GH毎日句会 > 成績一覧・2013年1月
GOSPEL HAIKU
2017|010203040506070809|10|11|12|
2016|010203040506070809101112
2015|010203040506070809101112
2014|010203040506070809101112
2013|010203040506070809101112
2012|010203040506070809101112
2011|010203040506070809101112

毎日句会成績一覧

[2013年10月]

2013年10月30日 (投句者16名 選句者16名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
とめどなく六百年の銀杏散る あさこ 6 よし子.はく子.さつき.菜々.きづな.こすもす.
香り満つ京街道は菊日和 満天 4 三刀.ぽんこ.ひかり.はく子.
足裏の芝の弾力園さやか ひかり 3 宏虎.つくし.こすもす.
枯きざす蟷螂や日に身じろがず 雅流 3 満天.ひかり.治男.
鉢の菊所狭しと置かれけり はく子 2 さつき.きづな.
家族どちそれぞれの灯に秋の夜 きづな 2 よう子.菜々.
三世代芋掘るごとにハイタッチ かかし 2 ぽんこ.治男.
木の実落つ音のはじけるトタン板 ぽんこ 2 あさこ.よし子.
竹の春渓谷の樹樹騒ぎおり 治男 2 宏虎.有香.
庭園の鳥居際立つ初時雨 なつき 1 あさこ.
弔いの経洩る庭へ穴まどひ 菜々 1 よう子.
尾花照る裾野に二つ影法師 三刀 1 つくし.
空一枚一山揺るる花薄 かかし 1 満天.
菊日和遠回りする散歩道 よう子 1 有香.
異な音に耳を済ませば残る虫 こすもす 1 三刀.

2013年10月29日 (投句者17名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
観音像うべなふ伏し眼秋深む つくし 4 ぽんこ.治男.雅流.よう子.
枯蟷螂渾身の鎌空を切る よう子 4 ひかり.さつき.かかし.こすもす.
柿をもぐ掌に日のぬくみあり 雅流 4 なつき.満天.あさこ.さつき.
装いの山に天文台白し こすもす 3 なつき.三刀.ひかり.
火起こしの細き煙や露寒し なつき 3 三刀.つくし.よう子.
秋惜しむ夕日に赤き坂の街 よし子 3 菜々.雅流.きづな.
宿場町行きつ戻りつ菊愛でる 満天 2 あさこ.はく子.
リサイタル終へ二次会に夕紅葉 有香 2 満天.菜々.
学童の育てし菊に句を吊るす 満天 2 治男.つくし.
団栗の何するでなく拾いけり ともえ 2 よし子.きづな.
鵯鳴いて谷戸の天辺晴れわたる 菜々 1 有香.
市の花の菊展豪華に庁舎庭 きづな 1 ぽんこ.
すさまじや隠し絵ていふ染み見つむ なつき 1 かかし.
初鴨のゆっくり動く水の上 三刀 1 よし子.
金木犀高垣をなす古都ホテル ひかり 1 こすもす.
柿たわわ折れむばかりの下枝かな 雅流 1 はく子.
風死せる薄のうなだれ川沿いに ぽんこ 1 有香.

2013年10月28日 (投句者18名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
結界の紅葉トンネル禅の寺 あさこ 5 ぽんこ.よう子.さつき.つくし.こすもす.
秋天へ凛と胸張る風見鶏 菜々 5 三刀.はく子.よう子.こすもす.雅流.
せせらぎの音聞き登る紅葉谷 あさこ 3 ともえ.治男.きづな.
名勝の池我が物と鴨来る ひかり 3 はく子.さつき.雅流.
被災地の若き語り部爽やかに せいじ 2 ひかり.有香.
釉薬の重ね掛けなる秋の展 満天 2 よし子.つくし.
刈田道腰のラジオの大音量 なつき 2 ぽんこ.きづな.
秋天を覆ふ宮杉二千齢 はく子 2 あさこ.治男.
非常食食べて訓練秋深し こすもす 2 美咲.なつき.
庭畑の間引菜をもて一盞を 雅流 2 あさこ.菜々.
まん丸に刈られ木犀まっ盛り きづな 1 菜々.
一夜の冷えに紅葉の山となりにけり ともえ 1 なつき.
紅葉の順に散りゆく桜紅葉 三刀 1 美咲.
秋灯下神秘的なる瑠璃の杯 満天 1 三刀.
大宇宙とは大げさな名のダリヤ よし子 1 ともえ.
爽やかに市民ギャラリー絵画展 はく子 1 満天.
九十九折れ対向の道山粧ふ ぽんこ 1 満天.
林中の洩れ日を受けて茸とり きづな 1 有香.
酒客あり関の秋鯖買ひもして 雅流 1 よし子.
遺跡てふなだらかな穴野紺菊 なつき 1 ひかり.

2013年10月27日 (投句者17名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
雨戸繰る金木犀の香とともに 満天 5 さつき.菜々.ともえ.なつき.はく子.
霧雨やビルの間に間に茅渟の海 よし子 5 ともえ.きづな.よう子.つくし.有香.
秋日燦幾何学模様のガラス窓 菜々 4 満天.三刀.治男.こすもす.
さし石と刻む文字跡秋深し ぽんこ 3 さつき.よし子.雅流.
台風一過街に将棋囲碁まつり はく子 3 満天.あさこ.ぽんこ.
金環のごと木犀の花筵 せいじ 3 あさこ.なつき.こすもす.
秋日和今日も開けある蔵の窓 きづな 2 ひかり.つくし.
我が町の匂ひ一つや金木犀 満天 2 よう子.せいじ.
いつの間にひつじ田造成されてをり よう子 2 はく子.よし子.
晩年は煩悩目貼り三猿に 宏虎 2 治男.ぽんこ.
秋冷えや鳩すれすれにガード下 あさこ 1 有香.
学生時祖母の弁当蕎麦の花 治男 1 ひかり.
水木もみぢ萌黄の館の庭に照る 菜々 1 雅流.
野分晴ぽっくり寺の賑はふる なつき 1 菜々.
理髪店出て禿頭のうそ寒し 雅流 1 きづな.
ただ無為に眺むるベンチ愁思かな なつき 1 三刀.
黄落の樹下を離れて画架立つる さつき 1 せいじ.

2013年10月26日 (投句者17名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
残る虫休耕田の其処彼処 さつき 6 菜々.きづな.こすもす.せいじ.雅流.はく子.
軒下に揺れずに並ぶ柿すだれ ともえ 5 美咲.あさこ.さつき.こすもす.せいじ.
行秋や霊場に古る千羽鶴 なつき 4 ひかり.つくし.治男.さつき.
澄む水へ行方占ふ恋みくじ ひかり 4 三刀.満天.きづな.なつき.
秋時雨コンテナばかり神戸港 よし子 3 つくし.ともえ.なつき.
爽やかや海一望のサンルーム 菜々 3 満天.よし子.ぽんこ.
晩節の無聊のくせに秋惜しむ 宏虎 2 よし子.よう子.
異人館椅子に鎮座の大かぼちゃ ぽんこ 2 宏虎.治男.
橋落ちしままの野川の澄みにけり 雅流 2 ひかり.よう子.
美術展心の形描かれおり 治男 1 ぽんこ.
秋冷にせせらぎの音雨続く つくし 1 宏虎.
秋ともしビルの二階のレストラン よし子 1 三刀.
台風裡通夜終へし人散り急ぐ つくし 1 あさこ.
市の八景槻並木こそ黄葉づれり きづな 1 雅流.
北野坂きて天高きに天満宮 満天 1 美咲.
園児らを招きてオープンリンゴ園 こすもす 1 菜々.
病院の玄関照らす石蕗あかり 三刀 1 ともえ.
秋惜しむ異人館街今昔に 菜々 1 はく子.

2013年10月25日 (投句者18名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
一水に添ひて参道秋明菊 菜々 4 ひかり.ぽんこ.満天.雅流.
野分中木の葉のごとく雀散る 雅流 4 三刀.あさこ.なつき.菜々.
学問の宮に杖つく秋日和 よう子 3 三刀.よし子.なつき.
台風の余波にうごめく楠大樹 ひかり 3 ともえ.つくし.よう子.
仕置場の碑文の掠れ冷まじや かかし 3 ぽんこ.はく子.よう子.
山峡の風のかたさや薄紅葉 かかし 2 宏虎.さつき.
秋時雨茂みにか細き猫の声 有香 2 宏虎.さつき.
秋の蝶失せて薄日の残りけり よし子 2 ともえ.きづな.
末枯れて四方へ靡くねこじゃらし はく子 2 あさこ.満天.
北野坂に天満宮あり梅もどき よし子 2 つくし.雅流.
一陣の風に踊れる乱れ萩 ぽんこ 2 よし子.治男.
口切に招かれ着物しつけとる 宏虎 1 はく子.
桜落ち葉乾いた大地音たてて 三刀 1 こすもす.
犬連れし子の早足に夕野分 雅流 1 きづな.
去にし子の風船潰えで浮かびをり せいじ 1 治男.
葉の裏にさなぎとなりし菜虫とる なつき 1 こすもす.
高原の焼肉パーティー秋惜しむ こすもす 1 菜々.
店の柿と実家の柿と味比べ 治男 1 ひかり.

2013年10月24日 (投句者15名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
剪定の鋏のリズム石蕗日和 三刀 7 よし子.あさこ.菜々.かかし.さつき.雅流.はく子.
栗活ける山の香りも誘い込み ともえ 4 美咲.ひかり.あさこ.有香.
木犀の香に包まれし萌黄館 満天 4 宏虎.菜々.つくし.はく子.
食べ尽くす葉には菜虫のもう居らず なつき 3 よう子.きづな.有香.
秋霖のネオンの鈍く石畳 よう子 3 三刀.こすもす.せいじ.
秋雨にレトロなバスの北野坂 つくし 3 よし子.満天.なつき.
大鉢に溢るる芒京老舗 かかし 2 ぽんこ.さつき.
もみづれる山路に現るる滝いくつ はく子 2 ひかり.ぽんこ.
登高すメリケン波止場見ゆるまで 菜々 2 治男.つくし.
檀の実窓にコーヒー専門店 きづな 2 満天.雅流.
街灯の湿りを帯びる夜霧かな 宏虎 2 三刀.よう子.
イベントの反省会とておでん鍋 こすもす 1 きづな.
秋うらら店のぞきたし北野坂 満天 1 美咲.
のぼたんの紺溶け出しそう長雨に 菜々 1 せいじ.
伸び縮み啼き交はしつつ鵯渡る 三刀 1 宏虎.
海越ゆる朝顔の種手に選りて 有香 1 治男.
松手入れひかり集めて落つ松葉 宏虎 1 なつき.
冬近しメリケンパークモノクロに きづな 1 こすもす.
カラオケも旅の夜長の一興に はく子 1 かかし.

2013年10月23日 (投句者16名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
実石榴の笑ひ転げて落ちにけり かかし 7 三刀.満天.こすもす.ともえ.ひかり.なつき.ぽんこ.
ゴンドラの行き交ふなぞへ野菊咲く さつき 3 宏虎.ひかり.有香.
秋日和駅に溢れし歩こう会 雅流 3 あさこ.ぽんこ.きづな.
すがれ虫裏戸の灯り乏しきに 雅流 3 かかし.よう子.はく子.
濁り酒古色豊かの味を効く 宏虎 3 満天.かかし.よう子.
すがれ虫石垣のみの竹田城 かかし 3 さつき.つくし.菜々.
ひとりじめして露天湯に秋惜しむ はく子 2 三刀.有香.
茶室へと誘なふ庭の秋明菊 満天 2 あさこ.こすもす.
老いまじくセーターを着て背を正す きづな 2 宏虎.治男.
六人で満席となる紅葉茶屋 菜々 1 きづな.
秋しぐれ茶室の庭の一二三石 満天 1 つくし.
秋ともし道真公の眼の光 治男 1 なつき.
唐辛子逆さに吊られ出番待つ よう子 1 はく子.
秋雨や湯の町にじむ常夜灯 宏虎 1 治男.
秋日濃し光をまとひ飛蝗飛ぶ 三刀 1 ともえ.
草紅葉橋詰めに立つ水難碑 有香 1 菜々.
肌寒の早朝出勤今日もまた こすもす 1 さつき.

2013年10月22日 (投句者16名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
お隣の菊花を誉めて出勤す こすもす 5 あさこ.ともえ.はく子.菜々.きづな.
トラックの牛と目のあふ秋思かな さつき 4 三刀.満天.宏虎.きづな.
秋深し流れの碧き吉野川 雅流 3 宏虎.菜々.治男.
小鳥来よ養生のひま餌を撒くに きづな 3 ひかり.雅流.有香.
手際よくしまふ露店や秋日影 なつき 3 よう子.さつき.こすもす.
松手入れお茶の時間の孫自慢 あさこ 2 ひかり.なつき.
生垣の茶の花ちさき谷戸の家 よし子 2 あさこ.はく子.
紅葉山ケーブルカーを吸ひ込みぬ 宏虎 2 ぽんこ.有香.
山峡の一水跳ねてこぼれ萩 かかし 2 三刀.さつき.
ハロウィンのかぼちゃ飾りて美容室 満天 2 治男.かかし.
行く秋を吉野へ嫁せし姉の忌へ 雅流 1 こすもす.
ハロウィンの仮装し道路の塵拾ひ 満天 1 なつき.
天高し尻尾で返事ずぼら猫 宏虎 1 よう子.
爽やかや川辺のベンチ本読む子 あさこ 1 ともえ.
秋の会再会約して古希祝ふ ぽんこ 1 かかし.
捨て案山子小首傾げし雀どち かかし 1 満天.
耳しいを託つに庭の鵙高音 きづな 1 雅流.
紅葉且つ散りて団地は半世紀 菜々 1 ぽんこ.

2013年10月21日 (投句者16名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
力石銀杏紅葉をしとねとす さつき 4 三刀.ぽんこ.なつき.よう子.
玉砂利へ音なく一葉また一葉 菜々 4 美咲.あさこ.よし子.ぽんこ.
加齢とは未知を楽しむ秋うらら 治男 3 美咲.よう子.はく子.
イベントの大盛況に秋惜しむ こすもす 3 宏虎.よし子.きづな.
登呂遺跡出で靴ぬぐふ草紅葉 なつき 3 菜々.さつき.かかし.
今年酒古稀の六腑を丸洗ひ かかし 3 三刀.さつき.こすもす.
獣害の話題しきりや収穫祭 よう子 3 ひかり.あさこ.きづな.
鶏頭や赤のクレヨン惜しげなく かかし 2 宏虎.菜々.
豊の秋詣でて河州一の宮 きづな 2 満天.雅流.
秋の風絵馬のカラカラ触れる音 ぽんこ 2 満天.治男.
夕焼けの五彩切り撮るカメラの眼 三刀 2 ひかり.有香.
胸張って竹馬行進運動会 有香 2 なつき.こすもす.
十月や庭師掃除屋なんでも屋 三刀 1 治男.
神苑の松の色濃し秋深む よし子 1 雅流.
雨上がり木犀の香の何処より 満天 1 有香.
みよしのの滾つ瀬早み秋澄めり 雅流 1 はく子.
鬼面絵馬秋さぶ宮に音立つる きづな 1 かかし.

2013年10月20日 (投句者16名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
囃すほど祭りの獅子の佳境なり よし子 4 三刀.ともえ.よう子.有香.
遮断機の向かふの人も菊を持つ つくし 4 ひかり.あさこ.さつき.ぽんこ.
句会報作らな菊の手入れせな きづな 3 ぽんこ.よし子.有香.
過疎村の賑わひ久し秋祭 宏虎 3 治男.きづな.雅流.
突堤に佇み海の秋惜しむ 三刀 3 ひかり.ともえ.雅流.
秋惜しむ夜景を空中庭園に はく子 3 三刀.宏虎.満天.
夕百舌や人影の無き干拓地 三刀 3 さつき.菜々.なつき.
ゴンドラの影落としゆく秋の山 さつき 3 あさこ.菜々.なつき.
秋気澄む鎮守に神の椎大樹 雅流 2 かかし.満天.
色鳥や亡き母の部屋開きをく 菜々 2 宏虎.よう子.
1 こすもす.
気がつけば草の穂点々ジーパンに こすもす 1 きづな.
おみな等に指を差されて穴惑 うつぎ 1 こすもす.
能勢帰り釣瓶落しの峠越え よう子 1 よし子.
おこわ炊きおでんも売りぬ村祭 雅流 1 かかし.
深秋や笑顔ばかりの婚写真 なつき 1 治男.

2013年10月19日 (投句者18名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
草紅葉分けて道標読みにけり 満天 6 あさこ.宏虎.ひかり.菜々.こすもす.なつき.
豊かなる胸に一点赤い羽根 宏虎 4 うつぎ.治男.よう子.なつき.
伊勢参りここが起点と小鳥来る ぽんこ 3 三刀.さつき.つくし.
岬鼻へ続く秋思の靴の跡 三刀 3 うつぎ.菜々.つくし.
語らひの夜露のベンチ去りがたし なつき 2 よし子.ぽんこ.
朝寒や目覚まし鶏の派手な声 あさこ 2 三刀.よし子.
村祭獅子の腹這ふ荒筵 うつぎ 2 かかし.よう子.
本殿の家元活ける菊大輪 満天 2 治男.きづな.
六地蔵へ道は急坂赤のまま よし子 2 ひかり.こすもす.
だんじりを引く男らの太き腕 よし子 2 満天.ぽんこ.
桟橋に片足かけて愁思かな なつき 1 満天.
初鴨の朝日の綺羅に陣敷けり うつぎ 1 雅流.
遠山の翠黛しるき秋の空 三刀 1 かかし.
自販機の前に屯す夜業人 さつき 1 はく子.
何時になく混み合ふ社務所秋祭 宏虎 1 あさこ.
身に入むや寒暖計の昨日今日 有香 1 さつき.
葉桜の交野の御野にもみずれり はく子 1 きづな.
色濃ゆく当たれば跳ねる式部の実 あさこ 1 宏虎.
居候の猫まるまると秋長ける 菜々 1 はく子.
桜紅葉いよよ疎水へ傾ぎけり きづな 1 雅流.

2013年10月18日 (投句者16名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
踏み石に庭下駄二つ十三夜 菜々 6 満天.あさこ.よう子.ぽんこ.こすもす.有香.
伏し目なる弥陀に声明秋を聞く ぽんこ 4 三刀.満天.よし子.ともえ.
宮奥の遥拝所へと初紅葉 満天 3 ひかり.うつぎ.なつき.
木の葉散る難波も果ての蝦夷塚 菜々 3 ひかり.つくし.はく子.
銀杏を踏まずに行けぬ水飲み場 なつき 2 菜々.さつき.
天高し金色の千木まぶしけり 満天 2 宏虎.こすもす.
口開けし通草をさげて句座の友 有香 2 よう子.なつき.
風次第千変万化秋の雲 こすもす 2 ぽんこ.きづな.
女房もひと口つけし温め酒 雅流 2 うつぎ.治男.
温め酒人間ドック済みて夜 きづな 2 三刀.菜々.
はらからの周忌を明日の十三夜 雅流 1 治男.
新酒とやボジョレヌーボー解禁日 よし子 1 つくし.
夜の帷カーテン引きつ月探す つくし 1 ともえ.
脳外科の看板高く十三夜 治男 1 有香.
同窓と露天湯に入り秋惜しむ 三刀 1 宏虎.
てんまりの如く朧や十三夜 あさこ 1 よし子.
列島に爪痕しるき台風禍 はく子 1 あさこ.
墓参り着いて来たりし猫二匹 治男 1 さつき.
初鴨や竜王明神祀る淵 うつぎ 1 はく子.
三重塔囲む如くにこすもす田 こすもす 1 きづな.

2013年10月17日 (投句者17名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
十三夜陶の狸に独り酌む 有香 5 ひかり.よし子.三刀.なつき.きづな.
笛太鼓闇をつらぬき村祭 うつぎ 3 満天.治男.雅流.
獅子囃すソーレ舞へソレ舞へ在祭 うつぎ 3 よう子.はく子.有香.
陽を浴びて光を返す秋茄子 よう子 3 美咲.治男.宏虎.
火袋のはためく宮やそぞろ寒 きづな 2 よう子.うつぎ.
神鏡に光り放つや野分晴れ 満天 2 あさこ.うつぎ.
町石の傾ぐ山路やすがれ虫 ひかり 2 なつき.雅流.
巫女の子も二歳となりし村祭り よし子 2 きづな.有香.
初紅葉ヘルパーと共に試歩の道 満天 2 菜々.こすもす.
秋晴れや心の中も晴れ渡る 宏虎 2 美咲.三刀.
持ち上がらぬ重かる石の秋思かな ぽんこ 2 ひかり.はく子.
な滑りそ雨の黄落石畳 こすもす 2 つくし.宏虎.
校庭にマイクの響き天高し 治男 2 あさこ.さつき.
灯台をくまなく月の夜もすがら 宏虎 2 ぽんこ.つくし.
柿の村この頂が国境 三刀 2 菜々.よし子.
外来種のすすき高だか碧き天 治男 1 こすもす.
蓮枯れて池面に広ぐ雲の影 菜々 1 さつき.
初鴨へ鯉しろがねの水脈ひろげ 菜々 1 ぽんこ.
冷まじや裏門土塀崩るまま きづな 1 満天.

2013年10月16日 (投句者14名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
金賞の菊を育てて一人住む はく子 9 三刀.美咲.宏虎.あさこ.治男.さつき.雅流.きづな.よし子.
総出して神事のつづく村の秋 雅流 5 満天.こすもす.菜々.つくし.きづな.
一村の総出となるや豊年祭 よし子 5 満天.ひかり.治男.なつき.有香.
逍遥の歩先点して石蕗の花 宏虎 4 三刀.あさこ.ひかり.よし子.
露の世へ祈りは続くマリア像 菜々 3 つくし.ぽんこ.有香.
項垂るも仰ぐも蓮の枯れ姿 菜々 2 さつき.よう子.
囃されて獅子の猛るや村まつり よう子 2 ともえ.雅流.
環濠に映す白壁秋の澄む 満天 2 宏虎.菜々.
歯を抜きし痕の広さよ秋の風 治男 2 ともえ.はく子.
本を読む銀杏匂ふベンチかな なつき 2 こすもす.うつぎ.
提灯の点り熱帯ぶ秋祭 宏虎 2 うつぎ.はく子.
天高し女人高野の磴のぼる 満天 1 なつき.
山の駅ここは終着秋の暮 よし子 1 美咲.
四阿に集ふ昼餉や秋時雨 つくし 1 ぽんこ.
秋深し鬼平シリーズ古書の市 ぽんこ 1 よう子.

2013年10月15日 (投句者14名 選句者16名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
容赦なく木の実踏みつつ男坂 なつき 5 三刀.よし子.雅流.ぽんこ.きづな.
障害物飛んでくぐって運動会 有香 4 ひかり.あさこ.菜々.はく子.
添え竹の見え隠れする枝垂菊 宏虎 3 よし子.よう子.こすもす.
ベランダに咲き初む小菊供華にせん はく子 3 満天.治男.きづな.
秋祭りの神楽訪問ホーム湧く こすもす 3 ひかり.雅流.はく子.
さはやかに湯立ての笹を滾る湯へ 雅流 3 宏虎.つくし.なつき.
秋茄子の紫紺を極む真昼かな 雅流 2 三刀.よう子.
秋夕焼右に左に高原道 満天 2 治男.菜々.
ひよどりの一群二群渡りけり 三刀 1 宏虎.
赤い羽根先細の靴磨かれて なつき 1 ぽんこ.
休館日桜落ち葉の吹き溜まり よう子 1 なつき.
運動会はにかむ顔の三歳児 ぽんこ 1 つくし.
多に落つ木の実踏むまじ裏参道 きづな 1 満天.
庭に得て細身こそ良し焼き芋に 菜々 1 こすもす.
秋陽燦真つ赤な屋根のスポ−ツ店 治男 1 あさこ.

2013年10月14日 (投句者15名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
産土の祭り支度や長寿眉 三刀 5 なつき.宏虎.ぽんこ.きづな.有香.
手に裂きて食ぶる糠づけ秋茄子 はく子 3 宏虎.ぽんこ.雅流.
産土の秋の祭りや獅子の舞う ともえ 2 よし子.雅流.
山高帽並びて口上秋祭り 有香 2 きづな.よし子.
秋暑し軒を並べて町工場 菜々 2 こすもす.三刀.
先導は撓ふ高張り在祭 雅流 2 三刀.菜々.
転法輪逆回転に秋の風 ぽんこ 2 さつき.なつき.
村祭り名残の太鼓や帰り道 よし子 2 さつき.よう子.
稜線の茜にもえて秋の暮 よし子 2 満天.有香.
六ヵ村のだんぢり揃ひ宮の秋 雅流 2 はく子.治男.
見向かれず杣に散らばる毬の栗 宏虎 2 ひかり.あさこ.
半月の独擅場や宵の口 せいじ 1 よう子.
秋祭り神輿の宮入1番星 ともえ 1 ひかり.
帰省子の眉間の皺やわが血筋 せいじ 1 治男.
子を中に運動会の昼弁当 治男 1 あさこ.
秋うららタイムスリップの今井町 満天 1 はく子.
徒競走の表情撮るや運動会 治男 1 こすもす.
秋晴や並ぶ町家の虫籠窓 満天 1 菜々.
雲を出て添ふ星もなく片割れ月 菜々 1 満天.

2013年10月13日 (投句者14名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
塔頭の昼のしじまへ鵙高音 菜々 4 ともえ.雅流.ぽんこ.せいじ.
息子には初の農業大根蒔く 治男 3 あさこ.よし子.せいじ.
ヒーローに沸き立つパーク菊日和 せいじ 3 三刀.満天.雅流.
有名無名の古墳をめぐり秋惜しむ 菜々 3 三刀.宏虎.こすもす.
秋澄めり金剛葛城遠望に きづな 3 宏虎.菜々.さつき.
心当ての枝二本杖に登高す きづな 3 ひかり.さつき.治男.
瓢のふえ吹けば意外によき音色 よし子 2 菜々.有香.
朝一番銀杏拾ひに馬穴提げ 三刀 2 はく子.なつき.
秋祭り取材の足場高々と はく子 2 ひかり.治男.
宮入りへ半月皓と里祭 雅流 2 こすもす.有香.
横笛は保存会員秋祭り こすもす 1 よし子.
瓢の笛ふけば山の風の音 よし子 1 あさこ.
草じらみ払ひ落ちぬは一つづつ あさこ 1 なつき.
水色の空に夕月白しろと はく子 1 満天.
裏門を出て草じらみ付け帰る あさこ 1 はく子.
村祭りここを見せ場と宮入す 雅流 1 ともえ.
駅前のたむろ喫煙秋思とも 満天 1 ぽんこ.

2013年10月12日 (投句者18名 選句者16名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
絵手紙の筆遊ばせて秋を描く 満天 5 三刀.宏虎.あさこ.ぽんこ.はく子.
瓢の実を持ち来し句座の和みたる 雅流 4 あさこ.よし子.ともえ.せいじ.
草じらみ古墳めぐりの泉州路 きづな 3 ひかり.さつき.こすもす.
小魚の影矢のごとく水澄める さつき 2 宏虎.ともえ.
連峰を遥か眼下に鳥渡る 宏虎 2 さつき.きづな.
髪切って手術の妹や秋深む あさこ 2 治男.菜々.
吹いて見てためつすがめつ瓢の笛 うつぎ 1 雅流.
鴨渡る池まなかひの句会場 はく子 1 よし子.
悠然と雲影背負い山粧ふ ぽんこ 1 満天.
秋雀つどい水浴びにわたずみ 治男 1 ぽんこ.
迸るはららご赤し鮭荷揚げ ともえ 1 雅流.
1 こすもす.
日本海の風の音とも瓢の笛 うつぎ 1 三刀.
暮れなずむ弦月の空鳥過る ひかり 1 せいじ.
広前守るせいたか童子へ鵙猛る 菜々 1 ひかり.
ひょんの笛吹きてをみなの笑まひ顔 雅流 1 満天.
古墳山は校舎の隣り天高し 菜々 1 はく子.
落人の里で拾いし栗いっぱい よし子 1 治男.
運動会終わり万歳する生徒 治男 1 きづな.
草の花シャッターチャンスに身をかがめ 有香 1 菜々.

2013年10月11日 (投句者19名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
石塊と見たるは仏草紅葉 宏虎 6 菜々.ぽんこ.ともえ.こすもす.うつぎ.きづな.
塔頭は静まり返り木の実落つ 菜々 5 なつき.あさこ.さつき.有香.せいじ.
上皇の遠流の島や木の実落つ 宏虎 3 ひかり.菜々.雅流.
寺庭にバッハの曲洩る豊の秋 きづな 3 宏虎.あさこ.治男.
秋日和寺の敷居は県境 ぽんこ 3 はく子.こすもす.有香.
鴨来たる行基ゆかりの大溜池 菜々 2 はく子.きづな.
呉服屋に祭り足袋売るだんじりへ きづな 2 よし子.雅流.
生駒嶺にのぼる朝日や野分後 せいじ 2 なつき.三刀.
灯明の揺れる本殿秋の風 つくし 2 ともえ.せいじ.
朝もやに浮かぶ中島秋の湖 なつき 1 宏虎.
本殿の渡り廊下や秋の蝶 つくし 1 さつき.
生駒嶺の裾に棚引く朝の霧 せいじ 1 三刀.
色変へぬ松に威の在る古刹かな はく子 1 うつぎ.
山頂へ釣瓶落しの日を背負ひ なつき 1 よし子.
山せまり秋空狭し十津川村 ともえ 1 満天.
むらさきのコスモスなにか愁いぎみ よし子 1 満天.
行きずりのフェンスに見入る運動会 うつぎ 1 ぽんこ.
棗の実茶釜姿の供養塔 有香 1 ひかり.
居酒屋の常連へ注ぐ濁り酒 雅流 1 治男.

2013年10月10日 (投句者17名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
ベビーカー寄せし四阿小鳥来る 雅流 6 三刀.菜々.ひかり.治男.せいじ.有香.
鉄塔を起点としたる鰯雲 せいじ 6 よし子.うつぎ.治男.さつき.きづな.有香.
野分晴女性コーラスの澄み渡る 満天 3 あさこ.つくし.なつき.
そよぐとき秋日煌めく大欅 よし子 3 ともえ.宏虎.こすもす.
再びの露天風呂へと旅夜長 はく子 3 うつぎ.宏虎.雅流.
小鳥くる池のほとりの石の黙 よし子 3 三刀.雅流.せいじ.
色鳥来よ常臥の人の窓辺まで きづな 3 ひかり.よし子.ともえ.
野分後の雲の百態飽きるなく きづな 3 ぽんこ.こすもす.はく子.
この一本己が命と松手入れ うつぎ 2 さつき.きづな.
島一つ二つ三つや鰯雲 あさこ 2 菜々.満天.
色変えぬ松縄文の遺跡の碑 三刀 2 つくし.なつき.
色落ちて案山子愈々翁振り うつぎ 1 あさこ.
群雀戯る声や枯蓮田 なつき 1 ぽんこ.
鰯雲解れて青空尚青し こすもす 1 はく子.
山門の葷酒不許可の紅葉寺 宏虎 1 満天.

2013年10月9日 (投句者18名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
コスモスと共に揺れをりカメラマン ひかり 7 美咲.満天.三刀.さつき.菜々.きづな.はく子.
スーパーの客寄せ林檎のピラミッド 菜々 5 ひかり.三刀.さつき.うつぎ.こすもす.
小鳥来るここ名作の舞台とや きづな 5 よし子.なつき.雅流.ぽんこ.有香.
語り部のときどき使う秋扇 よし子 4 せいじ.ぽんこ.こすもす.有香.
谷戸の郷畦という畦彼岸花 三刀 3 美咲.あさこ.菜々.
束の間に鴟尾を離れる今日の月 ひかり 3 あさこ.せいじ.つくし.
初物の松茸の香や厨満つ 満天 2 治男.雅流.
秋没日出水禍の稲捨て置かれ 雅流 2 つくし.ともえ.
椿の実弾け頑な解くやうに うつぎ 2 宏虎.よし子.
総出して路つくろへる秋暑かな 雅流 1 ひかり.
ネコ留守を確かむごとく小鳥来る 有香 1 宏虎.
中庭の金木犀の香ここ二階 こすもす 1 うつぎ.
バス停の運休続く秋桜 ぽんこ 1 きづな.
金木犀十字の花弁まきにけり 宏虎 1 ともえ.
赤い羽根付けて老女の杖の音 つくし 1 なつき.
松茸の吸物に添ふ酸橘かな 満天 1 はく子.
草原の古墳に佇てば秋の声 宏虎 1 満天.
梨長者今日は長靴頬かむり 菜々 1 治男.

2013年10月8日 (投句者18名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
七曲り抜けて明るし蕎麦の花 うつぎ 7 三刀.満天.菜々.はく子.さつき.なつき.こすもす.
威の落ちて雀のたかる捨て案山子 宏虎 6 ぽんこ.よし子.かかし.つくし.なつき.有香.
木漏れ日を纏ひ早瀬に色葉散る ひかり 5 宏虎.満天.ともえ.ぽんこ.雅流.
仏飯の栗はみだしぬ栗ご飯 よし子 5 ともえ.さつき.治男.うつぎ.きづな.
月白や川波揺らす浮桟橋 ひかり 3 あさこ.菜々.うつぎ.
夕空にまぎるる高さ紫苑咲く 菜々 2 雅流.有香.
父母の亡き故郷の秋祭り あさこ 2 治男.かかし.
掘りたての藷をたっぷり茶粥炊く 三刀 2 ひかり.はく子.
萩垂れて畦の流れを隠しをリ かかし 1 こすもす.
能勢栗の台に山積道の駅 ぽんこ 1 つくし.
無縁墓少し離れて虫の声 治男 1 三刀.
拾っても減らぬ銀杏八幡社 なつき 1 ひかり.
コスモスのなよなよ見えて芯強し 宏虎 1 あさこ.
秋灯下一筆箋を書き損じ つくし 1 きづな.
爽やかや窓開け放つ閨の朝 せいじ 1 宏虎.
古刹なる大王松の色変へず 雅流 1 よし子.

2013年10月7日 (投句者16名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
小鳥来る淀に郵便渡しの碑 菜々 6 満天.よし子.ぽんこ.うつぎ.つくし.雅流.
神苑の杜に尾を引く鹿の声 ひかり 6 三刀.せいじ.なつき.うつぎ.雅流.有香.
大かぼちゃ閉店セールにふて寝せん かかし 5 満天.宏虎.ひかり.はく子.菜々.
鐘楼の礎石這ひたる草紅葉 なつき 5 かかし.ぽんこ.つくし.こすもす.有香.
紫に石磴染まるこぼれ萩 ぽんこ 4 三刀.ひかり.よし子.あさこ.
身にぞ入む石組あらはの石棺に はく子 2 なつき.かかし.
曲がるたび眺めて飽きぬ秋夕焼け 有香 2 さつき.こすもす.
単線の狭き線路や泡立ち草 なつき 2 せいじ.あさこ.
色鳥来何か良いことあるような よし子 1 菜々.
あけぼのの空傾けて鳥渡る 菜々 1 はく子.
秋晴や工事の音す日曜日 あさこ 1 さつき.
秋薔薇囲む一輪レストラン 満天 1 宏虎.
天を突くメタセコイアに秋気満つ 満天 1 治男.
ふと寄りて一期一会の花野かな つくし 1 治男.

2013年10月6日 (投句者17名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
百歳を目指す意気ごみ新酒酌む 三刀 7 ひかり.はく子.よし子.治男.かかし.有香.こすもす.
毬栗や吐露せぬ心反抗期 宏虎 5 三刀.さつき.美咲.ひかり.ともえ.
締めくくる対抗リレー秋高し つくし 4 三刀.さつき.満天.こすもす.
鐘一打ひびきて山の初もみじ よし子 4 満天.美咲.なつき.有香.
シャワーより風呂こそよけれ冷ゆる夜は せいじ 3 宏虎.ともえ.かかし.
透かし見ゆ数寄屋を奥に竹の春 ひかり 2 よし子.菜々.
小鳥来る祭りの近き宮の杜 雅流 2 なつき.菜々.
どんぐりや猫集まりしカフェの庭 なつき 2 つくし.治男.
愛犬を看取る隣家の秋ともし 雅流 2 ぽんこ.はく子.
澄む池を騒がして子らたも振れり なつき 1 つくし.
転びつつ二人三脚運動会 つくし 1 あさこ.
十月ぬくし街半袖の人あふれ 満天 1 ぽんこ.
我撞きし鐘の余韻に秋惜しむ はく子 1 あさこ.
少年のような眼差し卒寿翁 三刀 1 せいじ.
蹲踞に水を満たせば小鳥来る 菜々 1 せいじ.
球場につづく引退秋惜しむ 満天 1 宏虎.

2013年10月5日 (投句者18名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
酒蔵の軋む階段秋の冷え なつき 8 ひかり.三刀.あさこ.ぽんこ.さつき.ともえ.よし子.雅流.
鬼ごっこ秋夕焼けに散らばりて 有香 4 なつき.治男.さつき.せいじ.
朝露を抱きてきらめく彼岸花 三刀 3 宏虎.美咲.ともえ.
残照の河口を上る渡り鳥 雅流 3 三刀.こすもす.せいじ.
朝の路地今を純白酔芙蓉 はく子 3 あさこ.ぽんこ.よし子.
アライグマ出しと回覧里の秋 うつぎ 3 菜々.治男.はく子.
半身失す老樹いぶきや天高し なつき 2 つくし.はく子.
木犀の香に足軽ろし夕散歩 うつぎ 2 宏虎.雅流.
転法輪一途にまわし秋惜しむ 菜々 2 満天.つくし.
高階に見渡すかぎりうろこ雲 はく子 2 満天.こすもす.
捨案山子自嘲するかに雀来る 宏虎 1 かかし.
せせらぎに秋の声きく初音川 よし子 1 なつき.
自転車を踏む筋力や老いの秋 治男 1 かかし.
鳥渡る淀の河口は橋いくつ 雅流 1 菜々.
緩やかなロープウェーや鰯雲 つくし 1 美咲.
ねんごろに大粒の栗渋皮煮 満天 1 ひかり.

2013年10月4日 (投句者16名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
赤蜻蛉キヤツチボ−ルの中を飛ぶ 治男 9 ひかり.三刀.満天.あさこ.はく子.さつき.せいじ.雅流.有香.
秋簾たまりせんべい焼く匂ひ なつき 3 菜々.つくし.雅流.
秋蝶来半ば埋もれし道しるべ せいじ 3 宏虎.なつき.有香.
露座仏へ誰が供へし野菊かな 宏虎 3 あさこ.菜々.つくし.
秋うらら蝶ネクタイの辻地蔵 菜々 3 三刀.満天.はく子.
秋惜しむ木立の中の虚子塚に はく子 2 治男.なつき.
門灯の淡きに映ゆる金木犀 有香 2 よし子.治男.
狛犬のしっぽを撫づる萩の風 菜々 2 ぽんこ.よし子.
天高し山の頂彦根城 つくし 2 ひかり.さつき.
曼珠沙華真上にレンズ合わす人 ぽんこ 1 こすもす.
マスカット盛りしぶだうの大絵皿 せいじ 1 かかし.
ペチュニアの暮れてそこだけ花あかり あさこ 1 せいじ.
鷺の群れ釣瓶落としの西山へ 雅流 1 うつぎ.
秋晴れを水面に鷺の悠悠と 満天 1 ぽんこ.
木の実落つ弾みしものと跳ねぬもの 宏虎 1 こすもす.
古りし町堀の川風秋日傘 つくし 1 かかし.
木犀の香の束の間や儚けれ ともえ 1 宏虎.
群れ離れ風に自在の秋茜 ひかり 1 うつぎ.

2013年10月3日 (投句者18名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
いが栗を蹴って山の子の通学路 よし子 5 三刀.はく子.なつき.つくし.菜々.
秋日入るガラス細工に小宇宙 なつき 4 さつき.つくし.ぽんこ.有香.
宿に過ぐ無為の至福や虫時雨 ひかり 3 三刀.ともえ.有香.
色鳥来葵ご紋の唐門に うつぎ 3 満天.雅流.菜々.
秋刀魚焼く可もなく不可も無き生活 はく子 3 宏虎.雅流.ともえ.
秋晴るるすずめ遊べる鬼瓦 よし子 3 せいじ.ぽんこ.こすもす.
懐妊の吉報受けり小鳥来る 宏虎 2 あさこ.よし子.
阪神のユニホーム着る案山子佇つ 宏虎 2 さつき.治男.
それぞれに籠りて趣味の夜長かな 満天 2 あさこ.よし子.
朝まだきホームを包む虫の声 さつき 2 ひかり.はく子.
アルパカも山羊も寄り来て秋の牧 つくし 1 せいじ.
秋興や晶子碑ひそと木立中 雅流 1 治男.
色変へぬ松に林泉燦々と 雅流 1 満天.
癒えし友多のコスモス句座に活け 満天 1 こすもす.
牧場見てコスモス園は丘の上 つくし 1 ひかり.
何するでなく茶の間にひとり長き夜を 菜々 1 宏虎.
寝返りて戻れぬ赤子秋暑し 有香 1 なつき.

2013年10月2日 (投句者16名 選句者20名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
月光に屏風立ちせる阿蘇五岳 宏虎 7 うつぎ.ともえ.せいじ.三刀.さつき.つくし.菜々.
石庭の波の箒目風は秋 宏虎 5 満天.あさこ.ともえ.三刀.有香.
おんぶして壁じぐざぐとバッタかな 有香 3 せいじ.治男.こすもす.
碩学と談じて釣瓶落しの日 せいじ 3 よし子.あさこ.雅流.
秋気満つ実相庵の躙り口 雅流 3 なつき.つくし.有香.
雲板のしるき窪みや秋うれひ 雅流 3 なつき.菜々.はく子.
近江富士全しを遠に秋晴るる はく子 2 ひかり.雅流.
秋の川奇岩巨岩に激ちけり さつき 2 満天.ぽんこ.
手の届きそうな山嶺秋の晴れ よし子 2 治男.さつき.
天を突く松の根方に萩の道 菜々 2 宏虎.ぽんこ.
秋晴れの琵琶湖を木の間に修験道 菜々 2 ひかり.はく子.
今日の風前後左右に薄ゆれ ともえ 1 こすもす.
香の厨オーブン開くアップルパイ つくし 1 うつぎ.
参観の受け返信に秋うらら 満天 1 美咲.
十月来服入れ替への出来ぬまま 満天 1 宏虎.
たもとほる土手の向かうに彼岸花 せいじ 1 美咲.
薄の穂左右に山路の続きをり ひかり 1 よし子.

2013年10月1日 (投句者18名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
石仏に天蓋なせる薄紅葉 宏虎 4 満天.よし子.なつき.菜々.
音あわすトランペットに秋の風 ぽんこ 4 ひかり.三刀.なつき.さつき.
あかときの鐘秋冷の山寺に ひかり 3 はく子.つくし.さつき.
同齢の訃を告げらるる秋の暮 あさこ 3 ひかり.ともえ.うつぎ.
二色の園児の帽子木の実降る つくし 3 あさこ.せいじ.雅流.
草紅葉路傍の石の道標 宏虎 2 有香.雅流.
秋薔薇のなごりに揺るる花時計 なつき 2 つくし.こすもす.
珈琲を催促されし夜長かな 満天 2 あさこ.こすもす.
風無くて細かく揺れる胡麻の花 有香 2 ともえ.せいじ.
魚の口秋の川面に並びおり 治男 1 はく子.
秋耕の後忙しく鴉二羽 治男 1 よし子.
虻に揺れ蝶に揺れして蕎麦の花 うつぎ 1 有香.
膝と膝触れさうな汽車九月尽 なつき 1 宏虎.
花泥棒畔の案山子を気にしつつ うつぎ 1 菜々.
藷の茎一品となり昼の卓 三刀 1 うつぎ.
小鳥来るきいろい屋根のベーカリー 菜々 1 満天.
秋晴に白壁映える蔵の町 さつき 1 三刀.
常は閉す唐門のまえ萩なだる 雅流 1 宏虎.

2013年9月30日 (投句者16名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
蓑虫に眩しい程の夕日かな つくし 7 よし子.三刀.さつき.雅流.うつぎ.はく子.なつき.
月の夜李白の漢詩吟じけり 三刀 4 宏虎.ひかり.よし子.つくし.
ゆれているコスモスの向こう一両車 よし子 3 満天.あさこ.菜々.
新聞の切り抜き進む夜長かな 満天 3 ぽんこ.菜々.さつき.
秋日濃き枯山水を堂縁に 雅流 3 ひかり.ぽんこ.有香.
秋しぐれ丁石傾ぐ深山道 菜々 2 宏虎.雅流.
粉河寺風の生まれる竹の春 ぽんこ 2 ともえ.つくし.
自転車の稽古親子に小鳥来る 菜々 2 治男.はく子.
身に入むや万の身代はり地蔵尊 はく子 2 治男.なつき.
植物園素通るままや思ひ草 つくし 2 満天.こすもす.
星座へと秋の花火の尾を引いて なつき 1 あさこ.
蓮の実の飛び損なって枯れにけり うつぎ 1 有香.
鯖街道ノルウエーより続きけり ともえ 1 三刀.
参陵の色なき風に鷺翔くる 雅流 1 うつぎ.
線香の灰伸びて落つ秋彼岸 あさこ 1 ともえ.
触れもして萩の参道乱れ咲き よし子 1 こすもす.