GH毎日句会 > 成績一覧・2013年1月
GOSPEL HAIKU
2017|010203|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|010203040506070809101112
2015|010203040506070809101112
2014|010203040506070809101112
2013|010203040506070809101112
2012|010203040506070809101112
2011|010203040506070809101112

毎日句会成績一覧

[2014年6月]

2014年6月29日 (投句者17名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
梅雨しとど日時計に時なかりけり よし女 5 さつき.ひかり.せいじ.ともえ.三刀.
蟇シテとワキゐる草の闇 宏虎 5 ひかり.あさこ.満天.かず.有香.
梅雨深む剥落しるき大絵馬に 菜々 4 せいじ.ひさ野.宏虎.有香.
風と風ぶつかりおうて立葵 ぽんこ 3 菜々.かず.なつき.
青山の裾広げつつ霧上がる みちほ 3 さつき.ひさ野.よし女.
聞き流すことも人生雨蛙 宏虎 3 満天.三刀.治男.
雲流れ南部風鈴よき音かな ひさ野 2 菜々.みちほ.
うなだれて雨待ち風情額紫陽花 こすもす 2 ともえ.みちほ.
釈迦院の格子のぞけば黴匂ふ よし子 2 よし女.こすもす.
三十分雑草取りし庭涼し こすもす 2 治男.宏虎.
このあたり曾て境内姫女苑 菜々 1 雅流.
向日葵や童心となり絵を描きぬ 治男 1 こすもす.
閑かさや夕立のあとの鳥の声 せいじ 1 雅流.
それぞれに紫陽花個々を主張して 三刀 1 うつぎ.
と見る間に特急通過風涼し さつき 1 あさこ.
名にし負ふ古代紫とふ菖蒲 うつぎ 1 なつき.
梅雨の間の入日に映えし端山かな ひかり 1 うつぎ.

2014年6月28日 (投句者17名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
蛍舞ふ木立の闇の無音界 よし子 5 宏虎.あさこ.三刀.せいじ.雅流.
今朝植えし泥の匂ひの田んぼかな さつき 3 ぽんこ.菜々.こすもす.
吹き抜けの山家の至福遠郭公 ひさ野 3 あさこ.治男.みちほ.
香水の女性専用車に満ちて 満天 2 ひかり.せいじ.
すれ違ふシャボン匂ひ蛍の夜 有香 2 ひかり.かず.
羨道の一歩に霊気梅雨冷ゆる 菜々 2 うつぎ.雅流.
干支の鈴並ぶ茶箪笥夏のれん なつき 2 ぽんこ.よし女.
林立のマストや梅雨の雲垂るる 雅流 2 かず.みちほ.
竹の皮脱ぎて乱れし裾模様 宏虎 2 満天.さつき.
蘇州模す苑に万株花菖蒲 菜々 2 宏虎.よし子.
梅雨ぐもりヨットハーバー人見えず 雅流 1 こすもす.
梅雨の月ナースの話す声やさし みちほ 1 満天.
時鳥朝を知らせる低い声 みちほ 1 ひさ野.
梅雨の土踏みて国恋ふフラミンゴ よし女 1 三刀.
夕焼の丘にオブジェの動物たち ひかり 1 菜々.
草を取りマッサージ機に身をゆだね あさこ 1 さつき.
ペリカンの羽を繕ふ梅雨じめり 三刀 1 よし女.
梅雨雲や瞑想してをる坑夫像 よし女 1 ひさ野.
潮入川そろって上る水母かな 治男 1 うつぎ.
青葉風出航の笛近く聞く あさこ 1 治男.
ものごとの正否を確と半夏生 かず 1 よし子.

2014年6月27日 (投句者16名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
クレーン車のゆるりと動く雲の峰 ひさ野 6 ひかり.三刀.ぽんこ.みちほ.雅流.有香.
梅雨晴れて飛簷に揺るるみずかげろふ 菜々 5 満天.せいじ.かず.みちほ.雅流.
夕暮れて花圃の静けさ合歓の花 みちほ 4 あさこ.ひさ野.宏虎.かず.
青梅雨や能勢路も奥の村散居 雅流 4 満天.菜々.よし子.うつぎ.
大杉の穂先を掠め夏燕 三刀 3 せいじ.なつき.よし女.
悲恋なる姫に噴水傾ぎけり よし女 2 なつき.さつき.
夏帽子リュックに提げて待つ電車 かず 2 ぽんこ.こすもす.
蝋涙の燭架にあまた青時雨 せいじ 2 よし子.うつぎ.
暑気払ひハワイ土産のチョコレート 満天 2 菜々.治男.
鳴門鯛釣りしと息子胸を張る かず 2 ひかり.治男.
杉の穂を急降下せり恋蛍 有香 2 さつき.よし女.
修行僧ひびの茶碗で麦茶飲む なつき 1 ひさ野.
宮白菊といふは菖蒲の花のいろ よし子 1 こすもす.
入り日射しきらめく樹々や夏の森 みちほ 1 宏虎.
苑めぐる限り水音若葉どき 菜々 1 有香.
館涼し浮世絵美女は八頭身 よし女 1 三刀.
スピーカの物売りの声明易し せいじ 1 あさこ.

2014年6月26日 (投句者16名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
お隣も靴並べ干す梅雨晴間 菜々 4 あさこ.ぽんこ.三刀.なつき.
墓前で言い足らぬ事朴の花 治男 3 よし子.みちほ.なつき.
浮世絵展美女の眼の皆涼し 三刀 3 よし女.かず.雅流.
いそいそと健康体操梅雨晴間 ひさ野 3 あさこ.菜々.みちほ.
咲き始む花を数ふる蓮田かな かず 3 ひさ野.雅流.こすもす.
法の池緋鯉真鯉の悠然と はく子 2 満天.宏虎.
梅雨雲と手をつなぎ合ふ宮の杉 よし女 2 せいじ.かず.
星降るや蠍座探す牧の丘 みちほ 2 ひかり.ひさ野.
恙なく生きる喜びさくらんぼ 宏虎 2 ぽんこ.有香.
玄室へタイムスリップいと涼し はく子 2 満天.有香.
巫女舞のいまは休憩扇風機 よし女 2 ひかり.三刀.
樹下に立つ大師像へと風光る 満天 1 治男.
赤き腹ゆすつてゐたり女郎蜘蛛 なつき 1 よし女.
鉢ごとに睡蓮ひとつ葉隠れに せいじ 1 宏虎.
黄昏に薄れる山や風涼し みちほ 1 せいじ.
あぢさゐの庭をさて置き札所へと 雅流 1 こすもす.
触覚のやうに仙人掌花伸ばす なつき 1 菜々.
砂浜の一斉掃除夏の朝 こすもす 1 治男.
重たげに柏葉紫陽花今日を咲く 満天 1 よし子.

2014年6月25日 (投句者17名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
草刈ってグランドゴルフ始まりぬ 雅流 4 あさこ.よし女.なつき.菜々.
手入れよきお庭眺めて夏料理 こすもす 3 宏虎.なつき.菜々.
抱卵の洞を守りゐる青葉木莵 雅流 3 みちほ.せいじ.満天.
開門に日傘列成す浮世絵展 よし女 3 こすもす.せいじ.有香.
まとまらぬ髪もて余す梅雨湿り かず 3 宏虎.ぽんこ.はく子.
吹き抜けの屋外広場雲の峯 こすもす 2 ひさ野.はく子.
夜濯ぎを終へて星空明日は旅 菜々 2 あさこ.かず.
涼しさや浮世絵美女の長キセル よし女 2 三刀.ぽんこ.
子の世話にならず息災羽抜鶏 宏虎 2 三刀.治男.
マジックの種が手を落つ梅雨じめり なつき 2 ひかり.雅流.
校庭より弾ける声やプール開き 満天 1 治男.
飴色の葮簀ななめに立てて茶屋 よし子 1 こすもす.
露地明り見事と思ふ半夏生 あさこ 1 かず.
梅雨空へ諸手を挙げてアガパンサス せいじ 1 満天.
九尺二間路地に青々胡瓜生る ぽんこ 1 ひかり.
水匂ふ草の間縫ひし蛍沢 なつき 1 有香.
青山河草反転のトラクター みちほ 1 ひさ野.
館涼し頭越しなる浮世絵展 三刀 1 よし女.
ひとり居に郭公の声語り来る ひさ野 1 みちほ.
明易し術後の痛みうすれゆく 菜々 1 雅流.

2014年6月24日 (投句者19名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
暮るるまで少し間のあり合歓の花 有香 8 宏虎.あさこ.三刀.菜々.雅流.よし子.みちほ.はく子.
青葉風天平観音おほどかに はく子 2 雅流.よし子.
青田径課外授業の子らの声 よし女 2 ひかり.ぽんこ.
にわか雨虹を残して去りにけり みちほ 2 あさこ.せいじ.
つる薔薇に窓盗られたり作業小屋っt ひさ野 2 菜々.みちほ.
男梅雨蓮の葉畳打ち過ぎる 菜々 2 かず.せいじ.
谷渡る風に遊べり合歓の花 有香 2 満天.なつき.
陽の当たり七色放つとかげの尾 三刀 2 ぽんこ.よし女.
納屋に点く裸電球梅雨曇り 雅流 2 ひかり.はく子.
青田道鹿の狼藉言ひ合へる 雅流 1 三刀.
年経たる琥珀の梅酒グラスへと 満天 1 治男.
さざ波を見つめておりぬ暑さ忘れ 治男 1 ひさ野.
形代に遠き子の名も書きにけり あさこ 1 よし女.
アルプスの山嶺の底飛ぶ蛍 なつき 1 ひさ野.
萍の花解せぬ日本語女子高生 宏虎 1 かず.
売り家の貼り紙めくれ梅雨夕日 よし女 1 こすもす.
ラベンダーの匂ふ庭先雨上がる みちほ 1 宏虎.
蛍狩帰りのバスに寝息立て なつき 1 こすもす.
紫陽花のパレットに解く絵具色 よし子 1 治男.
梅雨晴間鳩と戯る少女像 菜々 1 満天.
夏草や今は碑のみに双塔址 はく子 1 なつき.

2014年6月23日 (投句者18名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
星座よりこぼれ瞬く大蛍 なつき 11 満天.せいじ.ぽんこ.ひさ野.よし子.かず.さつき.三刀.雅流.はく子.有香.
広げたる漁網カラフル夏の浜 こすもす 4 よし子.治男.なつき.はく子.
戦時下の火薬庫あとや花ざくろ 菜々 3 よし女.ぽんこ.ひかり.
実家へと青葉坂道幾曲がり こすもす 3 宏虎.菜々.なつき.
病院の窓の向こうは初夏の風 みちほ 3 宏虎.ひさ野.ひかり.
水馬舞へる深さを知らぬ侭 宏虎 2 せいじ.三刀.
子鴉の変声期らし濁り声 みちほ 2 よし女.菜々.
止りてはあたり見回す蜥蜴かな よし女 1 みちほ.
雨上がり凌霄落ちて嵩となす さつき 1 あさこ.
したたかな雨や夏至の日暮れんとす よし女 1 雅流.
大毛虫横切る舗道風通る ひさ野 1 みちほ.
雨上がり老鶯を聴くこの至福 三刀 1 満天.
汗のシヤツ皮はぐごとし里の山 治男 1 かず.
蛍火の一つ迎へしわらべ橋 なつき 1 さつき.
夏至の日の降りみ降らずみひと日過ぐ 満天 1 有香.
門閉ざしはびこるままの今年竹 満天 1 あさこ.
あじさいの花の下まだ雨に濡れず よし子 1 治男.

2014年6月22日 (投句者19名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
白南風や組み立て進む浜の茶屋 こすもす 7 せいじ.あさこ.菜々.はく子.よし女.よし子.みちほ.
朝取りの茄子の雨滴はアメジスト 菜々 4 せいじ.ひかり.ともえ.ぽんこ.
麦の風入れて単線待ち合わす なつき 4 あさこ.はく子.三刀.有香.
冷奴手抜き料理の一級品 はく子 4 満天.菜々.三刀.よし女.
蚊も蚋も地球の仲間雨上がる みちほ 2 ひさ野.よし子.
尺八の余韻漂う梅雨の闇 三刀 2 宏虎.治男.
地を割りて赤丸大根早や芽吹く ひさ野 2 治男.みちほ.
すくすくと親竹しのぐ今年竹 はく子 2 満天.ともえ.
丘の上の風ほしいまま夏館 菜々 2 ひさ野.こすもす.
少年の竹割る気質立葵 宏虎 2 さつき.ぽんこ.
緑陰の深き落城城址かな なつき 1 有香.
雨受けて紫陽花楚々と佇まふ よし女 1 宏虎.
恋蛍連れもて後の闇に消ゆ ともえ 1 かず.
目高鉢水草入りてかくれんぼ みちほ 1 さつき.
梅雨籠無沙汰を詫びる手紙書く かず 1 こすもす.
梅雨じめり三和土に客の靴そろふ よし子 1 なつき.
白き蝶墓前の花で羽合わす 治男 1 なつき.
梅雨冷えや直ぐには立てず膝撫でる かず 1 ひかり.
少年の日に会えそうだ大夕焼 治男 1 かず.

2014年6月21日 (投句者18名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
誰もみな小声で話す蛍狩 よし子 6 菜々.よし女.ともえ.さつき.はく子.雅流.
日盛りの水一杓や六地蔵 ぽんこ 6 ひかり.せいじ.よし子.三刀.なつき.有香.
ピクルスの夏のなないろ鄙ぐらし   よし女 5 菜々.三刀.ぽんこ.かず.みちほ.
明けやらぬ山深きよりホトトギス ひかり 5 せいじ.あさこ.こすもす.なつき.うつぎ.
水鏡して蛍火の舞ひに舞ふ うつぎ 3 満天.かず.治男.
青鷺の哲人めきし一本脚 宏虎 3 ぽんこ.こすもす.はく子.
夕焼けの長き影ひき帰宅せり 有香 2 宏虎.ともえ.
せせらぎの闇にしみいる河鹿かな ひかり 2 宏虎.満天.
方丈の百足虫の脚のさしすせそ 宏虎 2 ひかり.有香.
遠き日の故郷に復活蛍の夜 ひさ野 2 治男.みちほ.
梅雨晴れ間豆腐売り来るラッパ音 三刀 2 あさこ.よし女.
アナベルとふあぢさゐが好き眞白なる かず 1 よし子.
振る舞ひの麦茶飲み干すひび茶碗 なつき 1 雅流.
若竹を切って野菜の支柱とす よし女 1 さつき.
負けられぬワールドカップや明け易し 満天 1 ひさ野.
さわさわとアカシアの葉や初夏の風 みちほ 1 ひさ野.
忍冬の匂ひ強めて雨上がる みちほ 1 うつぎ.

2014年6月20日 (投句者19名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
館暑し文楽人形乱れ髪 こすもす 8 せいじ.かず.よし女.なつき.ぽんこ.治男.菜々.うつぎ.
茄子とまと熟れて賑はふ農日誌 菜々 5 満天.ひかり.三刀.ぽんこ.雅流.
リハビリの腕組み歩く菖蒲園 なつき 4 あさこ.ひかり.ひさ野.はく子.
恋蛍もつれては消ゆ草の闇 雅流 3 ともえ.宏虎.うつぎ.
空谷の闇を深めて蛍舞ふ うつぎ 3 せいじ.よし子.みちほ.
仕上げたる梅ジャム大人の味と言う よし女 3 三刀.はく子.こすもす.
見慣れたる山河を隠す夏の霧 三刀 2 よし女.有香.
蛍とぶ川の向こうは県境 よし子 2 雅流.こすもす.
梅雨晴れ間潮入り川の匂い来る 治男 2 なつき.菜々.
空の色あつめて碧し濃あぢさゐ かず 2 ともえ.よし子.
白蝶を花と見まごう山法師 みちほ 2 かず.治男.
片影を案内人に取られたる なつき 1 有香.
山巓に白き雪渓霧晴れる みちほ 1 ひさ野.
半夏咲く地畔に亀は首を並め はく子 1 満天.
ルピナスの色鮮やかに空めざす ひさ野 1 みちほ.
喜々としてよちよち歩き梅雨晴れ間 ぽんこ 1 あさこ.
点滅は恋の合図か恋ほたる よし子 1 宏虎.

2014年6月19日 (投句者17名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
草笛に寄り来る牛の目玉かな 治男 5 せいじ.かず.三刀.ぽんこ.さつき.
離陸機を呑み込む厚き梅雨の雲 三刀 4 せいじ.ともえ.菜々.なつき.
蛍舞ふせせらぎの音あるばかり うつぎ 4 あさこ.みちほ.雅流.有香.
語らひて遠き日のこと蛍の夜 うつぎ 4 宏虎.かず.よし子.雅流.
夕日射す高原の風蕎麦の花 みちほ 3 あさこ.ひさ野.治男.
踏まないで蛍火一つ足下に ひかり 3 ぽんこ.さつき.こすもす.
目纏ひを払ひはらひて由緒書 満天 3 よし子.うつぎ.こすもす.
ひと区切りつきて安堵の梅仕事 かず 2 うつぎ.有香.
棒高跳びその一瞬や夏燕 治男 2 ひかり.菜々.
千年の鎮守の森に梅熟るる 菜々 2 はく子.なつき.
滝茶屋の二階窓へと青楓 雅流 2 満天.はく子.
御詠歌の沁みるお堂や梅雨の冷え なつき 2 宏虎.治男.
CDの樂に興ずる梅雨籠もり よし女 1 三刀.
奔放の藤蔓風に棚涼し はく子 1 ともえ.
カモミール次次摘みて次花の咲き ひさ野 1 みちほ.
金魚玉山間ホテル賑わせる かず 1 よし女.
達筆の御神籤板木館涼し こすもす 1 ひかり.
笹ゆりや高原ホテルのフロントに ひかり 1 よし女.
渡し場址碑埋めんばかり葛茂る 菜々 1 満天.
芥子坊主花壇の中で睨みをり みちほ 1 ひさ野.

2014年6月18日 (投句者19名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
農継ぎしひとりの男の子花南瓜 よし女 4 三刀.宏虎.治男.ともえ.
夫留守の茶の間にひとり梅雨寒し 菜々 4 満天.ひかり.かず.はく子.
梅漬けるいまだに母の塩加減 菜々 3 よし女.さつき.うつぎ.
朝毎に訪なう老鴬ひとしきり ともえ 3 ひさ野.菜々.みちほ.
この渓の瀬音も高しほととぎす よし子 3 さつき.雅流.こすもす.
栗の花匂ふこれより登り坂 あさこ 3 よし女.雅流.はく子.
蜘蛛の囲の雨滴を受けて銀レース かず 3 菜々.ぽんこ.ともえ.
せせらぎへ楓青葉の日の洩るる 雅流 2 治男.こすもす.
梅雨晴れ間パパと一緒にすべり台 はく子 2 ぽんこ.なつき.
指先に蛍火一つ闇深し なつき 2 せいじ.あさこ.
朝早く遠く鳴きをり時鳥 あさこ 1 ひかり.
白南風や通学の列ジグザグに こすもす 1 うつぎ.
窓囲む紅薔薇匂ふ雨の午後 みちほ 1 ひさ野.
卯の花の咲きたる垣根風わたる みちほ 1 せいじ.
高原の空我が物とし夏つばめ ひかり 1 宏虎.
玄関にアーチ型なるゴーヤー簾 満天 1 なつき.
乳母車夏蝶の来て子の笑ふ かず 1 三刀.
池涼し鯉泳がせて駅ホーム はく子 1 満天.
満腹の山羊の頭突きや風清し ひさ野 1 みちほ.
繰り返しバリトンの声牛蛙 満天 1 かず.
華やぐは下校子開く梅雨の傘 よし女 1 あさこ.

2014年6月17日 (投句者16名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
抱へたる百合の甘き香職引く日 なつき 11 ひさ野.満天.せいじ.あさこ.よし女.かず.治男.ひかり.ぽんこ.よし子.有香.
ぽつぽつと屋根打つ雨や青葉寒 みちほ 6 ひさ野.かず.こすもす.なつき.よし子.菜々.
白昼のライブに晴らす梅雨の憂さ せいじ 4 満天.三刀.こすもす.ぽんこ.
投げる餌にいつも鷹揚大緋鯉 ぽんこ 2 ともえ.はく子.
七時まで無人駅なり夏ツバメ こすもす 2 ひかり.菜々.
白服の子後ろ向き向き参観日 治男 2 あさこ.ともえ.
陶芸展織部の器目に涼し 満天 2 三刀.はく子.
あり合わせ集めて旨したけのこ飯 ひさ野 1 みちほ.
梅雨の月四更を赤く中天に はく子 1 雅流.
学校の一日終はる鐘涼し よし女 1 治男.
菩提樹の葉裏に集う毛虫かな みちほ 1 せいじ.
梅雨晴間もつれあひての紋白蝶 満天 1 みちほ.
金雀枝に夕風少し流れ来し ひかり 1 雅流.
滝川へ葉を重ねては青楓 雅流 1 有香.
掃きよせし塵の中より蟻出來 ひかり 1 なつき.
縁台に座し手の甲に蟻走る あさこ 1 よし女.

2014年6月16日 (投句者16名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
白シャツの卒寿大きくタクト振る さつき 5 なつき.よし女.治男.みちほ.うつぎ.
玉雫並べて揺れる蜘蛛の糸 みちほ 5 せいじ.かず.ひさ野.あさこ.よし女.
サーブ打つ球の重さや梅雨湿り ぽんこ 5 かず.なつき.ひかり.ともえ.菜々.
夏祭り売手買手も顔馴染 満天 4 ひかり.三刀.治男.はく子.
玉葱を吊るし終えたる安堵かな かず 2 こすもす.雅流.
梅雨雲を帷としたる富士の山 せいじ 2 さつき.菜々.
立礼に活けてあぢさゐやぶれがさ はく子 2 満天.雅流.
幾星霜植田広ごる関ケ原 せいじ 2 ひさ野.うつぎ.
芍薬の花びら落とすこぬか雨 みちほ 1 ぽんこ.
父の日や知命過ぎたる息子来る 三刀 1 せいじ.
木の橋の椅子に憩ひて風涼し あさこ 1 こすもす.
白杖の人も来てをり菖蒲園 よし女 1 三刀.
湖風に睡蓮もの言うごときかな よし女 1 ぽんこ.
待合の夏の草花さりげなく 満天 1 あさこ.
夏霞高架線ゆく汽車の音 治男 1 さつき.
模擬店の氷菓の売り子に借り出され はく子 1 満天.
舞ひ合へるつばめ二番子梅雨晴間 雅流 1 はく子.
本に飽きパソコンに飽き梅雨籠る うつぎ 1 ともえ.
雨待ちの茄子苗花を付け初めし ひさ野 1 みちほ.

2014年6月15日 (投句者17名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
絵手紙のはみ出す胡瓜に踊る文字 満天 5 三刀.ひさ野.ぽんこ.みちほ.はく子.
畦道の空の明るさ花菖蒲 ひさ野 3 あさこ.菜々.有香.
福祉車の来て賑はへり菖蒲園 よし女 3 三刀.満天.あさこ.
葉と同化して身じろがぬ梅雨の蝶 さつき 3 せいじ.なつき.有香.
茶畑のうねりて丘をのぼりをリ せいじ 2 かず.はく子.
蝌蚪逃ぐるぶつかりさうでぶつからず なつき 2 かず.雅流.
桑の実の黒を選んでつまみ摘む みちほ 2 ひさ野.うつぎ.
羅やはちきれそうな伎芸天 かかし 2 さつき.よし女.
あぢさゐの雨にあかるき水車小屋 かず 2 さつき.せいじ.
格子戸に覗く夏衣や黄八丈 かず 2 ぽんこ.なつき.
豊作の玉ねぎずしりと軒下に 有香 1 こすもす.
いとけなき蓮の巻葉や不動明 ぽんこ 1 雅流.
梅雨湿り西陣守る異邦人 かかし 1 治男.
夏点前銘はあぢさゐ菓子を受く 満天 1 治男.
麦秋の田んぼこんがりきつね色 せいじ 1 こすもす.
噴水のもつれ落ちして賑はへり よし女 1 満天.
梅雨雲の去りて望月孤高なり はく子 1 うつぎ.
新じゃがを蒸してほかほか暮れにけり 三刀 1 よし女.
せせらぎになだれ一面雪の下 あさこ 1 菜々.

2014年6月14日 (投句者17名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
絶えま無き早瀬の音や夕蛍 三刀 5 あさこ.さつき.みちほ.こすもす.なつき.
白花の咲きそろう庭風涼し みちほ 4 満天.せいじ.ぽんこ.ひかり.
栗の花匂ふローカル線の旅 うつぎ 3 せいじ.ひかり.よし女.
迂回あり飛び越ゆるありあめんばう うつぎ 3 ひさ野.はく子.有香.
寡黙なり茹で加減よき枝豆に 満天 3 かず.さつき.こすもす.
向き合うて無言や実梅のほぞを取る よし女 3 かかし.はく子.なつき.
ジョギングの堤の茅花流しかな さつき 3 うつぎ.三刀.有香.
里寺の庫裏に子の泣く梅雨入かな 雅流 3 うつぎ.三刀.よし女.
さわぐ風梅雨雲連れて夕暮るる ひさ野 2 満天.みちほ.
時の日や刻の合ゑをる花時計 かかし 1 かず.
枝るくくるプチトマト数生りにけり あさこ 1 かかし.
洗濯のしまい忘れや梅雨満月 こすもす 1 治男.
牧野原渡りて来たる風みどり みちほ 1 ひさ野.
風鈴や寺の境内風の道 ぽんこ 1 治男.
梅雨の望今し端山を離れたる 雅流 1 ぽんこ.
カラフルな傘の出番や梅雨に入る 有香 1 あさこ.

2014年6月13日 (投句者18名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
鯉はねる一幅掛けて夏座敷 よし子 6 満天.あさこ.ひさ野.三刀.うつぎ.有香.
梅雨の月雲間を白く漂へる はく子 4 うつぎ.さつき.雅流.有香.
天神さん柏手打ちて蚊を打ちぬ かかし 3 満天.よし女.治男.
カクテルのグラスに刺し身夏料理 こすもす 3 ひかり.よし女.ぽんこ.
梅雨晴れて望月あたかも中天に 菜々 2 雅流.こすもす.
母からは切らぬ電話や梅雨の月 なつき 2 よし子.みちほ.
手に負へぬ実梅に脚立の出番かな よし女 2 三刀.かかし.
もう一度振向き眺む菖蒲苑 三刀 2 よし子.ぽんこ.
時の日や電池切れなる電子辞書 よし女 1 はく子.
談話室一瞬静まる遠雷 こすもす 1 あさこ.
夕暮れの樹下に星あり額の花 ひかり 1 さつき.
植田の苗揺れて色濃く成長す 治男 1 ひかり.
未央柳活けて書道展明るくす 満天 1 はく子.
夕暮れて里の灯りや夏の星 みちほ 1 ひさ野.
里寺の能勢氏の墓所や木下闇 雅流 1 かかし.
夕蛍今日両親の月命日 三刀 1 治男.
アトリエの涼し鉛筆よく走る さつき 1 こすもす.
散り重ね風に舞う白大手鞠 ひさ野 1 みちほ.

2014年6月12日 (投句者15名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
車椅子の先へ先へと夏の蝶 菜々 9 満天.あさこ.ひさ野.ぽんこ.ひかり.みちほ.治男.雅流.なつき.
梅雨晴間唸りを上げて草刈り機 うつぎ 8 あさこ.よし女.こすもす.はく子.かかし.菜々.雅流.有香.
捨て甕の伏せし染屋の木下闇 なつき 4 こすもす.さつき.よし子.有香.
大粒の実梅たわわに禰宜の家 ぽんこ 3 ひかり.治男.なつき.
噴水の落ちて乙女の像洗ふ 三刀 2 満天.よし子.
館より大き番犬箱庭かな よし子 2 はく子.うつぎ.
宿さがす蛍火一つわが庭へ 雅流 2 ぽんこ.かかし.
水ふふむ今朝の紫陽花色極む かかし 1 三刀.
昼顔やまだまだ遠しバス乗り場 菜々 1 さつき.
梅雨籠る十時三時のティータイム 満天 1 うつぎ.
星空やカモシカ走る夏の帰路 みちほ 1 ひさ野.
二輪車の競技間近や梅雨曇り ひさ野 1 みちほ.
おほかたはカメラを提げて菖蒲園 よし女 1 菜々.
万緑の中翻る日章旗 三刀 1 よし女.
睡蓮と並び鎌首あげる亀 よし女 1 三刀.

2014年6月11日 (投句者16名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
夏空へ槌音高く棟上がる 菜々 4 あさこ.ひかり.治男.はく子.
若竹にひかり散りばめ雨あがる 満天 4 せいじ.ひかり.みちほ.うつぎ.
鶏の水呑むように生ビール 三刀 4 雅流.よし女.かかし.こすもす.
花栗の香や筒抜けの裏戸より 雅流 4 菜々.なつき.よし女.よし子.
老父母の起居を見守る簾越し 菜々 3 あさこ.ぽんこ.うつぎ.
噴水の膝つく裸婦と目が合ひぬ よし女 3 三刀.治男.雅流.
羊草真白がよろし神の池 ひかり 2 ひさ野.三刀.
蔵残る絞り問屋や栗の花 なつき 2 菜々.満天.
青葉木莵神木の注連緩びたる 雅流 2 かかし.よし子.
紅炎えて揺るるー画鬼芥子の花 ひさ野 1 みちほ.
雨の田のにぎやか過ぎる雨蛙 よし子 1 こすもす.
ジキタリス天指し上る花穂かな みちほ 1 満天.
実梅一つ拾いし友の昔語り ひかり 1 ぽんこ.
花虻の螢袋に隠れけり あさこ 1 せいじ.
ハーブ干す部屋の香りや森みどり みちほ 1 ひさ野.
額紫陽花娘の墓に話し掛け 治男 1 なつき.
ウィンドウ開けてドライブ梅雨晴れ間 こすもす 1 はく子.

2014年6月10日 (投句者15名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
からからの喉にラムネの泡弾け なつき 5 せいじ.あさこ.ひかり.よし子.うつぎ.
白といふ無垢の耀き花菖蒲 ひかり 5 あさこ.ぽんこ.三刀.はく子.雅流.
雨ひと日杏子煮上げて香に籠る 菜々 4 はく子.治男.うつぎ.みちほ.
鳥除けのネット早々西瓜畑 三刀 3 ひかり.よし女.こすもす.
仔犬連れ走る少年梅雨晴れ間 ひさ野 3 なつき.雅流.みちほ.
父祖の山なりし花栗匂ひたる 雅流 3 せいじ.菜々.有香.
百選の道に虫追ふ雀の子 よし女 2 ぽんこ.三刀.
地蔵堂へ翳す藤蔓風涼し 満天 2 なつき.有香.
峡空の雲引つ掛けて花楝 うつぎ 2 よし女.よし子.
昼の食は一菜に足る豆ご飯 雅流 1 こすもす.
裏山にひとり生えたる枇杷たはは はく子 1 ひさ野.
一人聞く雨垂れの音夏の真夜 みちほ 1 治男.
ヘルパーの笑顔明るく菖蒲園 ぽんこ 1 満天.
張り水に目覚める蓮の小さき葉 みちほ 1 ひさ野.
目が合いて吹きだしさうにラムネ飲む なつき 1 菜々.
終点の駅裏一面麦の秋 有香 1 満天.

2014年6月9日 (投句者16名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
薫風や大縄跳びの息そろふ  はく子 10 ひかり.せいじ.ともえ.よし女.三刀.菜々.ひさ野.治男.みちほ.こすもす.
大津絵の鬼の泣き顔梅雨じめり よし子 6 せいじ.はく子.ぽんこ.なつき.雅流.有香.
獣道刈られし草の匂い立つ ひさ野 3 満天.ともえ.みちほ.
八橋を譲り合ひつつ菖蒲苑 ひかり 3 満天.よし女.ぽんこ.
お通しは茹でし蚕豆地酒酌む 雅流 2 菜々.なつき.
雨晴れて野路の草叢夏兎 みちほ 2 あさこ.ひさ野.
七十路に草矢を打ちし山河あり 雅流 2 うつぎ.有香.
おがだまの花の散る頃晶子歌碑 ぽんこ 1 ひかり.
梅雨晴れへ蕪村が句碑の大面 菜々 1 雅流.
駄菓子屋にラムネ栓抜く舞妓かな なつき 1 はく子.
玉葱の箱るいるいと収穫期 よし女 1 三刀.
玉葱を引き並べ干すその畝に よし女 1 こすもす.
梅雨晴のせはしく舞ふや白き蝶 満天 1 あさこ.
梅雨晴間日に耐えかねて東屋に ひかり 1 うつぎ.
アマリリス客呼ぶ如し店先に 満天 1 治男.

2014年6月8日 (投句者14名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
空豆のスープに浮かすパンの耳 よし女 6 ひさ野.三刀.ひかり.せいじ.菜々.なつき.
紫陽花のどの色も濃し雨あがる 満天 4 よし子.せいじ.治男.有香.
のんびりとキリンの散歩樹下涼し こすもす 3 あさこ.三刀.はく子.
石段を登れば走る赤手蟹 三刀 3 あさこ.よし女.ぽんこ.
背きあふ百合の重さや風さやか ぽんこ 3 満天.ともえ.雅流.
梅雨晴間路地にふくるる子らの声 菜々 3 ひかり.よし女.治男.
七曲り抜けて楝の花烟る うつぎ 2 菜々.有香.
梅雨空をクレーン二台が突き上ぐる 満天 2 みちほ.雅流.
夏来るや水張らぬ田の草の丈 みちほ 2 ぽんこ.はく子.
嫁姑の会話はメール梅雨寒し 菜々 1 なつき.
字は体を名も佳かりけり合歓の花 宏虎 1 ともえ.
ザビエル伝の講師は卒寿風薫る よし女 1 みちほ.
緑さす朝の牧場の牛の群れ みちほ 1 ひさ野.
梶方の倒れこむやう三尺寝 なつき 1 よし子.
時鳥住みて鳥語のけたたまし ひさ野 1 こすもす.
挑戦のタンドリーチキンに暑気払い はく子 1 満天.
被災地の牧師にジューン・ブライド来 せいじ 1 こすもす.

2014年6月7日 (投句者19名 選句者16名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
アナウンサー取材は和服菖蒲園 よし女 4 三刀.菜々.うつぎ.こすもす.
色褪せしサッカーボール梅雨渚 三刀 4 ひさ野.あさこ.はく子.みちほ.
千年の杉の粗肌蟇の声 治男 3 宏虎.よし女.三刀.
石垣に蜥蜴の尾消ゆ千枚田 なつき 3 ひかり.はく子.ぽんこ.
里山の裾曲膨るる栗の花 雅流 2 ひかり.うつぎ.
人と会ふ約束メール梅雨晴間 せいじ 2 よし女.こすもす.
打つ雨にほころびかけるあやめかな あさこ 2 宏虎.ぽんこ.
ふじいろの暮色にに染まる花樗 有香 1 満天.
草刈りの道に残りし花菖蒲 みちほ 1 せいじ.
泰山木若木に余る杯を揚げ ひかり 1 せいじ.
比翼塚へ卯の花腐し今ひそと 菜々 1 満天.
通勤にちらと確かむ燕の子 なつき 1 あさこ.
朝靄に雪形ワシの浮かび翔ぶ みちほ 1 なつき.
梅雨晴れや野鳩は芝に羽根拡げ よし女 1 菜々.
草や打つ小さくなりし夫の背へ 菜々 1 なつき.
里山の夜明けの鳥語風みどり ひさ野 1 みちほ.
電柱に物見の鴉梅雨寒し せいじ 1 ひさ野.
ストレッチ背と腰伸ばせ百足虫かな 宏虎 1 治男.
雨上がり額紫陽花の水平に 満天 1 治男.

2014年6月6日 (投句者16名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
梅雨雲に蓋をされたる京盆地 せいじ 6 宏虎.よし女.ともえ.雅流.うつぎ.みちほ.
千枚田どぜうが散らす蝌蚪の群 なつき 6 満天.せいじ.ひかり.ぽんこ.はく子.治男.
青嵐水ゆきわたる棚田かな 雅流 4 せいじ.ひさ野.菜々.有香.
雨過ぎの垣根明るき花石榴 三刀 3 満天.よし女.菜々.
登り来て息整へむ老鶯に はく子 3 治男.うつぎ.有香.
双子姉妹仕草も似たりさくらんぼ 宏虎 2 ひかり.なつき.
紫陽花の水玉とどめ雨あがる 満天 2 あさこ.雅流.
黒南風へ角きりきりと鬼瓦 菜々 2 三刀.ともえ.
魚も歯の検査や夏の水族館 よし女 2 三刀.はく子.
羽根飾り揺るるごとくに椎の花 ひかり 2 こすもす.なつき.
風五月母校に年を忘れけり 有香 1 ぽんこ.
中天に滝壺蒼く風おこす ひさ野 1 みちほ.
黄昏に花苗植えし夏日かな みちほ 1 宏虎.
1 こすもす.
老鶯の朗朗の声峪を割る 宏虎 1 あさこ.
ラグビーのゴールにはいる夏夕日 治男 1 よし子.
かく遠し卯の花くたしの野崎道 菜々 1 よし子.
いま摘みしばかりのとげを初胡瓜 よし女 1 ひさ野.

2014年6月5日 (投句者19名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
搾乳の音ほとばしる青田風 ひさ野 7 ぽんこ.せいじ.菜々.なつき.よし女.みちほ.うつぎ.
明易し海光窓に船の旅 はく子 5 ひかり.満天.あさこ.治男.有香.
夕闇にアカシア匂ふ野辺の道 みちほ 4 宏虎.ひさ野.三刀.雅流.
千枚田またぎて泳ぐ鯉幟 なつき 3 せいじ.はく子.こすもす.
十一や南無妙法の読経堂 雅流 3 菜々.うつぎ.有香.
褪せたるもこの藍が好き更衣 うつぎ 3 ひかり.なつき.よし子.
浮島の青葦風に逆らわず なつき 3 宏虎.ひさ野.みちほ.
夏グミの垂るるは乙女の耳にこそ はく子 2 ぽんこ.満天.
美濃尾張分かつ峠や夏鶯 菜々 2 よし子.治男.
水馬何処にエネルギー動きづめ 宏虎 1 はく子.
余苗バケツに植へて育てをり 有香 1 こすもす.
お茶室へ誘ふ路の花菖蒲 満天 1 あさこ.
新茶汲む京都出町の豆餅に 満天 1 雅流.
夏のぐみ盗賊鴉の狙い打ち よし女 1 三刀.
睡蓮の蕾か鯉の背の鰭か せいじ 1 よし女.

2014年6月4日 (投句者18名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
建て付けの悪き引戸や梅雨に入る うつぎ 3 あさこ.三刀.よし子.
破竹提げ向こう三軒両隣 三刀 3 よし女.治男.なつき.
均されし畑地縁取る花あやめ せいじ 3 満天.宏虎.こすもす.
そよぐ風葉裏に毛虫潜みをり みちほ 3 ひさ野.ぽんこ.こすもす.
門前の醤油屋に買ふ青山椒 なつき 2 うつぎ.よし子.
モンローの唇思ふ薔薇の花 宏虎 2 よし女.うつぎ.
初蛍乙夜の庭に漂へり 雅流 2 治男.はく子.
参道の松千本の梅雨入りかな よし子 2 菜々.有香.
低き嶺嶺重ね丹波路麦の秋 菜々 2 ひかり.せいじ.
放ち鶏木蔭に集う極暑かな ひさ野 2 ひかり.みちほ.
月涼し仕舞う道具の洗い水 みちほ 2 ぽんこ.なつき.
田の隅にいくばく咲かせ花菖蒲 はく子 2 雅流.みちほ.
蒼天に見失いたり揚雲雀 なつき 2 あさこ.せいじ.
菜畑へ梅雨の走りの雨細か 菜々 2 満天.雅流.
高階の広き玻璃戸や明易し はく子 1 菜々.
夕暮や白々匂ふ椎の花 ひかり 1 宏虎.
出し抜けに花栗匂ふ散歩道 せいじ 1 有香.
一本に混み合ふ茄子のベビーかな よし女 1 三刀.
八分の一の西瓜や売れ筋に 満天 1 ひさ野.
鶏鳴の朗朗今は羽抜鶏 宏虎 1 はく子.

2014年6月3日 (投句者17名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
実梅もぐ肩車の子よ神の庭 よし女 4 あさこ.ひかり.三刀.ひさ野.
夏鶯縄文の里鳴き継ぎし ひさ野 4 はく子.なつき.みちほ.有香.
緒のゆるき男下駄の音桜桃忌 ともえ 3 宏虎.はく子.ぽんこ.
時の日や今に伝へて水時計 はく子 3 なつき.ひさ野.有香.
放ちたる鮎の手づかみ子等はしゃぐ あさこ 3 ひかり.ぽんこ.こすもす.
園児寄り天満宮の梅ちぎり 三刀 3 よし女.治男.うつぎ.
風上がる夏雲近き千枚田 なつき 3 せいじ.満天.よし子.
足が出て蝌蚪の逃げたる千枚田 なつき 2 菜々.みちほ.
束縛の無き身軽さや羽抜鶏 宏虎 2 三刀.雅流.
頂きの白きに迫る山若葉 みちほ 2 せいじ.満天.
石庭の岩に休みし夏の蝶 よし子 2 こすもす.雅流.
配達のバイク音して明易し 満天 2 あさこ.治男.
田の面はや早苗の育つ暑さかな 雅流 1 菜々.
ちぎりたる梅の実盛って神の前 よし女 1 うつぎ.
花梔子月のない夜をしろしろと 菜々 1 宏虎.
水無月と思へぬ今日の気温かな こすもす 1 よし女.
アカシアの白き花咲く北の道 みちほ 1 よし子.

2014年6月2日 (投句者11名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
潮干狩昼餉置く岩遠ざかる なつき 7 宏虎.せいじ.あさこ.はく子.治男.さつき.うつぎ.
茄子胡瓜育て余生の恙なし 満天 5 三刀.ぽんこ.はく子.菜々.雅流.
やどかりの背なに藻揺るる忘れ潮 なつき 4 せいじ.さつき.うつぎ.みちほ.
まくなぎを払ふ左手の宙を切る 雅流 4 満天.ぽんこ.こすもす.なつき.
下闇に仙人めきし黄門像 菜々 3 宏虎.よし女.なつき.
夏蓬独りベンチのハーモニカ ぽんこ 3 よし子.治男.ともえ.
枝撓めびっくり茱萸の熟れきざす よし女 3 三刀.菜々.みちほ.
摘む花の匂ひ立ちたる初夏の風 みちほ 2 満天.ともえ.
日本一低い山の市苺買う 治男 2 こすもす.よし子.
碑の銘は光圀直筆風薫る 菜々 2 ひかり.雅流.
蜘蛛の子の軽軽散りて隠れけり 宏虎 2 ひかり.よし女.
紫陽花の葉の座にしかと色咲かす 満天 1 ひさ野.
禊滝竜の口より落ちにけり 雅流 1 あさこ.
種蒔きを急ぎし夫の黒い顔 みちほ 1 ひさ野.

2014年6月1日 (投句者7名 選句者12名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
暮れなづむ空にまぎるる花樗 菜々 6 ぽんこ.宏虎.ひさ野.よし女.満天.みちほ.
鬼貫の墓碑とつたわる木下闇 よし子 5 なつき.ぽんこ.宏虎.雅流.みちほ.
刈り置きし草の匂いや夏近し みちほ 4 菜々.ひさ野.ともえ.こすもす.
ブロンズの帽子に遊ぶ雀の子 ぽんこ 4 なつき.雅流.ともえ.よし女.
庭に得し初なり胡瓜先づ仏へ 菜々 2 治男.満天.
ソーラーでほのかに灯る庭明かり みちほ 2 治男.こすもす.
長き棹時に振り上げ鮎を釣る ともえ 1 菜々.

2014年5月31日 (投句者19名 選句者11名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
街薄暑ビルの谷間の女郎塚 満天 3 ひかり..みちほ.
薔薇アーチ憩いの椅子の偕老かな ぽんこ 2 満天.みちほ.
空蝉の命は重く殻軽し 宏虎 2 ひさ野.ぽんこ.
賑わしくゲ−トボ−ルや青葉風 治男 2 あさこ.菜々.
白山の白き頂夏兆す 有香 2 せいじ.ぽんこ.
春蝉やパンク修理の木下陰 みちほ 2 ひさ野.あさこ.
杜若尼の読経の籠れるに 雅流 2 満天.ともえ.
袋掛け終へてもいちど覗き込む 満天 1 菜々.
電柱にもたれ見上ぐる揚雲雀 なつき 1 .
女郎塚訪ふ道すがら金糸梅 菜々 1 よし子.
緑陰に向きを同じうバイクどち せいじ 1 ともえ.
さやさやと柿衞文庫の柿若葉 菜々 1 よし子.
郵便夫緑陰に来て昼餉食ぶ よし女 1 せいじ.
麦の秋新幹線降り単線へ きづな 1 ひかり.