GH毎日句会 > 成績一覧・2013年1月
GOSPEL HAIKU
2017|010203|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|010203040506070809101112
2015|010203040506070809101112
2014|010203040506070809101112
2013|010203040506070809101112
2012|010203040506070809101112
2011|010203040506070809101112

毎日句会成績一覧

[2014年9月]

2014年9月29日 (投句者17名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
地蔵尊帽子重ねて秋日濃し よし女 4 満天.ぽんこ.なつき.ともえ.
秋夕日干潟に長き己が影 三刀 4 ひかり.菜々.つくし.治男.
タンカーの島々抜けて紅葉晴 なつき 4 せいじ.さつき.ともえ.有香.
神殿に嬰児泣く声初もみじ ぽんこ 4 満天.ひさ野.菜々.雅流.
丘陵のなぞへは風の真葛原 ひかり 4 せいじ.かず.雅流.よし女.
存問の風にほころぶ秋明菊 菜々 3 ひかり.ぽんこ.なつき.
暮れ残る山際あかねに鎌の月 はく子 3 つくし.さつき.有香.
人声に寄り来る鯉や秋うらら 菜々 2 宏虎.かず.
玉入れを数え紅白運動会 ひさ野 2 あさこ.みちほ.
身に入むや地球の憤怒治まらぬ 満天 2 宏虎.はく子.
重なりて五彩極める葉鶏頭 満天 2 三刀.よし女.
コンバイン横目に稲田の天日干し みちほ 2 三刀.ひさ野.
天高し今青春の余生かな ひかり 2 こすもす.はく子.
秋潮の渦が引き波飲みこめり なつき 1 みちほ.
藪蘭の花は実となり時季移る かず 1 治男.
師の写真の世の影の奥芸術祭 治男 1 こすもす.
山裾にひだまり見つけ野紺菊 みちほ 1 あさこ.

2014年9月28日 (投句者18名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
秋風がページをめくる書斎かな せいじ 4 あさこ.ぽんこ.みちほ.なつき.
山峡の橋桁高く空たかし よう子 3 ひかり.ともえ.はく子.
拍子木の音の高きや秋の夜 満天 3 三刀.ひさ野.治男.
官兵衛の田んぼアートや豊の秋 かず 3 満天.ぽんこ.こすもす.
ハ−ドルを飛ぶ脚伸びる天高し 治男 3 ひかり.ともえ.有香.
賑やかに声あげ鵯の渡りけり 三刀 3 よし女.宏虎.かず.
柵越しに覗く玄室秋の声 ひかり 3 せいじ.満天.つくし.
木犀の朝戸を繰れば匂ひけり せいじ 2 あさこ.みちほ.
大椋の瘤は怪獣いわし雲 はく子 2 治男.菜々.
鯔飛ぶやここ裏川へ上り来て よし女 2 せいじ.かず.
欄干に乗り出し覗く鮭遡上 みちほ 2 よし女.こすもす.
鈴虫寺へ秋草こみち幾曲り 菜々 1 つくし.
月沈み闇夜の高原眠りけり ともえ 1 三刀.
秋雨にひときわ赤し山法師 みちほ 1 ひさ野.
プログラム各戸に配り在祭 よし女 1 はく子.
うそ寒や朱線で消しぬ人名簿 宏虎 1 なつき.
秋夕焼染まる大和の造船所 なつき 1 有香.
妙見を下り来て栗を買ふ人も 雅流 1 菜々.
秋の夜や眼鏡レンズの指紋拭く 雅流 1 宏虎.

2014年9月27日 (投句者19名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
金木犀褒めて立ち去る郵便夫 三刀 7 ひかり.宏虎.あさこ.よし女.菜々.よし子.こすもす.
離島へとナビになき橋天高し なつき 5 つくし.菜々.さつき.よう子.はく子.
秋嶺のせまる十津川空せまし ともえ 3 せいじ.つくし.雅流.
どん尻の赤組がんばれ運動会 よし子 3 ひかり.あさこ.はく子.
秋の暮煮物焼き物匂ふ路地 ひかり 2 満天.三刀.
人気なき野小屋に音す吾亦紅 雅流 2 かず.みちほ.
大太鼓響くあしたは運動会 せいじ 2 治男.なつき.
むべ熟るる朝な夕なの山風に 菜々 2 よし女.かず.
朝の窓開け木犀のただ中に かず 2 さつき.雅流.
石榴爆ぜ今にも秘密ばらしさう 宏虎 2 満天.三刀.
老いたれば金惜しみなし秋麗ら 治男 2 宏虎.ともえ.
うそ寒や山姥出さう山の闇 宏虎 1 みちほ.
野の風を己が慰み吾亦紅 雅流 1 せいじ.
縁日の地蔵を囲む野菊かな よし女 1 治男.
天高し空軍基地の飛行雲 なつき 1 よし子.
札所寺彼岸花咲く畦を来て 有香 1 なつき.
夜寒かな形見のショール足に掛け よし女 1 こすもす.
織田作像粋なマントの秋思かな ぽんこ 1 よう子.
秋晴や洗濯日和三棹干す あさこ 1 ともえ.

2014年9月26日 (投句者20名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
大阿蘇の夕陽に染まる芒原 宏虎 7 せいじ.はく子.ともえ.三刀.治男.つくし.なつき.
秋手入れ隣の家の近く見ゆ 三刀 4 あさこ.よし女.よし子.雅流.
こおろぎを草に追う子の日暮れかな ひさ野 3 よし女.ぽんこ.みちほ.
蟷螂の鎌に不意打ち食らひけり よし女 2 あさこ.三刀.
行く秋や吾より若き訃報欄 宏虎 2 かず.みちほ.
秋うらら女の話のとめどなし はく子 2 かず.宏虎.
伸びに伸ぶ蔓やむかごの鈴なりに よし女 2 ともえ.こすもす.
釣人の寡黙となりて秋の朝 満天 2 宏虎.治男.
池囲むアベリア匂ひ秋暑し 満天 2 ひかり.菜々.
六甲の水を湛えて池の澄む 菜々 2 はく子.なつき.
秋日和黙して並ぶATM よう子 1 有香.
秋の雲すき間すき間に星点じ 菜々 1 ぽんこ.
石庭に燃ゆる一叢曼珠沙華 ひかり 1 せいじ.
朱の剥げし雨乞いの宮萩枯れる なつき 1 有香.
おみならの絵を描く集い秋の昼 はく子 1 雅流.
西鶴忌時代めぐれど月の秋 ぽんこ 1 つくし.
コスモスの茎より揺れて体操す 治男 1 よし子.
団栗の屋根打つ音に驚きぬ みちほ 1 ひかり.
里寺と云へど急磴秋暑し 雅流 1 こすもす.
走る子にバッタ高さを競い飛ぶ 有香 1 菜々.
方丈の障子明かりに鵙のこゑ 雅流 1 満天.
トンネル抜けダムの水音天高し 治男 1 満天.

2014年9月25日 (投句者19名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
稔り田に風の足跡縦横に 有香 6 よし女.みちほ.かず.三刀.菜々.よう子.
連絡船待つ桟橋や鯔跳ぬる なつき 5 宏虎.よし女.あさこ.菜々.有香.
天蓋なす大樹に木の実百度石 つくし 5 宏虎.満天.ぽんこ.みちほ.よう子.
秋うらら石の子犬もリボンつけ 菜々 3 ひかり.治男.なつき.
田一枚ぐるり囲んで曼珠沙華 こすもす 3 せいじ.ともえ.有香.
鶏頭花山門堅し尼の寺 宏虎 2 雅流.なつき.
鮒釣りてすぐのリリース秋の池 満天 2 ぽんこ.つくし.
鉢植えに値札下げられ曼珠沙華 よし女 2 三刀.はく子.
街の灯を遥か露天湯すだく虫 ひかり 2 あさこ.ひさ野.
石山を眺む句碑園蔦紅葉 かず 1 ひかり.
猫の髭影よく動く秋の夜 宏虎 1 治男.
八方から参拝ありて秋日和 満天 1 こすもす.
やわらかに彩る花や庭の秋 みちほ 1 ひさ野.
鳥獣の屏風絵を愛づ秋灯下 せいじ 1 つくし.
お地蔵の肩に被さる萩の花 三刀 1 はく子.
奉納すサッカ-ボール小鳥来る ぽんこ 1 満天.
台風の雨降り出して句会果つ せいじ 1 こすもす.
展望の生駒嶺けぶらす秋の雨 はく子 1 ともえ.
紅葉ずるサッカー祈願絵馬丸し よう子 1 かず.
ねこじゃらし幼心にもてあそび かず 1 雅流.
沿道を真っ赤に燃やす箒草 みちほ 1 せいじ.

2014年9月24日 (投句者17名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
石垣のこんな所に曼珠沙華 ぽんこ 4 よし女.菜々.こすもす.みちほ.
切り立ちぬ石の宝殿天高し かず 3 宏虎.よう子.なつき.
蟋蟀の顔は歌舞伎の役者めく 三刀 3 満天.せいじ.かず.
秋彼岸兄弟姉妹老いけらし はく子 3 よう子.雅流.こすもす.
焼きたてのパン屋の行列秋うらら 満天 2 ひかり.はく子.
息杖で長持打ちつ祭果つ なつき 2 よし女.有香.
新発意の声すずやかに秋彼岸 菜々 2 ひかり.雅流.
一村の増へゆく苅田忙しげに 雅流 2 つくし.有香.
秋の蝶たおたお飛びて草に消ゆ 宏虎 2 菜々.みちほ.
一列に奥山道を登る秋 つくし 2 満天.かず.
牧原に流る口笛秋の空 みちほ 2 ぽんこ.なつき.
一と所ペンキ塗るごと曼珠沙華 よし女 2 あさこ.はく子.
台風の気になる進路明日吟行 満天 1 つくし.
夕鵙や意気揚々とコンバイン 雅流 1 三刀.
キャンパスに戦没者の碑秋日濃し せいじ 1 治男.
こぼれ萩亡子の想いたぐりつつ 治男 1 あさこ.
乳母車来るや曼珠沙華のこみち よし女 1 三刀.
秋冷に野葡萄の葉の赤きかな みちほ 1 せいじ.
時ならぬ嵐のニュース秋彼岸 菜々 1 宏虎.
もてなされ紙コップに入る茸汁 つくし 1 治男.
沈下橋越へる流れや彼岸花 よう子 1 ぽんこ.

2014年9月23日 (投句者17名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
休み田の増え行く里や秋深む ひさ野 8 満天.よし子.ぽんこ.三刀.なつき.治男.みちほ.有香.
上棟の棟木収まる菊日和 三刀 8 ひかり.あさこ.菜々.ぽんこ.はく子.よし女.雅流.有香.
父母の碑へ日射しやはらか秋彼岸 菜々 3 宏虎.なつき.みちほ.
朝霧やけふの衣を迷いをり みちほ 3 ひかり.かず.よう子.
木洩れ陽を抱きて流るる秋の水 みちほ 2 よう子.こすもす.
緋のドレス着け舞踏会曼珠沙華 かず 2 あさこ.つくし.
遠景の海峡大橋鰯雲 よし子 2 満天.こすもす.
神苑の朝のしじまに式部の実 ぽんこ 2 せいじ.よし女.
鴉の子よく鳴く日なり秋彼岸 あさこ 2 よし子.菜々.
朝礼の園長の声秋高し 満天 1 雅流.
初鵙やあたかも句座の席題に 雅流 1 かず.
雨しとど苑内埋む萩の寺 宏虎 1 治男.
壁を這ふ音忍ばせて守宮の子 あさこ 1 せいじ.
天高く上棟の音広ごりぬ よし女 1 三刀.
天高し杖持て放浪山頭火 かず 1 つくし.
遣り水の奏づる苑や秋涼し はく子 1 宏虎.
秋晴れに太陽の塔まなこ澄む 菜々 1 はく子.

2014年9月22日 (投句者17名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
菩提寺の大門開く秋彼岸 宏虎 6 あさこ.よし女.はく子.よし子.よう子.うつぎ.
林中に朱を点しゆく蔦紅葉 はく子 4 ひかり.菜々.かず.みちほ.
こぼれ萩掃き寄せてなほ萩の花 かず 4 なつき.よし子.よう子.治男.
石を這ふ墓守めきし蟷螂かな よし女 3 満天.宏虎.かず.
墓掃除草焼く煙棚引かせ 三刀 3 よし女.ぽんこ.なつき.
秋晴れや家族のシーツ糊きかす 菜々 3 あさこ.宏虎.治男.
衛星の動きをさがす星月夜 みちほ 2 ひさ野.雅流.
さざ波のきらめく水辺彼岸花 せいじ 2 雅流.こすもす.
コスモスに一台遅らす峡の駅 有香 2 三刀.うつぎ.
秋めきて庭のルッコラも青青と 菜々 1 はく子.
ジェラード売り声掛け美しく秋澄めり ひさ野 1 みちほ.
墓域いま朝日差し込み拝しけり よし女 1 三刀.
秋鮭の味噌の香満つる朴葉焼き 満天 1 ひさ野.
車灯点け草刈る影に星光る みちほ 1 ひかり.
露草を誰が供えし鬼貫の碑 よし子 1 ぽんこ.
曼珠沙華緋色レースや句碑公園 かず 1 こすもす.
お湯入れるだけの炊き出し防災日 なつき 1 菜々.
美男かづら塀にのぞかせ料理庵 はく子 1 満天.

2014年9月21日 (投句者13名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
直角に曲る稲田のコンバイン せいじ 8 ひかり.満天.菜々.よし女.よし子.みちほ.雅流.なつき.
夕風や休み田に咲く月見草 みちほ 5 よし女.ひさ野.はく子.雅流.なつき.
草はらに緋の帯となる彼岸花 菜々 4 ひかり.あさこ.満天.こすもす.
切れもして田んぼ縁取る彼岸花 せいじ 3 三刀.治男.みちほ.
足元の抜ける風踏む簗場かな なつき 3 かず.ぽんこ.有香.
封を切る山頭火と言ふ月の酒 よし女 3 菜々.はく子.よし子.
空中のビルの窓ふき秋日燦 ぽんこ 3 宏虎.ひさ野.有香.
曼珠沙華かき分けて行く農夫かな よし女 2 せいじ.三刀.
灯のなくて阿蘇の高原天の川 ともえ 2 宏虎.こすもす.
空襲に台風地震生き延びし 宏虎 1 治男.
蔓草の闇より出でし黒揚羽 かず 1 せいじ.
秋茄子や妣直伝のレシピあり 宏虎 1 かず.
ネックレス手間取る止めの秋暑し 満天 1 ぽんこ.
鶏頭の鉢玄関にケアホーム 満天 1 あさこ.

2014年9月20日 (投句者18名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
つややかに日を返しをり式部の実 有香 4 満天.宏虎.かず.こすもす.
前脚でしきりに合掌秋の蠅 宏虎 3 なつき.ともえ.ぽんこ.
校庭の隅明るくす曼珠沙華 満天 3 あさこ.みちほ.菜々.
加齢とは未知を楽しむ秋うらら 治男 2 せいじ.宏虎.
木洩れ陽のやわらかに躍る秋の朝 みちほ 2 三刀.はく子.
能勢路いま真っ赤に染めて曼珠沙華 よし子 2 ひかり.ともえ.
朝寒や目覚し時計鳴り止まず せいじ 2 なつき.菜々.
夕映えてゑのころぐさは虹色に せいじ 2 よし女.こすもす.
蔦もみぢ荘の盤石からめとり 菜々 2 かず.雅流.
畝作る鍬持つ手に秋の蝶 よう子 2 治男.みちほ.
夕空に秋燕群れてゐたりけり よし女 1 雅流.
枝鋏みしかとつかみて石榴の実 あさこ 1 はく子.
秋澄みてリコーダー響く学び舎に 満天 1 治男.
百円の秋刀魚を所望帰国の子 うつぎ 1 ぽんこ.
帰り道遠回りして彼岸花 三刀 1 あさこ.
一邸を覆ひつくして鰯雲 菜々 1 満天.
万の墓碑つづく霊地や身にぞ入む 雅流 1 三刀.
曼珠沙華誰もが願ふ安楽死 宏虎 1 よし女.
卓上に毬栗古民家の茶房 うつぎ 1 ひかり.
きちこうのつぼみ今にもはじけそう はく子 1 せいじ.

2014年9月19日 (投句者17名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
添へ棒をして自然薯の届きけり うつぎ 6 せいじ.菜々.雅流.有香.なつき.こすもす.
幼の手ぎゅうと団栗握りしめ ぽんこ 5 かず.治男.宏虎.よう子.みちほ.
在りし日の吾子そっくりやこの案山子 よし女 4 三刀.さつき.よし子.みちほ.
遠吠えに似て闇の海霧笛鳴る 宏虎 4 かず.はく子.うつぎ.雅流.
推敲の身に纏ひつく秋の蚊 満天 3 治男.よし子.なつき.
岸壁を打つ波しぶき夏闌けて よし子 2 よう子.うつぎ.
翁の句碑古りし参道秋の声 雅流 2 三刀.ぽんこ.
石仏尾花の丈に埋もれて 有香 2 あさこ.よし女.
ひとむらの四つ葉に屈む空高し みちほ 2 せいじ.有香.
柿熟るる豪邸名残の築山に 菜々 2 宏虎.はく子.
秋晴れの空へ杉の穂高野みち 雅流 2 満天.ぽんこ.
秋日和園芸店の賑わえり よう子 2 菜々.さつき.
彼岸花の上一瞬の新幹線 三刀 1 よし女.
秋高し鷺は相舞繰り広げ よし女 1 満天.
萩の花揺れて零れて乱れけり 宏虎 1 ひかり.
芋煮会帰省の子等とあそびけり みちほ 1 ひかり.
運動会招待状はメールにて かず 1 こすもす.
薪足して真直ぐに鮎の串立てり なつき 1 あさこ.

2014年9月18日 (投句者17名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
落ち栗を帽子に拾ふ山の昼 みちほ 9 ひかり.あさこ.よし女.三刀.さつき.よし子.はく子.なつき.こすもす.
墨絵めく鉄塔隠す山の霧 宏虎 4 ぽんこ.よし子.有香.こすもす.
渡り来し鴨は湖畔に羽繕ひ よし女 4 ひかり.ともえ.うつぎ.雅流.
葉を持たぬ花を極めて曼珠沙華 はく子 4 宏虎.治男.ともえ.よう子.
観音の光背にふれ初もみじ よし女 3 三刀.なつき.有香.
心字池の昼のしじまへ色葉散る 菜々 3 満天.うつぎ.雅流.
月光に百万石の城浮かぶ 宏虎 3 菜々.さつき.はく子.
蹲踞の水音高し秋の庭 満天 2 宏虎.よう子.
亡き母の口癖よぎる秋彼岸 三刀 2 ぽんこ.かず.
敬老日自治会よりの昆布茶かな かず 1 あさこ.
鐘の音のひびく巷の清けしや かず 1 治男.
蔦茂る管理センター透けるドア つくし 1 満天.
大空に立ちゆく煙秋刀魚焼く みちほ 1 かず.
息弾む釣瓶落としの男坂 ぽんこ 1 みちほ.
裏畑の木木を移りて尉びたき あさこ 1 よし女.
日溜りの秋草沈みに蜆蝶 菜々 1 みちほ.
間引菜の一菜胡麻をたっぷりと うつぎ 1 菜々.

2014年9月17日 (投句者16名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
雀どち古りし案山子に来て遊ぶ よし子 6 菜々.宏虎.あさこ.よし女.みちほ.こすもす.
初鴨や湖上に水脈を重ねをり よし女 4 あさこ.なつき.うつぎ.有香.
村芝居座布団持参の観覧席 よし子 3 菜々.よし女.はく子.
秋夕日総身に坂の町下る 有香 2 なつき.うつぎ.
喧騒に負けじと我が世昼の虫 ぽんこ 2 よし子.有香.
謎解けぬ不思議な宇宙月仰ぐ 宏虎 2 よし子.みちほ.
秋日射す万葉歌碑のそれぞれに 満天 2 かず.ぽんこ.
朝取りの唐辛子買ふ吟行子 つくし 2 治男.ぽんこ.
ガード下に並ぶ小店や秋暑し 菜々 2 満天.つくし.
観音の清めし白の曼珠沙華 よし女 2 満天.三刀.
子午線の上に縺れり秋の蝶 なつき 1 よう子.
参道に炒り立てぎんなん買ひもして はく子 1 かず.
ふんわりとコスモス続く花の帯 みちほ 1 宏虎.
ざわめきを残し暮れ行く街の秋 みちほ 1 よう子.
秋の野に色紙散らしの万葉歌碑 菜々 1 つくし.
先割れし筆塚に抜け萩の風 なつき 1 三刀.
空に星良夜を愛でて渚行く 宏虎 1 こすもす.
案山子立つ稲田にあらず交差点 三刀 1 はく子.
鳥居より観音坐す村芝居 うつぎ 1 治男.

2014年9月16日 (投句者15名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
蔦もみじ塀に友禅模様成す よし女 6 あさこ.宏虎.三刀.なつき.治男.みちほ.
祝砲打つ浄瑠璃人形豊の秋 うつぎ 4 満天.かず.有香.こすもす.
透き通るフラミンゴの眼涼新た 三刀 4 菜々.よし女.ひかり.こすもす.
何時までも堪能したき良夜かな 宏虎 3 ともえ.よし子.みちほ.
琉球の祭り太鼓や大舞台 治男 3 あさこ.よし女.つくし.
朝露を溜めてさゆらぐ木の葉かな みちほ 3 満天.宏虎.ぽんこ.
巡礼のおつるひた泣くうそ寒し 雅流 3 ともえ.治男.ぽんこ.
敬老日祝ぐみことばの詩吟にて かず 2 ひかり.つくし.
能勢氏の旗立ち並び村芝居 うつぎ 2 なつき.はく子.
敬老日グランドゴルフホールインワン 満天 2 うつぎ.はく子.
浄るりの里の地芝居城跡に 雅流 2 うつぎ.有香.
紫をたっぷり持てり花あけび かず 1 よし子.
萩の寺さすが貫録子規の句碑 宏虎 1 三刀.
早朝の厨賑はふ運動会 みちほ 1 菜々.
かなかなや森の暗さに慣れてこし 有香 1 かず.

2014年9月15日 (投句者13名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
子別れの木偶のしぐさの身にぞ入む よし子 6 よし女.はく子.雅流.ひかり.かず.有香.
白萩の盛る古民家野路のカフェ せいじ 3 満天.あさこ.みちほ.
村芝居舞台佳境や一番星 よし子 3 満天.菜々.つくし.
残る蚊に攻められ拝す大師堂 よし女 3 三刀.雅流.有香.
丹田に力入れての切る南瓜 満天 3 せいじ.ぽんこ.なつき.
秋雨に身体寄せ合う馬の群れ みちほ 3 菜々.治男.ひかり.
爽涼や大河を望む丘の上 せいじ 3 はく子.治男.かず.
恙なく五体満足敬老日 宏虎 2 三刀.うつぎ.
コスモスの群れ咲く庭に三輪車 みちほ 2 ぽんこ.あさこ.
朝寒に足踏んまえて明王像 菜々 1 せいじ.
子のくれし手染めスカーフ秋の空 はく子 1 なつき.
柿のあちこち落つる碧き空 治男 1 みちほ.
少年が呼び込むフリマ秋日濃し よし女 1 うつぎ.
ひとり吟秋の扇を手にしつつ つくし 1 宏虎.
湖に名残のボート五つ六つ 三刀 1 よし女.
拝みつつ寺門にすくむ秋の雷 なつき 1 つくし.
秋風に絹のスカーフなびかせて はく子 1 宏虎.

2014年9月14日 (投句者15名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
虫残る街道名残の一里塚 菜々 5 はく子.ぽんこ.よし子.よう子.なつき.
道標筆跡読めぬ乱れ萩 ぽんこ 4 せいじ.宏虎.三刀.よう子.
秋晴れを窓いっぱいにヨガ教室 満天 3 菜々.治男.なつき.
秋草を活けしフラスコ野路のカフェ せいじ 3 満天.つくし.こすもす.
筋塀の長き旧家や石榴の実 つくし 3 宏虎.よし女.みちほ.
棗の実大師座像の肩叩く よし女 3 せいじ.満天.ぽんこ.
爽やかな風渡りゆく身のほとり 三刀 2 ひかり.よし女.
栗の実の爆ぜて散らばる朝の道 みちほ 2 あさこ.三刀.
若作り席譲られる敬老日 よう子 2 あさこ.治男.
焼きもろこし匂ひもろともほほばりぬ はく子 1 菜々.
敬老日心の支え句をひねる 宏虎 1 ひかり.
野点前秋蝶一羽席探す つくし 1 みちほ.
秋灯下茨木のり子の詩集読む かず 1 つくし.
通帳の利息少なし敬老日 宏虎 1 はく子.
雑草の下より出でし曼珠沙華 治男 1 こすもす.
水澄むやお堀に浮かぶ隅櫓 菜々 1 よし子.

2014年9月13日 (投句者17名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
小説の結び気になる夜長かな 宏虎 4 ひかり.よし女.ぽんこ.こすもす.
秋草や昨日覚えし名を忘る つくし 4 せいじ.はく子.みちほ.こすもす.
見え隠れして池塘ゆく秋日傘 せいじ 4 あさこ.宏虎.菜々.ともえ.
新涼に後押しされて回り道 満天 3 かず.治男.みちほ.
樹下涼し雫は風の落し物 せいじ 2 ぽんこ.三刀.
禊場を取り囲みたる実むらさき よし女 2 満天.ひかり.
秋の水ふんだんに掛け句碑洗ふ 菜々 2 なつき.ともえ.
秋空へテニスボールの音弾む はく子 2 満天.菜々.
湧く雲に飲みこまれたる山の虹 なつき 2 せいじ.よう子.
秋うらら草間のロバの尖り耳 みちほ 1 よし女.
街灯のしっぽりぼやけ霧笛鳴る 宏虎 1 つくし.
グランドに礼して這入る菊の花 治男 1 宏虎.
山寺の水路改修竹の春 有香 1 つくし.
洗ひたる句碑へ挿頭して萩白し 菜々 1 はく子.
お不動に触れたく集ふ赤とんぼ よし女 1 三刀.
蔓たぐり大冬瓜のころがれり なつき 1 よう子.
栗拾ふ少し離れて慈母観音 三刀 1 なつき.
キャチボール広場の隅の黄のカンナ ぽんこ 1 あさこ.
マネキンの重ね着多し秋暑かな 満天 1 かず.
秋日傘スクランブルの交差点 つくし 1 治男.

2014年9月12日 (投句者19名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
大淀の風に波打つ真葛原 菜々 5 ひかり.はく子.つくし.なつき.よう子.
新涼やクリスタルビルに雲流れ 満天 4 かず.みちほ.有香.こすもす.
鉦叩子の命日を修すかに はく子 3 よし女.治男.雅流.
爽やかやポンポン船の音かろし はく子 3 せいじ.あさこ.雅流.
秋天へ対の鳳凰燦然と 雅流 3 宏虎.はく子.よう子.
閻魔堂入りてよりの秋思かな ひかり 3 三刀.かず.つくし.
すすき原穂波を分けて進みけり かず 3 あさこ.ひかり.なつき.
秋の声坑夫像の後ろより よし女 2 満天.三刀.
天蓋なす大樹の下の曼珠沙華 つくし 2 満天.治男.
青竹の穂先を撓め葛の花 三刀 2 よし女.有香.
有り無しの風にさゆらぐ竹の春 有香 2 宏虎.ぽんこ.
爽やかや取り入れたのし乾き物 ひさ野 1 みちほ.
靄はれてコスモスの色よみがへる 菜々 1 せいじ.
秋の蝶我が物顔のテニスコート 宏虎 1 こすもす.
湖のなぎて広がる秋の空 せいじ 1 菜々.
薄紅葉北山の風堂縁に ひかり 1 ぽんこ.
縁側に憩ふひと時つくつくし   ぽんこ 1 菜々.

2014年9月11日 (投句者20名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
大師像秋空を背の行脚かな ひかり 5 せいじ.ぽんこ.よし女.つくし.よし子.
コスモスの風の彼方に母の里 菜々 4 ぽんこ.あさこ.治男.よし子.
天高し牧原駆ける蹄音 みちほ 4 ひかり.ひさ野.よし女.よう子.
水琴窟かすかな音の萩の径 ぽんこ 4 満天.はく子.治男.なつき.
澄む秋の弥陀堂写す浄土池 よう子 3 満天.はく子.有香.
電車の灯遠ざかり行く良夜かな はく子 3 せいじ.みちほ.かず.
重陽の波きらきらと大川面 菜々 3 ひさ野.宏虎.雅流.
ススキの穂活けてマンション景豊か かず 2 あさこ.宏虎.
竹林に天籟を聞く涼新た せいじ 2 ひかり.有香.
秋うらら宇治の茶蕎麦に酒少し 雅流 2 つくし.よう子.
亭々の木々の影ひく大月夜 よし子 2 菜々.三刀.
存問のごと露草を屈み見る よし女 1 こすもす.
足で開け鋏で出せる栗拾ひ あさこ 1 なつき.
推敲のベンチ励ますつくつくし よし女 1 菜々.
居待月月の砂漠を唄ひけり 宏虎 1 こすもす.
山間の一枚稲を刈り始む 三刀 1 雅流.
一息に音を滑らせラムネ飲む つくし 1 かず.
土が好き畦道が好き秋うらら ひさ野 1 みちほ.
新築の窓とりどりに秋灯す 満天 1 三刀.

2014年9月10日 (投句者16名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
酒蔵の甍を濡らす良夜かな よし女 6 ひかり.なつき.かず.三刀.雅流.有香.
名月や肩張り歩く己が影 なつき 3 せいじ.ぽんこ.みちほ.
思ひ出の湧き出るばかり月今宵 ひさ野 3 ひかり.菜々.みちほ.
一片の雲なき天空月今宵 有香 3 あさこ.宏虎.雅流.
稜線の茜に染まり雁渡る 宏虎 3 満天.なつき.菜々.
庭に椅子出して私も月の人 菜々 2 よし女.ひさ野.
十六夜の雲のまにまにかがよへる はく子 2 かず.治男.
名月の屋根ぬらすごと光りけり 満天 2 宏虎.よう子.
中天にかかりし月の白さかな せいじ 2 三刀.よう子.
雲間よりこぼれ出る光り月今宵 みちほ 2 つくし.ひさ野.
中天にきてクールなる望の月 せいじ 2 満天.はく子.
存分に尺八を吹く望の月 三刀 2 あさこ.よし女.
萩に風乱れに乱れ磴隠す 宏虎 2 ぽんこ.こすもす.
満月のオーラ輝く屋根の上 あさこ 2 つくし.はく子.
名月の見方それぞれ介護室 治男 1 よし子.
一枚を羽織り出てみる雲の月 みちほ 1 こすもす.
頬杖をつきて仰ぐや今日の月 よし女 1 よし子.
月観察の子らへ大きな今日の月 菜々 1 有香.
数知れぬ雀飛び立つ猫じゃらし ひかり 1 せいじ.
旅客機が月のかんばせ横切りぬ ぽんこ 1 治男.

2014年9月9日 (投句者18名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
一片の雲さへ寄せず今日の月 菜々 7 ひかり.満天.せいじ.三刀.はく子.ひさ野.つくし.
白砂に松は影置き月今宵 菜々 6 あさこ.宏虎.三刀.ぽんこ.みちほ.つくし.
赤福に熱きお茶入れ月今宵 なつき 3 菜々.はく子.ひさ野.
村眠る今宵の月を中天に 雅流 3 満天.あさこ.よし子.
椎の枝に触れて大きな今日の月 よし女 2 菜々.よし子.
しばらくは部屋に名月招き入れ 満天 2 よし女.なつき.
ベランダにひとり占めして月今宵 はく子 2 かず.みちほ.
杉鉾の肩に顔出す今日の月 三刀 2 よし女.有香.
一穢なき天空に満つ今日の月 せいじ 1 宏虎.
山の端に薄紙のごと月ふはり はく子 1 かず.
いつせいに虫鳴き初めし鳴き止めし ともえ 1 有香.
名月を見上げて少し動きけり あさこ 1 治男.
風通ふ萩のトンネル札所寺 ひかり 1 なつき.
人絶えぬ一願不動苔涼し ひかり 1 ぽんこ.
竹伐つて疏水のながれ速めけり よし子 1 治男.
満月や犬小屋を出て犬眠る なつき 1 せいじ.
秋の寺童を諭す地獄絵図 ぽんこ 1 ひかり.

2014年9月8日 (投句者18名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
待宵や踏み石伝ふ下駄の音 有香 7 宏虎.菜々.あさこ.よし子.三刀.かず.なつき.
雨後の玉置きてさ揺らぐ猫じゃらし よし女 3 せいじ.かず.みちほ.
勝利者へ敗者の拍手爽やかに 満天 3 ひかり.ぽんこ.治男.
餅撒いて果つる妙見八朔祭 雅流 3 菜々.よし子.つくし.
小望月山黒々とたたなはる はく子 3 満天.宏虎.つくし.
秋めくや湖岸に並ぶ家明かり みちほ 3 よし女.三刀.雅流.
境内の藪蚊にホ句のままならぬ ひかり 3 せいじ.満天.ぽんこ.
川霧の晴れて岩間の鳰浮かぶ なつき 3 あさこ.よし女.みちほ.
ありなしの風にも揺れて秋桜 菜々 2 ともえ.こすもす.
コスモスや水車のリズム変らざる 宏虎 2 はく子.雅流.
やうやくに雲はしざりて小望月 菜々 2 はく子.なつき.
秋空に亭午の鐘の響きおり ぽんこ 1 ひかり.
庭滝をゆるリ横切る黒揚羽 せいじ 1 こすもす.
秋うらら子は遊具へと走りけり よし女 1 ともえ.
空広し高壁越えて百日紅 よし子 1 治男.

2014年9月7日 (投句者16名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
いわし雲乱すことなく観覧車 よし女 7 せいじ.満天.三刀.治男.よし子.雅流.有香.
山裾の黄金田千畳豊の秋 よし子 4 三刀.はく子.ともえ.有香.
白砂に直線の影鬼やんま よし女 4 せいじ.ぽんこ.宏虎.菜々.
糠床のなれたる手つき秋茄子 よう子 4 なつき.宏虎.よし子.雅流.
爽やかに白弾き咲く玉すだれ 満天 3 よし女.はく子.ともえ.
お迎えに抱きつく幼秋うらら みちほ 3 ひかり.あさこ.つくし.
古写真整理進まぬ夜長かな はく子 2 ひかり.みちほ.
山合ひにビル忽然と避暑の宿 せいじ 2 あさこ.こすもす.
炭夫像に向き合ひ止まる秋日傘 三刀 2 満天.治男.
絡まりて絡まりて咲くやいとばな あさこ 2 よし女.菜々.
原爆忌修し暴るる山出水 宏虎 1 なつき.
朝市の根菜重し衣被ぎ つくし 1 ぽんこ.
ディーゼルのドアを開ければ秋の声 せいじ 1 みちほ.
二重苦の広島強し良夜待つ 宏虎 1 つくし.
くたびれしゴーヤの簾赤く爆ぜ なつき 1 こすもす.

2014年9月6日 (投句者17名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
萩の枝かき分け子規の句碑を読む よし子 5 満天.ひかり.あさこ.せいじ.こすもす.
虫の音や駅より続くリフレイン 有香 4 宏虎.せいじ.よし女.こすもす.
秋すだれ間口の狭き珈琲屋 なつき 4 満天.あさこ.ひさ野.はく子.
明日香には名跡多し曼珠沙華 宏虎 3 三刀.よし子.つくし.
潮風になびくスカーフ秋の旅 よう子 3 宏虎.ぽんこ.菜々.
秋灯下ガラス細工のルーペの柄 なつき 2 ひかり.よし子.
空澄んでうりざね顔の十日月 菜々 2 なつき.よう子.
急磴を踏みしむる歩へ昼の虫 せいじ 2 菜々.みちほ.
横断の猫を待つバス空高し みちほ 2 ひさ野.治男.
湯の音に虫の跳び入る旅の宿 ひさ野 1 みちほ.
背に首を昼寝タイムのフラミンゴ よし女 1 三刀.
夕暮れの雲銀色に月もまた はく子 1 治男.
訓練のエリアメール三度秋暑し 満天 1 つくし.
雨上がる気配の鳥語秋涼し つくし 1 はく子.
飛行雲銀の帯引く秋夕べ はく子 1 なつき.
持ち帰る宿のタオルに夏惜しむ せいじ 1 よう子.
象さんの遊具は廻る赤とんぼ 三刀 1 よし女.
焦点を絞りし写真美術の秋 治男 1 ぽんこ.

2014年9月5日 (投句者19名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
肩寄せる百余の地蔵菊日和 ひかり 6 宏虎.よし女.菜々.なつき.有香.こすもす.
鶏頭を活けて旧家の長屋門 雅流 4 あさこ.治男.三刀.よう子.
車椅子押す子白髪や赤とんぼ よう子 4 満天.よし女.治男.みちほ.
積まれたる蛸壺ムンクの叫びとも よし女 3 はく子.菜々.三刀.
焼きたての音と一緒に盛る秋刀魚 満天 3 ひさ野.みちほ.こすもす.
秋すだれ宇治の流れへ半ば上げ 菜々 3 満天.つくし.雅流.
秋あかね行き違ひ待つ1両車 有香 2 ひかり.よし子.
子午線に立ちて秋風胸に受く なつき 2 ぽんこ.よし子.
楊貴妃の漂着秘話や島の秋 よし女 2 ひかり.つくし.
新物とラベル貼られし秋刀魚買ふ 満天 2 あさこ.有香.
秋しぐれ道をへだてて宮と寺 菜々 2 雅流.よう子.
秘め事の一つも無かり水澄みぬ 宏虎 1 なつき.
お揃いのエコバック手に秋晴るる みちほ 1 ひさ野.
山頭火句碑結ぶごと蔦かづら かず 1 せいじ.
筆のごと伸び行く茎よ彼岸花 あさこ 1 はく子.
蟲喰いの網目広がる葡萄の葉 みちほ 1 せいじ.
新涼や青春きつぷまたもゆく せいじ 1 宏虎.
庭掃除箒の先をばった飛ぶ あさこ 1 ぽんこ.

2014年9月4日 (投句者18名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
満天の星に消えゆく虫の声 みちほ 6 満天.ひさ野.三刀.かず.治男.有香.
見る人も踊りも佳境風の盆 宏虎 5 ひかり.三刀.ぽんこ.こすもす.雅流.
奥の間の明かりもれくる秋簾 満天 4 宏虎.ひさ野.よう子.みちほ.
国際線若さ飛び立つ雲の峰 よし子 3 よし女.ぽんこ.有香.
柏手につくつく法師はたと止む 菜々 3 よう子.せいじ.治男.
火の国の嶺々けぶりたる厄日前 よし女 3 菜々.雅流.なつき.
河川敷広らをあきつ奔放に はく子 2 かず.なつき.
せせらぎといふも轟音秋出水 せいじ 2 はく子.こすもす.
天高く采配振れる幸村像 ぽんこ 2 ひかり.はく子.
明石蛸おどるかに足ひらめかす なつき 2 満天.よし女.
風の盆胡弓の侘し寂を舞ふ 宏虎 2 あさこ.つくし.
廃屋のしじま破りぬ蟲時雨 かず 1 宏虎.
句碑公園秋の七草今しばし かず 1 つくし.
秋簾うだつの並ぶ京街道 満天 1 菜々.
垣の上に乗り出す松や手入れ待つ よし女 1 あさこ.
潮騒が右耳あふれ秋日傘 なつき 1 せいじ.
小鳥来る掛け合ふ声のいと高し せいじ 1 みちほ.

2014年9月3日 (投句者17名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
白萩のちらほら咲きし子規の句碑 よし子 5 宏虎.あさこ.三刀.なつき.雅流.
雨止みて蝉は終章奏でたる かず 5 よし女.三刀.はく子.みちほ.有香.
頃良しと月見障子を開けに立ち ともえ 5 ぽんこ.せいじ.よし女.つくし.かず.
逆しまに張り付く守宮五指しかと 雅流 4 ひかり.はく子.治男.こすもす.
澄む水に沿ひて洛北古寺巡る ひかり 3 満天.宏虎.雅流.
薄雲に赤をにじませ八日月 はく子 3 菜々.治男.なつき.
曇天を彩る如し百日紅 治男 2 あさこ.よし子.
秋めくや屋根に一列雀どち ぽんこ 2 せいじ.よう子.
朝冷えや寝床に来たる幼かな みちほ 2 ぽんこ.ひかり.
庭掃除ご褒美となる零余子かな 三刀 2 かず.こすもす.
道祖神実生かぼちゃの蔓たぐり なつき 2 つくし.よう子.
ほつほつと池の水輪や時雨来る ひかり 1 菜々.
ちちろ鳴く牛方宿の水車かな なつき 1 有香.
熟れ過ぎのトマトそのまま独り住み あさこ 1 みちほ.
近道はコスモス咲いて笑ふ子ら つくし 1 よし子.
菅公のゆかりの宮に初紅葉 菜々 1 満天.

2014年9月2日 (投句者17名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
鳥渡る平家の悲史の海越えて 宏虎 6 満天.ひかり.ぽんこ.治男.雅流.はく子.
山間の稲田パズルをはめるごと なつき 5 ひかり.宏虎.ともえ.あさこ.ぽんこ.
骨切りをたのみて鱧を買ひにけり あさこ 4 菜々.よし子.かず.こすもす.
非常袋点検のみの防災日 満天 3 なつき.三刀.よし女.
転法輪自ら回る震災忌 ぽんこ 3 満天.つくし.雅流.
野地蔵へ誰も供へゆく草の花 雅流 3 ともえ.かず.みちほ.
釣瓶落しトンネル多きバスの旅 なつき 2 宏虎.はく子.
草深き中州をなぶる秋出水 せいじ 2 つくし.よし子.
初秋刀魚尾をはみだして焼きにけり つくし 2 あさこ.みちほ.
堤より望む叡山澄める秋 せいじ 2 なつき.治男.
実紫未だをさなき緑の実 かず 1 よし女.
農の敵葉っぱの保護色菜虫かな 宏虎 1 こすもす.
石像の杖に菅笠草の花 かず 1 三刀.
行き帰り雨となりたる厄日かな 満天 1 菜々.

2014年9月1日 (投句者19名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
千灯のうしろの闇の虫の声 よし子 5 せいじ.ともえ.治男.さつき.雅流.
水害の爪痕残し葉月果つ 満天 5 三刀.宏虎.治男.雅流.こすもす.
ちちろ虫背戸の暗がり独り占め 雅流 4 三刀.菜々.ともえ.みちほ.
秋暑し湾岸道路砦めく 菜々 3 満天.はく子.つくし.
リフトより花野へと子ら駆け出せり なつき 3 ひかり.菜々.よし女.
永遠の別れ色なき風に見送りぬ はく子 2 満天.なつき.
蓋づれし遺跡のほとり一葉落つ よし女 2 ぽんこ.つくし.
新作の音頭を踊り八月尽 三刀 2 なつき.よし女.
蓑虫や嵐来る夜の枝の先 ひさ野 2 せいじ.みちほ.
秋燕河原の空を断ちて去ぬ せいじ 2 はく子.こすもす.
明け始む山にかかりし朝の虹 なつき 1 あさこ.
蓑虫の己が蓑引く石の上 よし女 1 ぽんこ.
千灯を見つめる神馬目の涼し よし子 1 ひかり.
夏休み果てて安堵と寂しさを 満天 1 宏虎.
朝顔の小さき雨粒濃紫 ぽんこ 1 かず.
蟲の音に誘われひとり虜なる 宏虎 1 さつき.
樹下涼し苔むす小さき石仏 ひかり 1 かず.
秋時雨六甲端山けぶらせて 菜々 1 あさこ.

2014年8月31日 (投句者19名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
エイと声かけて残暑の畑仕事 三刀 5 せいじ.ひさ野.よし女.なつき.こすもす.
秋されや草野に一条立つ煙 みちほ 4 ひかり.ひさ野.つくし.かず.
婦人画の遠き眼差し秋思とも 満天 4 よし子.はく子.治男.かず.
蟲時雨沖の漁火二つ三つ 宏虎 3 ひかり.あさこ.治男.
木もれ日や声を限りに法師蝉 ひさ野 3 宏虎.こすもす.みちほ.
石走る猪名の川音秋の声 雅流 3 せいじ.ぽんこ.菜々.
無患子の樹齢千年星月夜 よう子 3 なつき.雅流.菜々.
萩零れ日の斑こぼるる萩の寺 宏虎 3 ともえ.はく子.雅流.
門二つ潜り多田院万灯会 雅流 2 よし子.つくし.
中腹に白き十字架秋澄める せいじ 2 満天.よし女.
秋しぐれ六甲端山けぶらせて 菜々 2 宏虎.あさこ.
献灯のゆれる灯影や霧月夜 よし子 1 三刀.
朝顔のネット外しつ夏惜しむ かず 1 ともえ.
帰省子の戻りてよりの又独り あさこ 1 みちほ.
師と仰ぐ句友の逝けり秋深む はく子 1 満天.
にらみっこ真近な顔の鬼やんま ぽんこ 1 三刀.
山頭火句碑読むらしき蜻蛉ゐて かず 1 ぽんこ.