GH毎日句会 > 成績一覧・2013年1月
GOSPEL HAIKU
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

毎日句会成績一覧

[2014年5月]

2014年5月30日 (投句者17名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
余花に逢ふ信濃めぐりの同窓会 ぽんこ 9 ひかり.ともえ.せいじ.菜々.よし女.治男.なつき.こすもす.うつぎ.
ひねもすを葉陰に青葉木莵涼し 雅流 5 ひかり.せいじ.はく子.うつぎ.有香.
夏の蝶枯山水についと来て 満天 4 よし子.よし女.三刀.こすもす.
糸蜻蛉風より軽く影を持つ 宏虎 3 ひさ野.三刀.雅流.
城山に土塁のあとの草葎 よし子 3 満天.治男.みちほ.
青葉木莵宿りは能勢の大けやき 雅流 3 菜々.ぽんこ.きづな.
炎天に片寄せられて無縁墓 菜々 3 満天.なつき.みちほ.
咲き初むるあぢさゐ蕾に色ほのか きづな 3 ともえ.宏虎.あさこ.
まず憩ふ栴檀香る石の椅子 よし女 2 宏虎.ぽんこ.
うぐいすや我が庭にきて老を鳴く きづな 2 あさこ.よし子.
葉桜のトンネルを洩る陽のやさし ともえ 1 はく子.
日の射して歩道まぶしき金糸梅 満天 1 きづな.
老鶯の声よく通る昼下がり 三刀 1 雅流.
新樹縫う栗鼠の親子や辻地蔵 ひさ野 1 有香.
苧環を草間に残す刈り払い みちほ 1 ひさ野.

2014年5月29日 (投句者20名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
白壁の柿衛文庫柿若葉 満天 5 せいじ.雅流.宏虎.きづな.はく子.
ポプコーン弾けて街のさつき祭 あさこ 4 よし女.三刀.菜々.みちほ.
薔薇園に薔薇のかほりの氷菓食ぶ なつき 4 せいじ.雅流.ともえ.はく子.
土間涼しつっかけ下駄をからからと はく子 3 満天.なつき.ぽんこ.
時鳥家路せかるる心地して 有香 3 よし女.治男.菜々.
層塔へ花十薬に道堰かれ 菜々 2 ひさ野.治男.
句会へと書院を開けて若葉風 菜々 2 満天.宏虎.
一直線田植え機の跡整然と ともえ 2 あさこ.よし子.
駅出でてすぐの緑陰有岡城 満天 2 あさこ.きづな.
麦の風夕日に向かひ下校の子 なつき 1 ぽんこ.
妙見の水を引きゐし燕子花 雅流 1 なつき.
緑蔭の半跏趺坐仏夢心地 うつぎ 1 よし子.
蘇鉄咲く文化財に指定され よし女 1 三刀.
四阿の屋根は青葉の帽子かな ぽんこ 1 ともえ.
風吹いてさざ波に消ゆ早苗かな みちほ 1 ひさ野.
連れられて尋ねし花圃や亜麻の花 ひさ野 1 みちほ.

2014年5月28日 (投句者19名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
もみ洗ふ土つきらつきょ手におどる 満天 5 ともえ.菜々.はく子.みちほ.うつぎ.
青時雨床几に座して蕎麦一枚 せいじ 3 よし女.三刀.ぽんこ.
薫風に流る笙の音楠公祭 菜々 3 三刀.こすもす.雅流.
時鳥せせらぎの音絶え間なく 有香 3 菜々.はく子.よし子.
糠雨に消ぬがに淡し花楝 はく子 3 満天.きづな.うつぎ.
雨意の風未央柳のゆれやまず きづな 2 雅流.みちほ.
紫陽花の浮き立つ朱き太鼓橋 さつき 2 なつき.よし子.
ぶつけ合う山羊の角音春深し みちほ 2 ひかり.ひさ野.
妙見の水引く小田や六地蔵 雅流 2 ともえ.きづな.
甦るボンボン時計田植え済む こすもす 2 ひさ野.有香.
青梅雨のきらめき綴る鎖樋 うつぎ 2 ひかり.よし女.
溝浚え井戸端会議始まりぬ 宏虎 2 治男.なつき.
宮青葉楠公墓碑へ人絶えず 菜々 1 あさこ.
らつきょ漬け終へて匂ふや手のひらに 満天 1 治男.
産声のふるさと讃歌五月晴 三刀 1 宏虎.
風少し馬鈴薯の花揺れてをり あさこ 1 せいじ.
棚田植う小型田植機操りて 雅流 1 こすもす.
ローカル線傾く駅名夏の山 ぽんこ 1 せいじ.
旅の計拒む恙や若葉冷え はく子 1 満天.
白肌のほんのり染まる薔薇巡り なつき 1 宏虎.
石楠花のレンガの館花明り ぽんこ 1 あさこ.
孑孑の屈伸軽く水自在 宏虎 1 有香.
おにぎりを提げて栴檀咲く丘に よし女 1 ぽんこ.

2014年5月27日 (投句者21名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
大漁に軽口叩く昼の網 宏虎 4 よし女.ぽんこ.はく子.みちほ.
霊しずめの祝詞は縷縷と薫風裡 菜々 4 ひかり.雅流.みちほ.なつき.
時鳥の声を聴きつつ野良仕事 三刀 4 あさこ.治男.なつき.有香.
畑仕事励ましてゐる雨蛙 よし女 4 満天.菜々.よし子.はく子.
頼る木のありて山藤高きかな ひさ野 3 さつき.きづな.こすもす.
黒揚羽ふはりと羽織る薄衣 はく子 3 ぽんこ.三刀.きづな.
万緑を二分ケしたるロープウエイ さつき 3 満天.ひさ野.雅流.
楠青葉ホ−ルインワンの記念の樹 治男 2 宏虎.せいじ.
青葉木莵名の大槻へ今年また 雅流 2 菜々.うつぎ.
とりどりのあじさゐ咲かせ立ち話 満天 2 よし子.さつき.
大槻へ据ゑし三脚青葉木莵 雅流 2 ひかり.ひさ野.
燕の巣支える棚や駅の人 ともえ 2 よし女.治男.
おだまきの木立ちの中に咲きそめり みちほ 1 せいじ.
ドリーネのなぞへのままに草茂る よし女 1 うつぎ.
草原の若葉照らして入り日かな みちほ 1 あさこ.
野菜苗にめぐみとなれり走り梅雨 あさこ 1 有香.
梅雨兆すバギーにてるてる坊主かな うつぎ 1 こすもす.
太平記の舞台の宮や風薫る 菜々 1 三刀.
横切りし低空飛行の夏燕 こすもす 1 宏虎.

2014年5月26日 (投句者18名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
万緑へ合図の神鼓楠公祭 菜々 6 満天.なつき.はく子.よし子.雅流.きづな.
新しき鈴の緒成りて宮若葉 はく子 5 満天.ともえ.さつき.菜々.みちほ.
菜園にはや人影や明易き さつき 5 ともえ.よし女.治男.有香.こすもす.
八つ橋を杖つく母に日傘さす なつき 4 はく子.ぽんこ.さつき.みちほ.
親と子の歓声上がる夏干潟 三刀 3 あさこ.ひかり.治男.
キャタピラの爪痕残し植田澄む よし女 3 三刀.せいじ.こすもす.
卓の上蟻ー匹の思案顔 ひさ野 3 三刀.せいじ.宏虎.
楠茂る築地瓦に菊水紋 菜々 2 ひさ野.うつぎ.
泰山木一花宝珠のほぐれ初む はく子 2 宏虎.雅流.
風のなか空に遊びし落花かな みちほ 2 ひさ野.有香.
古墳群少し離れて小判草 三刀 2 よし女.よし子.
ゴーヤ蔓張りしネットを早や感知 うつぎ 2 ひかり.きづな.
摘みたてのトマトを添へて朝の卓 よし女 1 あさこ.
子の無事を願ふ母なり茄子の花 宏虎 1 ぽんこ.
サングラス軽微なことにけちをつけ 宏虎 1 うつぎ.
無音なる仮設住宅春の昼 せいじ 1 なつき.
真っ先に箸をつけるや冷奴 満天 1 菜々.

2014年5月25日 (投句者17名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
早苗田の正しきすじめ風そよぐ ひさ野 5 満天.菜々.せいじ.はく子.あさこ.
長靴の子らの渚や蟹走る よし女 4 さつき.うつぎ.はく子.ぽんこ.
夏蝶のふんわり寄り来亡き子かも あさこ 4 さつき.よし女.治男.よし子.
工場のとんがり屋根や麦の秋 なつき 3 満天.せいじ.みちほ.
白砂の渚を歩く夏帽子 三刀 3 ひかり.ぽんこ.こすもす.
はなびらの零れて動く薔薇の枝 せいじ 2 みちほ.雅流.
森若葉雨に枝垂れる葉先かな みちほ 2 治男.宏虎.
花楝匂ふ縄文遺跡かな 三刀 2 よし女.なつき.
政宗の遺訓うべなひ夏木立 せいじ 2 きづな.こすもす.
燕の巣軒に並びし理髪店 なつき 2 三刀.有香.
足音に鯉のざわめき未草 ぽんこ 2 ひさ野.雅流.
捨て糠に右往左往の蟻泳ぐ あさこ 1 菜々.
夏めくやソーラーパネルを社務所屋根 はく子 1 なつき.
茄子の花咲かせ笑顔の割烹着 満天 1 あさこ.
稜線の緑を追うやテレビ塔 治男 1 よし子.
囀りや緑あふれる今朝の雨 みちほ 1 ひさ野.
十一や背高き杉の穂から穂へ 雅流 1 有香.
門番に初ほととぎす明け初むる うつぎ 1 きづな.
鉄線花蔓をたどればきりもなし よし子 1 うつぎ.
花茄子のうつむきて咲くけなげさに 満天 1 宏虎.
花楝浜の子供ら網下げて よし女 1 三刀.
大甕に睡蓮咲いていたりけり こすもす 1 ひかり.

2014年5月24日 (投句者17名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
万緑や産土の千木燦とあり 菜々 4 宏虎.三刀.雅流.こすもす.
囀りや連れの手を借る女坂 ひさ野 4 あさこ.みちほ.きづな.こすもす.
花桐やダム底の村思ほゆる 雅流 4 ひさ野.三刀.治男.みちほ.
打ち返す波音やさし花楝 三刀 3 満天.よし女.うつぎ.
本を手の洪庵像に風薫る 菜々 2 せいじ.よし子.
田植機は後ろ見ながら雨の中 みちほ 2 治男.よし子.
若葉風ピアノ旋律垣根越ゆ 宏虎 2 ひかり.なつき.
艶やかにうねる苔庭風涼し せいじ 2 ひさ野.ひかり.
そら豆のさやの真綿にくるまれて 満天 2 ぽんこ.せいじ.
みどりごの足裏にママの名聖五月 よし女 2 宏虎.はく子.
売り家の札いつまでも桐の花 有香 2 満天.菜々.
孫のこと話し茶摘女手を抜かず なつき 2 あさこ.よし女.
坂登りきって仰ぐや朴の花 きづな 1 なつき.
杉落葉ついと手が出る山育ち きづな 1 ぽんこ.
茶房へと続くギャラリー風薫る よし女 1 うつぎ.
産土の銀杏大樹や若葉風 雅流 1 きづな.
水害の水位の印桐の花 こすもす 1 菜々.
剥きおへて嵩だかきさや青々と 満天 1 はく子.
淀川に湾処もどりて風薫る はく子 1 雅流.

2014年5月23日 (投句者19名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
食卓にガラスの器夏に入る かかし 5 三刀.あさこ.よし子.こすもす.なつき.
畝立てを歩幅で測る春の土 みちほ 5 せいじ.ひさ野.よし女.ぽんこ.なつき.
園児らは朝のお祈り薔薇にほふ 菜々 4 ひさ野.ひかり.雅流.はく子.
庭に得し薬味たっぷり冷奴 きづな 4 菜々.ひかり.こすもす.有香.
踊子草タップダンスの始まりぬ よし女 3 満天.宏虎.ぽんこ.
復されし海苔粗朶よぎる遊覧船 せいじ 2 つくし.有香.
祈り立つマリアの像へ薔薇の風 菜々 2 満天.せいじ.
青大将軽くいなせりゴルフ場 宏虎 2 治男.きづな.
夕顔の苗青竹のアーチ組み 三刀 2 よし女.つくし.
河川敷の土俵に茅花流しかな こすもす 2 よし子.はく子.
若葉風馬駆けまわる牧の朝 みちほ 2 三刀.菜々.
新緑や梢をわたる風の音 ひさ野 2 みちほ.雅流.
頬被りの地蔵三体木下闇 こすもす 1 宏虎.
カラオケを孫と競ゑてソーダ水 かかし 1 あさこ.
大川の安藤噴水眩しけり 満天 1 きづな.
薔薇垣に横文字白し表札 つくし 1 治男.
蛍袋すっぽり虫を隠しけれ ぽんこ 1 みちほ.

2014年5月22日 (投句者19名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
蛙鳴く田水に映る家灯り みちほ 6 満天.ひさ野.せいじ.菜々.ともえ.なつき.
腕白児真っ先並ぶかき氷  ぽんこ 4 ひかり.せいじ.かかし.つくし.
樹の上の雛が気になる青嵐 三刀 3 ひかり.あさこ.よし女.
著莪咲ける津波の舐めし杉木立 せいじ 3 ぽんこ.菜々.治男.
初夏の風はやりのストールひるがえし ともえ 3 よし子.はく子.雅流.
樹下涼し車座になる生徒どち つくし 3 宏虎.あさこ.きづな.
夙川に泳ぐ千匹鯉のぼり よし子 2 はく子.なつき.
一輌車遠のく茅花流しかな 雅流 2 三刀.かかし.
釣忍解けてをるや過疎の村 かかし 2 ひさ野.みちほ.
二歳児ら先生が吹くシャボン玉 つくし 2 治男.きづな.
農水路一水跳ねて水馬 かかし 2 ぽんこ.よし子.
対向車待ちゐしホーム桐の花 雅流 2 よし女.みちほ.
雨上がり小満の木々つややかに 菜々 2 宏虎.雅流.
鳥除けのネットをくぐり豆をもぐ よし女 1 こすもす.
すっぽりと入り口結び袋掛け あさこ 1 ともえ.
同年と草引シルバー話好き きづな 1 満天.
新樹光トランプ占ひ吉と読む よし女 1 三刀.
半日を惜しみ駆けつけ茶摘時 なつき 1 つくし.
手編み品売る小母さんの夏帽子 ひさ野 1 こすもす.

2014年5月21日 (投句者19名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
植ゑ終へし早苗に鷺の忍び足 雅流 6 せいじ.宏虎.あさこ.ぽんこ.かかし.みちほ.
器材負ひ薔薇撮る老女カメラマン きづな 3 ともえ.治男.こすもす.
牧開き仔馬と歩く親子かな みちほ 3 ひさ野.ひかり.治男.
潮騒はレクイエムとふ陸奥の春 せいじ 3 菜々.よし子.みちほ.
茶摘女に一日休みとなりし雨 なつき 3 菜々.よし子.雅流.
新緑に埋もれ緑の相談所 ひかり 3 さつき.はく子.雅流.
矢のごとく出入り忙しき夏つばめ あさこ 2 ともえ.こすもす.
夏空へ四肢のびらかに乙女像 菜々 2 なつき.はく子.
椎落花まみれや宮の蚤の市 さつき 2 せいじ.ひさ野.
嬰児の命名記す聖五月 宏虎 2 さつき.なつき.
喜寿米寿を祝う大会雲の峰 治男 2 満天.宏虎.
ユリノキの花を高みの五月晴 ひかり 2 ぽんこ.つくし.
炊き立てのはじき豆飯萩焼碗 よし女 1 三刀.
鉄線花空の色して空目ざす ひさ野 1 ひかり.
千枚田ボランティアにて植田かな かかし 1 きづな.
新樹中煉瓦造りの公会堂 満天 1 きづな.
囀に迎えられたる朝の牧 みちほ 1 三刀.
薔薇苑を描くスマホで構図決め きづな 1 満天.
雨催ひ忍び音もらす時鳥 三刀 1 よし女.
川に沿ひ賑はふ街の薔薇の園 満天 1 あさこ.
参道に津波の痕や青時雨 せいじ 1 よし女.
万緑に燦と煉瓦の公会堂 菜々 1 つくし.
器より山とこぼれし氷かき ぽんこ 1 かかし.

2014年5月20日 (投句者18名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
花みかん空青き日はよく匂ひ 菜々 6 宏虎.よし女.さつき.こすもす.ひかり.雅流.
街灯は遅々に灯りて夏の月 つくし 4 せいじ.ひさ野.なつき.みちほ.
棕櫚の花庭に鴉の破れ声 きづな 3 かかし.こすもす.菜々.
庭に得しそらまめあてに夫機嫌 菜々 3 三刀.きづな.ひかり.
太白や茅花流しの峡夕べ 雅流 3 三刀.なつき.つくし.
路地裏に猫の戯れをる小判草 かかし 2 せいじ.あさこ.
ラグビ−のゴ−ルに入る夏夕日 治男 2 みちほ.はく子.
人あふれバラ園の薔薇疲れぎみ 満天 2 きづな.菜々.
川下り舟の着きたる嵯峨薄暑 雅流 2 あさこ.有香.
不揃ひの玉葱盛りて赤き札 かかし 2 治男.ぽんこ.
豆腐屋の遅日のラッパ引き止めて よし女 2 さつき.ぽんこ.
藍の濃き比叡をシンボル京薄暑 はく子 1 かかし.
腹底に響く和太鼓薄暑光 ぽんこ 1 はく子.
待ち合す友に日傘を大振りす きづな 1 宏虎.
あめんぼう軽快乱舞水遊ぶ 宏虎 1 満天.
薔薇園の波打つ髪の乙女像 なつき 1 雅流.
人の出て色取り豊か芝桜 あさこ 1 治男.
アーチ出て薔薇の香りの氷菓子 なつき 1 つくし.
雨兆す枝もたわわにおほでまり せいじ 1 よし女.
いただきし薔薇の苗植え母の顔 みちほ 1 ひさ野.
暮れかねるおぼろの入り日辻地蔵 ひさ野 1 有香.
夏兆す日ごと濃くなる山のみどり よし子 1 満天.

2014年5月19日 (投句者19名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
峡の田の山をうつして田植えかな よし子 4 宏虎.ひかり.あさこ.きづな.
街路樹の影濃く伸びて夏兆す さつき 4 満天.宏虎.ぽんこ.なつき.
縁先に朴の香通ふ夕べかな よし女 4 せいじ.三刀.あさこ.雅流.
鎮守の杜覆い尽くせり楠若葉 宏虎 4 菜々.よし子.治男.きづな.
たもとほる嵯峨の裏道花うつぎ 雅流 3 菜々.つくし.こすもす.
夏の月赤々二更の山の端に はく子 3 つくし.かかし.雅流.
春愁や蒼天に出て鍬にぎる ひさ野 3 みちほ.せいじ.三刀.
鼻唄で剥く上出来のはじき豆 よし女 2 ひかり.ひさ野.
若葉寒雪雲羽織るお山かな みちほ 2 よし女.はく子.
卯の花を咲かせて隣り合ふ二軒 雅流 2 よし子.治男.
蹲に広がる波紋若葉影 有香 2 みちほ.かかし.
新緑に乙女の像の御堂筋 満天 1 ぽんこ.
砂出しの済みし浅利の夜届く なつき 1 ひさ野.
マーガレット白をすがしく咲きみてる はく子 1 満天.
齢ともに動から静へ籐寝椅子 宏虎 1 こすもす.
知らぬ顔通して日傘傾けぬ きづな 1 なつき.
野に遊ぶ一人抜ければ皆帰る つくし 1 よし女.
銀の窓積み上げ薄暑のミラービル 菜々 1 はく子.

2014年5月18日 (投句者17名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
峰の雪残し田植ゑのすすみけり みちほ 7 ひさ野.有香.満天.つくし.なつき.きづな.よし子.
車椅子押す人も又麦わら帽 こすもす 5 ともえ.菜々.よし女.はく子.きづな.
薔薇園の百種百態華やげり 満天 5 ぽんこ.有香.三刀.宏虎.ひかり.
五つ咲いて隣人を呼ぶ朴の花 よし女 3 みちほ.三刀.はく子.
予算会議の数字延延目借時 菜々 2 よし女.こすもす.
若葉風ロングスカート翻る 宏虎 2 ぽんこ.さつき.
万緑の幸村像は天仰ぐ ぽんこ 2 さつき.よし子.
小花付け見るたび伸びる胡瓜かな あさこ 2 ともえ.こすもす.
夫と顔見合してをりほととぎす よし女 1 菜々.
杜若照り翳る池人まばら つくし 1 宏虎.
祭笛音の乱れし太鼓橋 なつき 1 治男.
雀の子独り草叢かわたれどき ぽんこ 1 治男.
卯波晴れ島の彼方に由布鶴見 三刀 1 つくし.
毛虫取る老の手作業入念に きづな 1 ひかり.
十薬のつぼみ点在雨夕べ きづな 1 満天.
ジャスミンの柵からなだれ風まかせ 満天 1 みちほ.
長老の羽織房揺れ渡御の列 なつき 1 雅流.
芽吹きの雨太極拳をゆっくりと ひさ野 1 なつき.
八つ橋をわたり切ったるとき薄暑 よし子 1 雅流.
濃紫気品あふるる鉄線花 宏虎 1 ひさ野.

2014年5月17日 (投句者17名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
いつまでも暮れぬ夕空遠蛙 よし子 8 宏虎.ともえ.あさこ.ひかり.菜々.治男.ぽんこ.こすもす.
若葉風入れて体操リズミカル 満天 5 みちほ.三刀.菜々.きづな.はく子.
杖取れてつばな流しの試歩の道 菜々 3 ひかり.ぽんこ.きづな.
姉送る新樹に洩れる夕日かな つくし 2 みちほ.ひさ野.
暮れなずむ牡丹桜に遊ぶ山羊 みちほ 2 ひさ野.あさこ.
でんぐり返る子等の彫像若葉風 よし女 2 三刀.なつき.
ラベンダー五月の風がなでて行く 菜々 2 よし子.はく子.
鳥除けは漁網や海女の豌豆畑 よし女 2 ともえ.こすもす.
毛虫焼くなみあむだぶつ目瞑り きづな 1 宏虎.
雲に溶け入りて噴水ミルク色 はく子 1 治男.
六月の運動会へ笛太鼓 満天 1 つくし.
薫風の運ぶ太鼓のリズムかな 三刀 1 よし女.
風薫る仏足石の新しく 有香 1 よし女.
岸壁へ舳先ならべし卯波かな 宏虎 1 よし子.
仁王像と視線を合わす寺薄暑 ぽんこ 1 満天.
パソコンの指先軽し窓若葉 宏虎 1 なつき.
少女舞ふ山車より舞台せり出して なつき 1 つくし.
青芝の斜面を走る陸上部 治男 1 満天.

2014年5月16日 (投句者20名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
葉裏見せ風に遊びし新樹かな みちほ 4 ひさ野.ともえ.ぽんこ.きづな.
田植終へ手を合わせをる老夫婦 かかし 4 ともえ.あさこ.菜々.満天.
寺若葉ひしめき合いし無縁墓 治男 3 よし子.宏虎.満天.
更衣羽化せしごとし乙女達 宏虎 3 三刀.治男.よし女.
葉の色と同じ色して尺取虫 みちほ 2 ひかり.あさこ.
踏み行くは廃城址の松落葉 よし子 2 ひさ野.なつき.
グランドの白線引くや五月晴 治男 2 宏虎.なつき.
うす紅のばらのその名を花霞 はく子 2 ひかり.よし子.
ポケットのなきを託ちて更衣 きづな 2 菜々.はく子.
和太鼓の窓の若葉を揺らすごと 満天 2 治男.はく子.
緑さす天竜寺門威風あり 雅流 2 つくし.三刀.
若葉光ふくらむ山の黄金色 ひさ野 1 みちほ.
祭笛裏道走る出前持ち なつき 1 みちほ.
彫刻の丘へ流るるシャボン玉 よし女 1 有香.
湯ほてりに出でて乙夜の夏の月 菜々 1 つくし.
万緑の中に古刹の鎮もるる 有香 1 こすもす.
空きベンチ夜来の湿り青葉風 つくし 1 こすもす.
三輪車子犬を乗せて夕涼み さつき 1 ぽんこ.
楠若葉仏足石に蕊の降る ぽんこ 1 有香.
一塊の黒雲くぐり夏の月 菜々 1 よし女.
水音の岸辺なだるる花うばら 三刀 1 きづな.

2014年5月15日 (投句者20名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
雨兆す峡田を掠め夏つばめ 雅流 5 満天.宏虎.ひかり.あさこ.きづな.
風薫る卒業記念の花時計 はく子 4 よし女.菜々.こすもす.有香.
夏めいて大きピアスの乙女どち はく子 4 三刀.ひかり.なつき.雅流.
緑陰に夫と至福のティータイム よし女 3 ぽんこ.雅流.はく子.
雀の子へブレーキ踏みては村の道 きづな 3 よし子.はく子.有香.
森の精吐息洩れくる若葉風 宏虎 2 なつき.ともえ.
予約席卓の一輪薔薇なごむ 宏虎 2 ぽんこ.あさこ.
石舞台上る亀の子仰向けに ぽんこ 2 治男.つくし.
たんぽぽの広がる牧場丘の牛 みちほ 2 満天.ひさ野.
新緑に映える学舎の赤き屋根 さつき 2 宏虎.つくし.
雨の日も辺りの匂ふ朴の花 三刀 2 よし女.よし子.
農道の賑わう朝や田水張る みちほ 2 治男.さつき.
木下闇土器の欠片の無音劇 かかし 2 ひさ野.みちほ.
折れる葉の玉葱畑乱れけり 満天 2 かかし.こすもす.
磯遊び巻貝に足出て逃げる なつき 1 菜々.
ねんごろに舞う白蝶や野辺の花 ひさ野 1 ともえ.
クーラーに夜は炬燵の温度差に 満天 1 きづな.
そら豆をもぎて東都の子へ送る よし女 1 三刀.
夏めくやジャスミン匂ふ散歩道 菜々 1 みちほ.
祭山車一升瓶で軽油足す なつき 1 かかし.
子燕の早や電線に止まり来る ともえ 1 さつき.

2014年5月14日 (投句者21名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
田植機にモーツアルトの曲流る かかし 6 ひかり.三刀.菜々.治男.さつき.はく子.
駆けて来る少女ら双子夏帽子 つくし 6 あさこ.ひかり.ぽんこ.ともえ.こすもす.有香.
夏めくや淀滔滔と藍深め 菜々 4 宏虎.ひさ野.なつき.雅流.
山頭火句碑を囲める花菜の黄 よし女 4 よし子.なつき.満天.かかし.
朝なさな産土詣で梅は実に 菜々 3 よし女.雅流.きづな.
牡丹観る表情なごむ車椅子 宏虎 2 あさこ.みちほ.
雨音のひときわ高く蕗畑 よし子 2 ひさ野.さつき.
仔狐に部屋見られたる日暮れどき ひさ野 2 菜々.みちほ.
雪の下長屋暮らしの裏庭に さつき 2 ぽんこ.きづな.
パノラマの緑に命洗ひけり さつき 2 宏虎.よし子.
杜若縮れたる葉に風の跡 なつき 1 治男.
アスパラの朝よりぐんと伸びにけり みちほ 1 はく子.
花あやめ未だ別墅の鎖されしに 雅流 1 つくし.
待望の朴の一花開きけり 三刀 1 よし女.
夏空へゆりの木の花杯あぐる 満天 1 有香.
潮入川子亀の泳ぎまた潜る 治男 1 こすもす.
あかね空青蛙鳴き賑わう田 治男 1 つくし.
心太酢醤油派はた黒蜜派 はく子 1 かかし.
夏霞比叡かすかに比良見えず きづな 1 ともえ.
過疎の村婚活の手も田植かな かかし 1 満天.
大岩を神と崇める木下闇 ぽんこ 1 三刀.

2014年5月13日 (投句者21名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
余花咲くやいまだ立山峰白し ともえ 6 満天.宏虎.ひかり.つくし.ぽんこ.さつき.
若葉風洩れ日ゆらめく石畳 菜々 5 よし女.三刀.さつき.みちほ.雅流.
空の青水の青飲み鯉のぼり うつぎ 3 よし子.ともえ.なつき.
母の日の男料理は若竹煮 せいじ 3 あさこ.かかし.こすもす.
薔薇一輪買って自祝の誕生日 よし子 3 ひさ野.菜々.雅流.
そら豆をつまむ昼酒雨ごもり よし女 2 ともえ.かかし.
新緑や山辺に赤き気球浮く ぽんこ 2 なつき.有香.
緑さす芭蕉の句碑を判読す よし女 2 宏虎.治男.
芍薬の珠の莟にある気品 ひかり 2 はく子.三刀.
ドリーネの底まで埋む若葉かな さつき 2 ひかり.よし女.
葉桜やタカラジェンヌの颯爽と 宏虎 2 よし子.菜々.
目印のあるもの選び菊根分け 三刀 2 つくし.きづな.
大提灯並ぶ明るさ宵祭 なつき 1 あさこ.
谷埋める湧き立つ若葉朝の風 みちほ 1 ひさ野.
葱坊主弾け弾けてふくらみぬ あさこ 1 みちほ.
愛鳥の日常と変らず雀に餌 ひかり 1 はく子.
たまさかの一両電車麦の秋 きづな 1 ぽんこ.
著莪の花地蔵堂囲み清清し 満天 1 治男.
高速路薄紫に掛藤 有香 1 こすもす.
神社横新築並び松の芯 治男 1 有香.
夏めくや校庭はずむ昼休み はく子 1 きづな.
禊ぎのごと楠の花散る初夏の宮 菜々 1 満天.

2014年5月12日 (投句者19名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
過疎の村風に孕みし鯉幟 かかし 6 宏虎.ぽんこ.あさこ.なつき.みちほ.有香.
見つめ合う仔牛と仔牛若葉風 みちほ 6 宏虎.三刀.ひさ野.よし女.はく子.つくし.
重文の邸に生れて燕の子 はく子 5 せいじ.ひさ野.よし子.なつき.きづな.
古町の案内ねんごろ風薫る はく子 4 満天.ひかり.よし女.有香.
卯の花や朝刊配るバイク音 かかし 3 ひかり.ともえ.あさこ.
緑陰のベンチに一人ひとりかな せいじ 3 よし子.さつき.うつぎ.
母の日や詐欺にはあらず子の電話 よし女 2 さつき.こすもす.
母の日の母の似顔絵描く少女 三刀 2 せいじ.菜々.
春の虹たちまち消えて鳥の鳴く みちほ 2 治男.つくし.
海岸に潮の香夏を運びけり 宏虎 2 ぽんこ.みちほ.
母の日や嫁の電話の長かりし 雅流 2 治男.きづな.
造替の覆い高々寺薄暑 菜々 1 はく子.
母の日や水買うてきて厨事 よし女 1 三刀.
ハチ公の古郷と碑や木の芽吹く ひさ野 1 菜々.
母の日や息子の贈る縫いぐるみ 治男 1 ともえ.
境内のなぞへ浄めの姫うつぎ ひかり 1 満天.
柿若葉物置小屋の屋根を塗る 雅流 1 こすもす.
一粒に幸せ込めてさくらんぼ あさこ 1 うつぎ.

2014年5月11日 (投句者21名 選句者23名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
大人びし娘眩しき更衣 宏虎 5 満天.はく子.ひかり.うつぎ.有香.
千枚田溢るるほどに田水張る かかし 4 菜々.治男.さつき.こすもす.
みどりごのバギーに睡る樹下涼し せいじ 4 ひかり.ひさ野.さつき.有香.
田植機に乗りしは息子畦に父 雅流 3 うつぎ.こすもす.きづな.
青葉闇白蛇御座す杉の洞 ひかり 3 ひさ野.みちほ.つくし.
古町の床屋レトロに燕の子 はく子 3 満天.よし女.かかし.
噴水のしぶきを鳩と浴びにけり せいじ 3 あさこ.菜々.みちほ.
初夏や美脚さまざま乙女達 ともえ 2 宏虎.よし子.
碑の文字浮き立たす薄暑光 三刀 2 宏虎.よし女.
裏畑の日陰を選び草を引く あさこ 2 せいじ.雅流.
若楓孫の名刺がふわり落ち よし女 2 ともえ.三刀.
森は今出ずる若葉の光満つ みちほ 2 ともえ.はく子.
若葉光はちきれそうな甲山 かかし 2 三刀.雅流.
花柄に細身のパンツ街薄暑 満天 1 ぽんこ.
矢車草三人の子は皆長身 菜々 1 よし子.
青葉蔭オカリナを吹く初老人 治男 1 かかし.
夏めくや店頭に増ゆ野菜苗 菜々 1 治男.
神の水汲める村人宮若葉 雅流 1 つくし.
囀や鈴音の如く鳴くは何 みちほ 1 ぽんこ.
自販機に飛び出る音の街薄暑 満天 1 せいじ.
ヅカ生の清楚な姿聖五月 宏虎 1 きづな.
カーネイション敬語を添えて届けられ よし子 1 あさこ.

2014年5月10日 (投句者20名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
燕の巣昔ながらの深庇 菜々 5 よし子.はく子.きづな.うつぎ.こすもす.
初物の皮むく豌豆弾け飛ぶ 満天 4 あさこ.ぽんこ.つくし.なつき.
畑焼きのいぶせし匂ひ風の中 みちほ 4 ひさ野.せいじ.ともえ.こすもす.
鳥除けのテープが踊る豌豆畑 三刀 4 ひかり.菜々.よし女.治男.
教会のアンネの薔薇に像立つる 雅流 3 満天.かかし.なつき.
新緑へ迫り出す寺の外舞台 ひかり 3 せいじ.三刀.はく子.
一匹に大探しするハエ叩き こすもす 2 ぽんこ.うつぎ.
たら芽吹く食べる量だけ摘み採りて ひさ野 2 ひかり.みちほ.
娘の墓慈愛と名付け若葉風 治男 2 よし子.つくし.
参道に喰ぶ草餅やこれも旅 ひかり 2 雅流.みちほ.
道をしへ突と古町もとほれば はく子 2 満天.雅流.
昔牛今耕運機代田掻く よし子 1 ひさ野.
さはさはとなだりそよぎて姫うつぎ はく子 1 ともえ.
丘に座し指呼のうぐいす玉の声 ひさ野 1 あさこ.
母の日や頼りになりぬ妻のゐて 宏虎 1 菜々.
青嵐やふるさと賛歌出来上がる 三刀 1 よし女.
燕の子旧家の白壁泥まみれ きづな 1 宏虎.
図書館の応対清し若楓 よし女 1 三刀.
草揺るる夏蝶をぶら下げしまま せいじ 1 宏虎.
夏空へとんがり屋根の時計台 菜々 1 治男.
同期会の我ら団塊葱坊主 うつぎ 1 かかし.
草刈のエンジンの音こだませる せいじ 1 きづな.

2014年5月9日 (投句者22名 選句者23名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
水満ちて雲のあそべる植田かな みのる 6 せいじ.あさこ.ぽんこ.満天.三刀.菜々.
巫女埴輪一重まぶたに若葉風 かかし 5 ひさ野.宏虎.つくし.なつき.有香.
曳き売りの荷に満載のカーネーション よし女 5 あさこ.ひかり.はく子.こすもす.きづな.
白シャツの青年に席ゆづられし せいじ 3 よし女.なつき.うつぎ.
千枚田田ごとに映る朧月 よし子 3 満天.治男.さつき.
縄文の土偶の乳房聖五月 かかし 3 宏虎.よし女.三刀.
川風を腹いっぱいにこいのぼり はく子 2 こすもす.みちほ.
草萌ゆるサンダル脱いで寝転んで みちほ 2 ひさ野.よし子.
春夕焼旅の明日へ佳きしるし ひかり 2 みのる.有香.
三山のロマンスも聞き旅日永 菜々 2 よし子.きづな.
薫風に巡る白壁歴史地区 きづな 2 ひかり.菜々.
吊橋と肩を並べる桐の花 宏虎 2 さつき.はく子.
よき庭に静心なる端居かな みのる 1 ぽんこ.
ジャスミンの香の道選び遠回り 満天 1 みちほ.
片栗の咲く谷川の岩場かな ひさ野 1 治男.
門くぐり広ぐ一面庭若葉 満天 1 うつぎ.
御開帳縁をいただく五色の輪 ひかり 1 つくし.
二人の餉一品となる茗荷汁 三刀 1 雅流.
バイパスの見下ろす漁村武者幟 うつぎ 1 せいじ.
教会の手入れ良き庭立夏かな つくし 1 雅流.

2014年5月8日 (投句者20名 選句者24名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
花筏鯉の水輪に押され行く みちほ 6 菜々.あさこ.ともえ.せいじ.さつき.はく子.
田水張る水面を走る1両車 有香 5 ぽんこ.つくし.みちほ.うつぎ.なつき.
卯波寄す須磨の海岸松亭亭 宏虎 4 ひかり.満天.つくし.かかし.
鯉幟泳ぐ老人ホームかな さつき 3 せいじ.みのる.きづな.
追いかけて草に消えゆくシャボン玉 ひさ野 3 あさこ.治男.よし子.
春落葉蹴散らし流鏑馬駆け抜ける はく子 2 宏虎.こすもす.
更衣ブレスレットの色選び よし女 2 菜々.ひさ野.
老二人一日遅れの柏餅 きづな 2 さつき.こすもす.
時の日といへど余生の身は無聊 みのる 2 ひさ野.うつぎ.
大時計の針はかくんと立夏なる よし子 2 ぽんこ.かかし.
若葉風入れてシンクの漏れ直す よし女 2 ひかり.三刀.
キャンパスに沸き立つ声や若葉風 せいじ 2 三刀.きづな.
老いぬれば赤色が好き更衣 三刀 2 よし女.よし子.
登り行く回廊左右に牡丹かな ひかり 1 満天.
二世帯の表札掲げ薔薇に住む きづな 1 雅流.
白牡丹まばゆき白を放ちたる 雅流 1 ともえ.
春宵や花見小路の灯ともりて みのる 1 雅流.
走り行く赤いトラクター山笑ふ みちほ 1 なつき.
日を溜めし牡丹の深紅開き切る 雅流 1 治男.
物寂ぶや無縁仏に囀は ぽんこ 1 よし女.
昼月の真下燕の宙返り 三刀 1 みちほ.
葉桜を抽んで煉瓦の時計台 菜々 1 はく子.

2014年5月7日 (投句者15名 選句者23名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
丸窓の茶室に翳す若楓 満天 5 宏虎.三刀.よし女.さつき.雅流.
神の木は樹齢七百新樹光 ぽんこ 5 宏虎.ひかり.あさこ.こすもす.有香.
立ち泳ぎして風待ちの鯉幟 みのる 4 せいじ.よし女.なつき.はく子.
新緑の野阜古墳やもしれず ひかり 4 菜々.せいじ.みのる.さつき.
今年またなんじゃもんじゃの花にあふ 三刀 3 つくし.雅流.よし子.
鉄橋に分断されし麦の秋 宏虎 3 満天.治男.よし子.
豪邸の大家族なる鯉幟 みのる 3 菜々.治男.なつき.
渡り石飛びしはいつぞ夏来たる はく子 3 ぽんこ.うつぎ.三刀.
田水張る畦に置かれし肥袋 なつき 2 ぽんこ.きづな.
川幅に横の一列鯉のぼり よし子 2 あさこ.こすもす.
暮れ際に浮き立つ白さ霞草 菜々 2 みちほ.はく子.
生前に葬儀費払う立夏の日 治男 1 みちほ.
孫も早や大人となりぬ子供の日 はく子 1 満天.
鴉来てぼうたん一瞥して翔てり よし女 1 きづな.
紅牡丹黒漆喰の門先に ひかり 1 うつぎ.
健康器具七つを順に汗ばみて 治男 1 有香.
補助輪の自転車速しこどもの日 なつき 1 ひさ野.
円卓を囲み立夏の鳶の舞 三刀 1 ひさ野.
新緑のふたつの池や御所の庭 満天 1 つくし.
かすみ草ひとつ揺るればみな揺るる 菜々 1 ひかり.

2014年5月6日 (投句者17名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
若楓八重なす谿の深さかな みのる 6 満天.ひかり.菜々.さつき.はく子.こすもす.
一村に成りゆく代田鳶舞へり 雅流 5 宏虎.ぽんこ.三刀.はく子.有香.
十字切る空の青さや夏つばめ よし子 4 宏虎.なつき.よし女.みのる.
一の射手二の射手的中賀茂祭 はく子 3 よし子.うつぎ.有香.
緑陰に止めて愛車はカフェとなる よし女 3 治男.せいじ.うつぎ.
校庭を跨ぐ群泳鯉のぼり ひかり 3 菜々.さつき.みちほ.
若葉風駈け馬一瞬の間に過る はく子 3 よし子.治男.みちほ.
磊磊の瀬音涼しき茶屋の席 ひかり 3 あさこ.ぽんこ.せいじ.
手に痛し胡瓜を選りて朝市に きづな 2 あさこ.こすもす.
故郷へつつじ峠の九十九折れ あさこ 1 満天.
走梅雨地震のニュースの駆けめぐる 有香 1 ひさ野.
谷若葉奈落に白き瀬波見え みのる 1 三刀.
安くても万年筆だ柿若葉 治男 1 よし女.
雑草の更地に群れる芥子の花 ぽんこ 1 ひかり.
空晴れてプラス志向の五月来ぬ 宏虎 1 ひさ野.
文政の鳥居に触るる楠若葉 よし女 1 なつき.

2014年5月5日 (投句者21名 選句者23名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
花ごとに声掛けてゐる牡丹守 よし女 6 満天.あさこ.せいじ.よし子.菜々.はく子.
片言の英語試せりサングラス なつき 6 ひかり.治男.きづな.ぽんこ.菜々.こすもす.
棚田風匂ふ八十八夜かな うつぎ 5 あさこ.ともえ.みのる.なつき.雅流.
湾埋めてマスト林立風光る なつき 4 さつき.うつぎ.みのる.きづな.
揚雲雀天に聳える大鳥居 ひかり 3 宏虎.三刀.みちほ.
山翳となりて裏木戸藤匂ふ 雅流 3 さつき.なつき.みちほ.
蛙鳴く郷社の鳥居くぐる時 三刀 3 ひさ野.よし女.うつぎ.
薫風へゆるりとカーブモノレール 菜々 3 三刀.せいじ.はく子.
永き日の貸農園に掛時計  きづな 2 よし女.有香.
塵掃きて玉虫ころぐ球となり あさこ 2 ひかり.治男.
雨催ふ峠半ばの懸り藤 雅流 2 有香.こすもす.
堂島川木香薔薇の香る風 つくし 1 ともえ.
瞠目の糺の杜の若葉今 はく子 1 雅流.
薫風や合格絵馬の二重三重 三刀 1 宏虎.
陶狸の一望黄色麦の秋 宏虎 1 よし子.
しゃが群の続く公園裏出口 きづな 1 満天.
しゃぼん玉垣根侵犯咎めなし みのる 1 ひさ野.
町名描くなぞへの土手の芝桜 よし女 1 ぽんこ.

2014年5月4日 (投句者18名 選句者24名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
流鏑馬の若葉のトンネル駆け抜ける はく子 6 さつき.菜々.つくし.なつき.みちほ.有香.
樟若葉ゆらぎて鳥居揺るるかに よし女 5 満天.さつき.三刀.雅流.はく子.
春落ち葉風の形を見せて舞ふ 三刀 4 ひかり.治男.はく子.有香.
風薫る英語に神事のアナウンス 菜々 4 満天.ぽんこ.みちほ.こすもす.
晴嵐や恋路の絵馬を打ち鳴らし よし女 3 あさこ.つくし.みのる.
藤の房老女の肩を撫でにけり せいじ 3 ともえ.あさこ.菜々.
薔薇さはに介護施設の内覧会 うつぎ 3 ひかり.きづな.雅流.
手に取りてずしりと重き落椿 きづな 2 せいじ.うつぎ.
かはたれの鳥鳴き八十八夜かな 雅流 2 三刀.なつき.
土付の笊のたけのこ値踏みする ぽんこ 2 宏虎.ひさ野.
ぼうたんの花は峠を過ぎにけり 三刀 2 よし女.こすもす.
船着場跡にはためく鯉のぼり なつき 2 治男.よし子.
藤の虻バステノールとハモりけり みのる 2 よし女.うつぎ.
八十八夜まず朝顔の種を蒔く 有香 1 ひさ野.
緑陰に流鏑馬待ちて長蛇の列 満天 1 ぽんこ.
棚田には田を掻く牛のよく似合ふ よし子 1 せいじ.
流鏑馬神事新緑の杜とよもして 菜々 1 よし子.
夏の波ひかり弾きて綺羅めけり 宏虎 1 ともえ.
井手成りて八十八夜の川静か 雅流 1 きづな.
藤にほふ嫗ら鼻を埋めたり せいじ 1 宏虎.

2014年5月3日 (投句者20名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
山笑う通行止めの解けし路 こすもす 7 ひさ野.せいじ.みのる.さつき.よし女.みちほ.うつぎ.
ぼうたんの香りはためく五色幕 つくし 4 満天.あさこ.三刀.有香.
庭畑に八十八夜の畝立つる きづな 4 菜々.こすもす.雅流.なつき.
遠足の列分断す信号機 あさこ 3 治男.さつき.きづな.
空海のお手植えといふ樹下涼し みのる 3 よし女.よし子.なつき.
地の幸の弁当を売る牡丹寺 みのる 2 満天.つくし.
八十八夜風のはこべる堰の音 雅流 2 うつぎ.有香.
夏日なり娘の脚の眩しけれ 治男 2 つくし.宏虎.
主婦楽したけのこ茹でて豆剥いて 菜々 2 はく子.宏虎.
草刈り機唸りを上げて切り倒す あさこ 2 せいじ.ぽんこ.
子らの毬飛び込み庭の芝青む 菜々 2 あさこ.はく子.
綿菓子を雲と膨らせ春惜しむ うつぎ 2 治男.雅流.
藤の香の漂ふ園をたもとほり せいじ 1 よし子.
長谷寺は今牡丹の花の中 はく子 1 みちほ.
霾や窓の曇りを拭きてなほ みちほ 1 ひさ野.
池囲む霧島躑躅満開に 満天 1 きづな.
栄転も左遷落ち着く風五月 宏虎 1 ぽんこ.
天つ藤祓はる新車に屑こぼす よし女 1 こすもす.
朝の浜佇てばきぎすの鋭声かな よし女 1 三刀.
薫風裡車を祓う幣の音 三刀 1 菜々.

2014年5月2日 (投句者18名 選句者22名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
風薫るオープンカフェーは杜の中 つくし 6 菜々.ひかり.三刀.みのる.よし子.うつぎ.
花菜畑歩く遍路の見え隠れ ともえ 4 せいじ.ぽんこ.みちほ.こすもす.
聖五月瑠璃にかがやく鳩の首 菜々 4 宏虎.三刀.きづな.雅流.
大樟のよき陰落とす著莪浄土 みのる 4 満天.菜々.さつき.有香.
ふところは雀の遊び場大つつじ 菜々 3 ひかり.はく子.こすもす.
サックスの音色広ごる春岬 三刀 3 せいじ.治男.よし女.
大鳥居見上げる扁額風五月 よし子 2 ひさ野.ぽんこ.
里山の麓いろどる芝桜 よし女 2 あさこ.治男.
咲きをりしままに鎮座の落花かな こすもす 2 雅流.有香.
傘さして美人の姿白牡丹 よし子 2 満天.宏虎.
楠大樹牡丹花園を統ぶるごと きづな 2 つくし.よし子.
老いてなお若葉青葉の日の光 治男 1 みちほ.
寡黙なる人と相席余花池亭 きづな 1 さつき.
せつせつと砂積み上げし蟻の塚 ぽんこ 1 よし女.
満々と岸打つ波や雪解池 みちほ 1 ひさ野.
屈み見る土手を埋めしつくしんぼ ひさ野 1 あさこ.
行厨に話の弾む窓若葉 満天 1 つくし.
朝摘みし蕨も置きて無人店 雅流 1 はく子.
帰りざま香気放つは麝香藤 せいじ 1 うつぎ.
整然と野外授業や五月晴れ こすもす 1 きづな.

2014年5月1日 (投句者16名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
異な虫に遠足の列乱れけり みのる 7 ひかり.あさこ.せいじ.よし女.ぽんこ.治男.きづな.
にょきにょきと竹の子境内憚らず きづな 5 宏虎.よし子.つくし.菜々.こすもす.
撫で牛に人の絶えなき春の宮 満天 4 ひさ野.ひかり.つくし.きづな.
襁褓干す竿の端なる鯉のぼり うつぎ 4 せいじ.三刀.みのる.こすもす.
鳥雲り1点見つむ水子仏 有香 3 三刀.ぽんこ.みちほ.
ホバリングせる花蜂と睨めつこ せいじ 3 宏虎.よし子.雅流.
うららかや托鉢僧はスニーカー せいじ 2 みちほ.ともえ.
大声の球児の気迫五月来る 三刀 2 満天.雅流.
井手成りて勢ふ水口田水張る 雅流 2 よし女.菜々.
昨夜の雨牡丹の零す緋の雫 宏虎 1 満天.
懸り藤見上げる寺の門構え 三刀 1 治男.
逞しやフェンス埋めて木香薔薇 菜々 1 あさこ.
ひと茹でに花とも思ふ若布かな よし女 1 ともえ.
瓜の苗ホースの先に立ち直る よし女 1 ひさ野.

2014年4月30日 (投句者19名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
先客の猫に声掛け藤の下 ひかり 8 満天.よし女.あさこ.治男.菜々.ぽんこ.はく子.有香.
太陽の塔雨に洗はれ昭和の日 菜々 5 ひかり.ぽんこ.きづな.雅流.うつぎ.
新しき青竹組まれ上り簗 ともえ 3 ひさ野.三刀.あさこ.
高窓の青天井に蝿生る みのる 2 うつぎ.こすもす.
車窓より見る山藤の花明り あさこ 2 ともえ.宏虎.
ジャンプして鯉のパン取る残り鴨 よし女 2 三刀.ともえ.
代田水路へ溢れし下校時 治男 2 つくし.きづな.
肩幅の威風堂堂武者人形 宏虎 2 有香.こすもす.
新築の庭に大きな鯉のぼり 満天 2 菜々.みちほ.
巣の鳥の両の脚の間ひな孵る せいじ 2 治男.つくし.
うららかな日を背なに受け畑仕事 ひさ野 2 せいじ.みのる.
鯉のぼり病棟の窓横睨み うつぎ 1 ひかり.
藤の房風に遊べる峡の夕 有香 1 雅流.
鯉のぼり今年は一尾増えたるや せいじ 1 はく子.
前垂れの石の地蔵や更衣 ぽんこ 1 満天.
濃むらさき広げて十二単衣の座 はく子 1 みちほ.
一碗の茶に桜もちかしわ餅 きづな 1 ひさ野.
山里に聞く鴬の谷渡り あさこ 1 宏虎.
上り簗早捕らわれし小さき鮎 ともえ 1 せいじ.
昭和の日生家に今も丸卓袱台 菜々 1 よし女.