GH毎日句会 > 成績一覧・2013年1月
GOSPEL HAIKU
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

毎日句会成績一覧

[2014年7月]

2014年7月30日 (投句者17名 選句者16名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
物忘れ笑ひ飛ばして暑気払 うつぎ 5 満天.ぽんこ.なつき.はく子.かず.
虫よけの効かぬ藪蚊や一揆寺 なつき 5 ひかり.せいじ.うつぎ.よし女.有香.
滝しぶき苔むす石の仏かな ぽんこ 4 宏虎.みちほ.三刀.有香.
踊り稽古夫の音頭で始りぬ よし女 3 三刀.なつき.はく子.
強風に押し戻さるるあめんぼう ぽんこ 2 満天.せいじ.
蝉時雨赤子にわかに泣き立てる 治男 2 菜々.ぽんこ.
釣りたての刺身造りて夏の宵 ひさ野 2 あさこ.みちほ.
ゆうゆうと鯉の泳げる夏の池 あさこ 1 菜々.
闇を抜け光の世へと蝉の殻 三刀 1 ひさ野.
開店直ち土用鰻へ列なして 菜々 1 うつぎ.
畑の瓜歯形を残す狸かな よし女 1 ひかり.
一揆寺の大屋根の反り夏日燦 なつき 1 かず.
夏の昼おしゃれランチに舌鼓 有香 1 あさこ.
落し文人恋しとて手のひらに かず 1 宏虎.
黄金虫薔薇の花びら好みけり みちほ 1 ひさ野.
間髪を入れず轟く大花火 宏虎 1 よし女.

2014年7月29日 (投句者18名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
夏帽と青春十八きっぷ買ふ せいじ 8 はく子.あさこ.よし女.三刀.さつき.なつき.雅流.有香.
蔓草に向きを変えれぬ風見鶏 みちほ 5 ぽんこ.満天.さつき.治男.ともえ.
リーダーの居るやに蝉の声揃う ともえ 4 ひさ野.菜々.あさこ.治男.
神杉の抜け出る日差し滝不動 なつき 3 かず.みちほ.うつぎ.
べんがら格子洩るる三味の音路地涼し 菜々 3 満天.宏虎.なつき.
シャッターの軋む悲鳴や梅雨湿り さつき 3 ひかり.菜々.かず.
売り物件再度看板ねこじゃらし ぽんこ 2 宏虎.有香.
ママチャリで挑むとふ百余里の夏 せいじ 2 はく子.うつぎ.
ひと鳴きに老幹離る油蝉 雅流 2 よし女.三刀.
草中に固まる子猫白雨来る よし女 1 ひかり.
ばったり床几今も町家の片陰に 菜々 1 ともえ.
毛虫焼くジキルハイドを演じたる 有香 1 雅流.
ヘルパ−の掃除の指図暑き部屋 治男 1 ぽんこ.
畑仕事終えし朝空丘涼し ひさ野 1 みちほ.
竜胆の蒼の深さや空の果 みちほ 1 ひさ野.

2014年7月28日 (投句者16名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
海に落つ夕日送りて花火待つ はく子 8 あさこ.満天.治男.よし女.ともえ.雅流.なつき.みちほ.
国生みの島を散華の大花火 はく子 6 宏虎.満天.ひかり.菜々.三刀.なつき.
雛罌粟の花びらめくり風遊ぶ みちほ 4 せいじ.ひさ野.はく子.かず.
せみしぐれラジオ体操軽やかに 菜々 4 宏虎.あさこ.ひかり.はく子.
夏祭り補習帰りの鞄提げ なつき 3 ぽんこ.治男.雅流.
堂塔の道を遮る蜘蛛の糸 ぽんこ 2 うつぎ.有香.
夫の吹く尺八途切れ熱帯夜 よし女 2 せいじ.ぽんこ.
移ろいの早き世の中法師蝉 宏虎 1 ひさ野.
夏霞巨船幻めきにけり さつき 1 うつぎ.
隣組祭りの準備着々と 満天 1 菜々.
溽暑とて朝は茶がゆの慣はしに よし女 1 三刀.
階下より仄かに月下美人の香 せいじ 1 さつき.
語らひて甘く溶けたる氷水 なつき 1 ともえ.
船祭橋に反響鉦太鼓 宏虎 1 さつき.
西瓜畑人と狸の知恵比べ 三刀 1 よし女.
二声を闇に漏らせり雨後の蝉 有香 1 かず.
空き水田今日も一羽の白鷺来 治男 1 有香.
後先に現る揚羽ウオーキング ひさ野 1 みちほ.

2014年7月27日 (投句者17名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
土用三郎いよよ青田の濃くなりぬ 雅流 6 満天.三刀.よし子.治男.ぽんこ.かず.
朝顔の蕾の折り目明日を待つ 宏虎 5 満天.さつき.はく子.かず.なつき.
三日三晩どこへも行かず梅を干す 菜々 3 さつき.よし女.なつき.
陸軍墓地兵士安かれ蝉しぐれ ぽんこ 3 ひかり.ひさ野.有香.
妙見へ遠き丁石灼けてをり 雅流 3 せいじ.菜々.みちほ.
鉾回し万人拍手大船鉾 ともえ 2 ひかり.あさこ.
白靴を光らせ闊歩ニュウタウン よし子 2 宏虎.三刀.
お花畑少し斜めに置くベンチ なつき 2 宏虎.よし女.
外流し夫手造りのよしず屋根 よし女 2 菜々.はく子.
子らが来てすぐ帰りたる遠花火 よし女 2 治男.ぽんこ.
梅干して夫婦の暮し恙なく 菜々 1 有香.
湿原に夏うぐいすの声間近 なつき 1 せいじ.
多木洋館大正偲ぶ館涼し かず 1 あさこ.
娘の逝きて夏に木蓮咲きにけり 治男 1 よし子.
木苺の繁るー画子は常連 ひさ野 1 みちほ.
小向日葵雨に烟てほのあかり みちほ 1 雅流.
夏雲の湧き出す谷間雨晴れる みちほ 1 ひさ野.
炎熱やヨーヨー釣りのテント張る せいじ 1 雅流.

2014年7月26日 (投句者19名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
風渡り千の風鈴千の音 ひかり 6 ぽんこ.宏虎.ともえ.ひさ野.なつき.治男.
住職が渡す褒美のかぶと虫 よし女 5 よし子.ともえ.三刀.菜々.こすもす.
録音の講話に交じる蝉の声 せいじ 4 宏虎.満天.よし女.菜々.
透かし見る椰子の葉陰の雲の峰 宏虎 3 さつき.なつき.みちほ.
薄物を粋に着こなす初老かな はく子 3 ひかり.あさこ.三刀.
子等の曳く神輿をはるか青田道 雅流 3 満天.せいじ.さつき.
夕暮れて牧の静けさ霧立ちぬ みちほ 3 ひさ野.治男.よし女.
冷し茶を切子グラスでまず出され なつき 2 ひかり.あさこ.
大船鉾のかげに小さし京の街 ともえ 2 よし子.かず.
百日紅観音御手を差し伸ぶる 有香 2 ぽんこ.雅流.
坪庭の風さらさらと夏座敷 菜々 1 雅流.
ひぐらしや昏れゆく雲の輝やきて ひさ野 1 みちほ.
水煙をあげて高速夕立かな ぽんこ 1 せいじ.
留守の家をとばす回覧夏休み よし子 1 かず.
鎮守社へ祭法被の子を抱きて 雅流 1 こすもす.

2014年7月25日 (投句者18名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
ふくよかに夏痩しらぬ九十路 はく子 6 せいじ.ぽんこ.ひかり.治男.なつき.こすもす.
川風のとほる道あり夏座敷 かず 5 菜々.宏虎.はく子.なつき.雅流.
水色を筆にたっぷり暑中見舞 満天 4 あさこ.ぽんこ.かず.よし子.
高原や更けゆく空に天の川 みちほ 3 ひさ野.菜々.こすもす.
空蝉や我が狭庭こそ本籍地 宏虎 2 ともえ.三刀.
高く積む薪に蜘蛛の囲登り窯 なつき 2 満天.せいじ.
真っ白な百合に囲まれ遺影笑む 菜々 2 はく子.治男.
風渡る休暇の校舎蝉の声 有香 2 満天.よし女.
まわししめ小学生に夏祭り ひさ野 2 あさこ.みちほ.
堂島の川の匂ひや夏闌る よし子 2 雅流.有香.
川幅に映す大樹の影涼し ひかり 2 宏虎.みちほ.
それぞれの露仏に供ふ冷ソーメン よし女 1 三刀.
日当たりて宝石めきし黄金虫 三刀 1 よし女.
夕焼や散歩連れ添ふシルエット 宏虎 1 よし子.
力石の句歌あつめし本涼し 治男 1 かず.
祭支度整ふ社務所浅酌す 雅流 1 ひさ野.
神輿庫開くる鎮守や蝉のこゑ 雅流 1 有香.
堂暑し皺の質感生き人形 ぽんこ 1 ひかり.
弟に3匹分けて蝉鳴かす 有香 1 ともえ.

2014年7月24日 (投句者17名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
自転車を押して大暑の坂遠し 菜々 5 ひかり.よし女.三刀.なつき.はく子.
戻り来て義手を外せる涼しさよ 雅流 4 満天.せいじ.かず.有香.
打ち鳴らす奉納太鼓海開き あさこ 4 満天.ぽんこ.ひさ野.みちほ.
おのづから若やぐ仕草サングラス よし子 3 菜々.かず.雅流.
餅投げて行事湧き立つ夏祭 ひさ野 3 ひかり.みちほ.治男.
甲子園目指し連投炎天下 三刀 3 菜々.よし子.はく子.
夏座敷墨跡黒き掛軸を かず 2 宏虎.治男.
風死して目玉光りし赤閻魔 なつき 2 せいじ.雅流.
鮫避けの網を張られて海開き あさこ 2 よし女.なつき.
大和路の空へ二千余の風鈴 ひかり 2 有香.こすもす.
戸を繰れば耳を劈く蝉の声 せいじ 2 宏虎.あさこ.
星数多匂ひ漂ふバーベキュー みちほ 1 あさこ.
目覚ましのベルに早しや蝉しぐれ 満天 1 よし子.
庭池を狭め迫り出す緑かな ひかり 1 ぽんこ.
雨あがり川の流れに藻花ゆれ ともえ 1 こすもす.
雨上がる厚き雲間に夏の空 みちほ 1 ひさ野.
瑠璃に盛る七彩映ゆる夏料理 宏虎 1 三刀.

2014年7月23日 (投句者19名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
空蝉の祈る姿に朝日射す 満天 7 あさこ.なつき.うつぎ.かず.三刀.雅流.こすもす.
シートベルト要る助手席の大西瓜 うつぎ 6 よし子.菜々.なつき.さつき.よし女.こすもす.
ビール干す男女の別のなかりけり ともえ 4 ひかり.宏虎.満天.三刀.
落し文聖女学院はこの先に よし子 3 満天.うつぎ.かず.
初西瓜叩きて抱きて夫笑顔 よし女 3 ひさ野.菜々.治男.
一車線占めてだんじり舵をとる ぽんこ 3 宏虎.せいじ.よし子.
木苺の熟すを摘まむ幼き手 みちほ 2 ひさ野.ともえ.
練習済みグランドに礼梅雨明けぬ 治男 1 雅流.
夏座敷亡父の描きし俳画掛け かず 1 治男.
山頂でハーモニカ吹く人涼し さつき 1 ともえ.
鯉の口泡吐き並ぶ蓮の寺 なつき 1 あさこ.
国境の高嶺を窓に夏座敷 菜々 1 せいじ.
下枝に隊をなしたる蝉の殻 せいじ 1 ひかり.
目力の生き人形や堂涼し ひかり 1 ぽんこ.
木々上空ぶつかりもして蝉つぶて せいじ 1 ぽんこ.
顔寄せてーつを二人かき氷 ひさ野 1 みちほ.
緑陰の庭を舞台に雀啼く 三刀 1 よし女.
別れゆく河馬の親子の水遊び よう子 1 みちほ.
石どかす慌てふためく蟻の国 みちほ 1 さつき.

2014年7月22日 (投句者18名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
二円切手買ひ足しに行く暑さかな あさこ 7 満天.ともえ.よし女.かず.雅流.うつぎ.なつき.
炎天へ回転ドアに放り出さる 菜々 5 満天.ひかり.あさこ.よし子.うつぎ.
夏落暉老いと幼の隠れんぼ みちほ 3 ひさ野.三刀.かず.
脱ぎ捨てし殻は泥んこ蝉生るる よし女 3 あさこ.三刀.さつき.
総代の烏帽子ずらして汗拭けり なつき 3 治男.みちほ.有香.
山百合や匂いほのかに夕昏るる ひさ野 3 宏虎.せいじ.みちほ.
向日葵や赤きポルシエの風を切る 宏虎 2 菜々.ぽんこ.
浴衣着て歩幅小さく乙女達 あさこ 2 ともえ.ひさ野.
かき氷分け合ふ母娘睦まじく ひかり 2 宏虎.ぽんこ.
寺男薔薇の手入れに余念なし ひかり 2 よし女.こすもす.
苔庭に打ち重なりて梅雨茸 よし女 2 よし子.雅流.
俳画には千代女の句あり夏座敷 かず 2 ひかり.有香.
あちこちで蒲団たたくや梅雨明ける 満天 2 なつき.こすもす.
置き石の同化となりぬ亀の子は ぽんこ 1 治男.
喜雨ありて夕風通る浜の道 かず 1 さつき.
川風を得ては宇治茶に暑気払 雅流 1 せいじ.
梅雨明けや色紙短冊入れ替へる 満天 1 菜々.
葉の裏に残る空蝉力かな 三刀 1 よう子.
炎天に時の止まりし腕時計 なつき 1 よう子.

2014年7月21日 (投句者14名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
石塔へ径通せんぼ蜘蛛の糸 ひかり 5 宏虎.あさこ.菜々.よし子.ぽんこ.
体操の早朝賑はす夏休み 満天 4 よし子.よし女.治男.こすもす.
道草のバッタを入れし麦藁帽 有香 4 満天.菜々.よし女.なつき.
風鈴の風を誘うや飛鳥川 ぽんこ 4 ひかり.宏虎.せいじ.雅流.
汗染むる鞄の持ち手旅の果て なつき 3 さつき.ぽんこ.よう子.
夕映えや里山包む蝉の声 みちほ 3 さつき.せいじ.治男.
高原の風届けたし桔梗咲く みちほ 3 ひさ野.かず.有香.
猛獣の牙を忘れし油照 宏虎 3 よう子.三刀.雅流.
邪気払う数の風鈴鳴り止まず ぽんこ 2 満天.なつき.
谷戸の天星をちりばめ梅雨上がる 菜々 2 ひさ野.みちほ.
いつの間に住みし蓑虫植木鉢 ひさ野 2 あさこ.みちほ.
大瀑布轟音連れし水の嵩 宏虎 1 有香.
石組みの一段づつを落つる滝 よし女 1 三刀.
夕立に待つ買い物の増へにけり 満天 1 こすもす.
団扇風父と母よりもらい寝る なつき 1 ひかり.
故郷の大楠無変木下闇 治男 1 かず.

2014年7月20日 (投句者16名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
水中の黒き矢となり鵜の速し ひかり 7 満天.さつき.菜々.ぽんこ.よう子.有香.こすもす.
石が切る滝の流れを真二つ 三刀 4 宏虎.あさこ.よし女.こすもす.
隣り合ふ田の濃淡や田水沸く 雅流 4 せいじ.三刀.菜々.有香.
ガラス窓洗ふがごとき大夕立 満天 3 よし子.よし女.なつき.
忘れたき言葉忘れず昼寝覚 宏虎 3 三刀.かず.よう子.
御幣舞ふ町内今や夏祭り ぽんこ 3 満天.さつき.ひかり.
白雨過ぐ高層マンション洗ひ上げ 菜々 2 せいじ.かず.
羽衣のごとき産着や夏神楽 治男 2 宏虎.ひさ野.
夕立の止みし静けさ日のさしぬ あさこ 2 治男.みちほ.
目を細め幼のくれし団扇風 なつき 2 あさこ.ぽんこ.
一村の鎮もる梅雨の雨滂沱 よし子 1 なつき.
朝露にトマトの芽欠き山の風 ひさ野 1 みちほ.
疾風に空掻き曇り大夕立 菜々 1 治男.
雨晴れて伸びる枝先夏欅 みちほ 1 ひさ野.
市に売る南瓜に描きし百面相 なつき 1 ひかり.
背中より煙の立ちぬ夏の灸 治男 1 よし子.

2014年7月19日 (投句者17名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
炎天へ挑む大円観覧車 菜々 7 ひかり.治男.うつぎ.満天.よし子.雅流.さつき.
阿羅漢の膝に小銭や蝉の声 よし女 4 あさこ.なつき.菜々.こすもす.
どこまでも続く箒目園涼し よし女 3 ひかり.あさこ.三刀.
海霧晴れて天突き破るクレーン船 かず 3 三刀.満天.有香.
雨だれの眠りを誘ふ夏の午後 みちほ 2 菜々.こすもす.
城の悲史睡蓮池の華やぎぬ 宏虎 2 ひさ野.うつぎ.
石橋も木橋も一間夏館 三刀 2 宏虎.かず.
天領の千石谷てふ青田かな 雅流 2 よし子.有香.
山里や重なる青の七変化 みちほ 2 ひさ野.なつき.
晩稲田も肥効きはじめ田水沸く 雅流 2 よし女.治男.
土の謎惚れぼれ艶の茄子の紺 宏虎 1 せいじ.
炎天の庭よぼよぼと猫過る 菜々 1 雅流.
雨蛙子の墓前で正座する 治男 1 さつき.
夕風や枝撓わせて百日紅 ひかり 1 せいじ.
空蝉はしかと爪たて葉の裏に ぽんこ 1 よし女.
昨夜の雨光ととどめ合歓の花 うつぎ 1 みちほ.
百千鳥鳴き交う里の靄晴るる ひさ野 1 みちほ.
明日からの子の声弾む夏休み 満天 1 ぽんこ.
花咲きしからに散りたき水中花 よし子 1 かず.
夕暮や明日の蝉が塀をゆく ひかり 1 ぽんこ.
大輪やひまわりの根の横に張り よう子 1 宏虎.

2014年7月18日 (投句者17名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
夏神輿信号止めて笛太鼓 みちほ 5 あさこ.ひさ野.よし子.よし女.こすもす.
水馬のふんばる水面凹みけり 治男 5 ひかり.せいじ.ぽんこ.かず.よう子.
化粧塩の尾を跳ね鮎の焼き上がる 菜々 4 あさこ.三刀.満天.雅流.
海霧湧きて隠しきったる指呼の島 宏虎 4 よし子.よう子.みちほ.なつき.
紙魚と染み年季あらはす稽古本 宏虎 4 ひかり.ぽんこ.よし女.治男.
一服のベンチさ走る瑠璃とかげ ひかり 3 治男.宏虎.こすもす.
夕釣りの釣果尺余の大鯰 三刀 3 ひさ野.菜々.うつぎ.
振り回す水着のバック下校の児 ぽんこ 2 満天.うつぎ.
滴れる磨崖観音間歩の跡 よし子 2 せいじ.雅流.
へそを曲げつむじ傾げて捩り花 よし女 1 宏虎.
弓を引く古希の女や立葵 治男 1 三刀.
ミソハギや恋の黄蝶をふところに ひさ野 1 みちほ.
畑渡る緑の風や日の光 みちほ 1 なつき.
炎天に覚悟の一歩や急ぎ足 満天 1 かず.
オリーブ油封解くトマト切り終へて よし女 1 菜々.

2014年7月17日 (投句者15名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
あぜ道に青田の匂ひ夕の風 みちほ 4 宏虎.ひさ野.こすもす.よし子.
空一枚抱へ眠りぬ合歓の花 宏虎 4 満天.三刀.かず.有香.
炎天に下校子待つや見守り隊 満天 4 あさこ.ひさ野.みちほ.雅流.
夏の蝶小花に休み吹かれをり ひかり 3 あさこ.ともえ.よし女.
静けさを破りて指呼に鳴くカッコー ひさ野 3 みちほ.かず.有香.
凌霄の火柱となる曲り角 うつぎ 3 三刀.菜々.よし女.
蛇に合ひ金縛りにあふ野路かな よし女 2 ひかり.ともえ.
初蜻蛉ふと横切って能勢の風 よし子 2 ぽんこ.よう子.
羅のかすか艶めき秘めにけり 宏虎 2 満天.治男.
ひこばえの大きく伸びし夏の雨 みちほ 2 宏虎.よし子.
市役所の机上雑然梅雨湿り 菜々 2 ぽんこ.よう子.
夏の月窓の灯ひとつづつ消ゆる 菜々 1 こすもす.
蒼翠のけやきに昼寝青葉菟 よう子 1 ひかり.
遠山の雨に烟れる夏蕨 かず 1 治男.
蒲の穂の池つんつんと顔を出す 満天 1 菜々.
雨過ぎの夕べ当て無き鰻釣り 三刀 1 雅流.

2014年7月16日 (投句者15名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
睡蓮の浮葉を走る小亀かな よし女 5 あさこ.菜々.三刀.治男.みちほ.
夕暮れのカレー漂ふキャンプ村 宏虎 4 よし女.あさこ.菜々.治男.
採血の結果良好梅雨夕焼け 三刀 3 よし女.満天.よう子.
風涼し明治の椅子に腰かけて 菜々 3 宏虎.よし子.三刀.
片白草病状未だ落ちつかず はく子 3 満天.かず.よう子.
裏山にこもり鳴く鳩梅雨深し 雅流 3 宏虎.ひさ野.うつぎ.
梅雨晴るるビルにビル影映しては 菜々 2 うつぎ.こすもす.
香水の匂い残れりエレベーター よし子 2 ひかり.みちほ.
お揃ひの日除け帽子の園児たち かず 1 ぽんこ.
ふわふわりわた毛飛び行く柳蘭 みちほ 1 ひさ野.
夏日燦女性の撃ちしスタ−ト音 治男 1 かず.
蒲の穂の余白に鯉の重なりて 満天 1 ぽんこ.
足音に飛び立つ羽音花の蜂 みちほ 1 こすもす.
不老水汲むに紫陽花頷けり よし女 1 よし子.
川涼し水脈引き流す鴨のゐて はく子 1 ともえ.
一本の蓼に戯る夏の蝶 あさこ 1 ともえ.
ゴム長に踏みし梅雨茸臭ふなる 雅流 1 ひかり.

2014年7月15日 (投句者18名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
おしぼりの熱きが嬉し夏料理 よし女 7 宏虎.ともえ.菜々.三刀.ぽんこ.雅流.はく子.
千体の水子地蔵に夏蝶来 三刀 3 ひかり.満天.よし女.
蝉しぐれ大波小波ありにけり ひかり 3 宏虎.三刀.よし女.
娘の残し笛吹いてみる梅雨ごもり 治男 3 ともえ.かず.よし子.
空蝉の真一文字に開きけり ぽんこ 3 せいじ.満天.あさこ.
混じり合うハーブの匂い夏の花圃 みちほ 2 ひさ野.こすもす.
病廊にひびく杖音梅雨深し 菜々 2 ぽんこ.みちほ.
海の香の著き手作り心太 はく子 2 ひさ野.かず.
軽トラの荷台にも人青田道 雅流 2 ひかり.よし子.
初蝉や今日退院の窓の外 菜々 2 雅流.はく子.
船を待つ喪服の家族夏の潮 なつき 2 菜々.治男.
階上り用忘れけり熱帯夜 宏虎 2 よう子.こすもす.
端居して琵琶湖の対岸またたく灯 よし子 1 よう子.
オオムラサキ邂逅うれし国の蝶 ひさ野 1 みちほ.
紫蘇ジュースふるまふ島の札所寺 なつき 1 せいじ.
七色を確かめつ見る虹の橋 かず 1 あさこ.
麓田にロングヘアの案山子かな よし女 1 治男.

2014年7月14日 (投句者19名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
繰りかへし弾く童歌梅雨ごもり 満天 5 せいじ.宏虎.治男.かず.雅流.
夏草や名城址の石に座す よし子 5 ぽんこ.さつき.はく子.なつき.こすもす.
親燕豪雨の中へ飛び立てり せいじ 4 あさこ.ぽんこ.よう子.雅流.
万緑に囲まれ古墳眠りけり 宏虎 4 満天.よし子.はく子.みちほ.
つばめ飛ぶ島に一つの信号機 なつき 4 ひさ野.治男.菜々.みちほ.
梅雨晴のチャペルの床を磨きけり せいじ 3 ひかり.さつき.なつき.
大師堂よく参られたと青蛙 よし女 3 ひかり.三刀.よう子.
翠黛の端山従へ山開き ひかり 3 満天.よし女.かず.
こよりよる事に始まる星祭り よし女 3 あさこ.三刀.こすもす.
ぶつ切りの蛸入るカレー島料理 なつき 2 よし子.菜々.
睡蓮の花を動かす錦鯉 三刀 1 よし女.
ひぐらしの鳴きだす夕べ茜空 みちほ 1 せいじ.
海の色といふ人ありデルフィニューム みちほ 1 ひさ野.
休日の逸る気持ちに明易き さつき 1 宏虎.

2014年7月13日 (投句者20名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
朝市や日傘傾げて品定め かず 4 治男.よう子.みちほ.こすもす.
夏帽子脱ぎて明治の貴賓室 菜々 4 あさこ.三刀.せいじ.有香.
厄除けの坂は急坂七変化 三刀 4 あさこ.よし女.さつき.有香.
とんとんといかぬ飛び石汗を拭く ひかり 4 ぽんこ.ともえ.治男.かず.
ワンピースなびかせ鍔広夏帽子 よう子 3 ひかり.宏虎.雅流.
試食してマンゴーからは逃げられず 宏虎 3 さつき.せいじ.よう子.
百年の重み日銀楠青葉 はく子 2 満天.こすもす.
あるなしの風に揺るるや百日紅 満天 2 ぽんこ.ひさ野.
そばかすの笑顔の少女夏帽子 よし子 2 宏虎.雅流.
棕櫚の葉で祖父の作りし蠅叩 治男 2 ともえ.なつき.
人恋し道にせり出す合歓の花 よし女 2 三刀.かず.
目に涼しなぞへの羊歯を渡る風 ひかり 1 はく子.
溽暑くる夏台風の去りし街 せいじ 1 はく子.
茜空降り出す雨に虹立ちぬ みちほ 1 満天.
碑のみの駅逓司跡緑陰に 菜々 1 よし子.
羅を着こなし女将らしくなり 宏虎 1 よし女.
行き届く若きナースや梅雨晴間 ひさ野 1 みちほ.
炎昼の鳳凰を指呼煌々と 雅流 1 よし子.
地図片手英語で道を夏の園 ぽんこ 1 ひかり.
太鼓橋七夕竹の揺れやまず さつき 1 なつき.
流れくる草焼く匂ひ夏の月 みちほ 1 ひさ野.

2014年7月12日 (投句者18名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
カラフルな幼稚園バス花ダリア よし女 5 なつき.ひかり.あさこ.こすもす.みちほ.
ぶら下がり何するでなし軒の蜘蛛 ひかり 4 菜々.三刀.よう子.ぽんこ.
下校子の潔く濡れ夕立中 うつぎ 4 せいじ.よし女.治男.雅流.
彩ガラス涼し日銀旧館に はく子 3 満天.よし子.さつき.
夏霞沖行く船の翳淡し  三刀 3 ひかり.宏虎.みちほ.
園庭のもとの静けさ苔の花 ぽんこ 2 ひさ野.菜々.
初蝉や嵐の後の槻並木 はく子 2 こすもす.雅流.
豪華船の旅へ梅雨明け待ちきれず 菜々 2 あさこ.宏虎.
アルバムに姉とお揃い夏帽子 よう子 2 なつき.かず.
沙羅の花四阿に吹く風みどり みちほ 1 ひさ野.
昼灯す硯工房萱すだれ なつき 1 よし子.
霊山の花野白装束でゆく なつき 1 三刀.
洗ひ髪束ねることもなかりけり よし女 1 よう子.
白シャツを引き立てし色様様の子 治男 1 よし女.
蕎麦処水車とあぢさゐ看板に かず 1 満天.
体操の今日一日の汗をかく 満天 1 はく子.
羽ばたきを夢み玉巻く芭蕉かな ひかり 1 ぽんこ.
嵐去りうなだるるまま向日葵咲く 満天 1 治男.
夕立急吾子急かしてはひた走る 有香 1 さつき.
ガラス張りに涼しく日銀執務室 菜々 1 はく子.
残り雪小さくなりし夏の風 みちほ 1 せいじ.
瀬の音と木々の匂ひと貴船川床 よし子 1 かず.

2014年7月11日 (投句者21名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
昼灯すビルを映して梅雨の川 はく子 6 満天.菜々.よう子.雅流.よし子.こすもす.
蜘蛛の巣の朝陽に光る幾何模様 みちほ 4 あさこ.ぽんこ.よし子.こすもす.
深山より水引きいれし作り滝 ひかり 4 よし女.あさこ.ぽんこ.はく子.
借景のうつるほとりや未草 ぽんこ 4 せいじ.ひかり.三刀.うつぎ.
蜘蛛の囲の光透かして茜空 よし子 3 なつき.治男.はく子.
婚礼の祝いの餅撒き梅雨晴れ間 ともえ 2 なつき.治男.
雷鳴の一喝風呼び雨を呼ぶ 宏虎 2 かず.うつぎ.
梔子の花の匂ひや夕刊紙 三刀 2 ひかり.みちほ.
初蝉の勢いあれど途切れがち ひかり 1 よう子.
切り西瓜糖度ラベルを貼って売る よし女 1 三刀.
梅雨しとど厨に夫と遊びけり よし女 1 せいじ.
薔薇の昼公会堂にオムライス 菜々 1 有香.
青葉風浪速の街に川の駅 はく子 1 満天.
病食の良き味西瓜添えらえて ひさ野 1 みちほ.
揚げ羽来て庭中猫を奔らせる 有香 1 よし女.
介護士の調査こまごま夏台風 治男 1 かず.
梅雨出水水嵩の増す夜の闇 よう子 1 有香.
真っ新の明日を期待の大夕焼 宏虎 1 菜々.
ヌートリア来てをり蓮の花浄土 うつぎ 1 雅流.

2014年7月10日 (投句者21名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
足るを知る齢となりぬ冷奴 宏虎 6 よし子.かず.ともえ.なつき.よう子.雅流.
古井戸の蓋のずれゐる木下闇 なつき 4 宏虎.せいじ.よう子.うつぎ.
岩と化す微動だにせぬ山椒魚 宏虎 4 満天.あさこ.雅流.有香.
焼茄子の今日はするりと皮をぬぐ 満天 3 みちほ.よし子.はく子.
野良仕事蚋に好かれし雨上がり みちほ 3 ひさ野.はく子.こすもす.
考へる人のポーズの夫端居 かず 3 満天.治男.なつき.
夕立晴れ児との約束果たせそう 有香 2 ひかり.菜々.
蓮池の明日明後日を待つつぼみ よう子 2 ともえ.うつぎ.
天蓋なす枝の重なり若楓 ぽんこ 2 ひかり.有香.
入院を聞きとるナース梅雨湿り ひさ野 2 みちほ.かず.
園丁の気さくに答ふ庭涼し ひかり 2 せいじ.ぽんこ.
アロハシャツ視察旅行のバス送る 三刀 1 よし女.
無造作に散らばる路地の白木槿 せいじ 1 宏虎.
すれ違ひ日傘傾げる路地小道 かず 1 こすもす.
雷近し走って帰る下校の子 雅流 1 あさこ.
母の忌や雨の夏菊畑に切る よし女 1 三刀.
飴しゃぶる友の肩先蟻払う ひかり 1 ぽんこ.
薔薇園に靴のかたちの植木鉢 なつき 1 よし女.
名付けたる水槽目高の学校と こすもす 1 菜々.
蝶寄せて女王のごと花かんな 菜々 1 治男.
唯一人でハ−ドル跳びや青葉風 治男 1 ひさ野.
ゑのこ草風を選びて靡きをり せいじ 1 三刀.

2014年7月9日 (投句者20名 選句者23名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
借景の歪む玻璃戸の夏座敷 ぽんこ 5 ひかり.せいじ.よし子.治男.雅流.
はまなすの咲き乱れしや海難碑 宏虎 5 満天.よし子.さつき.よし女.有香.
夕暮れて茜に光る雲の峰 みちほ 4 菜々.宏虎.満天.あさこ.
魂遊ぶあさきゆめみし昼寝覚 宏虎 3 三刀.かず.有香.
捩花のねじれて咲くも素直なり 有香 3 宏虎.よう子.はく子.
梅雨しとど音階狂ふドアチャイム よし女 3 ひかり.うつぎ.はく子.
朱の橋を艶やかにして梅雨のあめ よし子 3 ともえ.治男.なつき.
開け放つ茶室を染めし若楓 ひかり 3 あさこ.ともえ.雅流.
子燕の並び餌を待つ道の駅 三刀 2 せいじ.ぽんこ.
胡瓜漬けレシピあれこれ吟味して よし女 2 三刀.こすもす.
熟れ梅の落ちし庭畑鹿のあと 雅流 2 よし女.みちほ.
緑野に一角占める麦の秋 みちほ 2 ひさ野.よう子.
曇天やゴーヤ簾の出番待ち かず 1 ひさ野.
清流の上にきらめく蜘蛛の糸 せいじ 1 さつき.
夕焼けに放牛の食旺盛なり ひさ野 1 みちほ.
羽繕ひしつつ餌待つ燕の子 さつき 1 なつき.
向日葵の屋根まで伸びてこちら向く 満天 1 菜々.
露地の池蝌蚪公開の貼り紙す ひかり 1 ぽんこ.
大夕立傘は持てども雨宿り よう子 1 こすもす.
小流れに姿隠して蜘蛛の糸 せいじ 1 かず.
風呂上がりソファで使ふ団扇かな こすもす 1 うつぎ.

2014年7月8日 (投句者20名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
力石深き刻字や梅雨しとど さつき 5 ぽんこ.よう子.こすもす.よし子.雅流.
若竹の藪成し庭の砦成す ひかり 4 満天.宏虎.ぽんこ.治男.
風紋は風神の技夏砂丘 宏虎 4 治男.三刀.はく子.有香.
星祭る病院ロビー願ひ載せ はく子 4 満天.さつき.こすもす.みちほ.
噴水の穂浴びて念仏行基像 ぽんこ 4 ひかり.菜々.雅流.有香.
生唾を飲んで李を買ひにけり こすもす 2 かず.うつぎ.
向日葵の菜園監視するごとし 満天 2 なつき.うつぎ.
ひたすらに天へ真向かふ羊草 ひかり 2 菜々.よし女.
青鷺のそよぐ田中に吹かれをり 雅流 2 せいじ.よう子.
七夕や朝露集め墨を磨る かず 2 せいじ.あさこ.
十字花賽の河原の結界に よし女 2 ひかり.なつき.
水捨てに出て束の間の梅雨夕焼 菜々 1 よし女.
海水を泥色に染め梅雨出水 三刀 1 あさこ.
新玉葱水に晒して夕厨 あさこ 1 宏虎.
天の川流るる街や星祭る はく子 1 よし子.
笛の音に心は青葉の山河行く 治男 1 三刀.
ボート揺れ愛より恋へ風変る 宏虎 1 かず.
仏前にビールを供へ吾も一杯 よし子 1 さつき.
苔涼し秋篠寺に八一歌碑 雅流 1 はく子.
アスパラガス薄きみどりや皿二つ よう子 1 ひさ野.
風さやかに歩く陸奥湾大夕焼 ひさ野 1 みちほ.
翔ぶ鴎ホテルを映す朝の凪 みちほ 1 ひさ野.

2014年7月7日 (投句者15名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
盤石を配して苔の庭涼し ひかり 9 宏虎.三刀.あさこ.ぽんこ.菜々.よし子.かず.雅流.有香.
朝凪や空と一つの海の果て みちほ 5 うつぎ.せいじ.治男.かず.はく子.
満開の睡蓮本堂開け放つ よし女 4 うつぎ.宏虎.こすもす.さつき.
踏石に色を残して瑠璃蜥蜴 雅流 4 せいじ.あさこ.よし女.有香.
端居して口ずさむこと五七五 かず 3 満天.ひさ野.雅流.
連れ立って浴衣姿の祇園四条 満天 3 ひかり.よし子.治男.
島陰に舳先現るヨットかな みちほ 3 ひさ野.さつき.よし女.
サスペンスいよいよ佳境羽蟻の夜 三刀 2 菜々.よう子.
鳥除けのネットやトマト赤くなる よし女 2 三刀.こすもす.
山間の忽と現れ蓮浄土 うつぎ 2 よう子.みちほ.
満目の緑涼しき堂縁に ひかり 2 ぽんこ.はく子.
青田風農夫悦入り一望す 宏虎 2 満天.ともえ.
夏の海あふるる風に深呼吸 ひさ野 1 みちほ.
魂の抜けたままなる子の寝顔 宏虎 1 ともえ.
試乗待つミニSLはキュウリ畑 有香 1 ひかり.

2014年7月6日 (投句者14名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
草いきれ売地の札を隠しけり 満天 7 あさこ.よし子.菜々.宏虎.かず.こすもす.有香.
麦茶沸かし主婦の一日はじまりぬ 菜々 3 満天.うつぎ.こすもす.
灯ともすや硝子戸叩く黄金虫 三刀 3 せいじ.よし女.治男.
縦横に燕の親子夕昏るる ひさ野 3 満天.せいじ.みちほ.
本日便届きし雲丹の解禁日 みちほ 3 さつき.ひさ野.うつぎ.
夕焼けの向こふにあるか妣の国 宏虎 3 三刀.治男.みちほ.
看護師のいつもの声や梅雨ぐもり よう子 2 宏虎.雅流.
今朝咲きしグラジオラスの白きこと 菜々 2 かず.よう子.
桃届く産毛大事に取り出せり よし女 2 さつき.雅流.
鴉の子とんとん跳ねる厠屋根 ぽんこ 2 よし女.ひかり.
波の音美脚並びし砂日傘 宏虎 2 菜々.よう子.
梅雨晴れ間予定のすべて成る安堵 かず 2 ひさ野.三刀.
子供浴衣準備して待つ日曜日 こすもす 1 あさこ.
公園で昼寝する婆大荷物 治男 1 ひかり.
愛犬に合羽着せるや梅雨散歩 満天 1 よし子.
心太テングサ採りより義姉手製 かず 1 有香.

2014年7月5日 (投句者15名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
心天つるりと本音洩らしけり 宏虎 8 満天.せいじ.ひかり.菜々.よし子.三刀.よし女.かず.
青林檎つづく山畑空晴るる ひさ野 4 せいじ.よし女.雅流.みちほ.
砂に座し朝のコーヒー夏の浜 みちほ 3 あさこ.ひさ野.治男.
古代蓮神代の色に咲きにけり よし女 3 満天.ひさ野.治男.
傘干して乾く間もなし梅雨じめり 満天 2 ひかり.よう子.
壺に白きグラジオラスや館清し 満天 2 あさこ.雅流.
梅雨晴れに毬の弾けてアガパンサス 菜々 2 宏虎.みちほ.
水庭のさざなみに揺る夏の雲 よし子 2 菜々.ぽんこ.
虹立ちぬ下界の事はすべて些事 宏虎 2 よし子.ぽんこ.
庭に得て煮たり焼いたりなすび攻め 菜々 1 こすもす.
太古から続く波音松の花 みちほ 1 宏虎.
梅雨晴間田水見て去る軽トラック 雅流 1 よう子.
七月やカレーを食べて始りぬ よし女 1 三刀.
さくらんぼ狩音たて口にはじけけり ともえ 1 かず.
あっち向きこっち向き咲く桔梗かな あさこ 1 こすもす.

2014年7月4日 (投句者20名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
雲の峰母校創立百周年 はく子 3 ひかり.菜々.治男.
看取妻足どり重き梅雨家路 はく子 3 あさこ.ともえ.ぽんこ.
花嫁は天真爛漫百日草 菜々 2 ひかり.かず.
葉がくれの蓮の莟の開きそむ 雅流 2 宏虎.よう子.
木下闇磐座の幣しめりおり よう子 2 宏虎.ぽんこ.
鬢少しほつれし如く花魁草 菜々 2 満天.雅流.
梅雨のバス濡れた荷物の置きどころ よし子 2 さつき.よし女.
五段抜き見出しに朝刊梅雨寒し うつぎ 2 かず.さつき.
夏燕群れ飛ぶ浜の子安貝 みちほ 2 せいじ.ひさ野.
夏の海雲の割れ目の光落つ みちほ 2 せいじ.よし女.
磐座の昼を鎮もる木下闇 雅流 2 よう子.みちほ.
保育所へ迎えの母の半ズボン 治男 1 うつぎ.
参道の坂に添水の鈍き音 三刀 1 雅流.
荒梅雨に予定変へずの男主ら 満天 1 こすもす.
御手洗に水満杯や梅雨晴れ間 治男 1 ともえ.
土乾く田植ゑ祭りの神事あと よし女 1 こすもす.
病癒へ隣家に菊の挿し芽鉢 こすもす 1 三刀.
熟したる触れれば落ちるプチトマト あさこ 1 ひさ野.
竹の杖紫陽花めぐりに備へられ よし女 1 三刀.
朝顔の本葉の勢ひ見る見るに 満天 1 治男.
蹲踞の庭の風情や夏座敷 宏虎 1 あさこ.
馬鈴薯掘るずんぐりむっくり日に並べ 有香 1 うつぎ.
旅に出て強き塩の香初つばめ ひさ野 1 みちほ.
肩肘を張らぬ生活冷奴 宏虎 1 満天.
小雨の日色安泰の濃紫陽花 こすもす 1 よし子.
立ち話し相寄り日傘の輪を作り ともえ 1 よし子.
歯朶涼し御手洗の水降り懸かり うつぎ 1 菜々.

2014年7月3日 (投句者20名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
点々と映ゆる白鷺大青田 うつぎ 5 満天.宏虎.ひさ野.よう子.よし子.
郵便受け開ければキュウリ五六本 こすもす 5 せいじ.うつぎ.治男.さつき.はく子.
瀬音して川幅埋める半夏生 三刀 4 ぽんこ.よし女.よし子.有香.
息とめてそつと引き出す焼きさざえ ともえ 4 満天.ひかり.あさこ.みちほ.
皮付けて伸びも伸びたり今年竹 よし女 3 三刀.こすもす.ともえ.
清水の坂風鈴に励まされ 満天 3 ひかり.雅流.さつき.
ボーナスに縁無き暮らし冷奴 宏虎 3 菜々.三刀.よし女.
小麦餅つきしは昔半夏生 雅流 3 菜々.うつぎ.ともえ.
葉の下に顔覗かせる雨蛙 満天 2 ぽんこ.こすもす.
草引きの手を止め摘まむ野の苺 みちほ 2 ひさ野.せいじ.
定年の夫に着せたし甚平買ふ かず 2 あさこ.治男.
木漏れ日のアカシヤ並木風の道 ひさ野 1 みちほ.
飼い猫のみーと媼の夕涼み ひかり 1 よう子.
山積みの蛸の厄日や半夏生 ひかり 1 はく子.
雨蛙へ窓少し開け留守居の子 菜々 1 かず.
幣を振る烏帽子姿の若き汗 よう子 1 有香.
みどりごの抱かれて眠き日陰かな よし女 1 かず.
サンダルの美脚渚のサングラス 宏虎 1 雅流.
喜寿祝ひくれし妻なり半夏生 雅流 1 宏虎.

2014年7月2日 (投句者16名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
涼風に禰宜の袴の膨らみぬ 三刀 5 せいじ.ぽんこ.よし女.よう子.なつき.
合歓咲ける休耕田の続く土手 有香 4 菜々.ひさ野.みちほ.雅流.
吉と出し水占や宮涼し うつぎ 3 よし女.よう子.こすもす.
凌霄の姿見となる辻ミラー よう子 3 ひかり.あさこ.さつき.
風に乗り聖なる歌の声涼し みちほ 3 満天.宏虎.ひさ野.
風鈴の舌も褪せたる村旧家 菜々 3 ひかり.さつき.有香.
さわさわと押しくる風や昼寝覚め ひさ野 3 菜々.みちほ.雅流.
旅土産の貝風鈴の波の音 はく子 3 宏虎.なつき.かず.
半夏生汲めども鳴らぬ水琴窟 なつき 2 ぽんこ.よし子.
青虫の食べゆく勢い今しばし みちほ 2 ともえ.治男.
ゆらゆらと変らぬ雅水中花 宏虎 2 満天.有香.
一尺は飛び退りたり長むしり よし女 2 よし子.三刀.
想いでの浜の波音貝風鈴 菜々 2 あさこ.うつぎ.
宝前を狭に一之宮茅の輪立つ 雅流 2 うつぎ.こすもす.
讃美歌を歌ひつ万歩梅雨晴れ間 かず 1 せいじ.
夕風と共々くぐる茅の輪かな ぽんこ 1 ともえ.
お地蔵の周り盛り立て七変化 治男 1 三刀.
向日葵や悩み飛び去り背伸びする 治男 1 かず.
里宮に集ふ老若夏越祭 雅流 1 治男.

2014年7月1日 (投句者18名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
滝壺の光に踊る一葉かな なつき 7 満天.宏虎.あさこ.ぽんこ.三刀.せいじ.こすもす.
滝の道傾ぐ手描きの案内板 なつき 5 ぽんこ.ひさ野.菜々.さつき.みちほ.
夏越とて真名井の水を家苞に うつぎ 3 なつき.雅流.有香.
梅雨雲をカラフルに染め観覧車 よし女 3 あさこ.三刀.はく子.
梅雨深し日日通ふ看取りかな はく子 3 満天.菜々.治男.
夏帽子スッケッチ帰りの日の匂ふ 有香 2 なつき.さつき.
常在さぬ宮司が祝詞大祓え 雅流 2 よう子.うつぎ.
睡蓮の犇めく池や日の眩し ひかり 2 かず.せいじ.
詠ひつつ宮司につづく茅の輪かな 雅流 2 治男.うつぎ.
青嵐葉裏を返し風渡る みちほ 2 宏虎.ひさ野.
痩身に風受け揺るる柳欄 みちほ 1 はく子.
恙無きことに乾杯六月尽 三刀 1 雅流.
河鹿鳴くそのひとこゑに目覚めたり かず 1 有香.
背が泳ぐ岩魚虹鱒柵の内 ひさ野 1 みちほ.
蝌蚪の群れ地蔵に供ふ手水鉢 ぽんこ 1 よし女.
惜しみなき幣振り被り御禊かな うつぎ 1 よう子.
花よりも茄子苗売るる花舗の前 満天 1 こすもす.
潮騒の故郷恋する貝風鈴 宏虎 1 かず.
涼風に木彫りの神馬顔を出し 三刀 1 よし女.

2014年6月30日 (投句者18名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
風鈴や山の風抱く峠茶屋 宏虎 8 満天.三刀.せいじ.ひさ野.あさこ.なつき.みちほ.有香.
青田中村の亭午は音も無し 有香 4 ひかり.宏虎.ぽんこ.はく子.
紫陽花をとりでに咲かす一軒家 さつき 4 満天.三刀.あさこ.うつぎ.
水遣りの思案どころや梅雨の蘭 うつぎ 3 よし女.かず.雅流.
大甕に睡蓮咲かせ札所寺 雅流 3 治男.なつき.こすもす.
収穫のキャベツさながらバケツリレー こすもす 3 ひかり.さつき.うつぎ.
夏の旅始発電車で待ち合わせ かず 2 さつき.菜々.
枇杷むくや指を反らして遊ばして ともえ 2 雅流.有香.
ウオーキング風のいざなう夏の森 ひさ野 2 宏虎.みちほ.
大池へ注ぐ小流れめだか透く 菜々 2 治男.かず.
百円と言へどもおしゃれ麦藁帽 満天 2 菜々.こすもす.
鏡なる水面一対通し鴨 三刀 1 よし女.
郭公の朝霧抜けて鳴き来たる みちほ 1 ひさ野.
整然とボート並びて雨に耐ゆ よし女 1 せいじ.
青田波風向きにより色変る 宏虎 1 はく子.
桑の実の指先染むる甘さかな みちほ 1 ぽんこ.