毎日句会成績一覧

- 2017年8月 -

過去一覧

8月30日 (投句15名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
淀川の水の豊かに夏果つる はく子 6 満天.恵三.智恵子.まゆ.こすもす.よう子.
高原の白樺模糊と霧流れ 恵三 5 さつき.宏虎.はく子.たか子.小袖.
落葉松林ぬけて初秋の空まさを やよい 4 菜々.三刀.ともえ.うつぎ.
火灯窓入り日に揺れる萩の影 智恵子 4 あさこ.はく子.たか子.ぽんこ.
パズル解く意地になりたる夜長かな 宏虎 4 さつき.あさこ.泰山.隆松.
爽秋の句碑を巡りて天上寺 うつぎ 3 せいじ.恵三.ぽんこ.
遠嶺や飛行機一点天高し よう子 3 治男.うつぎ.なつき.
日の斑のこぼす足許風は秋 ぽんこ 3 智恵子.まゆ.こすもす.
秋の寺裏手に百の地蔵尊 たか子 2 満天.ともえ.
恋稔るラストシーンや稲の花 恵三 2 三刀.よう子.
山上の涼し温度差十度とや こすもす 1 せいじ.
観音の彩色際やか秋清し はく子 1 なつき.
もみじ饅頭いただき句会さわやかに 菜々 1 宏虎.
背景の青空が良し百日紅 こすもす 1 菜々.
山霧のと見る間に晴れ天上寺 うつぎ 1 小袖.
水路閣のぞきて古都のこぼれ鷺 智恵子 1 隆松.
好きだった菊の花提げ墓参り 三刀 1 泰山.
穴の蛇傘で押し止め道案内 なつき 1 治男.

8月29日 (投句16名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
子羊とスキンシップや牧凉し ぽんこ 5 満天.あさこ.宏虎.恵三.なつき.
轍あり百日紅の花畳 せいじ 5 うつぎ.たか子.よう子.こすもす.隆松.
竹の春嵯峨野を巡る人力車 宏虎 5 あさこ.恵三.三刀.なおこ.せいじ.
蓑虫や正座の出来ぬ歳となり 宏虎 4 泰山.やよい.菜々.せいじ.
初秋や淀の夕波きらきらと 菜々 3 満天.宏虎.はく子.
初潮を蹴立て去りゆくクルーザー 恵三 3 うつぎ.ぽんこ.はく子.
彫刻の森にスイスイ赤とんぼ 智恵子 3 なおこ.治男.たか子.
武者ねぶた街と観客燃やしけり 恵三 2 智恵子.三刀.
夕涼や不意に現れたる鹿溜まり せいじ 2 小袖.やよい.
艶やかや紫紺の秋なす農の皴 よう子 2 智恵子.泰山.
秋の風子等の背を押し二学期へ たか子 2 小袖.ぽんこ.
腰痛のあゆみ遅々たり秋暑し やよい 1 菜々.
トロッコのトンネル塞ぐ木下闇 なつき 1 よう子.
船宿に匂ひたまらぬ金目鯛 智恵子 1 治男.
香匂う寺町を行く天高し 治男 1 なつき.
エメラルドグリーン宮古の海の残暑見舞 やよい 1 こすもす.

8月28日 (投句15名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
展望台奈落の谷に合歓の花 ぽんこ 7 あさこ.恵三.治男.たか子.隆松.やよい.こすもす.
しみじみとおわら恋唄風の盆 恵三 4 泰山.あさこ.ともえ.ぽんこ.
噛みますと馬柵に張り紙馬肥ゆる ぽんこ 4 宏虎.はく子.よう子.こすもす.
海霧立ちて遠流の島の見え隠れ 宏虎 3 たか子.せいじ.なつき.
男舞決めの見事や風の盆 たか子 3 智恵子.はく子.三刀.
石段の一歩一歩や蝉時雨 こすもす 3 小袖.隆松.せいじ.
生垣に沿い風を呼ぶ芒の穂 三刀 2 ともえ.なおこ.
コスモスの館を繋ぎし美術館 智恵子 2 満天.ぽんこ.
踊子の鼻緒の切れし郡上かな 恵三 2 泰山.なつき.
秋の蝶つまめばひょいと手の中に 明日香 2 智恵子.菜々.
秋麗らスタ−トに立つ三歳児 治男 1 三刀.
結界を楽々と越ゆ夏の蝶 よう子 1 菜々.
ご神木涼し城址の神社かな こすもす 1 恵三.
ケーブルを待つ間の閑やつくつくし はく子 1 やよい.
秋うらら小道はさんで宮と寺 菜々 1 治男.
あれもこれも庭の徒長枝秋暑し 菜々 1 宏虎.
緋毛氈川床に映ゆ日の斑ら 智恵子 1 満天.
がたぴしと雨戸閉めればちちろ鳴く せいじ 1 よう子.
塩ビ管顔に仕立てて案山子立つ さつき 1 なおこ.

8月27日 (投句17名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
星月夜里山まるくうづくまる 菜々 6 なつき.小袖.よう子.明日香.智恵子.せいじ.
香り立つ島のレモンは濃き緑 ともえ 4 満天.小袖.明日香.はく子.
いつの間にここも閉店夏の果て たか子 4 あさこ.宏虎.ぽんこ.なおこ.
野地蔵へ帰路に供えし野菊かな 智恵子 3 恵三.さつき.隆松.
赤とんぼ夕日かき混ぜ宙に舞ふ 宏虎 3 泰山.智恵子.たか子.
袖押さへ万燈つける浴衣の子 なつき 3 あさこ.こすもす.せいじ.
どの顔も夜明け帰りの風の盆 恵三 3 なつき.三刀.たか子.
巻き上げし屋台の暖簾秋暑し さつき 2 恵三.三刀.
到来の初無花果やジャム煮詰む やよい 2 隆松.なおこ.
雨後の庭光を弾く赤とんぼ 三刀 2 治男.こすもす.
参磴のこごしに句碑歌碑風は秋 はく子 1 治男.
夫の留守燈火親しむ至福かな やよい 1 ぽんこ.
瀬戸内の鱧とお奨めお品書き 智恵子 1 はく子.
秋暑しタイムテーブルとはゆかず よう子 1 菜々.
秋蝶のしばし一花を離れざり せいじ 1 さつき.
早朝の驟雨に新涼二度寝する 満天 1 宏虎.
独り居の長き一日や秋の暮 あさこ 1 泰山.
秋簾裾は少々伸び加減 たか子 1 よう子.
廃車する心の動き秋の空 治男 1 満天.
赤とんぼ我が先になり後になり せいじ 1 菜々.

8月26日 (投句18名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
幾つもの橋をくぐりて流灯会 さつき 6 あさこ.恵三.菜々.治男.ともえ.なつき.
唐門の金箔眩し日の盛り やよい 4 さつき.泰山.明日香.ぽんこ.
山肌を這い来る霧のミストかな よう子 4 満天.せいじ.隆松.はく子.
牧めぐり牧特製の氷菓食ぶ 菜々 4 満天.宏虎.せいじ.はく子.
摩尼車かそけき秋の風廻す たか子 3 小袖.よう子.やよい.
大施餓鬼禿頭青き僧集ふ なつき 3 恵三.たか子.やよい.
射的撃つ親が夢中の地蔵盆 ぽんこ 3 智恵子.たか子.三刀.
座禅する無言の刻や夏果てる 有香 3 泰山.あさこ.よう子.
箱庭の中に立つごと先師の碑 明日香 2 小袖.宏虎.
新学期日焼けの先生大受けす 智恵子 2 菜々.ぽんこ.
漁火の漁場へ遅々と夜長かな 恵三 1 ともえ.
麻耶山へ雲と見紛ふ霧走る 明日香 1 さつき.
生駒嶺の稜線崩れ秋暑し たか子 1 三刀.
秋風に背を押され歳とりにけり 宏虎 1 治男.
試食梨甘きにつられ買ひにけり 恵三 1 明日香.
霧流る延命地蔵をおろがめば 菜々 1 なつき.
もてなしのお茶の美味さや寺の秋 こすもす 1 智恵子.

8月25日 (投句16名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
苔乾ききつたる処暑の百度石 なつき 6 泰山.三刀.ぽんこ.隆松.こすもす.明日香.
阿波踊り地を這う如く始まりぬ たか子 6 さつき.智恵子.三刀.よう子.隆松.なおこ.
名水の新豆腐とて買ひにけり やよい 5 さつき.満天.恵三.小袖.明日香.
摩耶峰寺秘仏を閉ざす堂涼し 小袖 5 満天.恵三.智恵子.たか子.こすもす.
夜更けまで太鼓の音や地蔵盆 三刀 3 宏虎.なおこ.なつき.
渺渺と銀河明かりの九十九里 恵三 3 菜々.ぽんこ.やよい.
登校子日焼け顔して挨拶を 満天 3 あさこ.宏虎.治男.
思い出を偲ぶ事なり魂祭 宏虎 2 ともえ.やよい.
ベランダの小さき森に鉦叩き 智恵子 2 菜々.はく子.
智恵子像もみじしそめし十和田かな 恵三 2 たか子.有香.
ぬかるみと化したる畑の戻り梅雨 有香 1 なつき.
雲の峰崩れて夕の鰯雲 智恵子 1 小袖.
盆ちょうちん公民館が始点なる たか子 1 よう子.
山頂の紫陽花未だ色褪せず こすもす 1 はく子.
再建の寺や仏の彩爽やか よう子 1 治男.
思い出せぬ花秋海棠と教わりぬ こすもす 1 有香.
鰯雲尋ね人貼る無人島 やよい 1 ともえ.
天上を欲しいがままのつばくらめ 小袖 1 泰山.
サーブ打つ日差し強けど風は秋 ぽんこ 1 あさこ.

8月24日 (投句16名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
山泊まり闇深ければ銀河濃し 宏虎 9 さつき.菜々.せいじ.よう子.治男.三刀.こすもす.はく子.やよい.
蝉しぐれ浴びてケーブル山上へ はく子 5 あさこ.菜々.満天.ともえ.やよい.
驟雨きて早瀬とどろく峡の宿 やよい 5 泰山.あさこ.宏虎.たか子.なおこ.
炎昼や無音の堂に座禅組む なつき 3 泰山.せいじ.よう子.
大漁旗安房に犇き浦まつり 恵三 3 小袖.智恵子.なつき.
辻の風一すじ涼し今日は処暑 たか子 3 智恵子.ぽんこ.有香.
押入れの整頓処暑の風入れて やよい 3 たか子.隆松.はく子.
暗転の街に雷雨の暴れ出す たか子 2 恵三.三刀.
にわか雨地上の猛暑奪ひけり 満天 2 ともえ.隆松.
境内に秋の七草揃いをり こすもす 2 小袖.ぽんこ.
チアガール汗の青春甲子園 智恵子 2 恵三.満天.
座禅終へ出る山門の初もみぢ なつき 2 こすもす.なおこ.
紫菀咲く小諸虚子庵訪なばや 恵三 1 有香.
色付きて不揃いなれど鉢葡萄 智恵子 1 治男.
山上寺かなかなの鳴く下山道 よう子 1 さつき.
見晴るかす美瑛の丘やラベンダー 宏虎 1 なつき.
ご神木にパワー頂く涼新た ぽんこ 1 宏虎.

8月23日 (投句16名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
馬柵涼し羊と道をゆずりあひ 小袖 8 満天.明日香.はく子.よう子.やよい.こすもす.ぽんこ.有香.
ひたすらに草食む羊牧涼し よう子 5 恵三.菜々.せいじ.小袖.はく子.
子ら去りて虫の音高き夕の暮れ 智恵子 4 さつき.菜々.治男.なおこ.
雲の峰ぐるりと湾を囲みをり 明日香 4 泰山.満天.宏虎.せいじ.
赤のまま化粧されゐし野の仏 やよい 4 三刀.治男.隆松.なつき.
鈍行にせしも花野のありてこそ 恵三 4 さつき.宏虎.智恵子.たか子.
爽涼や海峡大橋見はるかす はく子 3 小袖.明日香.ぽんこ.
万緑を縦に貫きケーブルカー はく子 3 泰山.たか子.有香.
絵日記に日焼けの家族笑顔なり 智恵子 2 やよい.なつき.
法螺の音につづく参列万燈会 なつき 2 あさこ.三刀.
国道にはみ出しゐたり葛の花 やよい 2 あさこ.隆松.
いにしへの土塁そびらに立つ案山子 さつき 1 恵三.
蝉の穴赤土あらは古墳山 なつき 1 こすもす.
牧の牛反芻の口秋の草 たか子 1 なおこ.
汗流し運も味方の甲子園 三刀 1 智恵子.
秋うららドンと羊に押されけり 明日香 1 よう子.

8月22日 (投句18名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
新涼や御朱印帳の墨の濃さ ぽんこ 7 さつき.宏虎.三刀.やよい.こすもす.なおこ.なつき.
南座の屋根よりクレーン秋暑し 満天 4 三刀.治男.菜々.せいじ.
鱧料理講師は漁協婦人連 やよい 4 恵三.智恵子.たか子.菜々.
道問えばイヤホン外し爽やかに たか子 4 宏虎.こすもす.よう子.明日香.
クリオネの棲む水槽の秋涼し 恵三 2 満天.小袖.
庭に咲く秋の名草を供華とせり 恵三 2 やよい.小袖.
屈みたる農夫のごとく案山子翁 さつき 2 なつき.せいじ.
鵜の群れのばらけ九頭竜川下る なつき 2 恵三.よう子.
流燈会へ人のあふるる無人駅 なつき 2 あさこ.智恵子.
産地よりなると金時新甘藷 満天 1 はく子.
浴衣姿の艶めく外人外股や 智恵子 1 治男.
お誘ひの声掛けうれし秋の宵 明日香 1 ぽんこ.
瀧昇る応挙の鯉の爽やかに はく子 1 泰山.
宵闇の風の中なる虫の声 三刀 1 泰山.
飛び出して来るかに応挙の鯉涼し はく子 1 たか子.
秋暑し日矢にぐったり風見鶏 宏虎 1 ぽんこ.
燈台の岬へ続くカンナの黄 やよい 1 さつき.
青葉風明治の校舎震はせて 有香 1 なおこ.
鯉の絵に神話絵巻に館爽涼 菜々 1 はく子.
月曜の医院満杯紅芙蓉 治男 1 あさこ.

8月21日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
フロントのお国訛りや避暑の宿 こすもす 10 せいじ.泰山.あさこ.菜々.宏虎.はく子.たか子.智恵子.ともえ.ぽんこ.
星月夜外湯を巡る下駄の音 宏虎 7 せいじ.あさこ.菜々.三刀.なつき.やよい.さつき.
記念写真水平線と雲の峰 こすもす 3 小袖.治男.やよい.
ヘルメットかぶり笑顔の案山子かな さつき 3 満天.宏虎.明日香.
一斉に千の穂なびく猫じやらし せいじ 3 恵三.こすもす.有香.
苦瓜のジャングルとなる狭庭かな やよい 3 満天.三刀.こすもす.
八方に伸ぶ千の手の百日紅 せいじ 2 まゆ.小袖.
流灯会手に墨つけて書く願ひ なつき 2 たか子.智恵子.
みそ汁のだしの濃い目に涼新た やよい 2 なつき.さつき.
お待たせと云ひつ畳みし秋日傘 恵三 2 泰山.よう子.
先づ兄が渡つてみせる滝の岩 なつき 2 明日香.ぽんこ.
地下出れば人人人や秋暑し 明日香 1 まゆ.
東山おおひ被さる雲の峰 はく子 1 ともえ.
行合いの空にうっすら昼の月 明日香 1 有香.
手はいるか荷引く案山子に声かけぬ 隆松 1 よう子.
四条大橋浴衣の一団賑やかに 満天 1 はく子.
秋暑し都は山に囲まれて はく子 1 恵三.
たらい舟海女に引かれて上機嫌 智恵子 1 治男.

8月20日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
朝潮を蹴立て銚子へ秋刀魚船 恵三 8 満天.なおこ.うつぎ.隆松.はく子.治男.ぽんこ.有香.
喉元へまろぶ真水や涼新た 菜々 5 やよい.せいじ.うつぎ.よう子.なつき.
受話器越し聞くふるさとの法師蝉 やよい 5 なおこ.せいじ.菜々.なつき.治男.
クレーンの嘴突き刺さる雲の峰 はく子 4 泰山.満天.やよい.三刀.
峡の空みるみる覆ひ羊雲 菜々 3 恵三.よう子.明日香.
露をおく笹薮払い大広野 たか子 2 恵三.智恵子.
セイウチの芸にどよめく館暑し こすもす 2 三刀.宏虎.
砂遊びの道具も揃う避暑の宿 こすもす 2 あさこ.菜々.
伴走者めきて目の合ふ赤とんぼ せいじ 2 泰山.さつき.
地蔵盆子ら蝋燭をつけたがり なつき 1 ともえ.
夾竹桃走るSL触れそうに ぽんこ 1 有香.
水泳から帰る子供のボ−ル遊び 治男 1 あさこ.
湿原をゆったり巡回オニヤンマ 智恵子 1 はく子.
鐘一打山に響くよ法師蝉 ぽんこ 1 智恵子.
青春は一瞬に過ぐ生身魂 宏虎 1 ともえ.
神輿曳く子より大人の数多し なつき 1 こすもす.
かなかなや川向ひなる杉美林 やよい 1 さつき.
秋の蚊を払ひはらひて立ち話 満天 1 宏虎.
ステーキに良しと太茄子勧められ よう子 1 こすもす.
ウインクする案山子にウインク返しけり うつぎ 1 隆松.
秋雨の続き古井戸蘇り 智恵子 1 ぽんこ.

8月19日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
蜩や山菜尽しの宿の膳 やよい 6 さつき.あさこ.宏虎.三刀.はく子.有香.
ずっしりと水禍の里の梨実る さつき 5 恵三.せいじ.治男.やよい.有香.
漁火の散りゆく安房の星月夜 恵三 5 三刀.やよい.小袖.はく子.なつき.
漁師町軒突き合せ秋暑し 三刀 4 菜々.よう子.うつぎ.小袖.
落款は柳の根方幽霊画 なつき 3 泰山.たか子.よう子.
白桃を白寿の母の口元へ 恵三 3 宏虎.隆松.智恵子.
天駈くる雷鳴天の幕裂けり よう子 3 泰山.ぽんこ.智恵子.
大曲りして碧深き秋の川 やよい 2 たか子.うつぎ.
カンナ燃ゆ男にもある嫉妬心 宏虎 2 菜々.ぽんこ.
秋潮や船に並走かもめ群 たか子 2 満天.こすもす.
秋風や土持ち帰る球児どち せいじ 2 満天.あさこ.
苦瓜の二階の窓を隠しけり 満天 1 治男.
阿波踊腰を落としてリズムとる 宏虎 1 こすもす.
小京都影求め行く残暑かな 隆松 1 さつき.
語りかけ娘の墓を洗いおり 治男 1 なつき.
夜の秋の一人に点つる抹茶かな はく子 1 せいじ.
最果ての漁師の暮らし秋の潮 たか子 1 恵三.
薄明に先駆けて聞く秋の雷 せいじ 1 明日香.

8月18日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
休耕田花野となつてをりにけり 恵三 5 はく子.よう子.菜々.やよい.こすもす.
クレーン二基入道雲に挑みけり うつぎ 4 さつき.泰山.よう子.治男.
朝焼けに一面染まる鰯雲 さつき 3 恵三.智恵子.宏虎.
泥かぶり尚も立たんとカンナ燃ゆ さつき 3 菜々.治男.ぽんこ.
八咫烏の紋に秋日や大鳥居 やよい 3 宏虎.たか子.ぽんこ.
箱眼鏡魚追ふ子らや川蜻蛉 よう子 3 泰山.三刀.隆松.
棚経や僧見習ひの孫連れて なつき 2 こすもす.有香.
遠ざかる草笛峡の小学校 有香 2 三刀.たか子.
鎮魂の灯に原爆ドーム陽炎へり はく子 2 満天.なつき.
流燈の離れがたしか風止めり なつき 2 満天.ともえ.
茄子の馬ご先祖さまの乗り切れず たか子 2 ともえ.有香.
山の宿窓辺に葛の花迫る こすもす 2 さつき.隆松.
精霊舟にわかに燃えて流れ出す 治男 2 せいじ.なつき.
山の霧ライト手探り七曲り 宏虎 1 智恵子.
鉄博に眼を輝かす夏休み ぽんこ 1 はく子.
旅の宿玄関先の遠花火 こすもす 1 なおこ.
外出の一歩に纏ふ残暑かな 満天 1 やよい.
禅苑の紅一点や百日紅 菜々 1 恵三.
湿原の太古は海と秋の声 たか子 1 せいじ.
春日局ゆかりの寺や凌霄花 菜々 1 あさこ.
さよならのヒット打たれて秋の夜 あさこ 1 なおこ.
山里の沢に次つぎ赤とんぼ 智恵子 1 あさこ.

8月17日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
一皿の氷菓を分つ老夫婦 なおこ 7 さつき.せいじ.泰山.やよい.小袖.治男.こすもす.
山風へ堂開け放ち盂蘭盆会 菜々 5 やよい.あさこ.満天.よう子.たか子.
霧湧いて湖上一面モノトーン たか子 4 せいじ.満天.はく子.なおこ.
今日のこと精一杯の生身魂 三刀 3 うつぎ.たか子.有香.
平和の鐘菩提寺に撞く終戦日 やよい 3 恵三.うつぎ.智恵子.
苧殻焚く仏の箸を残しけり ぽんこ 2 なつき.有香.
もみぢの手に合掌しかと盂蘭盆会 菜々 2 はく子.ぽんこ.
サイレンに静まり返る終戦日 せいじ 2 三刀.なつき.
夏野菜無いものは無し爺の畑 うつぎ 2 菜々.ぽんこ.
心地良し隣の人より団扇風 さつき 2 泰山.なおこ.
下見来て初穂のすすき家苞に よう子 2 小袖.こすもす.
実る稲裾に纏ひて夕の富士 智恵子 2 あさこ.宏虎.
持ち来たる温みの流燈そつと押し ともえ 2 恵三.さつき.
マネキンの着替へし服や秋暑し 満天 1 三刀.
露天の湯花火の硝煙流れ来る やよい 1 菜々.
丹頂のゆるり参らす秋の原 たか子 1 智恵子.
薬草を干す夕焼けに真向かひて 有香 1 よう子.
人力車気配り嬉し秋暑し 宏虎 1 治男.
鴨川に万の観客大文字 恵三 1 宏虎.

8月16日 (投句14名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
新涼の音を奏でる水車かな 恵三 6 あさこ.宏虎.智恵子.やよい.小袖.ぽんこ.
その辺り白き風あり蕎麦の花 たか子 5 まゆ.うつぎ.よう子.ともえ.なつき.
島の宿街頭も無く天の川 宏虎 4 菜々.さつき.智恵子.恵三.
終戦日天地静かな雨となる 菜々 4 三刀.たか子.なおこ.なつき.
里山の田毎の案山子百面相 小袖 4 はく子.満天.よう子.治男.
虫食ひの鬼灯ばかり父の庭 なつき 3 なおこ.ぽんこ.こすもす.
湿原の河の蛇行や秋の水 たか子 2 まゆ.泰山.
麦わら帽畦に沿ひつつ見え隠れ よう子 2 せいじ.はく子.
海ほたる渚に青き望の月 智恵子 2 小袖.有香.
蜩の声澄み渡る河原の湯 やよい 2 せいじ.三刀.
街路樹のそよぎにもまた秋の声 せいじ 2 菜々.宏虎.
平和の鐘余韻の中を秋の蝶 やよい 2 満天.こすもす.
絵灯籠に姑との月日よみがへる 菜々 2 あさこ.やよい.
水澄みて鯉悠然と行き交わし 小袖 2 恵三.治男.
潮騒と松籟のみの盆の月 宏虎 1 さつき.
朝烏賊の水槽狭しと海の駅 智恵子 1 うつぎ.
秋めきし光が町を包み込む せいじ 1 有香.
新涼のバージンロード歩みゆく 恵三 1 たか子.
盆最中グランドゴルフ賑はひて 満天 1 ともえ.
うなだるる母を乗せたる茄子の牛 なつき 1 泰山.

8月15日 (投句17名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
塗下駄の音揃い行く阿波踊り ともえ 7 さつき.小袖.宏虎.はく子.隆松.なつき.よう子.
百キロの直線道路北の秋 たか子 6 せいじ.菜々.宏虎.はく子.やよい.満天.
揚花火息つく隙もなく連打 さつき 4 智恵子.なおこ.ともえ.こすもす.
帰省子や物干し竿のカラフルに よう子 4 さつき.あさこ.三刀.なおこ.
リフトいま足下に咲く黄菅かな 恵三 3 菜々.なつき.こすもす.
伝書鳩円描く群れや天高し 智恵子 3 泰山.小袖.たか子.
泉州沖夕日百選秋の雲 ぽんこ 2 恵三.満天.
川底の砂利踏みしむる水の秋 やよい 2 泰山.ともえ.
棚経や嬰座布団に寝かしをり なつき 2 やよい.たか子.
さわさわと伊達の郡の稲の花 恵三 1 せいじ.
籠の蝉夜鳴きにそっと解き放つ 智恵子 1 三刀.
はまなすや釧路の沖は霧隠れ たか子 1 恵三.
川原の混浴風呂に浴衣着て やよい 1 あさこ.
雨戸開け一陣の風今朝の秋 満天 1 よう子.
晴れ渋る空の重さよ秋暑し 菜々 1 智恵子.
盆踊り炭坑節で盛り上がる 宏虎 1 隆松.

8月14日 (投句16名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
帰省子の靴が占領上がり口 せいじ 8 さつき.菜々.智恵子.やよい.隆松.ぽんこ.はく子.なつき.
帰省子の元気な顔も土産なり ぽんこ 6 菜々.智恵子.小袖.治男.こすもす.なつき.
羽ばたきもせず風に乗る秋の蝶 せいじ 5 宏虎.治男.ともえ.よう子.明日香.
争ひし事も詫びつつ墓洗ふ 菜々 4 あさこ.泰山.ともえ.たか子.
稲光り一閃浮き出る街の貌 宏虎 3 三刀.小袖.よう子.
竹寺の筧のこぼす秋の声 恵三 3 三刀.せいじ.たか子.
肩車されて加はる躍りの輪 さつき 3 満天.やよい.明日香.
走り根の続く古道や木下闇 やよい 3 さつき.こすもす.ぽんこ.
大青田電柱の影濃く倒れ 明日香 2 満天.なおこ.
石塔へ我が影映す大夕焼 明日香 2 宏虎.せいじ.
盆用意長押しの遺影へ語りつつ 菜々 1 泰山.
夕顔の煌めく雫雨後の夕 智恵子 1 恵三.
秋の雲縫って真っすぐ飛行雲 三刀 1 はく子.
菩提寺の大門開きし盆参り 宏虎 1 恵三.
里帰り父の作りし案山子待つ 智恵子 1 隆松.
交代にハンドル握り帰省せり こすもす 1 あさこ.
霧雨の小空港に旅始む たか子 1 なおこ.

8月13日 (投句15名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
用水路満々として早稲の花 三刀 5 せいじ.智恵子.やよい.はく子.小袖.
病棟の軒より巣立つつばくらめ さつき 5 泰山.恵三.やよい.こすもす.なおこ.
万緑に深く沈みて妻籠宿 有香 5 せいじ.さつき.たか子.隆松.小袖.
稲の香の匂ふあぜ道夕散歩 せいじ 4 あさこ.宏虎.ともえ.よう子.
母好きなケーキみやげに帰省の子 なつき 4 あさこ.三刀.菜々.うつぎ.
お供えは自家製野菜盂蘭盆会 明日香 4 さつき.菜々.満天.なつき.
長崎忌霧雨けむる天主堂 智恵子 3 泰山.恵三.宏虎.
秋暑し香煙揺れる風もなし 満天 2 うつぎ.隆松.
人文字となりて残暑の外野席 せいじ 2 満天.ぽんこ.
地蔵尊の褪せし前掛け秋暑し 満天 2 ともえ.よう子.
蝉しぐれ大岩抱く木の根かな やよい 2 はく子.明日香.
梅干すや熊野古道の土産店 やよい 2 三刀.こすもす.
富士詣異国の僧の朱の衣 恵三 1 明日香.
台風過湖北の畑に泥の有り 隆松 1 ぽんこ.
桃貰ひ香んばし匂ふ夜の厨 あさこ 1 なおこ.
雲の峰山頂に佇つ達成感 宏虎 1 智恵子.
観音の千手円描く夏座敷 なつき 1 たか子.
山盛りのゴーヤ供える仏壇に 明日香 1 なつき.

8月12日 (投句14名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夕焼や一人降ろして島のバス うつぎ 10 あさこ.三刀.宏虎.よう子.ぽんこ.小袖.やよい.なおこ.有香.たか子.
櫂止めて静かに待てり流燈会 なつき 6 せいじ.恵三.はく子.やよい.明日香.たか子.
真夜中に時を惜しみて蝉の声 智恵子 4 さつき.なつき.なおこ.有香.
洗顔の泡いっぱいに涼新た やよい 4 泰山.恵三.三刀.よう子.
近況に一句添へたり残暑見舞 満天 4 あさこ.智恵子.隆松.こすもす.
爽やかや捕逸にも声掛け合ひて せいじ 4 満天.智恵子.宏虎.ぽんこ.
竿の上じっと動かぬ青蛙 こすもす 3 泰山.せいじ.なつき.
浴衣の子足投げ出してメール打つ なつき 2 満天.明日香.
庭に椅子出して涼風ほしいまま 菜々 2 小袖.こすもす.
リハビリの午前混み合ふ残暑かな 満天 1 さつき.
翠黛をかざして見ゆる雲の峰 ぽんこ 1 はく子.
夜蝉の網戸に激突二度三度 よう子 1 隆松.

8月11日 (投句16名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
盆用意いまだ離せぬ母のメモ 明日香 6 さつき.やよい.智恵子.あさこ.三刀.うつぎ.
鳳仙花弾けて犬の耳立ちぬ 智恵子 5 泰山.せいじ.なおこ.菜々.よう子.
秋暑し極彩色の電車来る 満天 5 やよい.三刀.菜々.よう子.なつき.
山の日や父祖の守りし里に住む よう子 4 恵三.はく子.小袖.有香.
嵯峨野路の古刹巡りや竹の春 恵三 3 智恵子.隆松.ぽんこ.
青富士にかかりし雲の綿帽子 せいじ 3 恵三.はく子.小袖.
帰省子を待ちて朝から祭り寿し 智恵子 3 ともえ.隆松.こすもす.
と見る間に百面相や雲の峰 なおこ 3 さつき.せいじ.満天.
ドクターヘリ雲の峰へと飛びたちぬ こすもす 2 ぽんこ.うつぎ.
叱られし妣懐かしく掃苔す 宏虎 1 満天.
異国語の飛び交ふクルーズ秋暑し やよい 1 あさこ.
病みし娘の窓に大きな夕の虹 せいじ 1 なつき.
西風に乗って吾庭小鳥来る 三刀 1 ともえ.
玉の汗流るにまかせ風呂磨く 菜々 1 泰山.
秋暑しビルの谷間の花ガーデン やよい 1 有香.
避暑散歩お伴はお茶と塩飴と こすもす 1 なおこ.
夕刊の猛暑払ひて読みにけり 満天 1 こすもす.

8月10日 (投句17名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
山暮れて遠蜩となりにけり 恵三 8 小袖.菜々.やよい.はく子.よう子.こすもす.なおこ.有香.
波しぶき飛び来クルーズ風涼し やよい 5 あさこ.智恵子.恵三.はく子.こすもす.
長崎を最後にと書く流燈に せいじ 4 智恵子.三刀.ぽんこ.明日香.
秋空へ尾翼一列待機中 たか子 3 泰山.せいじ.恵三.
ミニトマト吾子の背丈に摘まれゐて 有香 2 小袖.よう子.
飛石に鯉の寄り来る残暑かな ぽんこ 2 菜々.明日香.
鐘音の渡る長崎奉の百合 智恵子 2 満天.なつき.
塀越えて隣家に傾ぐ百日紅 こすもす 2 宏虎.隆松.
避暑宿の雨に濡れてるハンモック はく子 2 せいじ.やよい.
葉の先の水玉光る長崎忌 三刀 2 ぽんこ.なおこ.
寺町の塀よりゴーヤぶら下がり なつき 2 泰山.あさこ.
応援の赤き一団猛暑とばす 満天 1 なつき.
泣きながら肩慣らしして球児去る せいじ 1 有香.
昭和てふ苦楽の記憶生身魂 宏虎 1 満天.
新涼や選手宣誓感動す 満天 1 宏虎.
秋涼しピアノを走る指白し 恵三 1 三刀.

8月9日 (投句16名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
漁火の沖に散らばる夜の秋 恵三 7 せいじ.満天.宏虎.三刀.ぽんこ.たか子.有香.
炎昼や乗る人もなき観覧車 やよい 7 せいじ.恵三.智恵子.菜々.なおこ.なつき.たか子.
雷鳴や途中で止まる洗濯機 治男 3 隆松.よう子.有香.
秋涼しピアノを走る指白し 恵三 3 やよい.小袖.はく子.
夏休み優しき母の叱り声 宏虎 2 なおこ.なつき.
台風一過ご無沙汰かねて長電話 満天 2 あさこ.治男.
今朝の秋板の間を踏む足裏に来 たか子 2 ぽんこ.隆松.
泥池に散りて漂う蓮の花 ぽんこ 2 あさこ.こすもす.
夏野菜ぎゅうぎゅう詰めの宅配便 こすもす 2 やよい.はく子.
頬伝ふ汗の青春甲子園 智恵子 2 恵三.小袖.
旅立ちの母に添寝す夏の蘭 智恵子 2 泰山.満天.
日焼け夫けふ肩書きはヨットマン なつき 2 菜々.こすもす.
ファックスの文字の滲みや台風裡 よう子 1 泰山.
戸を出るや思わぬ涼に身のゆるむ 明日香 1 智恵子.
晩夏光宮殿めきし焼却炉 やよい 1 三刀.
捨て船の見る人の無く秋ついり ともえ 1 よう子.
片蔭や街並み今もそのままに 三刀 1 宏虎.
八月に祈り集中数珠出番 宏虎 1 治男.

8月8日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
懸崖の滝に打たれし苔仏 ぽんこ 5 小袖.三刀.宏虎.隆松.なおこ.
朝顔の咲いて絵日記いきいきと 菜々 4 あさこ.智恵子.はく子.やよい.
大欅数へきれざる蝉の穴 なおこ 4 せいじ.明日香.よう子.なつき.
児の引きし抽選当たる大西瓜 治男 4 うつぎ.ともえ.こすもす.なつき.
広々と青田を跨ぐ送電線 恵三 3 小袖.たか子.やよい.
流れ来し園児の帽子秋渚 恵三 3 はく子.三刀.よう子.
寝苦しき夜をしのげば秋立つ日 せいじ 3 恵三.宏虎.隆松.
台風の直撃なるも句座湧いて たか子 3 満天.智恵子.治男.
板戸打つ音の雨脚台風来 菜々 2 あさこ.こすもす.
学童保育麦茶三杯大やかん はく子 2 たか子.菜々.
台風の風に怯えし木々の声 智恵子 2 ともえ.明日香.
小舟より放つ流燈燃えたてり なつき 2 せいじ.恵三.
台風を避けて地下道西ひがし たか子 2 うつぎ.なおこ.
誕生日妻の里より新酒くる 治男 1 菜々.
杖に顎のせたる老や流燈会 なつき 1 ぽんこ.
正論をかざす熱弁原爆忌 宏虎 1 満天.
高波に子らの夏も終わりゆく 智恵子 1 ぽんこ.
立秋や葉裏を返す風白し 三刀 1 治男.

8月7日 (投句17名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
橋幾つ潜るクルーズ湾涼し やよい 5 三刀.満天.智恵子.たか子.なおこ.
歯ブラシを買ひ帰省子を待ちにけり 恵三 4 あさこ.せいじ.やよい.よう子.
原爆忌山河は常の如くなり はく子 4 三刀.満天.治男.よう子.
広島忌乾ききったる野菜畑 三刀 3 菜々.小袖.なつき.
初めての人ともひとつに盆踊り 満天 3 あさこ.ともえ.有香.
身をそらし川面をたたく川蜻蛉 ともえ 3 智恵子.たか子.なおこ.
盆踊佳境に入りてにわか雨 満天 3 せいじ.ともえ.ぽんこ.
葉生姜の育ち手作り味噌出番 智恵子 2 菜々.はく子.
ハイヒール残暑の町へ颯爽と 菜々 2 宏虎.治男.
風涼し山気漂ふ切通 恵三 2 やよい.小袖.
夕ざれの白雨に草木よみがへる 菜々 2 隆松.恵三.
原爆忌荒れる山河のありにけり はく子 1 なつき.
こんもりとしてブーケめく酔芙蓉 せいじ 1 恵三.
秋立つ日雨戸にしのぶ風変わる 宏虎 1 隆松.
蝉時雨トーンダウンの亭午かな よう子 1 ぽんこ.
盆踊り広がりつつのいびつかな たか子 1 有香.
夏惜しむ試乗三分ヘリコプター やよい 1 はく子.
見下ろしの街暮れなづむ夏の果て たか子 1 宏虎.

8月6日 (投句17名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
車椅子押して輪に入る盆踊り 小袖 9 隆松.せいじ.まゆ.はく子.三刀.治男.なおこ.やよい.明日香.
座布団に赤子すやすや夏座敷 菜々 7 あさこ.せいじ.泰山.智恵子.はく子.恵三.ともえ.
篝火の先は闇へと流灯会 なつき 5 宏虎.小袖.ともえ.三刀.ぽんこ.
語り部の言霊聴きし原爆忌 智恵子 4 小袖.よう子.たか子.なつき.
舞つて打つ祭太鼓の女衆 なつき 4 満天.智恵子.明日香.こすもす.
石塀の長き旧家や朴の花 治男 4 あさこ.菜々.なおこ.やよい.
浄土へと白を散らせり沙羅の花 宏虎 3 満天.恵三.なつき.
縁側の語らい続き風は秋 こすもす 2 隆松.菜々.
台風の目のらんらんと奄美沖 恵三 2 まゆ.こすもす.
向日葵のシャワーの口のごと傾ぐ せいじ 1 泰山.
夏の果て遣りかけの事斯く多し やよい 1 たか子.
雲上の大観覧車避暑散歩 よう子 1 宏虎.
山の端に雲のきざはし秋近し 菜々 1 治男.
形見とてもうささくれて秋扇 たか子 1 ぽんこ.
熊蝉にカナカナの声少し入り 明日香 1 よう子.

8月5日 (投句16名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
太棹の弾ける音や夏芝居 三刀 6 せいじ.宏虎.菜々.ぽんこ.治男.こすもす.
大夕焼甲板に立つ旅始 やよい 5 明日香.三刀.小袖.こすもす.うつぎ.
潮騒にうつらうつらと藤寝椅子 恵三 4 あさこ.宏虎.明日香.なつき.
ひび割れの兵士の墓に蝉しぐれ ぽんこ 4 恵三.なつき.たか子.はく子.
観覧車持ち上ぐるごと雲の峰 よう子 3 泰山.満天.有香.
蝉時雨校舎の窓を揺するごと 満天 3 智恵子.小袖.よう子.
青竹の器に盛りし川床料理 宏虎 3 満天.あさこ.三刀.
風やみて残暑厳しき茜空 智恵子 2 恵三.やよい.
母の声つい喚きけり夏休み 宏虎 2 やよい.菜々.
早朝の参道既に蝉全開 こすもす 2 よう子.うつぎ.
流灯会都会の空の暮れのこる なつき 2 たか子.有香.
紅白のさるすべりの道遠廻り 満天 1 治男.
湯まんじゅう伊香保に甘き夏休み 智恵子 1 ぽんこ.
夏闌けてペチュニアはなほカラフルに せいじ 1 はく子.
ふと目覚め夜涼に触れるテラスかな たか子 1 智恵子.
三尺玉仕掛けて逃げる速さかな やよい 1 せいじ.
駅前のポストは灼くる見舞状 せいじ 1 泰山.

8月4日 (投句14名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ファッションにあらず術後のサングラス はく子 6 泰山.満天.三刀.せいじ.やよい.よう子.
青葉梟巣立つ欅の静寂かな よう子 6 菜々.恵三.三刀.うつぎ.ぽんこ.小袖.
夕空に捺印めきし夏の月 せいじ 3 あさこ.治男.たか子.
声だけで姿の見えぬ庭の蝉 こすもす 3 宏虎.隆松.明日香.
折り鶴を四羽賜り原爆忌 恵三 3 智恵子.ぽんこ.よう子.
幽霊画展古きクーラー唸り継ぐ なつき 3 菜々.こすもす.やよい.
朝顔の塀よりのぞく紅一輪 満天 2 あさこ.宏虎.
高波の攫ひし浮き輪大海へ 智恵子 2 泰山.なつき.
鴉鳴く陸墓に咲ける百日紅 ぽんこ 2 小袖.なつき.
信号機赤に変はりて汗を拭く 恵三 2 満天.うつぎ.
出揃いし稲穂の未だ垂れをらず こすもす 2 智恵子.隆松.
日向水庭訪う鳥の露天風呂 智恵子 2 こすもす.明日香.
風に散る常磐木落葉に開山堂 菜々 1 はく子.
よいしょと声出して踏みだす炎天下 三刀 1 せいじ.
甲子園へ四十九校雲の峰 満天 1 はく子.
大安に土地購入す蝉時雨 治男 1 たか子.
桃届く厨房甘き香り満つ たか子 1 恵三.
ラジオ聞き父炎天に庭手入れ なつき 1 治男.

8月3日 (投句18名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
戸を繰れば一陣の風秋近し せいじ 4 たか子.うつぎ.小袖.ぽんこ.
夏休み牧場の朝の乳搾り 智恵子 4 満天.治男.なつき.はく子.
炎天へ火花散らすや溶接棒 やよい 4 泰山.智恵子.よう子.うつぎ.
旧跡の石碑の灼くる交差点 ぽんこ 3 せいじ.恵三.三刀.
喜雨来る土の匂ひと土の声 宏虎 3 三刀.たか子.はく子.
西瓜売りブリキ盥に氷詰め うつぎ 3 なつき.こすもす.隆松.
晩夏光大淀川の滔々と はく子 3 満天.小袖.なおこ.
持つ力皆出し切って蝉しぐれ 三刀 2 せいじ.よう子.
山頂にはしゃぐ子らをり夏休み なつき 2 あさこ.こすもす.
爽やかや白に塗り替へ歩道橋 はく子 2 恵三.菜々.
水の秋武蔵の国の和紙の里 恵三 2 智恵子.ぽんこ.
蓮咲くや水に蠢くもの数多 やよい 1 菜々.
迷走の台風に似し国事かな たか子 1 宏虎.
万緑の眼下カヌーの練習中 こすもす 1 あさこ.
句座すずし梅花藻談議何時までも 菜々 1 なおこ.
戦中の写真展見る昼涼し 治男 1 宏虎.
夏の川己映りて犬吠える 治男 1 泰山.
帰省子は医学生らし専門書 有香 1 治男.
炎天下タワー揺らめく京の町 せいじ 1 隆松.

8月2日 (投句17名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
次々に飛蝗追いたて草刈り機 三刀 6 満天.あさこ.恵三.せいじ.うつぎ.はく子.
稲妻に闇を剥がされ雲あらは 恵三 4 よう子.宏虎.ぽんこ.たか子.
番犬の役には立たず油照 宏虎 4 満天.三刀.やよい.うつぎ.
水打って今日の疲れも忘れけり 満天 4 三刀.なつき.菜々.こすもす.
百八段数へのぼる子汗涼し なつき 3 恵三.治男.有香.
紀州沖海霧に消えゆく潮境 ぽんこ 3 せいじ.やよい.小袖.
晩学のゆっくりゆっくり夏果つる はく子 2 なつき.有香.
蝉しぐれデイサービスに行く母へ せいじ 2 こすもす.小袖.
山頂にタオルすすぎて汗涼し なつき 2 泰山.あさこ.
睡蓮や池を奔りし稚魚の影 宏虎 2 治男.ともえ.
汗こぼるかんかん照りの物干し場 せいじ 2 智恵子.宏虎.
湧き水の小滝奏でる万の音 智恵子 2 ともえ.なおこ.
ちちははの立居も親し葦すだれ 菜々 2 よう子.たか子.
遠き日や床几に集ふ夕涼み やよい 2 ぽんこ.菜々.
車押し受診に廻るセルの妻 治男 1 智恵子.
チエックインの列の長さや宿の夏 こすもす 1 泰山.
健診の無事の通過や夏果つる はく子 1 なおこ.
食べ助けして下さいと西瓜来る 明日香 1 はく子.

8月1日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
雷鳴の後の雨脚地を叩く 三刀 5 宏虎.恵三.やよい.せいじ.こすもす.
片脚は山に消えたり朝の虹 有香 5 あさこ.せいじ.治男.たか子.なつき.
まくわ瓜お釣りの出ない竹の筒 よう子 5 泰山.智恵子.やよい.たか子.有香.
朝顔の寄る辺となりし四つ目垣 恵三 4 宏虎.よう子.まゆ.明日香.
水蜜桃赤子のように洗いけり たか子 3 菜々.ともえ.明日香.
赤富士の浮きて江ノ島墨絵めく 智恵子 3 治男.なおこ.ぽんこ.
次々と動物めくや雲の峰 有香 3 隆松.泰山.こすもす.
夏座敷額を突き出る天狗面 なつき 3 三刀.ぽんこ.小袖.
ソーダ水昭和だんだん遠くなり やよい 3 三刀.なおこ.なつき.
炎帝を叩きて去りぬ通り雨 うつぎ 2 満天.よう子.
日除けして車窓の富士を見逃せり なつき 2 菜々.ともえ.
間歩跡の滴り珠のごと光る なおこ 1 小袖.
大玻璃の万緑愛でつ食事会 満天 1 はく子.
緑陰の女性で占めるレストラン 満天 1 隆松.
夕立にかぼちゃの葉っぱ動転す 菜々 1 はく子.
喫茶店涼しピアノの生演奏 こすもす 1 まゆ.
船虫や波に襲はれ四散する 宏虎 1 あさこ.
食べ放題パンとスープに暑気払ひ はく子 1 満天.
久方の海の白波墓詣で ぽんこ 1 恵三.
ベランダのしその葉バッタと半ぶんこ はく子 1 智恵子.
耳朶を打つ羽音鋭き蝉つぶて せいじ 1 有香.

7月31日 (投句16名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
校庭の殊に一樹の蝉しぐれ やよい 7 小袖.あさこ.せいじ.三刀.菜々.明日香.はく子.
暑気払ひ熱き抹茶のティータイム 満天 6 小袖.智恵子.宏虎.ぽんこ.三刀.やよい.
宙遊びゐて朝顔のつるの先 はく子 6 泰山.あさこ.智恵子.恵三.たか子.なつき.
夕顔や里に残りし機の音 恵三 5 泰山.せいじ.治男.やよい.明日香.
担当の焼きそば忙し夏祭り やよい 3 なつき.こすもす.はく子.
百日紅そら磨くかにゆうらゆら たか子 3 満天.よう子.なおこ.
噴き出して胸板下る玉の汗 三刀 2 こすもす.菜々.
葦簾抜け朝日に煙る湯殿かな 智恵子 1 うつぎ.
光る腕輪光るカチューシャ浴衣の子 うつぎ 1 有香.
蝉の穴覗く地底はどこまでも ぽんこ 1 満天.
大石に生えて忍の切り通し 智恵子 1 恵三.
扇風機の風にこころも解け行く 菜々 1 宏虎.
蝉時雨かざる場所なき子の絵画 有香 1 ぽんこ.
炎天下甕の水飲む鳩雀 三刀 1 なおこ.
万緑の迫る山並ダム懐く ぽんこ 1 よう子.
波無くてヨットすいすい滑りけり 宏虎 1 治男.
午前五時蝉は存外朝寝坊 せいじ 1 たか子.
ブルーベリー防鳥ネット十重二十重 よう子 1 うつぎ.

過去一覧

2017|010203040506070809|10|11|12|
2016|010203040506070809101112
2015|010203040506070809101112
2014|010203040506070809101112
2013|010203040506070809101112
2012|010203040506070809101112
2011|010203040506070809101112