風に踊り出したる枯柳 せいじ 3 満天.なつき.たか子.
僧十人綺羅の法衣に報恩講 はく子 2 あさこ.宏虎.
里山の水車は朽ちて枯柳 たか子 2 さつき.ぽんこ.
葉を広げ青首伸ばす大根畑 満天 2 治男.よし女.
日向ぼこ猫のいびきに皆笑ふ 宏虎 2 やよい.菜々.
さざなみを真一文字に百合鷗 ぽんこ 2 明日香.治男.
着ぶくれてゴンドラ電柱作業員 やよい 2 智恵子.はく子.
居酒屋の壁のマフラー煙草跡 よう子 2 たかを.うつぎ.
冬暖かディセンターよりわらべ歌 菜々 2 智恵子.こすもす.
寒波きて今朝の挨拶皆同じ 満天 2 たか子.はく子.
靴音の弾みマフラー翻る うつぎ 2 やよい.よし女.
水鳥の群なす池に冬日燦 みどり 2 宏虎.ぽんこ.
水分の迸る音大根切る うつぎ 2 せいじ.よう子.
磊々の石もむき出し水涸るる ぽんこ 1 さつき.
城下町へと黄落の石畳 みどり 1 三刀.
眼鏡橋たもとに香るお茶の花 智恵子 1 あさこ.
木枯しもものかは媼バイク駆く 菜々 1 うつぎ.
枯木立奥へ深紅の仁王門 たかを 1 明日香.
海雀神海 招く日の出前 智恵子 1 そうけい.

12月12日 (投句16名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ボンボリの揺れる手袋手話弾む 智恵子 7 治男.うつぎ.なおこ.はく子.そうけい.なつき.やよい.
冬の虹うぶすな山を抱き込み よし女 4 みどり.満天.三刀.やよい.
揺れもせず夕闇深々枯木立 よう子 4 宏虎.更紗.治男.隆松.
ふる里便宝箱なる年の暮れ 智恵子 4 たかを.せいじ.よし女.菜々.
竹林に藁敷き詰めて春を待つ せいじ 4 三刀.こすもす.はく子.よう子.
ぽちぶくろも忘れずばばの年用意 菜々 3 更紗.こすもす.よう子.
夜をかけて千切れ飛ぶ雲寒波来る 菜々 3 たかを.明日香.なおこ.
枯木山無音界なる別世界 宏虎 3 たか子.智恵子.満天.
メタセコイア木の葉時雨の並木径 ぽんこ 3 たか子.智恵子.明日香.
木枯らしや星なき里の車列の灯 たかを 3 愛正.はるよ.そうけい.
子を乗せて自転車早し落葉道 なつき 2 泰山.愛正.
鈍色の凍雲覆ふ金剛山 明日香 2 みどり.泰山.
弱き陽をやさしく包む冬の雲 たかを 2 宏虎.はるよ.
今期一番夫の笑顔の冬キャベツ 明日香 2 よし女.菜々.
園丁の落葉の嵩を愚痴りけり たか子 1 ぽんこ.
極月や渚に残す靴の跡 三刀 1 せいじ.
浮寝鳥山懐の池平 はく子 1 うつぎ.
木の葉雨真っ只中へ浴びに行く たか子 1 ぽんこ.
冬晴れや融雪装置の試運転 こすもす 1 なつき.

12月11日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ごみ拾うボランティア皆サンタ帽 こすもす 5 宏虎.明日香.治男.なつき.なおこ.
枯枝に遊ぶ野鳥の声絶えず せいじ 4 智恵子.ぽんこ.なつき.よう子.
風見鶏落葉と踊るログハウス 智恵子 3 せいじ.宏虎.よし女.
庭小春電話鳴る度夫捜す 明日香 3 菜々.そうけい.なおこ.
古暦後ろに次の暦吊る 明日香 3 泰山.せいじ.こすもす.
切り株の年輪洗う冬の雨 三刀 3 泰山.はく子.たか子.
夜明ければ谷戸は一面雪景色 隆松 3 あさこ.明日香.ぽんこ.
稲荷社の溝はあふるる落葉かな ぽんこ 2 たかを.隆松.
雲の影いただきゆるりと山眠る はく子 2 菜々.みどり.
一日を趣味に過ごすやおでん炊き やよい 2 満天.智恵子.
母の忌や庭の山茶花咲き初めて 菜々 2 はく子.こすもす.
ピザ店の玄関年木積ゐたり やよい 1 よし女.
父の忌につづく母の忌落葉どき 菜々 1 満天.
そろそろと脇を固めて山眠る 有香 1 よう子.
雪かぶる北山を日矢狙ひ撃ち せいじ 1 たか子.
霜の花ヘッドライトの路彩す 智恵子 1 そうけい.
笊の柚子口中酸っぱくして絞る よし女 1 三刀.
冬もみじ車道渡れぬ鹿の群 たか子 1 たかを.
鴨遊ぶ伊吹の山は薄化粧 宏虎 1 三刀.
戸を開ける今朝も囲を守る冬の蜘蛛 治男 1 あさこ.
現し世は冷たく厳し近松忌 宏虎 1 治男.

12月10日 (投句16名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
吾の指につかまり立つ子冬ぬくし なつき 6 小袖.明日香.よし女.はるよ.はく子.せいじ.
青空へ千の金鈴楝の実 三刀 5 小袖.満天.よし女.やよい.有香.
多忙なる主婦の味方のおでんかな たか子 4 さつき.宏虎.智恵子.こすもす.
暗き山日矢射すところ冬紅葉 明日香 3 たかを.泰山.みどり.
黄落の絨毯となる神の庭 ぽんこ 2 あさこ.宏虎.
旧姓で呼びし思ひの賀状書く 満天 2 たかを.治男.
落葉踏み鎌倉七口切り通し 智恵子 2 たか子.ぽんこ.
極月の波打ち際へ歩み寄る よし女 2 三刀.有香.
朝なさな修行のごとく落葉掃く 菜々 2 さつき.あさこ.
吾が生家空き家となりて狸住む 治男 2 やよい.なつき.
スト−ブで暖と煮物や省エネす 治男 2 隆松.智恵子.
ゴスペルの余韻に酔ひて冬の夜 宏虎 2 はく子.みどり.
ぎっしりと薪積み上げる年用意 こすもす 2 隆松.満天.
戦火の報手話通訳の指の冷ゆ よう子 2 たか子.はるよ.
蒼天を突くセコイアの枯れ並木 隆松 2 三刀.明日香.
風の落葉お隣さんへ存問す 菜々 2 ぽんこ.こすもす.
終ひ句座机上の紅白実南天 こすもす 1 なつき.
幼子の母の通訳りんごはご なつき 1 せいじ.
夜更けて帰らぬ猫や冬の雨 たかを 1 菜々.
冬ざるる解体通知又一軒 満天 1 泰山.
無人なる旧家の庭に柿たわわ よし女 1 治男.
山頂へ巌よじのぼる白息と せいじ 1 菜々.

12月9日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
荒星や自販機一つ無人駅 智恵子 10 たかを.三刀.よし女.そうけい.こすもす.隆松.みどり.よう子.小袖.ぽんこ.
草庵へ結界多き落葉道 なつき 5 満天.たか子.みどり.小袖.ぽんこ.
恙なき一年願ひ日記買ふ 満天 4 あさこ.菜々.明日香.なおこ.
白髪の脳裏に今も開戦日 三刀 3 宏虎.せいじ.治男.
紙漉の押して揺らせる神の技 宏虎 3 たか子.明日香.治男.
てるてる坊主揺るるベランダ冬日燦 こすもす 2 あさこ.はく子.
冠雪の富士笠雲を頂きに たか子 2 智恵子.満天.
手を打てば大口あけて冬の鯉 やよい 2 更紗.こすもす.
枯萩の倒れし先の残花かな ぽんこ 2 智恵子.せいじ.
石積みの目地より出でし石蕗の花 愛正 2 泰山.よし女.
シースルーの向こうは海よ冬木立 こすもす 2 菜々.隆松.
過りゆく猫の目キラと暮早し やよい 1 そうけい.
二三枚葉残すみづき冬芽立つ なつき 1 はく子.
露天湯や冷たき風の癒しかな たかを 1 宏虎.
常磐の夜の闇深し鮟鱇鍋 更紗 1 三刀.
冬晴の山頂に五畿望みけり せいじ 1 更紗.
吾が塀は猫の通路や漱石忌 治男 1 たかを.
病人に口紅塗るや冬日射し 治男 1 なつき.
池に落つ木の実に鯉の乱舞かな 有香 1 よう子.
息白く月見送りぬ西の方 たかを 1 泰山.
花柄の明るき表紙の日記買ふ 満天 1 なつき.
ふぐ刺しを父子でつつく至福時 宏虎 1 なおこ.

12月8日 (投句19名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ひなたぼこ特等席はいつも猫 菜々 8 さつき.満天.宏虎.よう子.こすもす.ぽんこ.やよい.有香.
煮大根べつ甲色に透きとほる はく子 7 みどり.満天.なおこ.更紗.菜々.三刀.泰山.
鶴折るに程よき厚さ古暦 よし女 6 さつき.せいじ.愛正.治男.ぽんこ.なつき.
寒風に耐へ山頂の巌に佇つ せいじ 5 まゆ.よし女.三刀.治男.こすもす.
川底に煌めく落葉の万華鏡 智恵子 4 なおこ.はく子.やよい.有香.
鰤来ると空鉛色日本海 宏虎 3 愛正.たか子.なつき.
初雪の山を隠すや低き雲 隆松 2 たかを.更紗.
初雪や関門海峡吹き抜ける 智恵子 2 せいじ.よう子.
虎落笛ベ−ト−ベンの像に聴く 治男 2 みどり.よし女.
ちゃんちゃんこ悔いなき余生趣味に生く 宏虎 2 智恵子.はく子.
寒暁の雲に紛れん薄き月 明日香 2 まゆ.智恵子.
銀杏黄葉真っ赤な車に降りしきる やよい 2 たかを.泰山.
雲くらいなれる気がする古希の冬 たかを 1 そうけい.
旅にあり研ぎ澄まされし寒の星 有香 1 宏虎.
霊岩の前に落葉の吹き溜まる なつき 1 明日香.
薄雲に溶けさふな月冬の朝 明日香 1 そうけい.
中庭の鉄棒特訓暮早し こすもす 1 明日香.
冬鵙や開山堂へ苔の道 なつき 1 菜々.
寺町の路地の一角餅をつく さつき 1 たか子.

12月7日 (投句17名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
星一つ寄せず孤高の冬の月 菜々 7 たかを.満天.せいじ.まゆ.三刀.そうけい.よう子.
住職の昔話しや落ち葉焚き 智恵子 7 さつき.泰山.あさこ.菜々.三刀.治男.更紗.
四阿にいよよ嵩増す落葉かな せいじ 4 みどり.あさこ.宏虎.はく子.
菩提寺の屋根現るる枯木立 よう子 4 たかを.まゆ.治男.隆松.
膝の猫に笑顔で語り日向ぼこ 満天 3 ぽんこ.宏虎.なつき.
テニスコート落葉にボール紛れけり ぽんこ 3 たか子.やよい.はく子.
辻で分く門前町の落葉掃き なつき 3 せいじ.たか子.よう子.
推敲に惑ふ指先うそ寒し 菜々 3 こすもす.やよい.有香.
日の当たる水面に集う鴨の群 三刀 3 泰山.よし女.更紗.
出歩きて無駄な物買う年の暮 たか子 3 よし女.明日香.はるよ.
寝静まり猫だけ迎ふ霜夜かな 宏虎 2 みどり.隆松.
神の池埋む紅葉に日矢注ぐ やよい 2 明日香.はるよ.
十二月和菓子屋の又閉店す はく子 2 満天.有香.
山野草の札を隠して散紅葉 なつき 1 こすもす.
もみじ葉をこぼるる光目を染むる 有香 1 智恵子.
絵のごとき月よりサンタ出て来さう せいじ 1 そうけい.
大当り予報通りの雪の朝 こすもす 1 智恵子.
コート脱ぎ一心不乱百度石 宏虎 1 さつき.
池涸るる底は落葉の吹き溜まり ぽんこ 1 なつき.
鳥の数数えてみよう裸の木 たかを 1 ぽんこ.
炬燵布団老の暮らしの華やげり よし女 1 菜々.

12月6日 (投句20名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
家中に大根炊く香の満ちてをり はく子 5 さつき.たかを.更紗.三刀.明日香.
枯蘆や昔遊里の波枕 宏虎 5 菜々.やよい.そうけい.なつき.はるよ.
かみ合わぬ老の会話や日向ぼこ はるよ 5 あさこ.満天.やよい.ぽんこ.はく子.
寒風にペンギンと化し電車待つ たか子 4 せいじ.菜々.隆松.有香.
四方に山鎮まる里や小六月 やよい 3 せいじ.たか子.有香.
風花や喪服を抱へ野地をゆく よし女 3 智恵子.三刀.なつき.
電飾の日ごとに増えし十二月 満天 3 あさこ.宏虎.こすもす.
冬日差し万華鏡ごと雑木山 明日香 2 更紗.よし女.
音たてて追越してゆく落葉かな はく子 2 さつき.よう子.
駅降りて冬満月に立ち尽くす せいじ 2 隆松.たか子.
母になりしの冬銀河瞬けり 更紗 2 たかを.そうけい.
悴む手丸め音聞く機の路地 なつき 1 はるよ.
紅白に飾る菓匠の聖樹かな なつき 1 ぽんこ.
芝枯れてこの頃庭へ猫の来ず 菜々 1 よし女.
宵闇にひときわ潤む寒昴 智恵子 1 宏虎.
手足顔油分すり込む寒夜かな 明日香 1 こすもす.
彩窓のピエタ見えざる聖樹かな ぽんこ 1 智恵子.
鉢植えの並ぶ廊下に冬日燦 そうけい 1 明日香.
旧社地の銀杏大樹も裸木に 三刀 1 はく子.
冬紅葉風に震えて二葉三葉 菜々 1 よう子.
着ぶくれてもひとり座れぬ優先席 はるよ 1 満天.

12月5日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ひと指で鳴らすピアノや小夜しぐれ 更紗 4 たかを.はるよ.よし女.そうけい.
濯ぎもの干してしばらく日向ぼこ はく子 4 更紗.菜々.こすもす.なつき.
八階にも届く大声焼き芋屋 こすもす 4 せいじ.やよい.明日香.ぽんこ.
落ち葉掃く決して後ろ振り向かず さつき 3 菜々.泰山.よう子.
子守像の小さき草履へ冬の雨 菜々 3 あさこ.ぽんこ.そうけい.
園児らと山茶花越しにすれ違ひ 更紗 2 智恵子.満天.
出し抜けに渦して落葉坂のぼる せいじ 2 智恵子.治男.
句心を持つには持ちて日向ぼこ はく子 2 宏虎.たか子.
子パンダのお披露目近し師走入る 智恵子 2 更紗.あさこ.
冬帝の手ぐすね引いて待つ気配 たか子 2 はく子.よう子.
隠れ家の如き庵や冬の雨 菜々 2 宏虎.三刀.
顔見世や京の風情の調ひぬ たか子 2 たかを.満天.
石塔の右近の祈り青畝の忌 ぽんこ 1 よし女.
獅子にのる文殊菩薩や冬ぬくし なつき 1 治男.
懐かしき歌三昧の忘年会 満天 1 はく子.
家解きて植えし蜜柑のはや熟れて よし女 1 たか子.
中庭の蘇鉄に積もる散紅葉 せいじ 1 明日香.
冬の虹運転席の真正面 三刀 1 せいじ.
すぐ決まる出掛けた時は湯豆腐に 満天 1 こすもす.
嬰児のやうな干し柿もみにけり やよい 1 なつき.
人の名をとっさに忘れ冬ざるる 宏虎 1 やよい.
千枚田見渡す凪や子守柿 智恵子 1 はるよ.
寝室の窓辺に大き冬満月 やよい 1 三刀.

12月4日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
寒禽の影交差する神の森 さつき 7 ぽんこ.三刀.よし女.やよい.たか子.よう子.なつき.
月冴ゆるただ波音のあるばかり 更紗 6 たかを.泰山.せいじ.野菊.やよい.こすもす.
葬送の煙一筋冬の空 三刀 6 たかを.はるよ.よし女.はく子.なつき.隆松.
中腹の土産屋去りて山眠る たかを 5 さつき.菜々.野菊.智恵子.はく子.
米寿来て短気は損気ちゃんちゃんこ 宏虎 3 満天.あさこ.治男.
透かし彫りめく夕暮れの冬木立 こすもす 3 あさこ.更紗.よう子.
着ぶくれの首を伸ばせり光堂 なつき 3 さつき.明日香.ぽんこ.
満天の星に囲まれ冬の月 菜々 2 宏虎.三刀.
白杖の音軽やかに冬ぬくし 更紗 2 はるよ.明日香.
寄席終へて美空高くに冬の望 はく子 2 更紗.たか子.
トンネルを出て目つぶしの冬落暉 やよい 2 せいじ.こすもす.
中天にスーパームーンの神々し 智恵子 2 満天.宏虎.
擬宝珠の枯れ葉黄色く透けて美し 明日香 1 泰山.
麦芽生え轍跡にも点々と たかを 1 治男.
双子パンダ三歳迎ふ冬うらら やよい 1 菜々.
木々の葉も落ちて閑散山眠る 野菊 1 智恵子.
すぎ苔と相性の良き落ち葉かな たか子 1 隆松.

12月3日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
手のひらの会話はずみし小春かな 更紗 6 満天.せいじ.菜々.たか子.こすもす.なおこ.
どの家も熟柿たわわや過疎の里 やよい 5 あさこ.菜々.野菊.よし女.はく子.
靴紐を結び直して息白し 更紗 5 満天.せいじ.智恵子.そうけい.三刀.
庭の色日毎に失せて12月 菜々 4 更紗.明日香.やよい.なつき.
白線の見えぬ落葉の駐車場 せいじ 4 さつき.智恵子.明日香.よし女.
ほっかぶり僧侶総出や煤払い 智恵子 4 更紗.ぽんこ.治男.はく子.
顔見世やひしめき合いし勘亭流 たか子 3 たかを.宏虎.やよい.
山下り山に一礼山眠る 智恵子 3 野菊.よう子.小袖.
地蔵尊に毛糸のコートに赤き帽 満天 2 あさこ.治男.
湯豆腐や心ほぐるる酒の酔ひ 宏虎 2 小袖.みどり.
腕いっぱい落葉掛け合ふ腕白児 ぽんこ 2 さつき.たか子.
本堂に緋色の電気カーペット なつき 1 なおこ.
湯豆腐やわだかまり棄て猪口二つ 宏虎 1 よう子.
霜柱踏みて訃報の来たりけり よし女 1 なつき.
七五三小首傾げてすまし顔 さつき 1 三刀.
球根を求めし帰路や冬満月 こすもす 1 そうけい.
竹と竹ぶつかる音す北颪 せいじ 1 こすもす.
懸崖菊愛でて老舗の暖簾分け よう子 1 ぽんこ.
紅葉狩りこたつ舟にて川下り 野菊 1 宏虎.
銀杏落葉大口開ける鯉の髭 ぽんこ 1 みどり.
餌を咥え落ち葉むぐらへ猫ひそむ 治男 1 たかを.

12月2日 (投句17名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
電飾を巻かれ冬木の寝もやらず たか子 7 あさこ.よし女.よう子.そうけい.隆松.はるよ.なおこ.
朝刊のちらしずっしり十二月 満天 6 更紗.あさこ.宏虎.よう子.さつき.なおこ.
冬菜畑止むことの無き老の鍬 こすもす 6 満天.智恵子.明日香.さつき.ぽんこ.はるよ.
日当りの入り江に群るる浮寝鳥 宏虎 4 野菊.更紗.こすもす.はく子.
大根焚き祷太鼓の途切れなく なつき 4 たかを.菜々.明日香.やよい.
淀小春水脈にのたりとビルの影 よう子 3 せいじ.泰山.やよい.
裸木の隙間に浮かぶ立観音 ぽんこ 3 たかを.三刀.治男.
京望む広場に古き紅葉茶屋 せいじ 2 野菊.たか子.
まだまだと牡蠣鍋しきる父真顔 智恵子 2 はく子.隆松.
プランター紅白葉牡丹寄り添ひて 明日香 2 菜々.よし女.
喜寿祝す同窓会や庭紅葉 はく子 2 宏虎.こすもす.
薄靄をしとねに丹波富士眠る 菜々 2 せいじ.そうけい.
遠望の洛中はいま時雨らし せいじ 2 智恵子.たか子.
着膨れて気付く蟹股歩きかな 智恵子 2 泰山.なつき.
ねじれ雲白く横臥す冬赤城山 たかを 1 なつき.
「ぢいちゃんの浜焼きどころ」牡蠣臭ふ よし女 1 三刀.
店頭の品物変はる十二月 満天 1 治男.
フェンスの網目を飾る落葉かな ぽんこ 1 満天.
小春空映して潺潺飛鳥川 菜々 1 ぽんこ.

12月1日 (投句18名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
海鼠突き溺れんばかり舟傾げ よし女 6 泰山.菜々.三刀.たか子.はく子.こすもす.
散紅葉敷き詰め古墳眠りけり 明日香 6 さつき.満天.宏虎.よし女.はく子.なつき.
黄葉して村の要の大銀杏 さつき 5 たかを.満天.小袖.よう子.隆松.
山と積む破れ魚網や草紅葉 三刀 4 さつき.菜々.よし女.小袖.
接ぎ木せる彼岸桜に冬芽吹く なつき 4 野菊.せいじ.そうけい.こすもす.
冬晴にアーチ連ねて水路閣 菜々 3 明日香.ぽんこ.なつき.
日向ぼこどんなもんだと王手飛車 宏虎 3 せいじ.たか子.なおこ.
余白なき暦のメモや十二月 満天 3 あさこ.更紗.はるよ.
底石の見えて細々冬の川 野菊 3 泰山.よう子.隆松.
小祠の裾埋め尽くす銀杏黄葉 ぽんこ 2 あさこ.宏虎.
木守柿観音堂の寺普請 なつき 2 たかを.智恵子.
落ち鮎や水嵩腰の辺りまで こすもす 2 三刀.みどり.
碧天へ千手を翳す大枯木 みどり 2 そうけい.はるよ.
満席の特急電車初時雨 こすもす 1 なおこ.
枯すすき屋根より高き淀堤 よう子 1 明日香.
メダカの仔冬を耐えてと水を替え 野菊 1 治男.
多宝塔落ち葉鳥語に埋れゐし たか子 1 みどり.
あれこれと思い出話に賀状書く 満天 1 智恵子.
旧友の冬陽浴びてる白髪かな たかを 1 更紗.
枯蓮やまさかあの人喪のはがき 宏虎 1 ぽんこ.
冬冴えし上弦の月中天に たかを 1 治男.

11月30日 (投句21名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
つくばいに彩葉閉じ込め薄氷 智恵子 8 満天.あさこ.明日香.治男.たか子.そうけい.こすもす.なおこ.
禅寺の底冷えしたる廊下かな さつき 6 満天.せいじ.智恵子.はく子.よう子.みどり.
防風林抜けて眩き海小春 智恵子 4 治男.よう子.小袖.なおこ.
川面ゆく淀の舟唄蘆の花 よう子 4 野菊.明日香.三刀.なつき.
段梯子凍てて急なる江戸屋敷 たか子 3 はく子.なつき.みどり.
雀どち銀杏黄葉を楽園に 満天 3 智恵子.宏虎.よし女.
はじめから値引き札あり年の市 なつき 3 さつき.菜々.たか子.
足許の木の実弾ける石畳 ぽんこ 3 たかを.さつき.あさこ.
湯帰りの髪を照らすや冬の月 隆松 2 宏虎.三刀.
冬の月島の旅愁を深めけり 宏虎 2 よし女.小袖.
大鳥居抜けて参道銀杏散る 明日香 1 野菊.
里山を鉢巻き締めに冬の雲 よし女 1 ぽんこ.
落葉道しかと踏み出す白き杖 はるよ 1 ぽんこ.
すだれ吊りして干し柿を売る青果店 よし女 1 菜々.
中庭の枯山水に夕時雨 野菊 1 せいじ.
大屋根の反りに留まる冬紅葉 こすもす 1 たかを.
温泉で脚癒す妻月冴ゆる 治男 1 こすもす.
冬屋敷歴史を秘める大竈 満天 1 そうけい.

過去一覧

2018ス01ス02ス03ス04ス05ス06ス07ス08ス09ス10ス11ス12ス
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]