GH選集鑑賞

やまだみのる

毎日句会みのる選の中から秀逸作品を再選して鑑賞しています。

< 1 2 3 4 5
2014年03月25日
花茗荷
雲切れて天使のはしご初御空
約聖書の創世記28章12節にヤコブが見た夢の様子が記されている。「ヤコブは夢を見ました。はしごが天から、地に向けて立てられました。そして、神の使いがはしごを上り下りしているのです。」雲間から矢の如く射す光芒を天使の梯子といったことで連想が大きく広がってくる。作者がクリスチャンであるかどうかはわからないが、新しい年も聖書の神様が導いて下さるからどのような苦難に出会っても前向きに歩んでいこうという作者の決意も伝わってくる。(毎日句会2011年1月)
2014年03月25日
とろうち
夫の靴磨き初めたる四日かな
朝丁寧に靴を磨いて通勤の夫を見送るのを日課としている献身的な主婦の姿が見えてくる。今日は初出勤の朝、家族のために働いてくれる夫が新しい年も健康で守られますようにというやさしい妻の祈り心をも感じとれる作品である。(毎日句会2011年1月)
2014年03月25日
満天
風邪の夫厨をそっとのぞきけり
熱でうなされるほどの風邪ではなく軽い鼻風邪程度。あるいは仕事に疲れて風邪を理由に会社をずる休みしたような子供っぽい夫の姿が見える。厨では夫の風邪が早く直るようにと栄養のある手料理が準備されているようだ。円満な夫婦の生活ぶりが連想できる。(毎日句会2011年1月)
< 1 2 3 4 5

- Topics Board - Modified by Minoru Yamada.