GH毎日句会 > 成績一覧・2013年1月
GOSPEL HAIKU
2017|010203|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|010203040506070809101112
2015|010203040506070809101112
2014|010203040506070809101112
2013|010203040506070809101112
2012|010203040506070809101112
2011|010203040506070809101112

毎日句会成績一覧

[2014年12月]

2014年12月30日 (投句者14名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
数え日や済ませて安堵墓掃除 三刀 4 よし女.かず.ぽんこ.みちほ.
我もまたマスクの人となりにけり かず 3 宏虎.明日香.よし女.
寒柝のふためぐりして揃ひけり 満天 3 ひかり.三刀.はく子.
鍼灸に通ひ数へ日使ひきる よし女 2 はく子.こすもす.
終天神古き絵馬積み火を放つ よし女 2 三刀.治男.
助走する水煌めかせ鴨の翔つ さつき 2 満天.有香.
何やかや出し極月の天袋 うつぎ 2 ひかり.菜々.
一年の回顧のニユ−ス星冴ゆる 治男 2 宏虎.明日香.
冬半ばいつ落としたか片手袋 明日香 2 豆狸.よう子.
降りしきる雪に閉ざさる山の道 みちほ 2 豆狸.よう子.
八十路過ぎ夢を膨らす去年今年 宏虎 2 満天.ぽんこ.
時雨るるや車中の窓の湯屋のごと 明日香 2 かず.みちほ.
子の帰省望み揃ふる祝箸 かず 1 こすもす.
夜廻りのひとめぐりして豚汁を 満天 1 菜々.
霜枯れに葉も白菊も紅さして 菜々 1 せいじ.
数へ日の夜毎を駈くる救急車 うつぎ 1 有香.
大股に歩けば温し雪野原 みちほ 1 せいじ.
氏子等が社に運ぶ鏡餅 ぽんこ 1 治男.

2014年12月29日 (投句者14名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
年逝くや廃校となる小学校 雅流 5 ぽんこ.よし女.治男.さつき.みちほ.
年末の喧騒よそに五七五 かず 4 満天.豆狸.はく子.こすもす.
数え日や我が家の十大ニュース選る 三刀 4 宏虎.菜々.よし女.かず.
切り花の歩道あふれる年の市 さつき 3 明日香.はく子.雅流.
夕時雨鈴響かせて猫歸る 有香 3 三刀.治男.豆狸.
遠近の便り届くや蒲団干す よう子 3 ぽんこ.ひかり.明日香.
浮きし鳰水中の修羅無きがごと 雅流 2 かず.うつぎ.
あけぼのに除雪する人門灯り みちほ 2 満天.さつき.
冬日射す木製神馬の片腹に よし女 2 三刀.有香.
猫よりも炬燵好むや老いた犬 豆狸 2 宏虎.ひかり.
数へ日の次から次と雑用あり 満天 1 みちほ.
雪世界赤き実を喰む小鳥かな みちほ 1 こすもす.
枯れ欅の扇透かして二上山 明日香 1 菜々.
緞帳の掛かる余韻や近松忌 宏虎 1 雅流.
師走妻快気祝いを十数軒 治男 1 うつぎ.
年の瀬やゆっくりフィギュア見てしまい 明日香 1 有香.

2014年12月28日 (投句者16名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
裸電球吊り行く宮の年用意 よし女 5 ぽんこ.三刀.みちほ.はく子.こすもす.
先導の赤き尾灯や吹雪の夜 みちほ 4 豆狸.ぽんこ.ひかり.さつき.
同郷の人とゐ会わせおでん酒 うつぎ 4 よし女.治男.さつき.こすもす.
神の水戴ひて来る年用意 よし女 3 明日香.なつき.みちほ.
煤逃げの図書館軽きいびきして なつき 3 宏虎.かず.有香.
一山の枯るるともなほ大欅 よう子 2 せいじ.治男.
しんしんと雪より白き雪女 宏虎 2 雅流.はく子.
靴先に心踊らす竜の玉 三刀 2 満天.明日香.
中天に雲一つなく月冴ゆる 宏虎 2 満天.豆狸.
歳晩や谷戸のあちこち煙立つ 雅流 2 菜々.なつき.
冬の雨深夜放送聴いてをり 明日香 2 菜々.よう子.
眼球をレーザーが切るオペ寒し せいじ 2 三刀.かず.
残されて愈々いびつ木のかりん うつぎ 2 よう子.せいじ.
熱燗に政治談議の始まりぬ 満天 1 宏虎.
年歩むだいだい色の月上げて 菜々 1 有香.
理髪店煤逃げらしき客多し こすもす 1 よし女.
愛犬に襟巻を縫うはぎれかな なつき 1 ひかり.
六文銭幟はためく冬の宮 ぽんこ 1 雅流.

2014年12月27日 (投句者17名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
退院の夫と聖菓で乾杯す はく子 5 あさこ.よし女.かず.よう子.ぽんこ.
寒風や月を尖らせ星磨く 宏虎 5 満天.かず.よう子.雅流.みちほ.
笹鳴きや部活に向かう赤き頬 豆狸 4 宏虎.せいじ.治男.ぽんこ.
柔らかに肩揉む嫁の手の温し みちほ 3 ひかり.明日香.うつぎ.
煤逃げの焼きたてパンのカフェかな なつき 3 あさこ.よし女.みちほ.
黄昏て古刹の鐘の音冴ゆる 宏虎 2 こすもす.豆狸.
葉牡丹を食い散らすのは何の鳥 明日香 2 こすもす.菜々.
終弘法ひとに揉まれる詣で道 ぽんこ 2 明日香.豆狸.
神域にトラックで入る年用意 よし女 2 満天.なつき.
煤払い婿の助っ人百人力 明日香 2 菜々.治男.
冬天へ露座の大仏金放つ 菜々 2 三刀.雅流.
かりんの実四つ残れる義士の寺 有香 2 せいじ.なつき.
年用意空き箱積みだす社務所かな よし女 1 三刀.
しぐるるや欄干にしかと刀傷 はく子 1 宏虎.
凍て空の眼下に広ぐ夜景かな 満天 1 うつぎ.
泥つきの野菜送るも年用意 こすもす 1 ひかり.

2014年12月26日 (投句者16名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
参道に湯気を広げておでん売る 菜々 6 明日香.満天.あさこ.よし女.はく子.こすもす.
顔見世の大看板に見下ろさる はく子 5 せいじ.ひかり.雅流.なつき.有香.
俳句にて近況告げる賀状かな かず 4 宏虎.豆狸.治男.有香.
力石力を秘めり冬木の芽 宏虎 3 満天.菜々.はく子.
神馬舎を鎮めお山の深眠り 菜々 3 宏虎.三刀.かず.
病室の友と祈りし聖夜かな せいじ 3 ぽんこ.なつき.みちほ.
さきがけて灯る駐在冬至過ぎ 雅流 2 ぽんこ.みちほ.
福引がガラガラでなくスロットマシン 明日香 1 こすもす.
古き絵馬十分に焼け松飾る よし女 1 豆狸.
木枯しや木彫りの神馬凛として 三刀 1 よし女.
ピン札と交換するも年用意 ぽんこ 1 菜々.
子のメール見せたる夫の聖なる夜 みちほ 1 かず.
貼るカイロ郵便局の粗品かな 明日香 1 三刀.
小恙と言ひては酌める年忘れ 雅流 1 ひかり.
退職の夫の音頭の大掃除 なつき 1 明日香.
電飾の灯りに浮かぶ聖樹かな みちほ 1 あさこ.
年用意賽箱広ぐ槌の音 よし女 1 せいじ.
聖夜いまキャンドルの火の立ち上がる せいじ 1 雅流.
煤払ひ捨てきれぬ物にはかどらぬ 満天 1 治男.

2014年12月25日 (投句者17名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
幼子と柚子を数へし冬至風呂 せいじ 6 あさこ.菜々.治男.かず.こすもす.雅流.
おほかたは鹿に荒さる大根引く 雅流 6 明日香.あさこ.豆狸.よう子.はく子.こすもす.
納め地蔵海の物売る声しゃがれ よし女 3 せいじ.三刀.ぽんこ.
枯蓮田ぎくしゃくとあり峠口 雅流 3 菜々.よし女.みちほ.
柚子ひとつ浮かべて今年も無事に済み 豆狸 3 満天.はく子.なつき.
光陰の年々早し古暦 はく子 2 宏虎.三刀.
ノーベル賞クリスマスの景一変す かかし 2 宏虎.治男.
冬ざれや紛争果てぬこの地球 かかし 2 満天.みちほ.
北向きの師走地蔵に香を足す 三刀 2 明日香.よし女.
凍雲の振り返りても動かざり ともえ 2 せいじ.よう子.
鴨の群みな嘴を水に刺す 治男 1 ぽんこ.
古暦母の外泊書き足しぬ よう子 1 雅流.
クリスマスやっと完成編みぐるみ こすもす 1 なつき.
雪原に黄昏れ迫る雪明かし みちほ 1 かず.
境内の賑わい余所に実千両 ぽんこ 1 豆狸.

2014年12月24日 (投句者20名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
満潮や影重ね合ふ浜千鳥 よし女 6 宏虎.満天.明日香.三刀.治男.つくし.
菜箸の先黒ずみて年送る 明日香 4 ぽんこ.ともえ.こすもす.かず.
折り紙のごとく舟浮く小春かな よし女 3 明日香.三刀.かず.
湯気上がるうどんの列の果大師 ぽんこ 3 ひかり.豆狸.かかし.
黒豆を選る縁側へ冬日燦 明日香 3 せいじ.豆狸.菜々.
冬木立運動場に影長し さつき 3 よう子.みちほ.雅流.
露天湯の湯気をとどむる冬椿 雅流 2 よう子.治男.
果大師露店に並ぶほとけたち ぽんこ 2 つくし.みちほ.
柚子豊作貰い手探しあちこちへ ともえ 2 ひかり.こすもす.
雲間から広がる世界冬の星 みちほ 2 宏虎.ともえ.
港より目を凝らしみる雪の富士 なつき 2 あさこ.雅流.
柚子ひとつ煮えてふくれて風呂の底 豆狸 2 満天.せいじ.
冬の浜ブーツのかかと穴深く なつき 1 あさこ.
どっぷりと柚子湯に浸かり厄落とす 宏虎 1 はく子.
声あげる球児の背中冬日燦 三刀 1 よし女.
をみならのカラオケつづく帰り花 雅流 1 かかし.
風紋は北風なせる神の技 宏虎 1 ぽんこ.
冬の空今を生きると夫の云ふ みちほ 1 はく子.
ほろ酔ひパパ家路を急ぐ手に聖菓 菜々 1 よし女.
彼方此方にイルミネーション一二月 あさこ 1 菜々.

2014年12月23日 (投句者22名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
寒星や余命告げらる夫といる みちほ 6 ひかり.ともえ.よう子.かず.雅流.こすもす.
薪割りの音のひびけし深雪晴れ みちほ 4 ひかり.菜々.ぽんこ.よう子.
冬至かぼちや白寿の母へはポタージュに 菜々 4 あさこ.はく子.こすもす.なつき.
煤払ひ生返事する背中かな つくし 4 明日香.宏虎.ぽんこ.かず.
手の平に柚子の香占むる終い風呂 ぽんこ 3 満天.宏虎.三刀.
凩や固まってゐるガードマン うつぎ 3 満天.よし女.三刀.
香に酔ひし少し長居の柚子湯かな かかし 2 明日香.あさこ.
三年経つ子の命日や風花す あさこ 2 さつき.つくし.
日の射して屋根より雪の落つる音 よし女 2 豆狸.みちほ.
居座りて帰る気の無き冬将軍 こすもす 2 よし女.みちほ.
町師走犬の散歩も小走りに 満天 1 治男.
ひと踏みで冬至南京食べて象 はく子 1 菜々.
リハビリの顔に冬日の移ろひぬ よう子 1 雅流.
参道に冬紅葉あり詩情湧く 治男 1 ともえ.
俳句と絵子規の教えや蕪村の忌 宏虎 1 治男.
豊作の柚子冬至湯に採り来たり かず 1 はく子.
昼前に売り切りの声年の市 なつき 1 さつき.
流れ行く雲を眺めつ冬至粥 三刀 1 なつき.
亡き母のメモ帳開く年用意 明日香 1 豆狸.
子に送る冬至南瓜へ野菜詰め 雅流 1 つくし.

2014年12月22日 (投句者21名 選句者23名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
白鳥の一羽飛びゆく空広し みちほ 5 宏虎.明日香.三刀.よし女.かず.
発電のパネルを覆う雪布団 みちほ 4 満天.ひかり.こすもす.はく子.
工事場の塀も電飾クリスマス さつき 3 満天.ひかり.はく子.
枕辺に猫の寝息のする霜夜 ひかり 3 豆狸.よう子.有香.
炭窯へ愛宕の火伏せ護符新た 雅流 3 つくし.うつぎ.みちほ.
凩をついて走る襷を握りしめ 豆狸 3 あさこ.ぽんこ.なつき.
相席の互ひに外すマスクかな うつぎ 3 治男.なつき.さつき.
数へ日のポイント5倍にレジの列 はく子 3 菜々.三刀.治男.
ちゃんちゃんこ鯣を炙り一人酌む 雅流 2 明日香.かかし.
衛士詰所師走の雨に深閑と 菜々 2 さつき.雅流.
風邪の子のかぶり振りたる目に涙 有香 2 ぽんこ.こすもす.
数へ日の省略したき何もかも 満天 2 宏虎.よし女.
こじれれば此の世難かし枯葎 宏虎 2 かず.かかし.
新暦今年も定番こうのとり こすもす 2 菜々.つくし.
時雨るるや琵琶湖の面の鈍色に 明日香 1 雅流.
お互いに病状聞き合ふ冬すみれ かず 1 うつぎ.
灯台を我がもの顔のゆりかもめ 宏虎 1 あさこ.
幾たびか法難くぐりし寺紅葉 よし女 1 みちほ.
落葉籠の並べ置かれし鉈薬師 なつき 1 豆狸.
冬日いま射せど風巻き戸を叩く よし女 1 よう子.
五百年の楠ひろまへに冬の宮 菜々 1 有香.

2014年12月21日 (投句者18名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
一駅で景色一変雪野原 こすもす 6 ひかり.さつき.よし女.明日香.うつぎ.はく子.
風花や使い込まれし竹箒 よう子 5 宏虎.豆狸.雅流.なつき.はく子.
寒禽の森は真田の古戦場 ひかり 5 菜々.宏虎.つくし.よう子.雅流.
外泊の許可得て久の鍋囲む はく子 4 満天.あさこ.うつぎ.こすもす.
百度踏む悴みし手を直合はせ 菜々 3 ぽんこ.みちほ.有香.
冬ざれや末裔住める祖谷の里 宏虎 3 さつき.治男.なつき.
同じ灯に共の読書の霜夜かな ひかり 2 明日香.みちほ.
くしゃみ出て交通事故の現場去る よし女 2 菜々.かず.
宝くじ夢買ふ長蛇街師走 宏虎 2 あさこ.三刀.
友の句に知りしあの実は金鈴子 かず 2 ぽんこ.こすもす.
年の暮れ混み合ってゐる治療院 満天 1 よし女.
海に向く鳥居の裾の焚火跡 なつき 1 よう子.
鉄色の露天湯に落つ冬の星 よし女 1 豆狸.
林間に入りて息つく雪嵐 みちほ 1 三刀.
冬晴れの釣り宿にシャツ並び干す なつき 1 有香.
あれこれと思いめぐらせ年惜しむ こすもす 1 かず.
冬空に皇帝ダリヤ高々と ともえ 1 治男.
夢の菓子クラブハリエのクリスマス 明日香 1 つくし.
遠き日を重ねてクリスマスソング うつぎ 1 満天.
雪嵐窓から覗く迷い鳥 みちほ 1 ひかり.

2014年12月20日 (投句者19名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
靴跡を重ねて歩く雪の道 みちほ 7 あさこ.ぽんこ.よし女.ともえ.こすもす.かず.明日香.
箸袋手作りもして年用意 つくし 5 ぽんこ.菜々.かず.なつき.うつぎ.
五山みな火床抱へて眠りけり はく子 5 豆狸.三刀.ひかり.よう子.つくし.
地ふぶきの地を這う音に目覚めけり みちほ 4 豆狸.ひかり.つくし.はく子.
招き猫棚に座しけりおでん酒 宏虎 2 満天.よう子.
冬晴れに緑青いよよ冬の宮 菜々 2 宏虎.はく子.
村の役柚子手みやげに依頼され 明日香 2 あさこ.菜々.
冬籠りネットで見える別世界 明日香 2 みちほ.うつぎ.
水仙の一番咲きは仏花とす うつぎ 2 満天.なつき.
冬ざれや古刹詣でる翁墓碑 ぽんこ 1 宏虎.
みささぎの鳶の高舞ひ鳰の濠 雅流 1 三刀.
冬空を覆ひ余して神の楠 菜々 1 よし女.
道の端青々冬の曼珠沙崋 三刀 1 みちほ.
初雪や山腹に家あらわるる 治男 1 明日香.
雪晴れのくっきり青き水平線 なつき 1 治男.
顔うかべ一筆添へて年賀書く 満天 1 ともえ.
歳末商戦五割の札に足止まる こすもす 1 治男.
かいつぶり水脈の短くまた潜る 雅流 1 こすもす.

2014年12月19日 (投句者20名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
木枯らしや空き缶右往左往せり 有香 4 あさこ.ともえ.よし女.こすもす.
しぐるるや積みて塔なす無縁墓 はく子 4 ひかり.満天.菜々.うつぎ.
劇場に啜り泣き洩る近松忌 宏虎 4 ぽんこ.治男.はく子.なつき.
神木の注連張り替ふる年用意 よし女 4 あさこ.豆狸.つくし.はく子.
冬空へ万の鈴振る金鈴子 菜々 4 満天.ぽんこ.うつぎ.雅流.
おん祭り稚児の行列すまし顔 つくし 3 菜々.治男.なつき.
寂しさは底冷えとなり這ひあがる ひかり 2 豆狸.みちほ.
ひと時を窓辺に踊る雪の花 三刀 2 よし女.みちほ.
みささぎの濠深閑と鳰のこゑ 雅流 2 三刀.かず.
小鳥二羽睦むるごとく枯葉舞ふ よし女 2 宏虎.明日香.
冬銀河水平線の薄明り よう子 1 雅流.
中空にハルカス淡き十二月 有香 1 明日香.
風疼く北の暮しへ思い馳す 明日香 1 ともえ.
無意識やついアクセルを踏む師走 明日香 1 宏虎.
片しぐれ新町遊女の墓訪へば 菜々 1 かず.
受印得し腹帯巻けり雪の夜 なつき 1 つくし.
薬局の懐炉大箱店頭に 満天 1 こすもす.
工事中道に迷いし冬帽子 治男 1 三刀.
か細げに猫の呼ぶ声雪の夜 みちほ 1 ひかり.

2014年12月18日 (投句者19名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
固めたる雪を手にして登校児 よし女 6 あさこ.よう子.うつぎ.明日香.なつき.かず.
凍空や眼光鋭き義士の像 有香 5 満天.ぽんこ.よし女.三刀.雅流.
雪纏い目出度き色に実南天 三刀 4 よし女.治男.明日香.はく子.
手渡しに受くる朝刊寒波来る 雅流 3 あさこ.有香.なつき.
縦横に吹き降る雪や果てのなし みちほ 3 宏虎.よう子.豆狸.
厚着せずお洒落心を老いてなお 明日香 3 宏虎.ひかり.三刀.
輝きて天女と仰ぐ鶴の舞 宏虎 2 治男.菜々.
弁天の堂取り囲み蓮の骨 うつぎ 2 つくし.かず.
公園の枯木に雪の花咲けり 治男 2 豆狸.はく子.
時雨とて詣でる二人笑みし顔 つくし 2 ぽんこ.みちほ.
初雪や足跡付けてごみ捨てに あさこ 2 菜々.みちほ.
黒門の上座を占めるとらふぐや かかし 1 うつぎ.
冬天へ一際高き英霊堂 菜々 1 ひかり.
クリスマスソングに動く歩道駆け かかし 1 有香.
花つける宿り木ひとつ野辺の道 みちほ 1 こすもす.
桟唐戸ひたと閉ざして冬深む 菜々 1 雅流.
参道の大行列に風花舞う こすもす 1 満天.
歳晩や紫煙ゆらめく六時堂 ぽんこ 1 つくし.
雪の帽かむり俯く花壇花 よし女 1 こすもす.

2014年12月17日 (投句者16名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
冬ざるる芭蕉の墓に供花もなく 菜々 5 満天.ともえ.ぽんこ.はく子.豆狸.
足場組み極楽門も煤払ひ はく子 5 あさこ.満天.雅流.つくし.なつき.
着膨れてお洒落も伊達も逃げにけり 宏虎 4 三刀.ぽんこ.かず.有香.
炬燵部屋散らかり居るも落着けり 宏虎 3 治男.豆狸.こすもす.
クリスマス秘伝のたれのチキン焼く なつき 3 ひかり.菜々.うつぎ.
句会終へ尽きぬ話の忘年会 満天 3 ひかり.治男.はく子.
掛軸の文字の蘊蓄忘年会 こすもす 3 宏虎.かず.有香.
冬帽子深き眠りに傾ぎをり 有香 3 明日香.かかし.雅流.
手作りのクッキーうれし忘年会 明日香 3 宏虎.菜々.つくし.
禅堂は静まりかへり冬の雨 菜々 2 三刀.みちほ.
お隣へ分ける自慢の大根漬 かず 2 あさこ.なつき.
出し抜けにガラス震わす冬の雷 豆狸 2 よし女.みちほ.
裸木にあそぶ鳥影露天湯に 雅流 2 かかし.うつぎ.
病院の小窓を額に冬薔薇 よし女 1 こすもす.
冬木の芽鳥かと見れば黒紙片 治男 1 ともえ.
冬ざるる寄せ墓高く柵の中 満天 1 明日香.
年末の宝くじ買ふ人の列 三刀 1 よし女.

2014年12月16日 (投句者16名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
小春日の足場身軽に塗装工 満天 7 菜々.宏虎.三刀.明日香.はく子.こすもす.有香.
笹鳴きや鼻緒のゆるし宿の下駄 宏虎 6 ひかり.あさこ.三刀.明日香.ぽんこ.はく子.
頭垂れ風に抗ふ冬帽子 三刀 3 豆狸.ぽんこ.みちほ.
広縁の障子を過ぎる鳥の影 宏虎 3 あさこ.豆狸.みちほ.
義士の日や討ち入り衣装の男の子 ぽんこ 3 治男.こすもす.なつき.
工事中点す灯りの暮早し みちほ 2 かず.満天.
きらきらと車灯の照らす凍てし道 みちほ 2 ひかり.よし女.
クリスマス声はつらつと劇練習 かず 2 治男.さつき.
果弘法園児並びて仏撫づ なつき 2 よし女.雅流.
古墳へと先の細りし落葉道 なつき 2 雅流.つくし.
ATMに人のあふれて年の暮 菜々 1 満天.
踏み石の一歩に寒気身を走る 菜々 1 さつき.
隠沼の澄めるへ冬木凛として 雅流 1 かず.
林檎来るりんご模様に包まれて よし女 1 菜々.
散策の冬木立洩る日の寧し 雅流 1 有香.
終電のタクシーの列小夜時雨 かかし 1 宏虎.
ハルカスの眼下浪花に年の暮 よう子 1 つくし.
路地行けば枇杷の花咲く祖母想う 治男 1 なつき.

2014年12月15日 (投句者17名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
老ひとりの部屋にも小さき聖樹かな はく子 5 菜々.治男.かかし.ぽんこ.こすもす.
泥付けしままの長靴大根売り よう子 4 満天.さつき.かず.はく子.
冬雲の切れ目に放つ日矢扇 三刀 3 よし女.さつき.みちほ.
庭木刈る音に急かされ年支度 豆狸 3 満天.なつき.よう子.
塩買うて今日討ち入りの日と思ふ 菜々 3 豆狸.よし女.よう子.
大根十本干されし茅の深庇 雅流 3 宏虎.あさこ.ぽんこ.
藻屑より翔ちて千鳥と諾へり よし女 3 三刀.かず.なつき.
義士の日や奉納剣舞宙を切る ぽんこ 3 つくし.雅流.はく子.
おでん煮え杉の香匂ふ枡の酒 宏虎 2 三刀.こすもす.
こぼるる陽夫の労せし冬菜畑 かず 2 治男.かかし.
まるまると脂肪蓄え冬の山羊 みちほ 2 あさこ.つくし.
冬深む今朝くっきりと狼煙山 よし女 1 菜々.
枯れ菊の中に寒菊日の眩し つくし 1 豆狸.
阿寒湖の上に立つなり氷る湖 ともえ 1 みちほ.
黒髪と白髪混じりの日向ぼこ つくし 1 宏虎.
短日の庭師足元より暮るる 菜々 1 雅流.

2014年12月14日 (投句者19名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
井戸水のぬくしと大根洗ひをり 雅流 5 あさこ.菜々.豆狸.なつき.こすもす.
愛染坂へ色も華やぐ時雨傘 菜々 5 満天.三刀.よし女.治男.雅流.
赤穂義士の墓をたづねて落葉道 菜々 3 満天.さつき.はく子.
冬の雷原始のごとく犬の吠ゆ かかし 2 よう子.こすもす.
揺らぐ水面鯉の冬眠みじろがず ぽんこ 2 あさこ.つくし.
待合の政治論争冬ぬくし 満天 2 はく子.なつき.
熱燗やくどくど聞きぬ愚痴話 宏虎 2 ともえ.よう子.
極月や舌戦終はり誰が咲く 三刀 2 ともえ.つくし.
万両の揺れる風あり中の庭 あさこ 2 さつき.かず.
冬空へ天守の鯱は燦然と はく子 2 菜々.宏虎.
火おこしの煙にむせぶ雪の朝 みちほ 2 ひかり.ぽんこ.
冬日燦ローカル電鉄百周年 よし女 2 かかし.雅流.
白障子南天の影くっきりと よし女 2 かず.みちほ.
食べるだけ作れるだけの大根畑 よう子 2 ひかり.豆狸.
零れ灯に白さ冷たき雪の原 みちほ 1 宏虎.
大根引く一輪車もて井戸端へ 雅流 1 かかし.
声嗄らす香具師へ飴わけ年の市 なつき 1 ぽんこ.
家路への息白くなる霜夜かな 豆狸 1 みちほ.
百歳に花の名問えば水仙と こすもす 1 よし女.
じわじわと老いしのび寄る枯木立 宏虎 1 三刀.
土手に来て子等はゲーム器鴨遊ぶ つくし 1 治男.

2014年12月13日 (投句者22名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
煤払ふ巫女の緋袴青袴 三刀 4 宏虎.よし女.雅流.満天.
余生とは何時からなりや冬銀河 宏虎 4 ともえ.豆狸.かかし.ぽんこ.
冬銀河惑星探査機夢運ぶ 有香 3 宏虎.ひかり.はく子.
鶏声に急かるる餌や暮早し みちほ 3 治男.つくし.さつき.
枯れてなお刺の強さよ枯薊 治男 3 豆狸.かず.なつき.
表紙には赤い花柄日記買ふ 満天 3 菜々.よし女.なつき.
無気味なるマグマを抱きて山眠る 宏虎 3 つくし.みちほ.こすもす.
奈落より空をけぶらす落葉焚 ぽんこ 3 あさこ.三刀.よう子.
凍てつきし峠の道や星光る みちほ 2 ひかり.はく子.
炭窯へ小さき幣立て杣見えず 雅流 2 治男.かかし.
真向かいに日輪炎える雪の道 ひさ野 2 三刀.みちほ.
わが町の駅にも聖樹LED はく子 2 ともえ.満天.
しぐるるや朝刊配るバイク音 かかし 1 あさこ.
白菜を仔犬いだきに抱き戻る よし女 1 こすもす.
溢れ入る名塩の日差し紙を干す かかし 1 雅流.
冬ざれや人形塚の傷深し よし女 1 さつき.
火の気なき窯場へ自在笹子鳴く 雅流 1 菜々.
うどん屋の大鍋煤け年の市 なつき 1 かず.
熱燗や指の先まで血の通ふ うつぎ 1 よう子.
冬帽を叩き香煙しみこます なつき 1 ぽんこ.

2014年12月12日 (投句者20名 選句者24名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
着膨れてシートベルトに押さへられ つくし 6 かかし.菜々.ともえ.はく子.さつき.うつぎ.
方丈にご講話聴くも隙間風 宏虎 5 あさこ.ひかり.よし女.さつき.こすもす.
名匠の目視の指や紙を漉く かかし 5 ひさ野.つくし.ぽんこ.よう子.有香.
しばらくは見分けのつかぬ大マスク 三刀 4 よし女.かず.こすもす.有香.
ものぐさを決め込む吾に炬燵猫 はく子 3 菜々.ひかり.三刀.
裸木の眼下に光るダム湖かな うつぎ 3 宏虎.雅流.なつき.
炭窯の辺に積み上ぐる檪榾 雅流 2 かかし.よう子.
しぐるるや翁反古塚ひっそりと 菜々 2 豆狸.はく子.
チェンソーに檪落葉の降り止まず 雅流 2 豆狸.みちほ.
薄雪の木の間に交わす鳥の声 みちほ 2 ひさ野.雅流.
伝統の紙漉きの技水重し かかし 2 ともえ.治男.
物置に薬缶を探す寒さかな よし女 2 三刀.かず.
〆古りて朽ちし切株冬ざるる なつき 1 ぽんこ.
冬ぬくし相似形なる子と孫と よし女 1 治男.
文具店句帳兼ねてと選ぶ日記 かず 1 なつき.
時雨中声をからして選挙戦 満天 1 あさこ.
蕊抱く光の中の冬木の芽 ぽんこ 1 みちほ.
冬ぬくし美麗祈願の鏡絵馬 なつき 1 宏虎.
水軍の裔と対局長き夜 よう子 1 つくし.
材料は毛糸と軍手の羊かな こすもす 1 満天.
な滑りそ口縄坂へ冬の雨 菜々 1 満天.
子らの名をきざむ桜の冬芽確 はく子 1 うつぎ.

2014年12月11日 (投句者20名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
吾が塀は猫の通路や漱石忌 治男 8 豆狸.ひかり.さつき.よう子.つくし.うつぎ.ぽんこ.有香.
跡継ぎの覚悟の眉間紙を漉く かかし 8 よし女.さつき.かず.うつぎ.雅流.こすもす.菜々.有香.
斜張橋の弦に音符のゆりかもめ 菜々 5 あさこ.宏虎.ひかり.雅流.はく子.
墓石や各々雪の帽子置き ひさ野 4 満天.宏虎.よし女.みちほ.
余白もう少なき句帳年惜しむ こすもす 3 三刀.かず.なつき.
冬帽子斜に被りし生身魂 よう子 3 治男.かかし.ぽんこ.
水鳥や観察小屋の覗き窓 雅流 3 つくし.なつき.菜々.
青空に霧氷花咲く林かな みちほ 2 満天.あさこ.
極月の老いの柏手響きけり なつき 2 豆狸.治男.
ご馳走よ老いの二人の根深汁 うつぎ 2 三刀.よう子.
寒禽や姦し声の選挙カー ぽんこ 1 かかし.
好物の風呂吹仕込む漢の手 三刀 1 はく子.
白い鳥羽ばたき気づく雪野道 みちほ 1 こすもす.
山眠る栗の朽木を焚きをりぬ 雅流 1 みちほ.

2014年12月10日 (投句者17名 選句者23名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
温めて看取り戻りの一人鍋 はく子 9 よし女.ぽんこ.治男.つくし.さつき.かず.かかし.みちほ.有香.
沢庵漬石に重さの書かれあり なつき 4 よし女.ぽんこ.雅流.こすもす.
キッチンに居間にメモ書き師走妻 菜々 4 あさこ.なつき.かず.雅流.
午後の陽の影を伸ばして雪野原 みちほ 4 豆狸.さつき.こすもす.うつぎ.
冬かもめ一湾花のごと舞へり よし女 4 三刀.つくし.ひさ野.菜々.
雲割れて氷柱に映る蒼い空 みちほ 4 ひかり.はく子.ひさ野.菜々.
人住まぬ裏庭にぎはふ花八手 満天 3 宏虎.あさこ.有香.
客引きの猫背のサンタ町師走 なつき 2 満天.ひかり.
海風を受けて変形雪ダルマ こすもす 2 治男.はく子.
廃線のトンネル封鎖柚子熟れる よう子 1 豆狸.
蹲踞で小鳥水浴び四温かな 豆狸 1 かかし.
忘年会診察券の数自慢 宏虎 1 よう子.
狂ほしき師走の街に選挙カー かず 1 宏虎.
潮先に影を落して千鳥飛ぶ よし女 1 よう子.
山茶花の咲き満つ径夫婦句碑 三刀 1 なつき.
冬の星妙見山を真向ひに 雅流 1 うつぎ.
見渡すや雪一枚の丘広し ひさ野 1 みちほ.
栗の毬焚きて小春の栗林 雅流 1 三刀.
師走妻尻目に夫はサイクリング 菜々 1 満天.

2014年12月9日 (投句者21名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
群千鳥残り潮へとまぎれけり よし女 5 三刀.よう子.豆狸.雅流.うつぎ.
冬野菜あれこれ詰めて宅急便 三刀 4 あさこ.菜々.よし女.なつき.
イマジンが流れるラジオ開戦日 みちほ 3 ひかり.ひさ野.かず.
母の手を引きて紅葉の嵐山 せいじ 3 三刀.菜々.ぽんこ.
有明の月へ階なす冬の雲 菜々 3 満天.さつき.かず.
初七日の帰路を照らせり冬の月 うつぎ 3 みちほ.雅流.ぽんこ.
冬霞ふるさと山河墨絵めく 菜々 2 満天.あさこ.
雪雲を割りて太陽屋根照らす ひさ野 2 治男.みちほ.
全容を池に映して紅葉山 せいじ 2 宏虎.よう子.
川上へ鴨を追ひつつ土手歩む 雅流 2 さつき.うつぎ.
子を待つ夜電線に泣く虎落笛 かず 1 はく子.
梵僧の師走行脚の列長し あさこ 1 ひかり.
農小屋に小さき垣根やお茶の花 なつき 1 豆狸.
寄せ鍋に意外な方が鍋奉行 宏虎 1 はく子.
冬晴のメタセコイアは天を突く 満天 1 治男.
冬ざれや豊前街道石の橋 豆狸 1 よし女.
吊し柿鳥除け網も吊しけり 有香 1 なつき.
青々と冬菜育ちし千枚田 なつき 1 こすもす.
高階に雪の遠嶺を京の果 はく子 1 ひさ野.
残りしか残されしかや木守柿 ともえ 1 こすもす.
七色を返す氷柱や冬の月 みちほ 1 宏虎.

2014年12月8日 (投句者15名 選句者23名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
柳川に舟唄聞きし炬燵舟 宏虎 8 満天.ひかり.三刀.あさこ.ぽんこ.治男.みちほ.なつき.
冬夕焼足より暮るる立ち話 なつき 5 ひかり.宏虎.菜々.よう子.有香.
日輪の白桃のごと雪もよい ひさ野 5 菜々.よし女.かず.みちほ.うつぎ.
美容院を出て北風の不意打ちに 菜々 4 ぽんこ.治男.はく子.雅流.
小流れに落つる陽ざしの冬ざるる かず 4 宏虎.豆狸.よう子.有香.
踏み跡を確かめ歩む雪の野辺 みちほ 3 豆狸.よし女.さつき.
沈む日の大きく見えて冬夕焼 豆狸 3 ともえ.さつき.こすもす.
屋根雪のしずりて窓の光盗る みちほ 2 せいじ.ひさ野.
深深と更け行く谷地や冬の月 菜々 2 雅流.うつぎ.
賀茂川の流れにまかす鴨一家 満天 2 あさこ.ひさ野.
今日平穏明日ケセラセラ日向ぼこ 宏虎 2 満天.ともえ.
寒波来る食材替へて今日も鍋 よし女 2 三刀.はく子.
タイヤ痕ふた筋光る落葉道 なつき 2 かず.こすもす.
本州の形に残る屋根の雪 こすもす 2 せいじ.なつき.

2014年12月7日 (投句者17名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
母縫ひしねんねこ残る躾糸 よし女 5 さつき.ひさ野.三刀.ぽんこ.なつき.
電飾におとぎの国めく冬木立 菜々 5 満天.宏虎.三刀.みちほ.こすもす.
とめどなき雪降る里や音消える ひさ野 3 さつき.はく子.みちほ.
背広脱ぎほっと一息ちゃんちゃんこ 宏虎 3 あさこ.菜々.なつき.
積りゆく雪をみつめて昏早し ひさ野 3 豆狸.うつぎ.ひかり.
電飾を窓にたけなは忘年会 菜々 2 はく子.ひかり.
小流れに嵩なす枯葉堰となり かず 2 満天.よし女.
風唸り一夜のうちに裸木に 三刀 2 あさこ.よし女.
雪の庭残りし薔薇の赤い色 みちほ 2 治男.こすもす.
冴ゆる夜や自販機灯の駅を守る よう子 1 豆狸.
昨夜雨に並木のなべて裸木に はく子 1 宏虎.
孫たちと買い物笑顔クリスマス 満天 1 ぽんこ.
日短のブティック横目で素通りす 満天 1 かず.
賀茂川の水鳥浄土とはなりぬ はく子 1 うつぎ.
年金の話はおきて年忘れ うつぎ 1 菜々.
言い訳は惨めに聞こゆ虎落笛 宏虎 1 かず.
呼ぶ声に炬燵出ていく若き猫 豆狸 1 治男.
幼鶏落雪音に驚きぬ みちほ 1 ひさ野.

2014年12月6日 (投句者16名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
川涸るる水禍の跡をむき出しに 雅流 5 菜々.宏虎.かず.なつき.うつぎ.
降りしきる雪に旗降る工事人 みちほ 4 さつき.よし女.三刀.うつぎ.
救急車遠のく音の寒さかな 雅流 4 ぽんこ.満天.よう子.かず.
黙々と宮司きりなき落葉掃き ぽんこ 3 よし女.こすもす.豆狸.
学童を守るパトロール着ぶくれて 有香 3 あさこ.治男.はく子.
除雪車の未明の響き深きかな みちほ 3 ひかり.ひさ野.豆狸.
ちゃんちゃんこ快癒の夫へ子が贈る よし女 3 あさこ.治男.はく子.
終い湯に柚子持てあがる火照り顔 なつき 2 ぽんこ.ひさ野.
中天に鏡のような冬の月 菜々 2 さつき.三刀.
一条の雲も纏はず冬の月 菜々 2 よう子.なつき.
時雨虹明日退院と決まりけり うつぎ 1 菜々.
冬座敷テレビの音まで縮こまる 豆狸 1 みちほ.
冬鴉残飯捨てを見ておりぬ 治男 1 こすもす.
短日のバス待つ夕べ望の月 はく子 1 満天.
欄干を乗り出しのぞく紅葉川 なつき 1 宏虎.
饒舌のとどまり知らず鰭の酒 宏虎 1 ひかり.
風しまき落葉隅へと追ひやりぬ よし女 1 みちほ.

2014年12月5日 (投句者19名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
街にまだ残る銭湯冬の月 はく子 6 ぽんこ.ひかり.豆狸.よし女.よう子.なつき.
散り尽くすもみぢ夕べの十日月 はく子 4 よし女.かず.三刀.雅流.
降り積もる雪に見送る尾灯かな みちほ 4 満天.ぽんこ.ひかり.うつぎ.
蔵元の杉玉匂ふ冬の雨 雅流 4 満天.みちほ.はく子.こすもす.
ぶり大根禁酒の夫の酔ひ仄と うつぎ 3 よう子.こすもす.有香.
皮剥いて葉付きのままに大根漬け なつき 2 あさこ.治男.
熱唱のステージ続く忘年会 こすもす 2 治男.なつき.
朝時雨いよいよ赤き実南天 かず 2 みちほ.はく子.
ベスト編む残り毛系の色選び よし女 2 菜々.うつぎ.
補助輪がとれてこわごわ枯れ木道 豆狸 2 あさこ.宏虎.
童歌しぐるるなかの灯油売り 満天 2 宏虎.有香.
風鳴ってしぐれの雫響きをり あさこ 1 かず.
トンネルの警笛抱き紅葉山 よう子 1 雅流.
雨上がり濡れし落ち葉を拾う人 ともえ 1 豆狸.
フォークリフト味噌蔵走る小六月 なつき 1 菜々.
椿咲く国恋ふ防人岬径 よし女 1 三刀.

2014年12月4日 (投句者18名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
ここだけの話の多し日向ぼこ 宏虎 6 ひかり.ぽんこ.菜々.豆狸.よう子.有香.
毘沙門堂へ紅葉散り敷く女坂 はく子 4 菜々.三刀.雅流.なつき.
岬鼻を落花のごとく冬かもめ よし女 3 三刀.かず.雅流.
雨上がり葉牡丹の渦ひかりけり 満天 3 宏虎.かず.有香.
マスクして化粧せぬ顔隠しけり よし女 3 さつき.豆狸.はく子.
真青な上げ潮に乗り番鴨 菜々 2 うつぎ.みちほ.
干し物と隣りて並ぶ吊し柿 さつき 2 治男.みちほ.
街師走LEDに彩らる はく子 2 満天.こすもす.
愛でいるを雲に隠るる冬の月 みちほ 2 宏虎.ともえ.
散り敷けるもみぢ踏みしめ奥の院 かず 2 あさこ.ひかり.
田楽の味噌垂らし食ぶ紅葉茶屋 なつき 2 ぽんこ.よし女.
絵襖の紅葉庭より迷ひしか よう子 2 ともえ.治男.
冬晴れに浚渫船隊淀遡上 菜々 1 満天.
冬の川風の形の見えにけり 治男 1 よう子.
笹子鳴く裏山の裾日の淡し 雅流 1 こすもす.
朝日浴びいよよ朱色熟柿 豆狸 1 あさこ.
鰯裂く銀の背びれのきらきらと 有香 1 よし女.
いま翔ちし干潟に降りる群千鳥 三刀 1 うつぎ.
岩山に放つ乳牛冬の朝 みちほ 1 なつき.
向かい風ペダル重たき冬ざるる ぽんこ 1 さつき.
吹き飛ばす眠気車窓の紅葉山 こすもす 1 はく子.

2014年12月3日 (投句者19名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
くさめして血圧計の驚きぬ よし女 4 菜々.かず.さつき.はく子.
大根煮て豆煮てひと日家籠り 菜々 4 なつき.三刀.うつぎ.有香.
着ぶくれて巻き尾の犬に急かれおり よう子 4 宏虎.よし女.ひかり.治男.
寒波急砂利道あるく音固し なつき 4 さつき.ぽんこ.みちほ.有香.
返り花見つけし車椅子の人 うつぎ 4 豆狸.満天.雅流.治男.
朝食を抜く検診や寒波来る よし女 3 宏虎.三刀.うつぎ.
予報図に顔出し増へる雪だるま こすもす 2 かず.みちほ.
山茶花の散るがままなる妻の留守 雅流 2 豆狸.よう子.
古祠銀杏落葉の中にあり 豆狸 2 よし女.雅流.
初雪の中声をあぐ選挙カー 三刀 1 なつき.
北風に乗り来る声の選挙戦 満天 1 こすもす.
飛行雲長く尾を引く小春かな さつき 1 菜々.
黄落を窓にランチのコーヒーを 雅流 1 満天.
寒波来て日本列島選挙戦 菜々 1 あさこ.
短日や下校の子等は駆け足で 満天 1 よう子.
竜の玉弾みて転び猫の追う 治男 1 ひかり.
牡蠣割女剥き身増えねど殻の山 ともえ 1 あさこ.
投影のもみぢの上に散るもみぢ はく子 1 こすもす.
独り居や三日続けておでん鍋 あさこ 1 はく子.
病弱の母の想ひ出根深汁 かず 1 ぽんこ.

2014年12月2日 (投句者18名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
とめどなき黄落に舞ふ太極拳 なつき 7 宏虎.満天.こすもす.よし女.治男.うつぎ.みちほ.
海光や家族総出の蜜柑狩 あさこ 5 ひかり.三刀.治男.さつき.みちほ.
冬の蝶供華の匂ひを身にまとひ 宏虎 4 ともえ.かず.なつき.よう子.
友訪ふも語り得ずして早も暮れ かず 3 よし女.豆狸.さつき.
テキストを上目使ひに毛糸編む こすもす 3 満天.ひかり.かず.
都府楼の礎石に座して日向ぼこ さつき 3 菜々.三刀.うつぎ.
仁王門へ落葉の磴を踏みしめて 菜々 3 あさこ.雅流.はく子.
花時計いてふ黄葉の散りこめり なつき 2 こすもす.菜々.
池に散るもみぢ友禅さながらに はく子 2 あさこ.ともえ.
橋脚に火の手追ひ来る蔦紅葉 うつぎ 2 はく子.有香.
健願ふ師走の暦余白なし 満天 2 宏虎.なつき.
幼等の迎える声の温かし みちほ 1 ぽんこ.
とめどなき落葉時雨に弁天堂 菜々 1 雅流.
宵闇のひときわ鋭き虎落笛 三刀 1 ぽんこ.
音たてて散る銀杏黄葉雨上がる 有香 1 豆狸.
島多し島から島へ蜜柑船 あさこ 1 有香.
湯豆腐や西と東の本願寺 宏虎 1 よう子.

2014年12月1日 (投句者19名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
田じまいの煙に埋る谷戸盆地 さつき 7 宏虎.三刀.菜々.よし女.あさこ.かず.みちほ.
泳ぎ来る白鳥の水揺れもせず ともえ 5 満天.治男.うつぎ.よう子.有香.
石蕗の黄や前掛け揃ふ六地蔵 宏虎 4 三刀.ぽんこ.こすもす.有香.
短日の混み合ふ京の路線バス はく子 4 菜々.よし女.かず.雅流.
降りしきる落ち葉の中の落し物 ぽんこ 4 豆狸.さつき.なつき.うつぎ.
潮風へ釣り宿の窓柿すだれ なつき 3 あさこ.さつき.雅流.
紙飛行機北風を捕らへり中空へ 豆狸 2 治男.こすもす.
故郷は盆地の底ひ冬霞 菜々 2 ひかり.なつき.
錦繍の里に薬膳料理ツアー かず 1 はく子.
出来さうで出来ぬ妣の句枯尾花 宏虎 1 豆狸.
剥製の猪玄関に山の宿 うつぎ 1 ぽんこ.
木の葉雨静かな音や夜のしじま 治男 1 宏虎.
熱燗や諸に本音のカウンター 雅流 1 満天.
鮮やかになぞえ敷積む落ち葉かな 有香 1 みちほ.
大皿を取りに蔵へとふところ手 なつき 1 よう子.
冬晴れやヒコーキ飛んだとはしゃぐ声 豆狸 1 ひかり.
水鳥の波乗り上手胸反らし 菜々 1 はく子.

2014年11月30日 (投句者18名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
全山の紅葉にダム湖色深む うつぎ 4 豆狸.はく子.雅流.有香.
大根焚き椀を半分出る厚さ なつき 4 あさこ.菜々.ともえ.かず.
釣り舟のひしめく冬の壇ノ浦 せいじ 4 さつき.よし女.三刀.なつき.
葉の陰に白き肩見せ大根畑 満天 3 ともえ.みちほ.こすもす.
冬草の根の強きなり妻の意地 治男 3 宏虎.ぽんこ.よう子.
わが部屋を終の棲家と冬の蠅 ぽんこ 3 かず.よう子.有香.
御仏へ供ふ湯気立つ大根焚き なつき 2 治男.雅流.
苔厚き極楽橋にもみぢ散る はく子 2 満天.なつき.
牡蠣船の一軒となり新料理 ともえ 2 ぽんこ.うつぎ.
黄落の真っ只中に不戦の碑 さつき 2 三刀.みちほ.
冬紅葉筏となりて水路ゆく 満天 2 治男.こすもす.
車椅子はま風頬に小六月 よう子 2 菜々.うつぎ.
つくばゐに流れもあへず木の葉舟 菜々 1 はく子.
幼帝を祀るお宮へ七五三 せいじ 1 よし女.
吾れ五歳父母を無くせり一葉忌 治男 1 豆狸.
金婚の夫婦箸もて木の葉髪 雅流 1 宏虎.
本望の豪華クルーズ冬の星 宏虎 1 あさこ.
錦繍の古都を丸ごとライトアップ かず 1 満天.
空真青筑後平野は櫨ちぎり 豆狸 1 さつき.