毎日句会成績一覧

- 2017年9月 -

過去一覧

9月29日 (投句16名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋日濃し障子に踊る木々の影 三刀 9 恵三.たかを.泰山.たか子.満天.ぽんこ.隆松.こすもす.はく子.
一文字の推敲決まり秋灯下 たか子 5 さつき.あさこ.ぽんこ.こすもす.有香.
せせらぎに沿ひて色濃き草もみじ 智恵子 4 三刀.たか子.治男.よう子.
浪千里渡りて来る雁の棹 恵三 3 宏虎.智恵子.三刀.
置き去りにされしシューズや運動会 せいじ 3 たかを.あさこ.よう子.
稲雀パッと飛び散りドッと来し 智恵子 2 さつき.治男.
小鳥来る育苗中のハーブ園 やよい 2 菜々.満天.
秋霖や摂の山々襞失せて 菜々 2 せいじ.なつき.
爽やかや拾ひ分けたる婚の餅 なつき 2 せいじ.明日香.
玄関のみどり明るき竹の春 満天 2 恵三.有香.
外に出れば二上に落ちる秋入り日 明日香 1 なつき.
子三人残し娘の秋に逝く 治男 1 はく子.
穂芒を加へ活け花褒めらるる 恵三 1 菜々.
木の実降る子の柏手の音にさへ 菜々 1 明日香.
水平線海霧に消へゆき秋の天 ぽんこ 1 智恵子.
翅閉じて止まる蝶々時止める たかを 1 泰山.

9月28日 (投句15名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ひるがへりつつ峠越ゆ秋燕 さつき 7 菜々.宏虎.やよい.よう子.小袖.せいじ.なつき.
登下校見守る案山子並び立つ 三刀 6 さつき.満天.まゆ.治男.明日香.なつき.
新藁や手に憶えいる草履編み 治男 6 智恵子.さつき.あさこ.やよい.たか子.ぽんこ.
スタートは揃はずじまひ運動会 せいじ 6 たかを.あさこ.まゆ.たか子.こすもす.明日香.
電線の果ての果てまで稲の秋 恵三 4 泰山.よう子.せいじ.隆松.
学び舎の女声合唱小鳥来る 満天 4 恵三.治男.三刀.はく子.
朝露の木々煌めきて雫落つ 智恵子 3 恵三.宏虎.ぽんこ.
サイホンのコーヒー躍る秋の朝 ぽんこ 2 智恵子.こすもす.
秋霖に訪う人もなく火伏神 菜々 1 はく子.
ウオークラリー皆満喫し野路の秋 こすもす 1 三刀.
ケアホーム今屋上の花野なる こすもす 1 満天.
先駆けて雑木林の櫨紅葉 せいじ 1 菜々.
一露も宇宙の一部水の星 恵三 1 たかを.
腕組みで香具師の見つむる神輿入り なつき 1 泰山.
秋思ふと三井晩鐘の余韻かな やよい 1 小袖.

9月27日 (投句20名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
己が身の濃き影落とし秋耕す 三刀 7 満天.菜々.せいじ.宏虎.恵三.明日香.やよい.
お神酒注ぐ巫女のかんざし秋日跳ぬ なつき 6 たかを.満天.宏虎.はく子.治男.ぽんこ.
びりの子へ声集中す運動会 せいじ 5 さつき.智恵子.よう子.治男.こすもす.
秋航の白き水尾敷く海ま青 恵三 3 せいじ.明日香.隆松.
スーパーの鎖されしまま虫すだく 満天 2 あさこ.こすもす.
畝高く作り菜園大根撒く 菜々 2 さつき.あさこ.
バス停に蝶の来ている秋日和 やよい 2 菜々.はく子.
鎮守さまはしゃぐ童や秋まつり 智恵子 2 泰山.なつき.
金木犀香を風に乗せ彩こぼす 宏虎 1 恵三.
爽やかや風の湧き出る海広し 宏虎 1 ぽんこ.
月参り今日の仏花に紫苑かな 明日香 1 たかを.
黄金なる仏間明かりや曼珠沙華 智恵子 1 なつき.
秋声はえびすの森の巨木より はく子 1 やよい.
開眼の墓燦燦と秋日濃し やよい 1 三刀.
御手洗に絵馬の重なりこぼれ萩 ぽんこ 1 よう子.
川狭め自由奔放葛の花 満天 1 三刀.
肩越しに写生子見れば曼珠沙華 こすもす 1 智恵子.
トンネル抜けダムの水音天高し 治男 1 泰山.

9月26日 (投句21名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
駆け回る写真係や運動会 せいじ 6 あさこ.菜々.よう子.明日香.治男.なつき.
雨上がり蜻蛉の空戻りけり 三刀 5 たかを.満天.はく子.治男.たか子.
長持ちを担いで跳ぬる祭足袋 なつき 5 菜々.三刀.はく子.小袖.ぽんこ.
秋天へ駆けんばかりに神馬像 菜々 4 さつき.こすもす.なつき.やよい.
田仕舞の煙雲間に漂えり こすもす 4 さつき.恵三.智恵子.たか子.
訪ひたれば噂に勝る寺の萩 恵三 3 宏虎.ぽんこ.やよい.
露草の群れ咲きつつも密やかに やよい 2 たかを.宏虎.
古民家のピザ屋列なす秋日和 智恵子 2 三刀.こすもす.
墓地の上供えしごとくカンナ燃ゆ 治男 2 あさこ.ともえ.
稲藁を媼手早く束ねけり よう子 2 せいじ.ともえ.
木の洞にあふれてをりし曼珠沙華 なつき 2 明日香.小袖.
活け花の傍役果たし吾亦紅 恵三 1 よう子.
古民家のビザ屋に変はり酔芙蓉 あさこ 1 智恵子.
モラエスの像に触るるや秋の声 治男 1 恵三.
見渡せる能勢の田圃は豊の秋 宏虎 1 満天.
夕月を細く掲げて夕やくる はく子 1 せいじ.
潮風を受けて三つ子の新松子 せいじ 1 泰山.
軽トラの埋れて走る豊の秋 さつき 1 泰山.

9月25日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋日和母の名のある鯨尺 恵三 7 たかを.泰山.たか子.よう子.こすもす.明日香.やよい.
籾殻の煙くすぶる道の駅 よう子 5 智恵子.満天.なつき.三刀.隆松.
水車小屋朽ちて久しや水引草 たか子 5 泰山.せいじ.はく子.さつき.やよい.
金木犀振り向く小径いつもここ たか子 4 智恵子.せいじ.菜々.はく子.
細枝に瑠璃色弾け石榴の実 あさこ 3 たかを.恵三.よう子.
肩車の子がしんがりに神輿練る なつき 3 あさこ.菜々.たか子.
墓参り父亡き後の八十年 治男 2 宏虎.なつき.
好物のおはぎも供え秋彼岸 菜々 2 あさこ.ともえ.
ななかまど実の色付きて湖の汀 智恵子 2 ぽんこ.隆松.
肝心の話に止まる秋扇 宏虎 2 ぽんこ.三刀.
大あくびの露店主雨の秋祭り はく子 2 満天.ともえ.
公園墓地木々の根方に曼珠沙華 ぽんこ 2 治男.有香.
プカプカと浮かぶリンゴや旅の宿 智恵子 1 明日香.
置き去りのおもちゃの熊手秋の浜 やよい 1 治男.
静寂の雨の境内初紅葉 はく子 1 こすもす.
洗濯干すベランダに来る木犀香 こすもす 1 宏虎.
さつま芋かつて主食の時のあり ともえ 1 恵三.
公園と行き来の神社爽やかに 満天 1 有香.
昨夜雨に萩際立ちて枝垂れたり 有香 1 さつき.

9月24日 (投句17名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
谷戸ゆけば右手に左手に稲架襖 隆松 5 泰山.ともえ.ぽんこ.こすもす.なつき.
曼殊沙華の堤ゆきたる婚の列 なつき 5 三刀.明日香.菜々.ぽんこ.こすもす.
秋耕や父の遺愛の鍬をもて 恵三 5 あさこ.三刀.やよい.治男.たか子.
小鳥来るえびすの杜の遠ち近ちに 菜々 3 満天.たかを.宏虎.
いたずらに植えたる種に綿の花 ぽんこ 3 智恵子.隆松.たか子.
温暖な紀州の風や蜜柑山 恵三 2 智恵子.ともえ.
チエンソーの音の合間の法師蝉 こすもす 2 明日香.さつき.
秋彼岸買いし供花にも庭木足す 宏虎 2 満天.治男.
青臭き風運び来る草刈り機 やよい 2 恵三.なつき.
露天風呂つるべ落としに一人きり ともえ 2 泰山.よう子.
学生街匂ふ古本秋の風 智恵子 2 さつき.有香.
大屋根の風鐸揺るる彼岸寺 宏虎 2 恵三.よう子.
古社の秋用水桶も文化財 菜々 2 はく子.有香.
札所前ヴィトン織る屋柿熟るる よう子 1 たかを.
秋曇り疲れの取れぬ歳となり 明日香 1 なおこ.
帰り花つぎつぎ咲いて元気出る 明日香 1 菜々.
村の婚山車蔵開けて祝ひたり なつき 1 やよい.
枯葉走る如くに雀遊びけり ぽんこ 1 はく子.
秋場所や地元力士に夫の声 たか子 1 宏虎.
松ぼくり墓地に散乱台風過 やよい 1 あさこ.
景色とぶ窓いっぱいに秋の色 智恵子 1 なおこ.

9月23日 (投句16名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋天へ反りに反りたる太鼓橋 菜々 5 ともえ.たか子.三刀.せいじ.なおこ.
終礼のチャイムに混じり法師蝉 こすもす 5 満天.智恵子.明日香.三刀.さつき.
枯蘆の間よりぬっと亀の首 やよい 4 あさこ.明日香.菜々.せいじ.
庭の花集めて供花に彼岸入り なつき 4 智恵子.ともえ.小袖.さつき.
小流れにかそけき風やこぼれ萩 たか子 4 ぽんこ.宏虎.なつき.はく子.
秋燕や湾の小島を見晴るかす なつき 3 恵三.よう子.なおこ.
数知れぬ摂社末社や日の短か 菜々 3 たかを.満天.たか子.
朝霧の深きに汽笛むせび泣く 智恵子 2 恵三.宏虎.
苅田風機織りの音の調子良し よう子 2 はく子.こすもす.
少年の空飛ぶボード小鳥来る ぽんこ 2 小袖.やよい.
露草の瑠璃八方に草刈機 三刀 2 ぽんこ.こすもす.
これよりは立入り禁止色鳥来 恵三 2 やよい.菜々.
キッチンの片づけ終えし虫しぐれ 満天 1 なつき.
虫の音の大きく聞こゆ今宵かな 明日香 1 隆松.
晴れ渡る伊達の郡や稲稔り 恵三 1 たかを.
遠吠えす見上げる先の望の月 智恵子 1 よう子.
砂遊び秋風に舞い砂煙 治男 1 あさこ.

9月22日 (投句17名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
山の坂転げて行くや栗の毬 やよい 6 恵三.泰山.あさこ.ぽんこ.こすもす.なつき.
稜線を透かして淡き秋の虹 智恵子 5 恵三.せいじ.治男.明日香.なつき.
百体の案山子立ちゐる千枚田 宏虎 4 せいじ.ぽんこ.隆松.はく子.
爽やかに神社の由来話す巫女 満天 4 智恵子.菜々.三刀.はく子.
叢林に静む医科大秋深し 菜々 3 満天.まゆ.小袖.
山路来て名残かと聴く法師蝉 たか子 3 宏虎.よう子.隆松.
なつかしや妣の白萩咲きこぼれ 恵三 3 宏虎.三刀.小袖.
畑よりこれが最後とトマト三つ 明日香 2 たかを.なおこ.
露けしや詣ず人無き古社 はく子 2 満天.よう子.
撮ってよと言わぬばかりの飛蝗かな こすもす 2 智恵子.菜々.
虫の音や東の雲間白みけり たかを 2 やよい.たか子.
朝一番手籠に抜きし貝割菜 三刀 1 こすもす.
粧ひし山さざ波に隠れけり せいじ 1 明日香.
打瀬舟往時を偲ぶ浦祭 恵三 1 たかを.
ゴルフボール二つ置き去り草紅葉 こすもす 1 泰山.
先師の句碑白文字ひかり地虫鳴く 治男 1 あさこ.
立ち漕ぎの女子高生や秋の朝 よう子 1 たか子.
車窓映ゆ田畑に点る曼珠沙華 智恵子 1 治男.
身に入むや空き家となりし隣組 満天 1 まゆ.
更新のプログラム待つ老の春 たかを 1 なおこ.
朝霧のなかに座るや阿蘇の牛 ともえ 1 やよい.

9月21日 (投句18名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
みちをしへ何処へ案内や乱れ跳ぶ たか子 5 泰山.智恵子.こすもす.なおこ.明日香.
天守閣仰ぐ木立の初紅葉 ぽんこ 5 恵三.宏虎.こすもす.はく子.隆松.
威勢よき球児の声や稲穂波 よう子 3 せいじ.満天.小袖.
有るだけの鉛筆削り獺祭忌 菜々 3 泰山.よう子.たか子.
会釈して譲り合ふ径秋桜 宏虎 3 菜々.三刀.はく子.
そこここの田んぼ囲みし彼岸花 隆松 3 ともえ.宏虎.明日香.
手まりずし土手に広げて彼岸花 智恵子 2 菜々.ともえ.
蒼天や稲穂の垂るる千枚田 恵三 2 三刀.なつき.
闇深き九十九里浜月眩し 恵三 2 たかを.やよい.
きちきちを追いたて追う草刈機 三刀 1 なつき.
身に入むや倒木多し神社裏 満天 1 治男.
桜公園さくらもみぢをほつほつと はく子 1 満天.
大梨の器量よしあし採る女 治男 1 智恵子.
米寿来て生きる感謝の爽やかさ 宏虎 1 せいじ.
小流れのよどみ犇めくあめんばう せいじ 1 よう子.
粧ひしバス正面の甲山 せいじ 1 恵三.
かたまりてなほかたまりて曼珠沙華 明日香 1 たか子.
寺町の路地を曲がれば秋深し なつき 1 なおこ.
今朝の歩や蕾の細き曼珠沙華 こすもす 1 小袖.
稲稔り黒ポリ袋はためけり 明日香 1 たかを.
まんじゅしゃげ村に伝はる草神さん はく子 1 やよい.
選挙カー台風去りし谷間より 有香 1 治男.

9月20日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鬼やんま竹馬の友も老いにけり 宏虎 4 菜々.まゆ.三刀.はく子.
稲の茎スクラム組んで野分かな たかを 4 満天.ぽんこ.隆松.有香.
浮雲に湖の青さの秋惜しむ ぽんこ 4 たかを.恵三.治男.明日香.
稲穂波その果てに落つ夕日かな 恵三 4 せいじ.たか子.隆松.はく子.
というまに草に紛れる道教え こすもす 3 あさこ.宏虎.有香.
夕闇に寄りては放れ秋燕 たかを 3 せいじ.よう子.小袖.
野分去り色鮮やかなハーブ園 満天 2 菜々.あさこ.
下草の小さき地蔵に蚊遣香 うつぎ 2 よう子.小袖.
秋の水天使のかかぐ盤あふれ 菜々 2 満天.ぽんこ.
剥落の秘宝の蒔絵秋深し やよい 2 こすもす.なつき.
彼岸花トルミングなす千枚田 智恵子 2 宏虎.三刀.
家壊し跡の狭さよ秋の風 治男 2 泰山.こすもす.
時平の真つ赤な舌や村歌舞伎 なつき 1 泰山.
妙齢の杜氏なりけり今年酒 やよい 1 恵三.
木洩れ日にきらめくせせらぎ秋山路 はく子 1 智恵子.
山粧ふ千歳の流れふところに 菜々 1 智恵子.
ゆっくりと動く斑猫手負いらし こすもす 1 たか子.
山栗の今朝の日照雨に笑ひけり 恵三 1 治男.
色変へぬ松に曲水枯れにけり ぽんこ 1 明日香.
園児らの中に孫あり敬老日 せいじ 1 まゆ.
三四七(さよなら)と指さし逝くや兄の秋 治男 1 なつき.
台風過土嚢に亀の甲羅干し さつき 1 たかを.

9月19日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鎌を砥ぐ背の藁屑や豊の秋 よう子 10 菜々.さつき.泰山.智恵子.恵三.三刀.なつき.ぽんこ.せいじ.有香.
ひとところ夕陽に踊る芒の穂 三刀 7 明日香.こすもす.せいじ.よう子.やよい.はく子.うつぎ.
コンサート終えて一歩の虫浄土 さつき 4 治男.満天.やよい.なおこ.
水平線茜に染めて鰯雲 宏虎 4 たかを.恵三.治男.有香.
台風一過生駒稜線きはやかに 菜々 2 宏虎.満天.
虫の音の途絶えていよよ物寂し せいじ 2 明日香.よう子.
店番の老婆ゐねむる秋うらら やよい 2 あさこ.ぽんこ.
颱風一過小枝溢れし境内に 治男 2 たかを.はく子.
台風一過空の青さや朝戸繰る やよい 2 菜々.なおこ.
城塁の雀砂浴び秋日濃し ぽんこ 1 三刀.
せつせつと語るがごとく虫の声 せいじ 1 泰山.
野分去り今朝の挨拶皆笑顔 満天 1 こすもす.
鳴り続く引導の鐘に秋惜しむ はく子 1 なつき.
歓声のグランドゴルフ敬老日 満天 1 あさこ.
叩くほど無我の境地や鉦叩 明日香 1 智恵子.
小ぬか雨驚く青や大根の芽 たかを 1 うつぎ.
我ながらナイスショットや敬老日 宏虎 1 さつき.
山の池魚跳ねる音草紅葉 こすもす 1 宏虎.

9月18日 (投句17名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
一人居の早き夕餉や台風来 なつき 6 さつき.まゆ.泰山.よう子.たか子.こすもす.
沈下橋らくらく越える秋出水 よう子 4 あさこ.たか子.治男.隆松.
台風の外れ綺羅めく星の数 宏虎 4 あさこ.泰山.明日香.ぽんこ.
園児らの声の間縫ひて赤トンボ こすもす 4 せいじ.恵三.小袖.有香.
数独に時を忘れて敬老日 せいじ 4 さつき.三刀.はく子.なつき.
彼岸花白髪頭が父に似て たかを 3 菜々.やよい.なつき.
秋寒し剥落しるき翁句碑 菜々 3 まゆ.はく子.ぽんこ.
裏藪の虫鳴きだして風去りぬ 明日香 2 せいじ.宏虎.
あれそれの会話で通じる敬老日 満天 2 智恵子.こすもす.
身に入むや高々積まれ無縁墓 はく子 2 満天.明日香.
接骨院に貰ふ敬老祝かな やよい 2 満天.小袖.
このあたり昔渚や虫時雨 恵三 2 菜々.三刀.
台風前寄せ合い繋ぐ船溜 宏虎 2 智恵子.たかを.
虫の音にくるまるごとく牧夕べ せいじ 2 よう子.有香.
子と電話のうちに台風近づけり なつき 1 治男.
日照雨止み谷戸路に群るる秋あかね 恵三 1 たかを.
夕餉どき台風情報釘付けに やよい 1 宏虎.
台風の備へは今も夫任せ 明日香 1 やよい.
厨より樹間に見ゆる酔芙蓉 ぽんこ 1 恵三.

9月17日 (投句16名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
道祖神これより村道曼珠沙華 よう子 8 恵三.宏虎.三刀.はく子.明日香.やよい.さつき.なつき.
蓮は実に池畔に明治の八角亭 はく子 6 恵三.あさこ.智恵子.たかを.満天.ぽんこ.
さわやかや飴ひとつづつ六地蔵 ぽんこ 5 なおこ.たかを.よう子.菜々.なつき.
這ひ這ひの子につきまとふ秋蚊かな なつき 4 智恵子.やよい.こすもす.さつき.
病葉をとりことしたる蜘蛛の糸 たかを 3 あさこ.せいじ.満天.
あきつ飛ぶ比叡の裾の石仏 なつき 2 三刀.ぽんこ.
身に入むや引導の鐘時なしに 菜々 2 はく子.明日香.
背伸びして縁に千振つるす婆 智恵子 2 よう子.こすもす.
手作りを手渡しされて敬老日 こすもす 2 なおこ.泰山.
葡萄食べ葡萄の種の捨てどころ 恵三 1 泰山.
百日紅大きく陰を三井邸 明日香 1 菜々.
スーパーより両手買ひ物台風来 満天 1 治男.
晴天も雨天もよろし曼珠沙華      三刀 1 治男.
白萩や網代天井そのままに 明日香 1 せいじ.
マネキンや秋の盛装競い合い たかを 1 宏虎.

9月16日 (投句17名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ビル底の小さき草むら鉦叩 はく子 7 菜々.せいじ.よう子.明日香.治男.なつき.有香.
藁葺き家包む棚田の彼岸花 よう子 6 あさこ.たかを.宏虎.満天.隆松.なおこ.
黒潮の風に育ちし蜜柑山 恵三 6 たかを.満天.小袖.よう子.はく子.隆松.
模様かと見れば飛び立つばつたかな せいじ 3 あさこ.智恵子.三刀.
爽やかに降車あいさつ通学子 やよい 3 菜々.小袖.なおこ.
ふと庭に燃えてをりけり曼珠沙華 恵三 3 せいじ.たか子.こすもす.
秋草や大草鞋吊る村境 なつき 2 たか子.こすもす.
花梨の実色濃し雨の札所寺 やよい 2 はく子.有香.
秋暑し参道長き石畳 菜々 2 三刀.やよい.
ムクムクとミッキーマウス雲の峰 たかを 2 泰山.ぽんこ.
玄関先明るくなりし玉すだれ 満天 2 恵三.治男.
霧襖馬柵すっぽり隠しけり 宏虎 1 智恵子.
俊寛の心中想ふ露の袖 宏虎 1 明日香.
豪邸の石垣覆う萩の花 三刀 1 恵三.
霧襖より現る始発電車かな さつき 1 なつき.
蟋蟀の止みて又鳴く夜賑わし あさこ 1 宏虎.
救急車秋暑の町を今日三たび はく子 1 ぽんこ.
捩花やひそと一花遠流の地 なつき 1 泰山.
マンホール闇の底より秋の声 ぽんこ 1 やよい.

9月15日 (投句16名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
海峡の空の真青や秋燕 やよい 6 せいじ.恵三.まゆ.はく子.治男.宏虎.
曲り屋の縁に並べて菊手入れ 智恵子 5 よう子.菜々.たか子.やよい.小袖.
新米の先ずは離れて暮らす子へ ともえ 4 あさこ.智恵子.さつき.小袖.
河原ごと覆ひ尽くして真葛原 せいじ 3 まゆ.さつき.有香.
一筆箋添へある祝い敬老日 三刀 3 あさこ.宏虎.ぽんこ.
大阪湾うずめ尽くせり鰯雲 宏虎 3 せいじ.たかを.やよい.
子規の忌や獺祭といふ酒を酌む やよい 3 三刀.治男.たか子.
風見鶏右往左往す野分かな 恵三 2 泰山.よう子.
銀杏熟る太子ゆかりの寺の庭 菜々 2 こすもす.はく子.
デパ地下の秋の味覚に迷ひ込み よう子 2 泰山.三刀.
蓮は実に極楽浄土てふ庭に はく子 2 満天.菜々.
墓地までのじぐざぐの道草の花 こすもす 2 智恵子.なつき.
チャペルへと急ぐ川辺の曼殊沙華 せいじ 1 ぽんこ.
台風来気象予報士忙しなく 明日香 1 有香.
鯉泳ぎ亀眠りけり水の秋 宏虎 1 こすもす.
子が真似て焼き鮎の串かぶりつく なつき 1 たかを.
夕さりの白粉花の香り立つ 明日香 1 恵三.
町石を拝みて秋の高野山 智恵子 1 なつき.
鐘の音にゆらぐ池の面散りもみぢ 菜々 1 満天.

9月14日 (投句16名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
参磴の歩みがたしや乱れ萩 ぽんこ 7 あさこ.智恵子.恵三.小袖.はく子.明日香.なつき.
漣に揺るる白雲秋の池 こすもす 5 恵三.小袖.はく子.ぽんこ.なおこ.
新藁の納屋に山なし香り放つ 智恵子 5 菜々.よう子.宏虎.やよい.こすもす.
夫の忌を修すがごとく鉦叩 はく子 4 せいじ.三刀.よう子.やよい.
鎖されし裏門飾る葛の花 満天 4 泰山.あさこ.せいじ.三刀.
不意に来て不意に立ち去る秋の蝶 せいじ 3 満天.ともえ.たか子.
秋茄子で料る二品の夕餉かな なつき 2 菜々.なおこ.
河川敷に土俵の名残草相撲 こすもす 2 たかを.なつき.
秋晴れやグランド走る内中外 治男 1 明日香.
蟻走る風に飛ばされその先を 小林孝男 1 ぽんこ.
萩揺らし錆猫来たり庫裏戸口 なつき 1 たかを.
突然に芽を伸ばしたる彼岸花 あさこ 1 智恵子.
登り来し六甲一面霧襖 やよい 1 たか子.
秋晴や自転車のリン澄み渡る せいじ 1 泰山.
窓少し夢の中へと虫時雨 満天 1 こすもす.
新涼や両手で招く招き猫 三刀 1 宏虎.
抹茶一服しばし残暑を忘れをり やよい 1 ともえ.
秋暑の音立てて空缶収集車 菜々 1 満天.

9月13日 (投句16名 選句19名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
香の染む暖簾ふはりと秋の風 なつき 5 智恵子.せいじ.たか子.こすもす.ぽんこ.
日の匂ひ水の匂ひに稲実る 宏虎 5 なつき.たか子.三刀.治男.ぽんこ.
爽やかや眼下に蒼き茅渟の海 菜々 4 宏虎.小袖.やよい.はく子.
野良猫の知らぬ顔してねこじゃらし 三刀 3 泰山.宏虎.よう子.
登校子のおはよう揃ひ爽やかに 満天 3 たかを.やよい.はく子.
微かなる風に波打つ豊の秋 宏虎 2 あさこ.隆松.
牧羊の毛並み豊や秋暑し はく子 2 泰山.あさこ.
爽やかや絵葉書添へて感謝状 満天 2 菜々.三刀.
チェンバロの絶えぬミサ曲秋澄める よう子 2 満天.小袖.
ながらスマホ時々止まる秋扇子 ぽんこ 2 菜々.満天.
陶房へ秋日の中の渡り板 なつき 2 智恵子.たかを.
犬連れて歩く堤や草紅葉 こすもす 2 なつき.隆松.
雨後夕焼けオーロラの如燃ゆる雲 智恵子 1 こすもす.
豪雨あと霧に包まる神の山 明日香 1 治男.
独身の女は強し秋の空 治男 1 よう子.
疾走す遮蔽物無くはさみ虫 小林孝男 1 せいじ.

9月12日 (投句17名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
きちきちを飛ばせて試歩の杖軽し うつぎ 10 泰山.さつき.菜々.たか子.治男.ぽんこ.こすもす.明日香.やよい.なつき.
北の大地起伏の限り蕎麦の花 宏虎 6 あさこ.ともえ.はく子.小袖.小林孝男.やよい.
橋桁の尺の目盛りや水澄めり こすもす 6 たか子.小袖.小林孝男.ぽんこ.よう子.明日香.
月の出を待つは来る人待つ如し ともえ 4 泰山.満天.三刀.はく子.
穂芒を花に添へむと摘み折りぬ 隆松 3 宏虎.ともえ.こすもす.
磴険し秋海棠に癒されて はく子 2 満天.有香.
秋入り日長き吾が影掃いており 治男 2 三刀.有香.
奥琵琶湖きらの漣つくつくし ぽんこ 2 智恵子.なおこ.
ふと揺らぐ乙女心や秋桜 宏虎 2 菜々.智恵子.
新涼や淀の細波きらきらと 菜々 1 なおこ.
カラオケと百歳体操村さやか 明日香 1 治男.
里山に五感を研いで秋の声 たか子 1 よう子.
草もみじ畦に朽ちゆく麦わら帽 智恵子 1 宏虎.
空蝉を三つ四つ拾ひ庭掃除 三刀 1 さつき.
ちちろ鳴く四肢ゆったりと終ひ風呂 菜々 1 あさこ.
野地蔵の衣替えなす蔓穂原 智恵子 1 なつき.

9月11日 (投句15名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
碧天へ一筆白を秋の雲 満天 7 まゆ.隆松.菜々.なおこ.うつぎ.ぽんこ.よう子.
落鮎の梁に呑まれし奈落かな 智恵子 4 あさこ.宏虎.小袖.よう子.
地蔵尊へ絶えることなき秋の花 満天 3 隆松.ともえ.治男.
摺り下ろす粘り手強き山の芋 よう子 3 なおこ.うつぎ.はく子.
踏切に少年撮り鉄秋夕焼け やよい 3 智恵子.ぽんこ.こすもす.
御手洗のひしゃく杉の香秋の水 たか子 3 泰山.智恵子.満天.
緑濃きすだち阿波より届きけり はく子 3 菜々.たか子.なつき.
翠黛に雲の影さす秋の色 ぽんこ 2 宏虎.明日香.
朝露に踝濡れもし貸し農園 有香 2 さつき.やよい.
秋の宵そっと手を触れ散策す 宏虎 2 三刀.ともえ.
天帝に泳げる大魚鱗雲 やよい 2 泰山.小袖.
仏花にと夫持ち帰る紫苑かな 明日香 2 あさこ.たか子.
西日入る畳に動く木々の影 三刀 2 まゆ.治男.
御苑広ら見目良き松の新ちぢり はく子 1 満天.
足下に休む事なき鉦叩 明日香 1 さつき.
しゃくとりや水飲みやすむ大師道 なつき 1 三刀.
賓頭盧も撫でて散歩の爽やかに 菜々 1 こすもす.
散華手にはさみて拝すご開帳 なつき 1 明日香.
暁光に面ほんのりと柘榴熟る 菜々 1 はく子.
灰汁抜きが決め手芋茎に腕捲り うつぎ 1 やよい.
尼寺の古都に無垢なる貴船菊 智恵子 1 なつき.

9月10日 (投句15名 選句19名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
朝日浴ぶ田んぼさはやか明日香道 明日香 5 満天.宏虎.たか子.うつぎ.こすもす.
水澄める日差しに動く稚魚の影 ぽんこ 5 泰山.はく子.たか子.うつぎ.有香.
口笛に応え鳴く猫秋の夜 治男 4 菜々.泰山.せいじ.なつき.
新涼や少し濃い目のお茶をつぐ 満天 3 宏虎.三刀.やよい.
新講座申し込みして鰯雲 たか子 2 菜々.せいじ.
虫集く淀の河原の夕まぐれ はく子 2 智恵子.三刀.
夕食の厨に匂ふ初秋刀魚 あさこ 2 ぽんこ.はく子.
葉に光る雨粒あまた稲穂かな 明日香 2 ぽんこ.隆松.
新涼や歩道きらきら木洩れ日を 満天 2 明日香.有香.
葡萄棚ほっぺ火照るやワイン祭 智恵子 1 こすもす.
鮎の川遊びて食ぶる五平餅 なつき 1 智恵子.
秋の蝶さまよえる如ちから無く  ともえ 1 あさこ.
一枝に白と紅さく芙蓉の花 治男 1 隆松.
鉦叩き休む間もなく鳴き続く 宏虎 1 よう子.
ミサイルの関心深し秋愁ふ 宏虎 1 なつき.
秋の田のコントラストの緑と黄 ぽんこ 1 満天.
梨剥くや子規の果物好き想ふ たか子 1 明日香.
食はせたき嫁は遠しや秋茄子 菜々 1 あさこ.
抽斗に仕舞う慣れたる秋扇 三刀 1 よう子.
菊の日の集ふ還暦かしましき なつき 1 やよい.

9月9日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
分校の児は幾人ぞカンナ燃ゆ うつぎ 5 さつき.満天.菜々.三刀.はく子.
水まくや手品のやうに秋の蝶 明日香 4 せいじ.智恵子.治男.うつぎ.
安房沖に黒潮流れ初秋刀魚 恵三 4 あさこ.宏虎.智恵子.ぽんこ.
浴室に紛れ込みたるちちろ虫 せいじ 3 泰山.あさこ.明日香.
大いなる忌日根岸の糸瓜棚 恵三 3 小袖.うつぎ.なつき.
その昔薬草園なる大花野 はく子 3 せいじ.たか子.こすもす.
参磴を半分覆ひしだる萩 こすもす 3 宏虎.なおこ.明日香.
陽の斑ら秋風の径万華鏡 智恵子 2 小袖.なつき.
朝顔の種のこぼるる小さきカフェ なつき 2 たか子.よう子.
畦行かば足首濡らす白露かな 智恵子 2 さつき.ぽんこ.
須磨の浦白砂青松秋の風 宏虎 2 ともえ.はく子.
秋暑し爪先上りに屋敷町 菜々 2 ともえ.よう子.
食べ頃の香り放つや白き桃 ともえ 1 治男.
草先の水玉光る白露かな 三刀 1 満天.
水撒くや髪にカーラー巻きしまま なつき 1 泰山.
秋澄むや眼下の池の日本地図 よう子 1 なおこ.
昨夜雨に紫ひかる蛍草 満天 1 菜々.
境内の一人舞台やアブラゼミ こすもす 1 隆松.
天高し車椅子で来畑仕事 治男 1 三刀.

9月8日 (投句15名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
墨をする音のかそけし涼新た はく子 10 さつき.泰山.智恵子.三刀.菜々.小袖.こすもす.ぽんこ.よう子.うつぎ.
花図鑑片手に巡る大花野 はく子 5 満天.恵三.智恵子.治男.こすもす.
裸婦像に雫したたる秋の雨 治男 4 恵三.宏虎.せいじ.ぽんこ.
昨夜雨の粒を留めて萩しだる こすもす 4 さつき.明日香.有香.うつぎ.
名にし負ふ薬師三尊萩日和 恵三 3 満天.三刀.明日香.
千年の苔むす欅秋の雨 ぽんこ 3 ともえ.菜々.はく子.
花植えや秋の蚊多く足踏みす 治男 3 あさこ.宏虎.ともえ.
湾に入る船の白波天高し こすもす 3 治男.はく子.小袖.
けもの道抜けて野菊の岬出で 智恵子 2 泰山.なつき.
飛行機の着地に安堵草もみぢ よう子 1 たか子.
秋霖や更地のくぼみ穿ちたる たか子 1 せいじ.
昨夜の雨花野に彩を分け与ふ 宏虎 1 たか子.
夕時雨ネオン瞬く光る道 智恵子 1 有香.
敦盛の首塚須磨や竹の春 宏虎 1 なつき.
秋時雨猫とぼとぼと軒づたひ 菜々 1 よう子.
初めての焼き鮎の腹子に苦し なつき 1 あさこ.

9月7日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
昼の月更地にのこる辻地蔵 なつき 7 泰山.菜々.三刀.明日香.小袖.治男.たか子.
ロープウエイ花野の上をひとつ跳び 菜々 6 恵三.あさこ.せいじ.智恵子.たか子.有香.
藷よりも蔓が旨しや母偲ぶ うつぎ 4 よう子.小袖.ともえ.なつき.
電線を繋ぐ鉄塔稲穂波 恵三 4 なおこ.まゆ.こすもす.有香.
畦に立つ田んぼ四枚守る案山子 なつき 4 宏虎.菜々.治男.ともえ.
葬送の小さきチャペル虫すだく せいじ 3 はく子.ぽんこ.なつき.
豪快に男の炊事甘藷飯 治男 3 なおこ.三刀.ぽんこ.
ヨガ講師若き手足を爽やかに はく子 2 満天.宏虎.
家敷門長き板塀鶏頭花 智恵子 2 さつき.まゆ.
花野道尽きて山上レストラン 菜々 2 さつき.明日香.
黄つりふね絶滅危惧種ひそと咲く 有香 2 あさこ.こすもす.
高層ビル窓に目つぶし秋夕焼け ぽんこ 2 せいじ.よう子.
古都の昼池の中にも鹿の居て こすもす 1 隆松.
新涼や思い切り吐く深呼吸 はく子 1 満天.
松手入れ先端つまむ指の先 たか子 1 恵三.
流灯の不即不離なる二つあり さつき 1 泰山.
蚯蚓鳴く綽名の恩師名を忘る 宏虎 1 はく子.
夏草の刈られ彫刻輝けり 三刀 1 智恵子.

9月6日 (投句17名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
闇深き九十九里浜銀河濃し 恵三 6 智恵子.せいじ.三刀.はく子.なつき.有香.
精霊舟にわかに燃えて流れ出す 治男 4 なおこ.三刀.たか子.うつぎ.
秋茄子は小振りがよろし箸すすむ たか子 4 あさこ.恵三.宏虎.はく子.
朝経の吾に合わせし鉦叩き 智恵子 4 満天.治男.さつき.よう子.
あるなしの風に波打つ稲穂かな 満天 3 菜々.こすもす.隆松.
線路脇埋めつくしをり縷紅草 こすもす 3 菜々.隆松.なつき.
新涼の硯に落とす水の音 有香 3 せいじ.ぽんこ.よう子.
鉄塔が退避所らしき稲雀 さつき 3 智恵子.たか子.有香.
川風や踊り明かせし人の顔 恵三 2 なおこ.まゆ.
全員に掛け声飛べり村歌舞伎 なつき 2 満天.治男.
靴底に木の実潰れる軽快音 ぽんこ 2 泰山.ともえ.
日焼けの子足湯に白き絆創膏 なつき 2 泰山.うつぎ.
持ち上げる稲穂ずしりや黄金色 よう子 2 あさこ.宏虎.
吟行は小休止とて氷菓食ぶ せいじ 2 さつき.こすもす.
雨上がり鍬振る漢風は秋 三刀 1 恵三.
流れ来る霧境内を覆ひけり こすもす 1 まゆ.
秋時雨窓ばかり見て老夫婦 菜々 1 ともえ.

9月5日 (投句16名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
朝市の路上に並ぶ露野菜 宏虎 7 恵三.さつき.明日香.よう子.はく子.ぽんこ.有香.
白浜の八重波白し月明かり 恵三 5 泰山.三刀.小袖.なつき.うつぎ.
朝顔の合唱のごと咲き揃ふ うつぎ 5 智恵子.菜々.三刀.よう子.隆松.
ふと目覚め高階に月独り占め たか子 5 恵三.さつき.せいじ.小袖.うつぎ.
子歌舞伎の凛々しき武士は女の子 なつき 4 せいじ.たか子.はく子.治男.
庭に出て虫の声聞く月明かり 三刀 3 治男.ともえ.隆松.
残念石刻印薄き秋の園 ぽんこ 3 満天.明日香.たか子.
機嫌よく廻る水車にカンナ燃ゆ さつき 3 あさこ.菜々.こすもす.
絵心を擽る稲田グラデーション こすもす 2 智恵子.満天.
秋高し百日草の咲き続け 菜々 2 ぽんこ.ともえ.
検診を終えデパートに秋物を 満天 1 なつき.
軽やかな槌音めきて啄木鳥 こすもす 1 あさこ.
向日葵や陽射し探して左見右見 智恵子 1 有香.
高牧を縦横無尽つばくらめ せいじ 1 こすもす.
コスモスに見え隠れするリボンかな たか子 1 泰山.

9月4日 (投句20名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
猫じゃらし球探しいる補欠の子 治男 6 満天.よう子.なつき.たか子.こすもす.隆松.
釣り舟に寄せては返す月の波 恵三 5 さつき.智恵子.三刀.うつぎ.明日香.
岸離れ難き流灯そっと押す さつき 4 泰山.あさこ.恵三.なおこ.
眠りたく聴きたくもあり虫時雨 有香 3 さつき.宏虎.こすもす.
爽やかや女性神主声透ける 満天 3 宏虎.治男.なつき.
秋うらら段を枕にする羊 明日香 2 せいじ.小袖.
新松子筋塀凛と天上寺 菜々 2 泰山.はく子.
新涼や退院メール届きけり こすもす 2 恵三.菜々.
退院をせし母早も大根蒔く うつぎ 2 あさこ.ぽんこ.
御手洗のあふれる水の爽やかに 満天 2 せいじ.明日香.
牧涼し若き乙女が牛の世話 せいじ 2 三刀.うつぎ.
読経ひびく子の七回忌花芙蓉 治男 1 小袖.
鰯雲こわして一線ひこう雲 智恵子 1 よう子.
天守閣小さき武者窓秋の風 たか子 1 菜々.
カントリー・ミュージック聞く牧涼し せいじ 1 なおこ.
子歌舞伎や祖母がおひねりどつさりと なつき 1 治男.
日時計に七草楚々と秋の風 智恵子 1 満天.
おにぎりを持つて拍手す村歌舞伎 なつき 1 たか子.
秋簾強き夕日を閉ざしけり 恵三 1 ぽんこ.
ベランダでチッチと答ふ鉦叩き あさこ 1 智恵子.

9月3日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鵙たける梢の先に白き雲 明日香 4 智恵子.せいじ.たか子.こすもす.
山肌に露時雨なる摩崖仏 宏虎 4 恵三.さつき.たか子.なつき.
蟷螂はいつも身構え野武士風 宏虎 3 あさこ.よう子.恵三.
爽けしやリクルートスーツ足長し よう子 3 満天.うつぎ.宏虎.
出水跡泥水を吐く水車かな さつき 3 泰山.治男.ぽんこ.
鯖雲に手が届きさう展望台 せいじ 3 ともえ.菜々.治男.
一夜明け野分の庭となりにけり 恵三 2 よう子.明日香.
灯の恋し漁火のなき野分浪 恵三 2 せいじ.有香.
暮れなずむ空に銀色十日月 はく子 2 なつき.明日香.
秋灯塾生の背ナ皆丸し たか子 2 うつぎ.さつき.
無人駅またぐ鉄路や秋桜 智恵子 2 泰山.ぽんこ.
川縁の石に腰掛け秋を聞く こすもす 2 満天.三刀.
野面積みの石垣這ひて蔦紅葉 こすもす 2 三刀.有香.
売土地の伸びのび育つ鶏頭花 満天 1 あさこ.
干し物の時間延ばすや秋湿り 明日香 1 ともえ.
川沿ひを明るく揺らす黄コスモス 満天 1 はく子.
栗拾う村人早朝山めぐり ともえ 1 なおこ.
中庭を何度も見つめ返り花 あさこ 1 智恵子.
登高す掬星台と聞くからは うつぎ 1 菜々.
買い物の道を横ぎる赤とんぼ あさこ 1 なおこ.
宅地跡風を往なすは猫じゃらし ぽんこ 1 宏虎.
一変す陳列窓の九月かな さつき 1 こすもす.
愛らしき子牛や耳で蠅払ふ せいじ 1 はく子.

9月2日 (投句15名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
句碑訪えば秋七草に隠れをり ぽんこ 7 さつき.宏虎.智恵子.せいじ.まゆ.たか子.明日香.
夏草や本丸跡へ細き道 こすもす 5 なおこ.さつき.三刀.菜々.なつき.
母に似るしぐさの姉や吾亦紅 たか子 5 あさこ.満天.泰山.うつぎ.はく子.
東雲の風に紛れて木犀香 智恵子 4 恵三.小袖.菜々.明日香.
秋うらら仔牛の名札に誕日も 菜々 4 あさこ.ぽんこ.はく子.こすもす.
雁来る湖国の空のありにけり 恵三 3 よう子.うつぎ.隆松.
アルプスを映す湖大花野 はく子 3 恵三.宏虎.なつき.
早朝の天埋め尽くすいわし雲 三刀 3 満天.せいじ.ともえ.
転職を決むる子二百十日かな なつき 2 小袖.ともえ.
買ひたての水着はかずに仕舞ひけり 恵三 2 泰山.よう子.
天高し屋上赤い観覧車 よう子 1 まゆ.
ありの実をむき終わる手のしとどなる たか子 1 こすもす.
寺址へ径は木深に返り花 菜々 1 ぽんこ.
家中の窓開け放す秋澄む日 明日香 1 隆松.
大花野アイガー北壁まなかひに はく子 1 三刀.
遠ざかる草笛淋し下校の子 有香 1 なおこ.
外に出れば内よりさやか庭手入れ 明日香 1 智恵子.
越前家の幟立ちたる萩の園 なつき 1 たか子.

9月1日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
飼葉遣る牧場乙女の爽やかに 菜々 7 うつぎ.はく子.たか子.小袖.よう子.こすもす.満天.
満面の笑み手の平のカブト虫 智恵子 6 恵三.菜々.さつき.泰山.はく子.隆松.
子羊や追いつ追われつ赤とんぼ 智恵子 6 さつき.あさこ.宏虎.治男.ぽんこ.満天.
城下町モデル爽やか撮影会 こすもす 3 菜々.小袖.治男.
大稲田小佐渡裾まで広がれり なつき 3 あさこ.智恵子.まゆ.
宿浴衣ロビーで踊る佐渡おけさ なつき 3 たか子.三刀.有香.
夕月の小さき雲間に隠れけり ともえ 2 まゆ.明日香.
双の手を拡げ存分秋の風 たか子 2 泰山.三刀.
背負われて後ろ向きの子登高す はく子 2 うつぎ.なつき.
参磴のここだ散り敷く百日紅 ぽんこ 2 明日香.なつき.
まほろばにちらちら零る稲の花 明日香 1 智恵子.
秋惜しむ高原バスに身をゆだね 菜々 1 こすもす.
水道局敷地一面秋の草 治男 1 恵三.
稜線の模糊と重なり八月尽 三刀 1 宏虎.
噴水に翳しサンダル飛ばしかな うつぎ 1 よう子.
日焼子の歩幅短き新学期 恵三 1 ぽんこ.
阿寒湖に廃船一つ秋の水 たか子 1 なおこ.
釣り竿の手入れす背(そびら)つくづくし やよい 1 なおこ.
草もみぢ近所付き合い回覧板 よう子 1 有香.

8月31日 (投句14名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
霧流る摩耶のお山を袈裟懸けに 菜々 8 よう子.小袖.ぽんこ.たか子.こすもす.なつき.明日香.有香.
展望台涼し一湾パノラマに こすもす 5 宏虎.菜々.うつぎ.やよい.はく子.
万葉の人となりたる良夜かな 宏虎 4 ともえ.三刀.まゆ.はく子.
と見る間に翠黛失せて霧襖 ぽんこ 4 泰山.智恵子.菜々.やよい.
ボクサーとなり噴水に挑む子等 うつぎ 3 満天.まゆ.なおこ.
穂すすきに撫でられている山のバス 菜々 3 さつき.ともえ.なつき.
ラムネのむ昭和生まれの夏の味 ともえ 3 満天.三刀.ぽんこ.
秋の田を風の足あと残しゆく たか子 2 さつき.よう子.
休耕田一面覆ふ秋桜 恵三 2 あさこ.智恵子.
ATM無機質な声秋暑し よう子 2 こすもす.なおこ.
秋風や野球を詠みし子規の句碑 恵三 2 たか子.治男.
牧のヤギ聞き耳立つる風の秋 ぽんこ 2 恵三.うつぎ.
せせらぎや茶室に点る蛍草 智恵子 2 あさこ.恵三.
爽やかや猫は寝そべり尾の返事 宏虎 1 泰山.
旱魃や沈村跡見ゆダムの底 智恵子 1 治男.
大玻璃に秋の草花ランチタイム 満天 1 宏虎.
乾きたる草焦がしつつ秋耕す 三刀 1 明日香.
駅前の広場に秋の声探す たか子 1 有香.

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]